fc2ブログ

世界革命行動計画25ヶ条 第7条

ユダヤなるものを学びましょう。
知ったら終いです。


世界革命行動計画25ヶ条 第7条

また発言者は、「群衆心理」を利用して
大衆に対する支配権を獲得するよう忠告した。
暴徒の力は無目的で、無意味で、論拠を持たないために、
いかなる側の提案にも影響されると主張し、
「独裁支配者だけが暴徒を有効に支配できる。
というのも、絶対独裁支配がいなければ、
大衆ではなく(それが誰であれ)大衆の先駆者によって
達成される文明も存在し得ないからである」と論じた。
そして「暴徒が『自由』を手にした瞬間、事態はたちまち
無政府状態に転じる」と警告を与えた。




群集心理については2回ほど動画でも上げましたし、




ブログにもいくつか記事を書いています。


結局、人類が群集心理の策略に見事に
はまってしまったのが今回のコロナです。

コロナは空気感染だと言われているにもかかわらず
いまだにマスクさえを信じている人もいらっしゃいます。


自分で調べること、
自分で学ぶこと、


それを放棄すると
とんでもない世界が待っているということです。


この世は、暴虐と服従を繰り返されて
いつしか心の抵抗力を抜かれていくようにできているのです。


それに気が付いた人から
本当に自由になっていくのです。



ブログパーツ


[スポンサーリンク]






スポンサーサイト



theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 世界革命行動計画25ヶ条

初コラボ動画!秋の奥琵琶湖の旅

今日の動画は、初コラボ!

花結びの皆さんと行った
秋の奥琵琶湖の旅についてお送りいたします。

皆さん初登場でやや緊張気味の動画ですが、
なかなか面白いものに仕上がりました。


大変個人的な動画ですが、
よろしければご覧ください。






ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 日帰りお出かけ
genre : 旅行

tag : 渡岸寺奥琵琶湖

世界革命行動計画25ヶ条 第6条

先日削除された動画はこちらに移しました。

#147 この秋、天体が教える生き方


ユダヤなるものを学びましょう。
知ったら終いです。



やはりこのネタは人気がないのか
いいねも拍手も減っていきます。

でも、今日も参ります。

世界革命行動計画25ヶ条 第6条

さらに「我々の富の力はいかなるずる賢さ、
力によっても損なわれないような強さを獲得するそのときまで、
表面化しないよう保たれなければならない」と出席者を諭し、
明かされつつある戦略計画の基本路線から逸れることは
「何世紀にも及ぶ営為」を無にする危険性があると、
発言者は警告した。




彼らはある意味我々よりもずっと
根気強く、粘り強いのです。
まさに執念です。

「何世紀にも及ぶ営為」

彼らにはその自覚と自負があるのです。

そしてそこに誇りを感じています。

それを守ろうとする彼らの数世紀の根気には
ある意味感心いたします。


つまり、裏を返せば、
私たちは何世紀にも及んで
支配されてきたということです。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 世界革命行動計画25ヶ条

世界革命行動計画25ヶ条 第5条

ユダヤなるものを学びましょう。
知ったら終いです。



世界革命行動計画25ヶ条 第5条

「我々の権利は力の中にある。
『権利』という言葉は象徴的概念であって、
実体はない。

私が見出している新たな「権利」とは・・・・・

強者の権利によって攻撃する権利であり、
既存秩序、規律のすべてを粉砕し、
既存のすべての制度を再構築する権利であり、

『リベラリズム』のなかで自発的に放棄された権限に対する『権利』を
我々に委ねた人々の主権者となる権利である」と主張した。





彼らは強者ではなく、狂者、凶者なのです。

それがこの文からもわかります。

彼らは明らかに善人ではありません。

なぜなら、

攻撃する権利
粉砕し、再構築する権利
リベラリズムの中で捨てられた権利を
すべてかっさらう権利

という権利を声高に宣言できるからです。

「リベラリズムの中で捨てられた権利を
すべてかっさらう権利」


とは少しわかりにくいかと思いますが、
それは、

TPP
TPP11
二国間協議
FTA
RCEP

など、

やたらアルファベットで何のことだかわからなくしている
不平等条約です。


すべてWTO(世界貿易機関)という
ユダヤなるものの略奪機関が奨励している
自由貿易というものです。


彼らの言う「自由」は彼らの「自由」であって
私たちの「自由」ではありません。

彼らの言う「権利」は、彼らの「権利」であって
私たちの「権利」ではありません。


彼らは自由に略奪する権利を
「自由貿易」と言っているに過ぎません。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 世界革命行動計画25ヶ条

世界革命行動計画25ヶ条 第4条

昨日、OK!soraさんの動画#147が削除となりました。

前回の様に、異議申し立てもしましたが今回は却下でした。

辛いですね💧

今までも気を付けてお話していたつもりでしたが

大切に育て、育てていただいたチャンネルごと
なくなるのはさらにつらいので
これからも気を付けます。

別に正義感ぶるつもりはさらさらありませんが、
こういう時に山羊座×リリスが発動します。

自分自身でリリスの現場に立ち会っているようで
興味深いです。

うまく中庸させながら
やはりお伝えしたいことはお伝えしていこうと思います。

これからも応援よろしくお願いいたします。


結局 世界を変えるのは
人の声だよ。それしかない。
      ワクチン遺族会の医師
      ナカムラクリニック院長 中村篤史さん





では、気を取り直して・・・

シオンの議定書や世界革命行動計画25ヶ条を
教科書に載せるべきですね。

世界の、世界史の、日本史の本当の製作者は
ユダヤなるものなんですから・・・

ピューリタン革命
フランス革命
ナポレオンの没落
アメリカの革命
ロシア革命
第一次世界大戦
ベルサイユ条約
ソ連と第二次世界大戦


あらゆるところにユダヤなるものの陰謀が存在する・・・


ユダヤなるものを学びましょう。
知ったら終いです。



世界革命行動計画25ヶ条 第4条

道徳律によって支配を行なう支配者は、
自ら攻撃にさらされることによって
その地位を追われかねないので

熟達の政治家とは言えないということを論拠にすれば、
最終目標に到達するために利用される
ありとあらゆる手段を正当化できると論じたうえで、

発言者は「素直さや正直さといった国民としての立派な資質は
政治に支障をきたすから、支配となろうとするものは
ずる賢さ、欺瞞に訴えなければならない」と語った。





要は、
政治家というのはずる賢さ、欺瞞を持たなければやれないし、
それを使って最終目標を叶えても大丈夫!
だって、どんなことになろうと正当化する術はあるから・・・

ということです。

だからワクチンも、何人の方がなくなろうが
正当化できると豪語してるんです。


また、道徳的な政治を行なおうとすれば、
スキャンダルをでっち上げられたり
汚職をでっち上げられたりして
政治の世界からは追い出されるというわけです。


例えばいま、善良な政治家がいるとして、
その方が善良なままでいる確率は
本当に少ないというわけです。

哀しいことですが・・・


利用できるうちはいられるけど
それがなくなればさっさと追放されるというわけです。


ということは、今いる政治家たちは、
ユダヤなるものにとってはまだ利用価値があるということ・・・


そういうことになりませんかね・・・




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 世界革命行動計画25ヶ条

世界革命行動計画25ヶ条 第3条

超過死亡数・・・8月の異常さ。

ワクチン接種がなかった時よりも
3万人から4万人多いって!

あの震災が2回起きたぐらいの衝撃です。


なぜ、厚労省やマスコミは何も言わない!!


ああ、そうね・・・

答えは決まってるんです。

厚労省もマスコミもユダヤなるものの手下ですから・・・




昨日も、一時間おきに救急車が走るという異常さ!

気候が一気に冷え込み始めた昨日・・・

人体に異変が起きていますね。


ここ2年半ほど、ずっと言ってきて、
もう喧しいと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、

もう眠ったまま、無思考ままでは本当にダメなんです。


ユダヤなるものを学びましょう。
知ったら終いです。



世界革命行動計画25ヶ条 第3条

この発言者は、「金の力」はこのとき(すなわち1773年に)すでに
リベラルな支配者の権限を奪取したと主張し、
かつての時代には「信仰」が支配していたことを
出席者に思い起こさせた。

そこでも「自由」が「信仰」に置き換えられても、
大衆にはどのようにして自由を穏当に享受すればいいのか
わからないと発言者は続け、

この事実から考えると、
「自由」という思想を利用すれば「階級闘争」を
生じさせることも可能だと論じた。

そして勝者は必ず「我々の手中にすっぽり収まっている資金」を
必要とするだろうから、計画さえ成功すれば、
既存政府が内敵に破壊されようが外敵に破壊されようが、
それは重要な問題ではないとした。




まとめると・・・

・金の力で(本当の)リベラルな指導者を支配した

・かつては「自由」から「信仰」へとすり替えた
(キリスト教を国教へ、魔女狩り、異端宗教への迫害)

・信仰(キリスト教など一神教)から、
金への信仰へと変えること

・自由とは金のことと刷り込むこと

・金の多少で争いを起こさせる
(例:生活保護者へのバッシング
世間が働かざるもの食うべからずと豪語すること)

・庶民に自由を渡したところでどうふるまっていいのかわからないだろう

・国自体、ユダヤなるものから借金をすれば
その国が生き残ろうが滅ぼうが、どちらでもよい。
金はユダヤなるものに入ってくるから。



この二年半以上
私たちは安全を得ようと必死になったがゆえに
どれだけの本当の自由を手放したか、

ユダヤなるものがさし出す
偽物の自由、取引の自由ではありません。

本当の自由です。


考えてみるといいでしょう・・・


くどいですが、
何度も書きますね。


「安全を得るために自由を放棄する者は、
最後にその両方を失う。」
 ベンジャミン・フランクリン




マスクを外しましょう!
ワクチンの欺瞞を見抜きましょう!


私たちのかけがえのない生活は
こんなものでは守れないのです。


「NO」の力
私たちを復活させられるのです。



ブログパーツ


[スポンサーリンク]





theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 世界革命行動計画25ヶ条

世界革命行動計画25ヶ条 第2条

そういえば、去る10月15日(土)日の出ごろ・・・

明星天子期間の3日前・・・

明星天子がイメージされる雲が
太陽にかかっていました。

明星天子

この日は、海でYouTubeをとろうとしましたが、
なんと充電器をカメラにセットし忘れ収録叶わず、

仕方なく容量残が極小のタブレットでどうにか動画を撮りました。

すると、不思議なことに太陽に重なるように雲がかぶり、
しかもそれが中心で重なっていて
まるで金星かとイメージできるほど不思議な映像でしたので
是非皆さんにもと思い上げさせていただきます。

そのときの空はこんな感じですね。


2022.10.15明星天子


明星天子期間の3日前ですので若干かぶる程度ですが、
天体はこの地上界の様子を先取りするとも言われていますので、
不思議な感覚に襲われました。


さて、世界革命行動計画25ヶ条 第2条です。

次にこの発言者は、政治的自由とは
事実ではなく一つの思想であると主張し、
政治権力を奪取するには「リベラリズム」を
説くだけで充分であるとした。

そうすれば有権者は一つの思想のために自らの力、特権を
手放すことになり、陰謀者はその放棄された力、特権を
かき集めて手中に収めればいいことになると論じた。




闇権力&ユダヤなるものの初心者が
最初に戸惑う言葉がこの「リベラリズム」だ。


自由ほど大事なものはない。

私もそう思う。

しかし、そこにユダヤなるものは罠を仕掛ける。


それをまず知ることだ。



なぜならリベラリズムは
貧富の差を容認、固定することになるからだ。


弱肉強食の世界が定着する。


豊かなものはさらに豊かになる自由が与えられ、
誰もそれを止めることができなくなる。


しかも、リベラリズムは
戦争によって巨万の金を稼ぐ自由さえ
与えられることになる。


今のお金の仕組みのままであれば、
彼らの豊かさは、長年かけてどこかから奪った自由である。


あのエリザベス女王が身に付けてきた装飾品の数々は
どこかの国から奪った戦勝品である。


彼らが豊かになるということは
その他の99.9%の人が貧しくなる仕組みだ。

この400年余り、そうやって歴史は紡がれてきた。


人、時間、国土、自然、天然資源・・・


あらゆるものから彼らは奪い富に変えていく。


彼らはリベラリズムというエサをまき、
人々がそれに魅了されている間に
残酷な方法で殺戮と金儲けをするのである。


私たちに与えられたかのようなリベラリズムだが、
実は、私たちに本当の自由は永遠に与えられることはない。

今もない・・・


なぜなら、私たちのほとんどの人が
労働でしか日々の糧と富を得られないが

彼らは、何世代にもわたって労働をせずに
富を蓄え、増やし続けられるからだ。


私たちに与えられる自由の中身は、
彼らの横暴な自由を阻害しない程度の
小さな小さな自由なのである。


いや、下手をすれば、「自由」という名の
ものすごい「不自由」を設定されているのである。


税という仕組みがまさにそうだろう・・・


ユダヤなるものを学びましょう。
知ったら終いです。



ブログパーツ


[スポンサーリンク]









theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 世界革命行動計画25ヶ条

世界革命行動計画25ヶ条 第1条

「鎌倉殿の13人」が面白い・・・

しかし、

おもしろいというのはドラマだからであって、
あの陰謀と罠が日常、
自分の周りにあったら
本当に嫌な時代だなと思うだろう・・・


そう、


平安の終わりから
鎌倉にかけて

日本が初めてユダヤなるものに
全国的に支配され始めた時代なのだ。


なぜか?

それは、東北の奥州藤原氏が滅んだからだ。
私的には日本のオリジナル最後の砦、奥州藤原氏が
とうとう陰謀によって分断され滅ぼされてしまった。


その主犯が源頼朝・・・

臆病で、猜疑心だらけで
それでいて上に立とうとする欲だけは一人前・・・

多くの亡骸の上に
自分直系の権力を築こうとした異様な執念・・・


だから、歴史好きの私が
一番好きではない歴上の人物となる。



当時、中央である京都は
あの時代、おそらくすでに
支配は完了していたのであろう・・・

保元の乱
平治の乱で日の本を二分した戦は

「分断して統治せよ」

まさにユダヤなるもののやり方です。


さて、ドラマの主役であるあの坂東武者たちは、
蝦夷(縄文)の流れをくむ武士たちだ。


飛鳥時代までは尾張から北、
平安時代までは関東から北が

アテルイ、モレの気風が受け継がれる蝦夷であった。


仁義に熱く、人情味があり、
人を嵌めたり、売ったり、
そんな考えはまるで辞書にない。


それが、関東に京都からの文官たちが入ってきた
平安の終わりから鎌倉初期にかけて

京都流・・・つまりユダヤなるもの流がじわじわと北へと浸透していく。


自分にとっての邪魔者は陰謀によって消していくという
小心者でずるがしこいやり方はまさに
ユダヤなるもの そのものだ。


来週死んでしまうであろう、最後の縄文的重臣、和田義盛は
その京都からやってきた冷静・冷徹な文官大江広元の助言で
なきものにされていく。

あのドラマの義時は、
まさに当時の日本の象徴・・・

縄文的、牧歌的、人情的なものが消えていき
ユダヤなるものの猜疑的性質、狡さ、臆病さ、陰湿さが
じわじわと浸透していく様を俳優小栗旬が見事に演じている・・・


時は1213年・・・

日本が国らしい形をとり始めて 約500年余り・・・


日本がユダヤなるものに支配され始めた鎌倉時代を知ることは
彼らの手口やり方を知るうえで非常に重要だ・・・


そこから500年余り先、1773年
場所はヨーロッパ ドイツのフランクフルト・・・

1694年にイングランド銀行を作ったロスチャイルドは、
世界支配の土台を作りあげました。

そして、いよいよヨーロッパ全土を手中に収めようと
高らかに宣言をした。

何と気の長い、何と執念深い欲情でしょうか・・・


「世界革命行動計画25ヶ条」


ロスチャイルド財閥の始祖
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが
若干30才のときに、極秘会議で高らかに宣言した
世界革命の行動計画書だ。

先のピューリタン革命の成果と反省を踏まえ
次のターゲット、フランス革命・・・

協力してもらえれば、
ピューリタン革命よりもっと多くの富が得られると
集まった富豪12人を説得します。


今日から始める「世界革命行動計画25ヶ条」は
そんな時代背景をイメージしながら
読んでいただければと思います。


引用は、こちらの本のp102~させていただきます。



尚、本の引用文は、作者のウイリアム・G・カーによる
要約という型をとっているため、

「発言者」はマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドのことであり、
文体は、一人称ではなく、
客観的な表現となっている点を留意いただきたい。


世界革命行動計画25ヶ条 第1条

この発言者は、大多数の人間の善より悪の傾向が強いため、
そのような人間を支配するには学究的議論にではなく、
暴力とテロリズムに訴えると最善の結果が得られると
延べるところからその企てを明らかにしはじめ、

そもそも人間社会は残酷で見境のない力に支配されていたが、
やがてその力が「法」とされたと論じた。
そして「法」が姿を変えた「力」である以上、
「自然の諸法によって、権利は力の中に存在している」と考えるのが
妥当であると続けた。




つまり、

人間はおろかな生き物だから
暴力とテロによって支配するのがいい。
その人間を支配する力を体のいい言葉である「法」と定めた。
その力とは権力のことである。




権力は私たちを守るためにはない。
まず、この絶望的な現実を我々は受け止めるべきである。

そして、その法を作る権力者は、
我々を支配するために「法」を作るのである。


例を見るには、
安倍政権下(2012-2020)の法律を見れば一目瞭然であろう。

特別秘密保護法
国家戦略特別区域法
法人税引き下げ(二回)
派遣法改正
安全保障関連法(集団的自衛権)
盗聴法改正
TPP
種子法廃止
テロ等準備罪
PFI法改正
働き方改革法
TPP11
カジノ法
漁業法改正
入管法改正




株主がユダヤなる資本家の大企業を潤わせ、
水を売り、
種を売り、
農業を売り、
漁業を売り、
水道を売り、
労働者をいじめ、
国有地を売り、

いざというときに自国民を戦争へと駆り出せる法に整備した・・・


ここまでわが国を売り飛ばした首相は
歴史上初でした。

その政権が史上最長だったということは、
史上最長に売り飛ばされたということです。


そして今狙っているのが
「緊急事態条項」です。

しかも憲法で、です。


学びましょう。
知ったら ユダヤなるものは終いです。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]







theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : 世界革命行動計画25ヶ条

「25か条の世界革命行動計画」打破はじまる

今日の動画は、明星天子降臨のお話です。



この悪魔的世界を終わらせるという予言がある明星天子・・・


25日まで金星と太陽が重なっています。

日の出をご覧になり
是非エネルギーをチャージしてください(笑)



ブログパーツ


[スポンサーリンク]






theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
genre : 心と身体

tag : コロナいのちワクチンシオンの議定書25か条の世界革命行動計画

闇権力はもう常識

数が多いわけではないが、

最近、動画のコメントや個人的なメッセージで
非常に貴重な濃い体験談を語ってくださる方が多い。


また、いまだに国のワクチンの欺瞞を信じない方も見えて、
高校生の生徒さんから相談があった。


世間体を気にしてワクチンに迷っていると・・・。


ああ、


とわたしは思います。


もっともっと「知る」がいる。
「伝える」がいる。


あの悪魔的な支配の正体・・・

そこから人々を解放できる一役を
僭越でありながら、また微力でありながら続けたいと
心底思ったしだいです。


私のなかでは、ここ数十年、
すでにワクチンも闇権力も
疑いの余地がないほどの事実ですが、

まだまだ多くの人が
眉唾とか、
陰謀論とか、でごまかされています。


昨日もディーラーで子供が生まれるという社員の方に
お子さんのために、

ワクチンのこと勉強された方がいいですよ」

とお伝えした。


その若いパパの反応は、

きょとん!?


それにしてもこの洗脳システムは、
実に恐ろしいほどうまくいっているし、浸透しています。



さて、今日も、
積み上げられた読み残しの本をパラパラとめくると、

「世界革命行動計画25ヶ条」という文字が
目に飛び込みました。


要約版ですが、こちらを見てください。


ロスチャイルドの25カ条


これは、「シオンの議定書」が
やはり真書だということを証明する
貴重な情報です。



証明どころか、シオンの議定書は、
新世界権力樹立のための4つの基本綱領の一つだったのです!


その四つは、

① 1773年 マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの
「世界革命行動計画25ヶ条」

② 1776年 ヴァイスハウプトの行動綱領(記事中ごろ参照)

③ 1871年8月15日 アルバート・パイクからマッチー二宛の書簡

そして、

④ ライオネル・ロスチャイルド(初代マイヤー・アムシェルの孫)作
シオンの議定書


②③はリンクになってますのでどうぞ・・・


この4つが偶然生まれる確率はおそらく天文学的数字であろう。

ですから、シオンの議定書を偽書とすること自体が不自然・・・

そう結論付けられます。



さて、①について・・・

1773年、ロスチャイルド財閥の始祖
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが
若干30才のときに、

彼はヨーロッパ全域から12人の実力者を糾合し、
フランクフルトで極秘会議を主催している。

彼は、

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。
そうすれば誰が法律を作ろうと そんなことはどうでも良い」


そう豪語した人だ。


この会合で採択されたのが「世界革命行動計画25ヶ条」である。


そういうことが昨日わかりました。
私もまだまだ甘い!


まだ、信じられずにいる方・・・
もういつまでも盲目な羊でいるわけにはいかなくなりましたね。


さて、24日からこの「世界革命行動計画25ヶ条」を
一つ一つ紐解いていこうと思います。


前回シオンの議定書で挫折なさった方も(笑)
ぜひ、がんばってついてきてください。


マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドはこの会合で、

資金をプールすることに同意すれば、

世界革命運動を支援、指揮する権限が与えられ、
それを行動の手引きとして利用すれば、
全世界の富、天然資源、マンパワーに対する支配権が
彼らの手中におさめられると説き伏せます。


また、ピューリタン革命は
ロスチャイルド家が画策してきた企てと説明し、
絶賛され、

世界は彼らとその子孫たちによって250年余り
ピューリタン革命からは400年ほど、
思う通りに操られてきました。


そして今もそうです。



現代の医者たちは守りを固め始めました。

自分たちが訴えられ損害を被らないように
保険に入り始めています。





これがすべての答えとなります。


さあ、冥王星的破壊の始まりです・・・



ブログパーツ


[スポンサーリンク]







theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : コロナいのちワクチンシオンの議定書

史上最悪の薬害訴訟へ向かう

ワクチン接種後に亡くなった方のご遺族が
被害者の会を結成しました。





私はもちろん当事者ではありませんが、
日常的にワクチン接種後、急速に
ガンになってしまった方のご相談をよく承ります。


子宮頸がんワクチンでも国は大きな犯罪を犯したにもかかわらず、
また推奨しようとしています。




あのノーベル賞を取った本庶さんも当初は

免疫療法のひとつ、がんワクチンは、
最初からこれは効くわけがないと思っていた・・・




とおっしゃっていたのに、

【文芸春秋 立花氏との対談】
本庶 がんにも自然治癒があるので、どんな治療をしても治る人が出てくることはあります。しかし、一例効いたとか二例効いたという話をしても仕方がない。そんな話を針小棒大に膨らませて、今でも日本で多額の研究費をとって研究をしている人はいます。その代表的な例が、免疫療法のひとつ、がんワクチンです。でも、僕は最初からこれは効くわけがないと思っていました。

立花 どうしてですか。

本庶 極めて単純な話なんです。たとえば僕が肝臓がんだとしましょう。僕のがん細胞の一部は常に死んでいます。その時、死んだがん細胞は抗原となって体内にばらまかれ、免疫系にいわば記憶される。

 ワクチンとは、基本的に毒性をなくすか、弱めた抗原を体内に入れて、その抗原に対する免疫の応答性を高めるものです。しかしがん患者の体内には、すでにじゅうぶん抗原はあるはずなので、さらに何ミリグラムか知らないけれども、抗原を注射したところで、大した違いが出るはずがない。




いつの間にか推奨派に廻りました。

子宮頸がんワクチンの積極的接種の勧奨再開の要請を行った


おそらくお金の流れと思います。




針を刺す、メスを入れる・・・


そういった医療行為の重大さが
医者も国もまだよく理解していないようですね。



とにかく今回のワクチンの原告団の方々は
長い長い戦いになるでしょう。

私たちはせめてワクチンの害を伝え続け
その動向から目を離さないよう、
応援と優しさの気持ちを持ちたいと思います。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : コロナいのちワクチン

いのちの勉強、逃げちゃ駄目です

グレートリセットを推奨するにあたり、
フランスの経済学者でユダヤ人の
グローバリスト、ジャック・アタリ
1981年のインタビューの中でこう豪語している。


「将来は、人口を減らす方法を見つけることになるだろう…
もちろん、人を処刑したり、収容所を作ったりすることは
できないだろう。
彼らのためになると信じさせることで、
彼らを排除するのです。
何かを見つけたり、引き起こしたりするのです。
特定の人々をターゲットにしたパンデミック、
現実の経済危機かどうか、
老人や高齢者に影響を与えるウイルス、
それは問題ではありません。
弱者や恐怖心を持った者はそれに屈するでしょう。
愚かな者はそれを信じて治療を求めるだろう。
私たちは、解決策となる治療法をパンパンにしたことで、
世話をするだろう。
愚か者の選別はそれ自体で行われ、
彼らは単独で屠殺場に行くことになるだろう」



ミシェル・サロモンとのインタビュー - 未来の顔、セガース版

彼は現在78歳・・・

本当に虫唾が走るふざけたインタビューです。





素人だからとしり込みするあなたへ・・・

いつまでも素人に甘んじていると
本当に大変なことになりますよ。


あなたももうこれを見れば、(下の動画)
いっぱしの専門家ですよ。


羊の群れから逃げ出し
どうぞ勉強してください。




難しい
わからない
聞いていて眠くなる
・・・・・

だれでも最初はそうです。


でもそこをユダヤなるものは狙っているのです。


シンプルなことを
より難しそうに言うことで脱落者を増やす。

その脱落者に紳士の顔で毒を売るのです。


動画の中のワクチン慎重論、反対論者の先生たちは
素人の私たちにもわかるように
本当に一生懸命説明されています。


服従の群れから出るには
私たちも多少の勉強がいります。

でも、ここでスルーしないでください。


私の周りで急激にがんになる方が増えています。

わたしは、間違いなくワクチン接種が要因かと思います。

あなたの町でも
救急車がやたら走るようになっていませんか?

鐘を鳴らさない消防車も多くありませんか?

鐘を鳴らさない消防車は
火災以外の救急です。

消防車のサイン


みんなワクチンによって免疫力が落ちて
急に心臓に異変が起きたりしているんでしょう・・・

アスリートも結構倒れたり亡くなったりしてますね。

『コロナワクチン接種後のアスリートの死亡が頻発している!』

地元の祭りでも何度も救急車が走りました。


もちろん素人判断です。


でも、原理原則から考える
それしか原因が浮かばないのです。


わたしは今日も勉強します。


かけがえのない自分、家族、友人、教え子、知り合い・・・


少しでも役に立てばと思って勉強します。



何人も、いのちの勉強から
逃げちゃいけない時代になりました。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : コロナいのちワクチン

本末転倒の医療(後編)

昨日の続きです・・・


いよいよ出産が近づいた彼女は、
看護師からPCR検査の協力を依頼されます。


依頼とは体のいい言葉ですが、
半強制です。


PCR検査のいい加減さを知っている彼女は、
PCR検査を拒否しますと言いました。

理由もあります。

大変驚くことですが、

このいい加減な検査で、万一陽性が出た場合、
他の医院に移り(伊勢か、桑名か、三重大)で
強制的に無条件で帝王切開となるからです。


出産10日前に、
全く無縁の医者の所で
腹を切らされる・・・

そんな拷問があるでしょうか・・・

無茶苦茶な設定です。


今の医者は、ヒポクラテスの誓いを破りまくりです。

ヒポクラテスの誓いとは、
医師の倫理・任務などについての、
ギリシア神への宣誓文です。

ヒポクラテスの誓いに反する
今の医療現場でのマニュアルは、
もう狂気の沙汰です。

なにせ、患者が嫌だということを
半強制的にやらせるのですから・・・


だから、今の医療と医者は
患者の方を向いていないというのです。




【ヒポクラテスの誓い】
医の神アポロン、アスクレーピオス、ヒギエイア、パナケイア、及び全ての神々よ。私自身の能力と判断に従って、この誓約を守ることを誓う。

・この医術を教えてくれた師を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて、必要ある時には助ける。

・師の子孫を自身の兄弟のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。

・著作や講義その他あらゆる方法で、医術の知識を師や自らの息子、また、医の規則に則って誓約で結ばれている弟子達に分かち与え、それ以外の誰にも与えない。

・自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。

・依頼されても人を殺す薬を与えない。

・同様に婦人を流産させる道具を与えない。

・生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。

・どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、不正を犯すことなく、医術を行う。

・医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。

この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!
しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。




なぜ医者がメスを握り人様の腹を切れるのか?

このヒポクラテスの誓いを遵守という前提があるからです。

でなければ、強盗殺傷犯です。



話を戻します。

PCR検査のインチキさのため、
検査を拒否した彼女に

看護師はのけぞって
半分馬鹿にしたような笑いでこう言ったそうです。

「そんなの無理です。
皆さんにご協力いただいているんで・・・」


だからご協力ではなくって
強制ですよね、それって・・・

という話です。


何度も問答の末、
これ以上ごねると

「ここでは産めなくなる」という
雰囲気に見舞われた彼女は、

渋々、検査をさせられる羽目に・・・

駐車場の車内で待機させられます。

しばらくすると、看護師(助産師?)がやって来て
綿棒を鼻に突っ込まれます。

検査結果はドキドキで待ちます。
しばらく待つと、

「すみませんもう一度させてください」と
看護師(助産師?)がやって来たそうだ。


だたでさえ、不安の中、
もう一回となれば
さらに不安倍増です・・・


どんだけ妊婦をいじめたらいいんだい!


しばらく待つと、

ちょっと陽性に触れちゃったんですよね・・・


えーーーー!!!


この触れちゃったっていう
曖昧表現って何でしょうか?


だから、PCR検査を発明したキャリー・マリス博士は
これを

「これは感染病診断には使うな」

って言い残してこの世を去ったのです。
(2019年12月コロナ前に殺されたという説が濃厚)





なにせ、この検査での偽陽性率は80%というデータもあるからです。


80%ものいい加減な結果が出る検査で
簡単に腹を切られてはたまったものではありません。



さてさて、

妊婦にとって、一番の害である
不安と恐怖を散々まき散らしたその医療機関は、

次の日に検査しに来てくださいとな・・・!


そこで彼女は、うちの塾に飛び込んできたのです。


わたしは、これまでの経緯を2時間ほど伺いました。

彼女の健康状態を見て
ほぼ確実に陰性でしょうから

それならば、対抗策として
いま薬局で売っている抗原検査の結果を
持って行ったらどうかと提案させていただきました。

あと、他の医院でも検査して
結果を持っていくという案もあります。

それを認めてくれるかどうかはわかりませんが、
とにかく「他院、即帝王切開」を防ぐには
やれることはやらないと・・・ですね。



その夜、市販の検査キットでの結果は


見事陰性!

喜びのLINEが来てました。


それにしても・・・はぁ~


あの検査は一体何だったのか!

だから、PCR検査っていい加減なんですよ!



さて、次の日、いよいよ決戦の日!


いざとなれば、市販の検査結果を出してやる!と
意気込む彼女は、再び産院検査を受けます。



・・・・・・・・・・




見事、陰性ぇーーーーーーー!


なんじゃそりゃ!!!


わかりますか?医療機関さん!


散々出産前の妊婦を不安がらせ、
散々あちこちに走らせ、(うちへの相談や薬局に走る)


それで、この有様・・・


ヒポクラテスが泣いてます!



実は、これには補足もあります。

前日同様、駐車場で検査を受けるのですが、
ベルが渡されたそうです。


そのベルが鳴ったら院内に入ってくださいと・・・


で、ベルが鳴ったのですが、
人が結果報告に来ない!


あれだけ不安がらせて、待たせておいての
無人案内・・・


もちろんベルだけですから、
陰性だったのか陽性だったのか
明確に彼女は知らされていません。


この塩対応・・・


恐る恐る院内に入っても
受付の人は

「検診ですかぁ?」と

とぼけた対応・・・


現場と受付がつながっていない・・・


受付嬢が慌てて電話で聞いていたそうです・・・


はぁ~


で、そのまま待合、
そのまま診療・・・


検査の結果は、いつ?



何も知らされないままの診療開始・・・

その間、看護師は無言・・・


なんじゃそりゃ!


検査結果は医者しか言えないのか?
いやいや、前日は看護師(助産師?)が伝えてきたじゃないか!


いろいろよぎる 彼女・・・


で、診療結果のため
ここではじめて医者と対峙・・・


開口一番医者は、


「いやぁ~陰性だったよぉ~」


この不快な軽さ、文だけで伝わるでしょうか・・・


「人に気も知らないで」ってよく言いますが
それがこの医者です・・・


もう呆れてしまいます。


「偽陽性とかたくさん出るけど
僕たちもどうしてそうなるかわからんのですよぉ~」


はぁ~!?


その後も検査結果の言い訳を散々していたそうです。


だ・か・ら!


検査は無効なんだって!
いい加減なんだって!

だから、感染病診断に使っちゃいけないって、
ないものもあるようにできてしまうって
キャリー・マリス博士も言ってるでしょ!





どうしてそれ守んないの!

その無効な検査如何で
健康な人の腹を、しかも妊婦の腹を勝手に切るなって!!!


(他にこまごまいろいろとありましたが
ここでは割愛いたします。)



はい、汚い言葉お許しください・・・


できるだけ真実をお伝えしたかったのです・・・



今の医療機関
本当に本末転倒です!



というお話でした。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




















theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : コロナいのちPCR検査妊婦

本末転倒の医療機関(前編)

今の医療は本当におかしい!


先日卒業生ママが飛んでやってきた。

このママさんは、
うちの塾に長男さんを通わせてくれている。

いま第二子がおなかの中にいて、
今月末にいよいよご出産となる。


これまで二回はワクチンを打っているが
うちに通うようになり、

私のブログや動画を見てくれている彼女は、

ワクチンの欺瞞や
PCR検査の欺瞞について気づき

再三半強制されるその産婦人科でのワクチン接種を拒んでいた。

そのため、医者はこう言い放った。

もしお子さんがコロナに罹ったり
濃厚接触者になったら
うちの医院では出産できませんと・・・

脅しにも似たというより、
脅しそのものだ。


出産間近の妊婦の心身を気遣うなど
みじんもないこの医者は、
医療という名の虐待をしているに等しい・・・


当事者でなくても怒りを覚える・・・


そこで彼女は悩みに悩み、
出産前の二週間、長男は学校を休ませて
塾に平日通うよう手配をしていた。


もうこの時点で今の医療は一体どうなっているのか!と思う。


言い過ぎかもしれないが、
今の医者は、患者(妊婦)の方を向いていない。
マニュアル通りにやることが医療になっている。

これは産婦人科だろうが他の科だろうが皆一緒である。

コロナ禍になってますますひどくなっている。

そのマニュアルがデータ改ざんの厚労省が作るのだから
適切なわけがない。

そして、そのマニュアルが明らかにいのち基準でない時点で
各医者もおかしいと声を上げるべきだ。


現に今では全国で有志の医者が
政府のコロナ政策に異を唱え、声を上げている。


少しは見習っていただきたい。


今夏 三重県では、妊婦をたらいまわしの上
流産させた事件が起きているが、
これは全国でも起きている。


かつて出産は、大名行列まで止めてよかったはずで
それぐらい出産に対する、いのちに対する
尊厳と敬意があったはずだ。


令和の医者は明らかに江戸時代より退化している。

そして国も、少子化対策など本気で考えていない。


本当に、今の医療の無思考・腰巾着ぶりには閉口する。


本末転倒も甚だしい!


さて、さて、ここまででもかなりおかしいが、

彼女が今回塾に飛び込んできた理由は、
そこではない・・・


もうね、

何やってるの医者は!・・・というお話・・・


引っぱるようで申し訳ないが、
長くなりそうなので、明日お話したいと思う。





ブログパーツ


[スポンサーリンク]








theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : コロナいのちワクチン妊婦

東方の賢者とは?~クレムナの預言~

皆さんは、クレムナの預言というものをご存知でしょうか?

現在のセルビアのクレムナという町に住んでいた
ミタール・タラビッチ(1829~1899)という人の預言です。


タラビッチは、未来を見通す力があって、
折に触れて見たものを周囲の人々に聞かせていたそうです。

ただ彼は文盲だったので、
彼の名付け親で神父の叔父、
ザハリジュ・ザハリッチによって記録されたらしいです。


ここまではよくあることですが、

さらに驚くのは、

いまでもセルビアではタラビッチの予言書「クレムナ予言」は重宝され、
一家に一冊あるというのです。

ミタール・タラビッチの家は
セルビアで歴史的遺産となっているもようです。


例えば、TVやPCを予言しているものがあります。


人間は様々なイメージが見える箱のような装置をつくる。
このイメージの箱は、向こう側の世界にとても近いところにある。
それは髪の毛と頭皮との距離くらいに接近している。
このイメージ装置のおかげで人々は
世界中で起こっていることを見ることができるようになる。




時代的には、第一次世界大戦前ですから
予言の数々に驚きを隠せません。


その中で、私が最も気に入っているのがこちら・・・


東洋に賢者が現れる
この人物の偉大な教えは海を越え、
国境を越えて世界に広がる。
しかし、人々は真実の教えを虚偽と決めてしまい
長い間信じることはない。




さて、東洋の賢者とはいったい誰のことでしょうか?


皆さんはどう思われますか?


すでに生まれていて亡くなっている方かもしれませんし、
まだ現れていないかもしれません。



私には一人 候補の方が見えます・・・



それは、千島学説の千島喜久男博士です。
彼は、当時様々な国の学者から賞賛を受けています。

しかしやがて抹殺されていきます。

千島学説を採用されては
医療界、製薬会社、石油産業が
金儲けできなくて困るからです。


千島博士の学説を採用すれば

健康とは何かが変わります。


細胞学
血液学
細菌学
遺伝学・・・

私たちの身体に関するあらゆることが
180度書き換えられます。


大げさではなく、
今の医学は原理原則がすべて間違いになります。


タラビッチは言います。

人間の魂は悪魔にのっとられるのではない。
もっと悪いものにのっとられているのだ。
そのころの人間の信じているものには真実などいっさいないのに、
自分たちの信じる幻想こそが真実だと思い込むのである。
ここセルビアでも世界の他の地域と同様だ。
人々はきれいな空気を嫌い、神々しいさわやかさと美しさは、
人間が作った上下関係の階層関係の中で見えなくなってしまう
しかもこれは誰かから強制されて、このようになるわけではないのだ。
人間は自分の自由意思からこうしたことを行うのだ。




今の世界を言っている預言ですね。


タラビッチは、コロナのことも予言しています。

世界中で奇妙な伝染病が蔓延する。
誰もその治療法がわからない。
知識のあるという者たちが
「私には高い知識があるのでこの治療法は分かっている」と言い張るが、
実は誰も何もわからない。
人々はいくら考えても正しい治療法を見つけることはできない。
だが、治療の鍵となるものは人間自身の中や周辺にあるのである。




治療の鍵となるものは人間自身の中や周辺にある

これこそまさにエクソソームであり、
私たちの体内や周囲にあるバクテリアやソマチッドのことでしょう・・・


ウイルスは外からやって来ません。

自体内の毒素です。

それを無効化・解毒できなくて、
病になるのです。

ウイルス
エクソソーム
ソマチッド
バクテリアは、

すべて、同じものの違う形態だと思います。


千島学説では、

赤血球はすべての細胞の母体と言っています。

そしてその血液は腸で造られているのです。

だから腸が大切なのです。


手技道の村松努さんは、

腸は第二の脳ではなく、

第一の脳とおっしゃっています。

まさに、そういうことです。


また、千島博士は

バクテリア・ウイルスなど病原体は、
親がいなくとも有機物の腐敗の状態から、
その有機物を母体として自然に発生するとの主張されています。

パスツールが間違っているのです。


私たち宿主の状態が健康にそのまま影響するというわけです。
これが、宿主説です。


ウイルスが外からやって来て身体に悪さするという病原体説から
すべての間違いが起きているのです。


マスクが必要
消毒が必要
ワクチンが必要
薬が必要・・・


今の医学はすべてが

分離
排除
投与

が前提になっています。


千島博士の理論に基づく「断食」など
引いていくという発想がないのです。


また、来る日も来る日も細胞を観察した千島博士は
生命の原理原則は

共生
共存共栄
相互扶助



ということを知っていたのです。


東方の賢者、千島喜久男博士のような方を
私は今まで見たことがありません。


むしろこれらの学説を
まるで自分の手柄のように
横取りする学者の多いこと多いこと・・・


まともな方は抹殺されます。

あの小保方さんも
千島学説の原理であるSTAP細胞を発見していたのに
陥れられました。


賢者、千島博士の学説は
どこから切り取っても矛盾がないのです。


千島学説がスタンダードになれば
間違いなくもっと多くのいのちを救えます。

一日も早くスタンダードになればと願います。






ブログパーツ


[スポンサーリンク]









theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : コロナいのち千島学説

くだらない政治に付き合わされる国民



太陽乙女座なので言わせていただきますが、
本当にくだらない・・・


さすが太陽獅子座ですね。

目立つことを一番に考える天才・・・


科学的根拠がないという参政党を中和って言うことですが、
ワクチンに関しては科学的根拠だらけですけどね・・・


しかも、マイナカードは推進らしいです。




さらに、国が信用できないなら出て行けとまでおっしゃる・・・

じゃあ何でN党なんでしょうね・・・


ホント、不思議な方です。


まあ、どちらにしてもくだらない・・・


ただ、今の税の仕組みでは
こんなくだらないことに私たちの税が遣われることになって
無関係ではない・・・


出来れは無関係でありたいですね。


私たちはホント何を見せられていて
何に付き合わされてしまうのか・・・




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : アルカリ党

「逃げちゃ駄目だ・・・」

今の日本政府の横暴ぶりと
ユダヤなるものへの服従を見ていると

リリス」のことを思わざるを得ません。


悪いと思っていても(思っていない人も多くいるが)

ユダヤなるものには従い

国民には暴虐の数々・・・


リリスはこの地球上の人類に組み込まれた
一種の装置としか思えません。

しかも諸刃の剣です。

わたしたちはそれをどう受け止めどう扱うのか?


エバンゲリオンの主人公「シンジ」・・・

私はこのアニメをまったく見ていませんが、

シンジとは「神示」・・・

重なるのです。


そして、
エヴァンゲリオン初号機に乗る決断をする前の
碇シンジの台詞は見ていない私でも知っています。


「逃げちゃ駄目だ、
逃げちゃ駄目だ、
逃げちゃ駄目だ、
逃げちゃ駄目だ、
逃げちゃ駄目だ...」


(第壱話 : 使徒、襲来)

エバンゲリオンの中では、
リリスは人類のこと・・・


そう私たちは、

奴らのリリスからも、
自分自身にあるリリスからも


逃げちゃ駄目なんです。


彼の苗字は「碇」・・・

そう、ときには

怒りをもって
正しい方向に

怒ることも大切なのです。


人類はリリス・・・


忘れないでください・・・


●シンジのセリフ 17:00ごろ~





theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
genre : 心と身体

tag : リリスエバンゲリオン

この男が出てくると・・・

この男が出てくると、
大抵日本の庶民は大変なことになります。

マイナ保険証


ワクチンの時がそうでしたね。


あの時は、有名YuoTuberとコラボして
ワクチン推奨の動画を上げていましたが、
お二人とも実に醜かったですね。


あとで述べますが、
今の欧州議会の公聴会をご存知でしょうかね?

ご存知でしたら恥ずかしくて街を歩けないと思うのですが・・・






ワクチン大臣として
ここまでして国民を奴隷にしたかった人が
今度はデジタル大臣・・・

この人が動くとろくなことありません。


そもそもこの人は確か野党時代、原発反対の人でしたが、
元安倍政権ですっかり推進派です。


何の芯もなく、中国の子分であるこの方がデジタル大臣なので
ワクチンの時同様、実に危なっかしい日本のデジタル関連です。


さっそく堤未果さんが問題点を発信していらっしゃいます。





厚労省に意見を提出できますので
よろしければ皆さんも声を上げてくださいね。

「国民の皆様の声」募集 送信フォーム


堤未果さん曰く、結構効くそうです。



さて、先ほどのお話・・・
河野大臣は欧州議会のコロナ公聴会で報告された

コロナ公聴会でファイザーの役員は、ワクチンが感染を止めるかどうか何ら実験をしていないと認めた。他人のためにワクチンを接種しましょうという言説は全て嘘である。この嘘に基づいてワクチンパスポートが強制された。」









に対してどう感じるのか、コメントぐらいなさるべきでしょう。


ワクチン接種後に亡くなった人1800人以上なのですから・・・





欧州では暴露されました。

日本では全くニュースになりませんが。


元記事はこちらです。
ファイザーは、Covidワクチンがロールアウト前に感染を止めたかどうかを知らなかった、と幹部は認める


元動画はこちら↓




#Pfizer でtweetを見れば
たくさん出てきますのでご覧ください。

#Pfizer


私たちは一体、何を見せられ、
何を打たれているのか?

本当にとんでもない時代です。



さて日本・・・


私たちが個人で先頭を切るべきですね。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]






theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

tag : コロナいのちワクチン

岸田首相は明らかに日本をGRしたがってますね

こちらの記事は、先週の6日、
すっかりUPしたばかり思い込んでいた記事です。
6日記事を上げなかったことに昨日気が付きました💦
一週間遅れですが、
本日上げさせていただきます。




今夏、私はシオンの議定書を読み、
その事についてまとめ続けた。

その甲斐あってか、
先日のプーチンの演説が
まさに、シオンの議定書の解説版ということが
手に取るようにわかった。


9/30のプーチンの演説には、

2014年から西側諸国が行ってきた暴挙と
ここに至るソビエト解体、分断、破壊したゴルバチョフを始め、
当時の指導者たちがいかに自国の主導権を安易に手放したかが
語られていた。

1991年、ベロビスカヤ・プシュチャで、一般市民の意思を聞くことなく、当時の党エリートの代表がソ連の崩壊を決定し、人々は一夜にして祖国から切り離されたことに気がついた。

 これは、私たちの国家の結束を生きたまま引き裂き、分裂させ、国家の大惨事と化した。かつて革命の後、連邦共和国の国境が裏で切り刻まれたように、1991年に行われた国民投票で、ソ連の最後の指導者たちは、大多数の直接的な意思に反して、ただ事実を各国に示すだけで、この偉大な国を破壊してしまった。

 自分たちが何をしているのか、その結果が最終的にどうなるのか、十分に理解さえしていなかったことは認める。でも、そんなことはもうどうでもいい。ソ連がなくなってしまったのだから、過去は取り戻せない。




彼らにとっては、すべての国が米国のために主権を放棄することが決定的に重要なのだ。
 ある国の支配層は自発的にそうすることに同意し、自発的に臣下となることに同意し、他の国は賄賂や脅迫を受ける。そして、もし失敗すれば、国全体を破壊し、人道的災害、大惨事、廃墟、何百万もの滅茶苦茶にされた人間の運命、テロリストの飛び地、社会災害地帯、保護領、植民地、半植民地を残すことになる。彼らは自分たちが利益を得るためなら、気にしないのだ。




そして、原爆という彼らの非道な行為に触れ、
かつての同胞日本のことにも触れている。


欧米諸国は何世紀にもわたって、自分たちは他国に自由と民主主義の両方をもたらすと言い続けてきた。民主主義の代わりに抑圧と搾取、自由の代わりに奴隷と暴力である。一極集中の世界秩序全体は、本質的に反民主的で自由がなく、徹頭徹尾嘘であり偽善者である。

 アメリカは世界で唯一、核兵器を2回使用し、日本の広島と長崎を壊滅させた国である。ちなみに、前例がある。

 第二次世界大戦中、アメリカはイギリスとともに、ドレスデン、ハンブルク、ケルン、その他多くのドイツの都市を、軍事的必要性もないのに廃墟にしたことを思い出してほしい。そしてそれは、軍事的な必要性もなく、実証的に行われたのだ。目的はただ一つ、日本への原爆投下と同じように、自国と世界を威嚇することであった。




これはもちろん西側へのけん制だろうが、

今の日本のロシアに対する白痴的な対応に怒ることなく、
人道的な観点でも、原爆投下の悪行を語ってくれている。


いったいどちらが日本なのだろうか・・・


スピーチ全体も
あの菅元首相の弔辞のような、
やらせ的センチメンタルさなど微塵もなく、

静かだが、大国のリーダらしい堂々とした内容だ。


「よく見聞きしわかり、そして忘れず」宮沢賢治


実にいろいろな意味で賢いリーダーだし、
そこには、なんの脚色、欺瞞がないとお見受けした。


私たちは、「ロシアの春」の英雄たち、2014年にウクライナで起きたネオナチのクーデターに我慢しなかった人たち、母国語を話す権利、文化、伝統、信仰を守る権利、生きる権利のために亡くなったすべての人たちを常に覚えていることであろう。




この演説の数日前に
パイプラインが破壊されても
プーチンは、侵攻以前も、いまも西側諸国に語りかける・・・

「話し合いのテーブルにつく用意がある」と・・・


私たちはキーウ政権に対し、2014年に放った戦争、すべての敵対行為を直ちに停止し、交渉のテーブルに戻ることを求める。準備はできている。




そのテーブルを拒否し、壊しているのは
西側諸国(NATO・アメリカ)である。


プーチンの政治だけが全て正しいとはもちろん思わないが、
こと、DSとの戦いにおいては、彼らの悪行を100%見抜き
かなりの成果をあげていると推測できる。


欧米は、ドルパワーと技術的独裁を犠牲にして世界に寄生し、本質的に世界を奪い、人類から真の貢ぎ物を集め、不労所得の主な源泉である覇権的家賃を引き出すことを可能にする新植民地システムを維持するためには、どんなことも凌駕するつもりだ。

 この家賃を維持することが、彼らの重要な、純粋な、そして絶対的な利己的な動機なのだ。だから、完全な脱ソブリンが彼らの利益になるのだ。それゆえ、独立国家に対する攻撃、伝統的な価値観や文化に対する攻撃、自分たちがコントロールできない国際的な統合プロセス、新しい世界通貨や技術開発の中心を弱体化させようとする試みなどが行われている。




少なくとも我が国の首相のように、
この期に及んで青二才の自分の息子を
自分の秘書にするという恥ずかしい行為に比べれば、
一万倍ぐらい世界に役立つことをしているかと思う。


料理人でさえ、自分の息子や娘を料理人にするとき、
一旦は外に出し、数年は修行させるというのに、
鞄さえ持たない自分の息子をいったいどうしようというのか?


いや、そもそも
いったいこの国をどこに
連れていこうとしているのだろうか・・・


昨日(10/5)のポスター中央のクラウス・シュワブに媚びるように
両手をあげてグレートリセットを誉めそやす岸田首相の政治的素地は
もう悲しいほど痛すぎる。

➡️「ダボス・アジェンダ2022」における岸田総理大臣の特別演説



赤子の手を捻られるかのごとく日本が搾取されていく様を
私たちはさらに耐え忍ばないといけないのか?


国民のためには何もしないくせに
DSのためにはしっぽを振ってまで
何もかも貢ごうとする岸田政権・・・

プーチンの演説の爪の垢でも煎じて飲んでいただきたいものだ。


以下、プーチンの演説を追加で抜粋しておきましょう・・・



●お金の欺瞞を見抜いているプーチン

しかし、人々は印刷されたドルやユーロで養うことはできない。その紙切れでは彼らを養うことはできないし、欧米のソーシャルネットワークのバーチャルな膨張した資本では、彼らの家を暖めることはできないのだ。




●西側の暴挙をけん制するプーチン

今、矛盾のもつれから抜け出すためには、他人の富をさらに略奪し、その代償として穴を塞ぐために、主権的発展の道を選ぶロシアやその他の国家を、ぜひとも打ち砕く必要がある。もしそうならなければ、彼らはシステムを崩壊させ、すべてをそのせいにしようとするだろうし、最悪の場合、よく知られている「戦争がすべてを帳消しにする」という公式を使うことになるだろうと私は否定しない。




●ユダヤなるものの正体を見抜いているプーチン

繰り返すが、西側エリートの独裁は、西側諸国の国民を含むすべての社会に向けられている。みんなへの挑戦状だ。このような人間の完全否定、信仰と伝統的価値の破壊、自由の抑圧は、「宗教を逆手に取った」、つまり完全な悪魔崇拝の特徴を帯びているのだ。

 イエス・キリストは山上の垂訓の中で、偽預言者を糾弾し、「その実によって、彼らを知るであろう」と言われた。そして、これらの毒の実は、わが国だけでなく、欧米の多くの人々を含むすべての国の人々にとって、すでに明白なことなのだ。

 世界は革命的な変革期を迎えており、それは基本的なことだ。新しい開発拠点が形成されつつある。彼らはマジョリティを代表している。- 彼らは多極化の中に、自国の主権を強化する機会を見出し、それによって真の自由、歴史的展望、独立した創造的で独特な発展への権利、調和のとれたプロセスを獲得しようとする。




●岸田首相に爪の垢でも煎じて飲んでもらいたいフレーズ
(「ロシア」を日本に変えて読むとジーンと来ます)

私たちは、ロシアが、私たちの民族が、私たちの言語が、私たちの文化が、歴史から消されることがないように、今日も戦っている。今日、私たちは社会全体の統合を必要としており、その統合は主権、自由、創造、正義に基づくものでなければならない。私たちの価値観は、人間性、慈悲、思いやりである。

 そして、真の愛国者イワン・アレクサンドロヴィッチ・イリインの言葉で締めくくりたい。「もし私が祖国をロシアと考えるなら、それは私がロシアを愛し、考え、思考し、ロシア語で歌い、話すということであり、ロシア人の精神的強さを信じるということである。その精神は私の精神、その運命は私の運命、その苦しみは私の悲しみ、その栄華は私の喜び」。




●DSの終焉を予期させる言葉

始まった西洋覇権の崩壊は不可逆的である。そして、繰り返しになるが、これまでと同じようにはいきません。





全文読みたい方はどうぞ・・・
プーチン大統領演説 2022年9月30日




ブログパーツ


[スポンサーリンク]





theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : プーチン演説

予言の中の人類へのアドバイス

皆さんがよくご存じの聖徳太子・・・

私たち世代にとってはかつて1万円札(1958-1983)でした。


いつの間にか福沢諭吉(1984-2023)になり
2024年には、渋沢栄一になるようです。


この一万円札の流れこそ、
日本が、通貨発行権を握るユダヤなるものに
いかに支配下になってきたかということの表れです。


渋沢栄一など、大変申し訳ありませんが
ユダヤなるものの手先、子分中の子分・・・


いっそ、素戔嗚尊か、饒速日命に
一万円札になっていただきたかったです。



聖徳太子は預言者でした。

聖徳太子「未来記」 最終14章より・・・
日域末世中彼三悪魔流布 雖見聞不禁断者六天魔王得便 異国蒙古為歓喜
牛馬如人言語 魚鱠生羽飛虚空 岩石現眼口 夜半見日輪 北方出月輪



<読み下し文>
日本が末世の時、かの三悪魔が世の中に知れ渡る

その三悪魔の教えを、見ても聞いても決してしてはいけない。
もし、それが守れないならば、第六天魔王が日本に降り立ち、
異国の蒙古は大変喜ぶ。

牛馬は人のように言葉を話し、魚のなますが羽を生やして空を飛び、
岩石には、目と口が出現し、真夜中に太陽が現れ、
月が北の方角から出るだろう




三悪魔は一説によれば、

一遍に発した踊念仏、
日蓮に発した創価学会、
親鸞に発した葬式仏教


一遍の踊念仏の悪魔性はいまひとつわかりませんが
下の二つは今の時代を見れば、
まんざら外れていないでしょう・・・


その三悪魔の教えを、
見ても聞いても決してしてはいけない。




聖徳太子は言っています。


いまだにTVでごたごた言っている旧統一教会も
もともとCIAが作った創価学会の一派ですから、


大元の創価学会を守るための
茶番と見てもいいのかもしれません。


とにかく、2000年続いた宗教の時代が
終わりを告げる兆しでしょう。



では、第六天魔王とはなにか?


仏教において、仏道修行を妨げている魔のことを指す。
他にも天魔・魔王・第六天魔・第六天魔王波旬・
天子魔・他化自在天などとも呼称される。

仏教における三界(無色界、色界、欲界)のうち
欲界の最高位が第六天であり、
天主である第六天魔王が住処としている。

この天を住処とする天人は、
下界の衆生(人間はじめ全ての生命)の快楽を自由に奪い、
自らが享受することが出来る神通力を持つ。


すなわち他の者に化ける能力を有する者であり、
漢訳で他化自在天とされた。




まさにグレートリセットを実行している
クラウス・シュワブたちのようですね。

貴族のようなふりをした化け物・・・


オランダ グレートリセットのポスター



日本が末世の時、かの三悪魔が世の中に知れ渡る
その三悪魔の教えを、見ても聞いても決してしてはいけない。




予言のなかにも、
宗教の危険性が書かれています。


宗教の何が危険か?


それは、自分を通さず
教えを鵜呑みにする危険性があるからです。

聖徳太子の「未来記」・・・

ここにも人類が気を付けた方がいいことが書かれているわけです。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]








theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
genre : 心と身体

tag : 宗教聖徳太子

デタラメを広げるマスコミとインフルエンサー

日本でワクチン接種が始まってからずっと気になっていた
芸能人とかインフルエンサーの広告主導・・・


やはりヤバいですね・・・


インフルエンサーに気をつけて


やはりかなりヤバいということを
ナカムラクリニックさんがまとめてくださっていました。


そもそも、医者でもない彼らが
自信をもってそこまでワクチン反対者を
馬鹿にするという流れが超不自然ですからね。


何らかのアドバンテージ(お金)をもらっているとしか思えません。


ふつう、打つ人は打つ、打たない人は打たないで、
そのまま互いにほっておけばいいのに

弱い子犬が吠えているかのように
キャンキャン騒ぐ時点で超不自然・・・


まあ、こういう関係ですから、
致し方ありません(苦笑)




いまだにこういった苦しい言い訳をする医者がいますけど



接種率は決して低くありませんから

接種率

ワクチン接種率年代別

理屈に合いませんね・・・

もともと一回打てば永久的だったmRNA型だと言っていた
専門家の皆さんは今どうされているのでしょうか・・・???


検証なし、
データ活用なし、
亡くなった方のことは無視、
憶測で犯人捜し・・・


彼らはもう専門家でないことは
はっきりしました。

もともと西洋医学そのものが


血液学
細胞学など


全くのデタラメから始まっていますので
返ってあからさまになって本当に良かったと思います。


インフルエンサーには皆さん気を付けてくださいね、ホント・・・


もちろん、TVは言わずもがなです。




昨日お話したクリミア大橋爆破事件も
そろそろツイッターで嘘や欺瞞が明らかにされ始めました。

クリミア大橋 嘘

ちなみに、クリミア大橋はすでに復旧しています。
そんなことさえTVは流しません。







そして、キエフではこのような記念撮影をしている映像も・・・




私たちは一体
何を見せられているのか?



9.11の二の轍を踏んではいけません。

ワクチンの時と同様、

早急に騒げば騒ぐほど、
私たちのいのちは失われていきます。


しっかりと地に足を付けて沈思黙考すべきです。





ブログパーツ


[スポンサーリンク]








theme : いのちあるものが いのちあるように
genre : 政治・経済

tag : コロナいのちワクチンウクライナ記念撮影

乗せられぬように・・・



昨日で津祭りも終わり・・・


雨の中踊り続けるよさこいチーム・・・


最後の花火・・・


本当に開催できてよかったです。


気になったのが、救急車の数・・・

曇りと雨の2日間でしたから

熱中症は考えにくい・・・

おそらくワクチンと関連しているのでしょう・・・



さて、巷では、




このロケット茶番もすごいですが、


学校ではこちら・・・





マスクの次は「頭抱え」ですか・・・


本気でこれで防ごうと号令をかける政府の無能さ・・・


それよりもやること、主導することあるでしょうに・・・


ホント、国に従ってはいけません。

自分の頭で考えましょう・・・


やれ防衛だ!
やれ軍備だ!


っていう人達を増やして
ユダヤなるものが何をしたいのか
本気で考えた方がいいですね。



クリミアの爆破事件も、
画像を見て、




ああ、大変だぁ!!


という前に

その映像が本物なのか
それとも9・11のようにフェイクなのか
フェイクならどの部分がフェイクなのか・・・


まずはそちらを推定することは
最低限やるべきことでしょうね。


実行したウクライナ(NATO)側は切手やカードなど
記念物を発行しています。







この異常性こそユダヤなるものの習性です。

彼らは本気でシオンの議定書を遂行したいのです。


それにまんまと乗せられて
われわれが浮足立つのは
本末転倒・・・



自分軸と機転を大切に
拒絶するものはきちんと拒絶したいですね。


私たちは、

9条がどうのこうのという前に
人として何を「嫌だ」と主張するのか・・・

その人類軸をしっかりしないといけません。


その人類軸を考えさせないようにするのが
ユダヤなるものです。


改憲であろうが護憲であろうが、
根底にあるのは「いのちを守る」ということではないでしょうか?


なら、そもそも「戦争」というものをトコトン拒絶する・・・

誰がこんなくだらないものをやろうとしているのか・・・

政治・経済・医療・学校の学問・・・すべてが欺瞞ですから・・・

そこを見抜いて、いのち基準でないものは
根本から拒絶する気概がいりますね。




おまけですが、
これからのワクチンはすべてmRNAとなるようです・・・

気を付けてください。










ブログパーツ


[スポンサーリンク]





theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : コロナいのちワクチン戦争

【リリス】祭りってそういうことだったんだ!

祭りってそういうことだったんだ・・・!!!


昨日は3年ぶりに地元のまつりが開催されました。

祭りも、リリスの一面を顕すものだと直感しました。

祭りリリスととても関係が深い・・・

祭りは、われわれの獣性リリス
人間性リリスに変換する装置だったのです。



昨日行った大衆居酒屋で

高齢の男性と
中年の男性が

「俺は祭りなんて興味ない!」と言っていました。


ちょっと吹き出しそうになりましたが、
そういう人ほど

グチグチ、ブチブチ文句を言いやすくなっているのです。


祭りに限らず、
いつも「○○なんて」という人は
そもそもが獣性リリス発動初期ですので

「虐」に気を付けなければいけません。


腹の底から笑う、
すべて、みんな、いい思い出・・・

これがリリスを祭り合わせるおまじないです。


話を戻しましょう・・・


祭りの日も仕事だったからでしょうが、
それでもこうして店の皆さんと、夜は晩酌ができている・・・

それはそれで幸せなことなのに
そこは見ないんですね。


そうやってストレスといじけ、
感謝しない生活が続くと
リリスの負のエネルギー(獣性)が発動します。



意地悪なことを言ったり、

人に優しくできなかったり、

人の好意を斜めにとらえるようになったり、


挙句の果ては「虐」の部分が

顔を出していくのでしょう・・・


自虐、他虐 どちらになるかはその人次第です。



なぜ神は祭りを喜ぶのか?

神は、われわれの体内に設定された獣性リリスを
安易に発動させないために、

人類に「祭り」という いわば、
リリスのプラス発動装置を作ってくださったのです。


祭りと一体になることで

お互いが笑い合って、
手をたたく・・・

実りの食を
感謝しながら美味しくいただき、

太鼓や笛にあわせて
謳い、踊る・・・


リリスのパワーを肚に落とし込んで
プラスのエネルギーに変えます。

お祭り会場は、リリスのプラスエネルギーだらけなのです。

(だから昔からヤンキーほど祭りで張り切るのです)



実はリリスは、溝内から肩から肘にかけて
影響を及ぼします。


心身の空腹

肩で風切るような強がった生き方を防ぐのが

あの太鼓とお囃子です。

太鼓は肚に効きます。

笛はこわばった肩に風を通します。


力は抜けるけど、
ふにゃふにゃじゃない・・・

身体は豊かになる・・・



そういう意味では、

日本は季節の節目節目に
本当に 豊かに、上手に

リリスをプラスに変える行事が多いですね。

しかも、日本中に祭りがある・・・


春はお花見、
夏は花火
秋はお祭り
冬は大晦日やお正月

一月 七草
三月 ひな祭り
五月 菖蒲の節句
七月 七夕
九月 重陽の節句


みんなで集まり
ワイワイする行事が目白押しです。

ユダヤなるものが、
この2年半ほどこれらを禁止してきたのは
われわれのリリスの獣性を発露させたかったからです。


ああ、そうなんです。


年越し参りなどは、
リリスを一旦神様にお返しし
新しいリリスをいただきに行く・・・

そう考えてもいいでしょう・・・


このリリスは月と違って
無視ができない・・・


なぜなら、なくなればなくなったで
生きる力も減退するからです。


だから諸刃の剣・・・



人類は何百年もの間、こうやって祭り合うことで、
リリスの負の部分を昇華させ、

神とともにあることで
暴走を防いできたんだなと思いました。

6000年前、シュメールに知恵を降ろした宇宙の知的生命体は
この「神と祭り」というキャラクターとエネルギー装置を
人類に与えてくださった。

そう考えてもいいでしょう・・・



冒頭の男性二人は、

肚に収まりが付かず、
肩ひじを張り、
肚も満たされず、

「虐」が発動していました。


酒を酌み交わす私たちに向かって

お一人は

「お前らみたいな暇人とは付き合えんから帰るわ」と・・・

もうお一人は

「つまらん、帰るわ!」と・・・


普通に
楽しかった
おいしかったと
お帰りになればいいものを

わざわざ嫌味と毒気を出して帰られる・・・

「虐」発動です。

ね、わかりやすいでしょ・・・


これまでの占星術は

「祭り」はお酒も関係する海王星の役目だったと思います。

もちろんそれもありますが、

本当に芯の部分は「リリス」だと思います。


獣性を人間性に変える・・・


それが祭りです。




皆さんのリリスはお元気で健やかでしょうか・・・


今日はお祭り二日目・・・


地元の方でまだお祭りに行かれていない方は
是非神様と祭り合ってきてはいかがでしょうか・・・


きっとあなたのリリスが喜びます・・・





ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
genre : 心と身体

tag : リリス祭り

天体からのメッセージ、自然体ほど強いものはない

今日の動画は、
先日上げた「蝕」に現れるリリスを参照に語っています。





神は、ホロスコープに
なぜリリスなんて恐ろしいエネルギー体を残したのか?


それは、6000年前
宇宙の知的生命体が
人類のために残してくれた諸刃の剣なのです。


この鋭い刃物を人類がどれだけうまく取り扱えるのか・・・


リリスのトリセツを熟読、熟知し
この激しい時代の変わり目をあなたらしく生き抜いてください。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]






theme : 占いカウンセリング
genre : 心と身体

tag : リリス明星天子

なんともかんとも・・・

今日は一言だけ・・・




マスクの着用ルール検討ではなく、
マスクはいりません、
なしでOKです、だと思います。

しかも検討基準が海外を模範にするって・・・

じゃあ、今までは何だったのでしょうか???


コロナっていう病気は、
2年前と変わってるんでしょうかね???


間違いを間違いだったと認めない人たち・・・

本当におかしなことばかりですね。


マスクうんぬんより
そもそも、コロナの分類を5類以下にする方が先決ですね・・・

しかも、検討後の結論はいつも出さずじまい・・・


なんともかんとも・・・





ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : コロナいのちマスク

オランダの不気味で恐ろしいポスター

世界で唯一の被爆国日本の首相は、
ロシアとヨーロッパの核の緊張の最中に、

事もあろうことか、緊急事態条項の確立に
いそしんでいるようです。

これは絶対にいけません。

必ずやドイツと同じ道をたどります。


皆さんも自民党が達成したがっている
緊急事態条項、必ず勉強しておいてくださいね。

政府の「守ってあげる」は翻訳すると 「縛ってあげる」  めいこ



ところで、先日のネタが上がってしまいました。

パイプを破壊したのはアメリカ・・・

2022年2月8日のバイデン大統領の発言より

記者会見でのバイデン氏 : 「もしロシアが侵略を開始すれば、ノルド・ストリーム2はもはや存在しなくなるだろう。我々はそれを終わらせることになる」

記者 : 「しかし、どうやってそれを行うのですか? このプロジェクトはドイツの管理下にあるのでは?」

バイデン氏 : 「約束する。私たちはそれを成し遂げることができるだろう」






これはロシアの侵攻以前のインタビュー・・・

彼らはやりたかったんですね。
シナリオがありますから・・・

どうやら、天然ガスのパイプライン、ノルドストリームの破壊は
アメリカ(NATO)側だったようですね。


しかし! 

もっと驚くのは、北欧では
独自のパイプラインをすでに引いていたという!


私たちは一体どんな世界劇を見せられているのでしょうか・・・


どうやらパイプは
ノルウェーの棚からデンマークを経由し、

バルト海を通ってポーランドに達するようです。
(ノルウェーのEquinor社)

ノルウェー-ハンガリーパイプライン


記事によれば、もう何年も前から計画されていたようです。

11月末にはフル稼働するそうです。


庶民目線では、これでヨーロッパが凍らなくて済むのか?
という感じですが、


こんなことはKGB出身のプーチンだって
わかっていたことでしょうから


この世界で起きていることは
やはりすべて茶番ということです。



もうやってられませんね!


どっちも知っていて
どっちも茶番劇を演じる役者たち・・・


困り果てるのはわれわれ庶民・・・


だから5月にノルウェーやスウェーデンが
NATOに加盟していたのでしょう。


だから、パイプ爆破事件の後、

ポーランドの元国防相が
「ありがとう、アメリカ」と言い放ったのか!


いやー、もうあほらしくて
彼らには付き合っていられませんね。


何一つ本当に起きていることはありません。


すべてユダヤなるものが描いた茶番シナリオどおりに
役者が動いているだけです。


「腹は立てずに横にする」という教訓がありますが、
さすがに縦(立て)になりますよね・・・


私たち庶民には本当に理解不能です。


ただ、これだけはわかります。

どこかに戦争の火種を作りたい
ユダヤなるものがいるということです。


そして、オランダでは
恐ろしいポスターが張られています。


オランダ グレートリセットのポスター


オランダでは、大リセットのポスターが大量に貼られており、オーストリアもポスターを思いついています(動画)


なんだぁ、これは!


ポスター自体は反グローバリズム団体サポートのようですが、
どちらがどちらの狙いかはわかりません。

どちらにしても
オランダではグレートリセットの予行練習が始まったようです。

「 2030年の私は何も所有しておらず、プライバシーもありません。
そして人生はかつてないほど良くなっています」

「将来、人々は何も所有しないが、ハッピーになるだろう」

「人と人がまったく接触しない世界になっても社会が動く」

「国家が唯一のすべての所有者」



彼らはこんな世界を本気で描いています。


日本も他人事ではありません。


緊急事態条項や
ムーンショット計画や
スーパーシティ構想は

そのための下準備です。


心して、学び、強烈な拒否(リリス発動!)をしなければ
本気で彼らは達成します・・・





ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : グレートリセットオランダ

こういう時こそ泰然と分析

日本の首相は、支持率が下がると
北朝鮮からロケットを飛ばしてもらい

Jアラートなるものを町や各人のスマホに流して
恐怖をあおり、

「実に遺憾」のコメントで
自分の仕事やってる感を醸し出します。


最近ロケット多いねぇ~


ロケットはとうの昔に「やらせ認定」ですので、
賢明な庶民はJアラート後も普通に暮らしていることでしょう・・・


そう願いたい・・・


先月あたりからNHKの政府CMで
Jアラートのことばかり流れていたので
ああ、やらせの準備をしているなと思ったら、

今日のこれです。






この音の異様な周波数は、
きっと私たちの脳波をわざと恐怖と不安に陥れる周波数が
組み込まれているのでしょうね。


北朝鮮という国を意図的に途上国扱いして
無法国家のような宣伝を日本はしますが、

デジタル世界ではすでに
日本は完全に置いてきぼりを食らっています。


仮想通貨一つ、ハッキングから守れませんでしたから・・・
(コインチェック事件)


どっちが途上国かわかりません(笑)


そもそも、本気で日本を攻撃したいのであれば、
一番陸地の少ない津軽湾を横切るのではなく、
東京上空を横切るでしょう・・・!


ロケットだって高いんですから(笑)

普通に考えましょうよ・・・

なぜかいつも陸の薄いところを通るか・・・


これまで何度も飛んできた弾道ミサイルの原因も分析せず、
北朝鮮との対談もせず、

一方的に

「来るぞ、来るぞ」
「やられるぞ、やられるぞ」って煽りまくるだけ・・・

無能としか言いようがない。


これまでの革命やその後の戦争&混乱、
領土・資源をめぐる戦争&混乱・・・

すべてどう始まったのかもう一度学んでください。


全部、ユダヤなるものの自作自演・・・


日本は、日清・日露・第一次世界大戦中の中国での活動、
満州事変、日中戦争、第二次世界大戦・・・


全部乗せられ、煽られ、
最後は自滅・・・


ユダヤなるものが雇い、
火種を作り、
それを相手国のせいと吹聴し
無理やり大義名分を作って

最後に庶民が一番苦しい思いをし、
生活を奪われ、惨殺される・・・


高笑いをするのはユダヤなるものと
それに買われた反日人(日本人も含む)・・・



先日の「ウクライナの住民投票」・・・


ロシア兵が銃を持って無理やり投票させているっていうデマ・・・
それ以前には、天然ガスのパイプラインを破壊・・・




そのデマや破壊行動は、
戦争で一儲けしたい輩が一部始終やってるんです。


ロケットもそうです。


すべて国レベルで見るのではなく
ユダヤなるものの視点で見てください。

ロケットは北朝鮮が打っているのではなく
ユダヤ金融資本家たちが打っているのです。

ウクライナが終息し始めているから
今度は極東で戦争してお金をぶんどりたいのです。


彼らの陰謀活動費が底をつき始めているという話ですので
彼らもなりふり構っていられないのです。


そのための円安・偽食糧危機・株価下落操作と
見てもいいと思います。


これが最後の断末魔になればいいと思いますが・・・



もちろん詳しい真実は私もわかりません(笑)


でも、超不自然なことは誰の目に見ても明らかになっています。


不足・恐怖➡自作のきっかけ➡戦争➡火事場泥棒


はい! 流れはシンプルです。


曲がり間違っても
乗せられて日本のいい仕組みを
いじらないでいただきたい・・・


何十年も続いたいい仕組みを壊したがっている張本人が
ユダヤなるものです。


そんなに危険なロケットなら
20分ぐらいの安全確認で正常運転に戻すのは不自然でしょう(笑)

政府も知ってるんですね、安全てことを・・・





ワクチン同様、もう気が付きましょうよ・・・



ブログパーツ


[スポンサーリンク]








theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

tag : ロケット戦争

愚かなリリスを黙らせる

私の動画コンテンツは、平均的に大体
200~300回は再生していただけます。


その中でも500回を超えてくると
1000回以上の再生への流れになってきます・・・


ふと臨界点が超えていくのでしょう・・・


また、一日に少なくとも100回以上は
何らかの動画を見ていただいていることになります。


つまり、一日に100種類のメッセージを
届けられていることになります。


こんなことリアルでは決してできないことです。


これが、YouTubeのすごさです。


また、何か月も前の動画が未だに見られるというのも
YouTubeの特性です。


過去28日間でのトップテンは以下のようです。


2022/09/04~2022/10/01トップテン
2022/09/04~2022/10/01トップテン


まだご覧になっていないコンテンツがあれば、
是非ご覧ください。


特に常に上位に入るこちらの動画は、
私自身が驚愕の事実でした。






いのちに関わる重要な知識と
何百年も騙され続けている理論とに触れています。

是非ご覧ください。




世界では、バルト海の天然ガスのパイプが爆破されたり、
ロシアがウクライナ東・南部4州を併合したりと、

いろいろと物議をかもす出来事が起きていますが、


人類はこんな愚かなことを一体いつまで続けるのでしょうか・・・


ここ最近の人類を見ていると
この地球上で一番愚かな生命体と言っていいのではないでしょうか・・・

自分で自分の首を絞める世界でも珍しい珍獣です。


それが、そもそもの設定からなるものなのか、
それとも「人類」がそう退化してきたのか・・・


私は今のところ前者の立場ですが、
皆さんはどうお考えになりますか?


手綱は自分が握らなければいけません。
設定に負けてはいけません。


最近、タロットアシャイングFBのリーチが増えてきて
庶民にいろいろな分岐点が来ている感じがします。



風の時代は庶民の時代です・・・

時代のエネルギーの背中を押されているのは
われわれ賢明な庶民、民意です。

SNSで発信できる方はどんどん発信なさってください。


庶民が立ち上がらなければ
今後人類の末路は、一番悲惨な方へと
ぐでんとひっくり返ってしまうかもしれませんので・・・


お互いに
愚かなリリスではなく
賢明なリリスに進化しましょう・・・



ブログパーツ


[スポンサーリンク]







theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
genre : 心と身体

tag : リリス

【占星術】3つの月に支配される人類

今日の動画は、以前ここでも書いた
黒いリリス、赤いリリス、白い月・・・

ユダヤなるものの「月」に対する
並々ならぬ執着は一体何のためなのか?



実は、昨日知ったのですが、

アニメ、エバンゲリオンにもリリスが登場します。

そのリリスが生んだリリン(伝説上でも子供です)・・・

エバンゲリオンではそれはなんと人類・ヒトのことなのです・・・


人の中に、リリン(母親のリリスの遺伝子)が組み込まれている・・・

これは仮説ではなく、
段々と真実味が帯びてきました・・・


人類の幸せにかかわるリリス・・・



よろしければ、ご覧ください・・・





ブログパーツ


[スポンサーリンク]




theme : 占いカウンセリング
genre : 心と身体

tag : リリス

自分の山を登る誠実な人

この世に正しい人と間違った人がいるのではなく、

誠実な人と不誠実な人がいるだけです。


誠実な人は、自分が完璧でないことを知っていて


間違えばすぐに詫び、

失敗すれば、どうすればリカバリーできるかを考え、

約束を違えないように気を配り、

極力、自分自身に誠実に生きようとする・・・



相手の心身によかれと思うことを選び、

自分の心身にも もちろんそうして感謝し、

見えることと共に

見えないことも大切にして、

毎日、ささやかであっても祈りの時間を設ける・・・


また、誠実な人は、人生とは、

自分の山を登るだけだということを知っている。


他人の荷物を持って

他人の山を登ってあげたりしない。


それは親であっても

親友であっても

恋人であっても

夫婦であっても・・・


人生は、自分の山を登るだけ・・・


そう腹に決めている人が

誠実な人なんだろうと思う。



昨日ある高校生に

「部活を辞めたいけど先生はどう思うか?」と尋ねられた。


日頃から、その部活の空気が全く面白くなく

みな、だらだらとしているだけという内容を聞いていたので、

私は即答だった。

「いいんじゃない、辞めても」


部活を辞めることが就職に響くと

若干の躊躇があった彼に

わたしは、 Jam tomorrow の話をした。





この話ももう一年ほど前の話ですね。


そう、誠実な人とは
自分がいてはいけない場所を
見極められる人のことだ。


彼は今日、最後の大会に望んでいると思う。






ブログパーツ


[スポンサーリンク]









theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
genre : 心と身体

tag : jamtomorrow今を生きる

プロフィール

sora

Author:sora
個人塾と毎週木曜日しか営業しないCafeのオーナー。教員、家庭教師、サラリーマン塾人を経て独立。教える生業39年。Cafe15年目。Cafeでは、オープンからずっとよろず相談業(菩薩行)を継続中。7年前からは、お店や出張でタロットアシャイング(タロット占い)や占星術も加わる。塾でもCafeでも、皆さんに「人生大丈夫!」を伝え続けている。

soraさんに鑑定依頼はこちら占いin AddCafe 予約する          ●YouTubeチャンネル「OK!soraさん」 AddCafe Sora

バナーを作成

スポンサーリンク

  

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

コロナ いのち ワクチン 占星術 リリス 千島学説 シオンの議定書 マスク 世界革命行動計画25ヶ条 発達障害 ウクライナ 親育 ソフトボール  東北 青いロードマップ 風の時代 受験  占い 昭和 緊急事態条項 YouTube 浜松 鎌倉 山本太郎  支配 意識 月の欠損 令和  悪魔を出し抜け! 江の島 言葉 AddCafe 学び 人工台風 教育 いのちあるものがいのちあるように 霊覚 ロシア  健康寿命  お金 大西つねき ウイルス 自立 樹木希林 宮沢賢治 感謝 トランプ 月星座 コントロールドラマ ソマチッド ホロスコープ 「意見には個人差があります」 クラウドファンディング 直霊  エネルギーバンパイア 幸田露伴 数霊 遺伝子 20代 参院選 穀雨  幸せ 出版 長良川 歴史  自動詞 人生 日月神示 食糧危機 言霊 YouTuber 聖なる予言 読書 乙女座 MMT  進化 本質 自然 姫川薬石 AI 母の乳房 洗脳  ダンス 人工地震 学校 南海トラフ 松果体 びわ療法 自民党憲法改正案 努力 マズロー 教科書 子育て 希望 腸内細菌  オリンピック  進路  両班 祭り 自己実現 劣等感 天地人 樹木 副業 朱蒙 銀河鉄道の夜 踊り ベーシックインカム 平成  宙の言の葉 PCR検査 茶番 悩み 大統領選 エクソソーム 自然体 メタバース 豊川  タロット 財務省 特別会計 ニュータイプ 聖徳太子 選挙  自民党 10代 自粛 本間真二郎 医療  本庶佑 自己表現  玄徳 5段階欲求  日日是好日 犬山祭 漢字 深意 違和感 発達凸凹 人工災害 味噌 せっけん 銚子川 リニア 初日の出 からだ 老害  人生の栞 生き切る練習  仮想通貨 精霊 中西進 LGBTQ 菩薩行(相談行) 木曽川  個性 勉強 存在 時間 花火 遊び AI 尊厳 か・かた・かたち 花結び ペンジュラム 山形 DS 宇宙 明星天子 びわ 生き方 バイデン 哲学 土星 加藤諦三 高校受験 水瓶座 ライブ配信 親子 世界の中にありながら世界に属さない ニーチェ 自分軸 占い師 新しい太陽系 ユダヤなるもの 国葬 霊的進化 びわエキス UFO MMT ごんぎつね 原発 民間試験 十二国記 職人 ゴミ 年金 マドモアゼル・愛 高校生 居酒屋 怒り  裸の王様 光透波 遺伝 健康 勉強法   自己肯定感 ピアス 岐阜 微生物 小沢健二 抗生物質 りんご AddCafe 植福 合格 かりん  待つ 5G 明日は我が身 内申 灯油 台風25号 散歩 空間 3つの間 芸術 韓国歴史ドラマ 農薬 雄二郎 近藤誠 火鉢 乾布摩擦 多様性 IOT 著作権 随筆 宝島社 船瀬俊介  永尾 自民改憲4項目 憲法 タンカー 情報 Wi-Fi GPIF 食事  朝ドラ 憲法改正 インフルエンザ 池上彰 自信 結婚 PC 電磁波 リテラシー 古代史 三種の神器 新元号 信頼 不合格 教育実習 卒業生 淡墨桜 ブログ 昭和歌謡 消費税不要 樹下石上 幣原喜重郎 家電  支援 性別  知性 チャン・ヨンシル 成長 死にゆく練習 期待  さだまさし シェアエコノミー 記憶 ゆるし 動物 神秘 人間関係 教師 優越感 お金の大根化運動 木じいちゃん 恩人 観る 手紙 ジェンダーフリー 五十肩 スポーツ 金華山 気づき エネルギーバンパイヤ 3M 不食 本当に出会う 自己責任 尾張 ゴッドゾーン 権力 山怪 ボランティア 大人 神社 緩和チャレンジ 再会 地球温暖化 物部 赤ちゃん 弱さ 名言  陰徳 老子 欠け 台風 カゼインフリー 山口百恵 電車 狭き門 謙虚  寛容 大衆酒場 選択肢 人間万事塞翁が馬 太陽光パネル グリテンフリー 酷暑 アップデート 人工 菩薩行 無知の知 分断 獅子座 カウンセリング jamtomorrow メンタリストDaiGo 報知新聞 大河ドラマ アメリカ地底政府 今を生きる 予言 ローソクストーブ 養生訓 お粥 月食 自由 口癖 タブレット授業 削除 アドラー 独学 将棋 おみくじ 観察 コメント 自己欺瞞 ムーンマトリックス 性格 自分らしく生きる 渓嵐拾葉集 尋問者 春分の日 ふり  モモ 京都 サーカーの予言 2025年 量子 これからの占い 海王星 ベスタ 魚座 新しい太陽系へ ドラゴンヘッド ドラゴンテイル 霊性元年2024zoomセミナー 地震 第五の知恵 九龍 霊性を生きる 意識と無意識 アート フラットアース グレートリセット 税は財源ではない 守破離 サル痘 データ改ざん 大愚 江ノ島 伊藤野枝 甘粕事件 プレアデス 黒魔術 妊婦 戦争 エリザベス女王 安倍元首相 ハウス 吉福伸逸 発達障害グレーゾーン ルーティン バリアフリー 気づく力 SNS 親が絶対に言ってはいけない3つの言葉 OK!soraさん 幸福 モチベーション オーブ コロナ対策 志望校 コロナ禍 恐れ 生きる 不安 好き嫌い マッチポンプ 柳ケ瀬  桜を見る会 安倍政権 ホ・ジュン ボンボン時計 みずがめ座 苦しみ 経験 新聞記者 BI  味噌作り 一月家 麻生大臣 衣食住 マトリックス 政治 カンパネルラ 霊性 傍観者 コロナ茶番 肉体 自問自答 ルネサンス 安倍首相 国債 人間原理 感覚 物理学 かぐや姫 火地風水 精神 太陽 神との対話 つながり 生活 経皮毒 ロックダウン スウェーデン  仕事 創造 毎日 転職 就職  消毒 奇跡 神様 学ばない政治家 戦争の始まりはいつも同じ プーチン エージェント化 非服従 大阪布施商店街 あの世 JR東海名誉会長 命の5段階活用 爬虫類人 頭の良さ ジャック・アタリ 不合格が不幸ではない 参政党 年次改革要望書 脱洗脳 タルタリア ジェイコブ・ロスチャイルド 安倍なるもの いわさきちひろ 飲食店が感染場所ではない 服従 解毒 れいわ10億円騒動 作られる食糧危機 カタカムナ 憲法改悪 コスタリカ レプティリアン 各務原 ウクライナ問題 卒業証書 みずがめ座の時代 戦争屋の手口 広告代理店 奈良 出会い クリップ機能 入試 人生論 天王星 木曜日 ETC 牛山篤夫博士 墨俣城 アンケート 熟年離婚 松尾芭蕉 五重塔 突貫紀行 ヘンリー・メイコウ 厚労省 原油高騰 借金 良寛 軍需産業 黒住宗忠 なぜ勉強するの? 無気力の正体 ダボス会議 ウイルヒョウ HEARTS BLUE 情熱の薔薇 御恩 アレルギー アトピー THE でたらめ 私は私になればいい 成人 更衣室 カレイドスコープ 成功 スープ 超過死亡 温泉 コオロギ 統合 逆説 石井ゆかりさん 思考 ヤマタイカ 0.2%の工夫 産土様 ネサラ シェディング予防 ゲサラ ジェサラ ストレス 木星 牡羊 記念撮影 オランダ 宗教 プーチン演説 アルカリ党 エバンゲリオン ロケット ニュース リアル 神馬 気枯れ プロパガンダ 5万円 鎖国 25か条の世界革命行動計画 渡岸寺 お正月 元旦 冥王星 新見南吉 新しい経験 卯年 2023 悪魔を出し抜け 会社論理 奥琵琶湖 税金 note 悪魔を出し抜け!支配 なるすましセールス ラジオ人生相談 選手 開会式 熱量 G対策 自分を起こす 起業 東京オリンピック2020 太平洋戦争前夜 デマ 森田正馬 アジェンダ フリーメーソン 酸化グラフェン ハンチング イエスキリスト イエズス会 使命感 岡寺初午大祭 背負い水 松葉茶 鬼谷子 登録者1000人達成  現代病  広告 母子 学力 抱樸 挿し木 アナベル 承認 依存心 1秒 ハウス7年時代論 身体  アナリティクス お酒 hibi 香り 堤未果 マスコミ 職種 世論 テレフォン人生相談 自分になる 誕生日 明暗反転月 復活 異議申し立て 全体主義 天地 へつらい べシャン 人生は旅 13周年 琵琶湖バレイ 滋賀の旅 パスツール 星座 魚座時代の終わり 秋山眞人 M=M=C=C ONENESS ギャル 33 66 クリスマス  宇宙詐欺 5つの原則 YAP遺伝子 受験期 再生 親のコンプレックス 2022年 数秘 貝原益軒 表現 髪と櫛 東大前刺傷事件 身勝手な大人にならないために 教え子 まつろう 家紋 舌切り雀 神の居場所 日めくりカレンダー オミクロン株 神社参拝 バシャール 日食 8/100 COHINA フレア 玉石混交 未来を創る力 時代周期 内省 聖なるビジョン  スピカ 2021年学習指導要領改訂 英単語 VUCA さかさまの世 デジタル化  ゆず 塾の当たり前をやめた塾 キュレーター 万葉集 皆既日食 スイカ割り 大衆心理 ルール 親指の付け根 政治的判断  前方後円墳 目的 self×edu 絶滅危惧教科 I 霊性への道のり AM 善意ある脅しに警戒せよ 風の双子座 金融崩壊 美と霊性 吾行く道 役割(期待)の海 下克上甲子園 1/6の世界 踊りたいものを踊る 魂の赴く方へ 覚醒期 素粒子のありか 霊性の時代幕開け準備 再び1位2位 意味のある偶然の一致 人類の意識と可能性 本日も1位2位 集合意識の書き換え スピリットの時代 第一の知恵 ブログ1位🥇 戦時中とコロナ禍 霊火 意識=神 気球 霊的ボディと霊的知性 Amazon 2023年残りの心構え 形霊と意識の置き所 ノーベル賞? 5 まつろわぬリリス 親といるとなぜか苦しい 親子三代問題 まだ悟ってはいけない ピヨがっぱ 悟性 前頭葉バカ 珪素 雷鳴 なり出でてある お客様の声 さらば昴よ 自分をとがらせる力 創造的解体 数霊41 意識は人には使えない プトレマイオス 2024年 テトラビブロス 甲辰 窓のない家  沈黙の価値 上野天神祭 魔術師 秋の夕暮れ 疑わず、努力せず 妙法 夜の鑑定 新しい信念 王は誰か? 味噌という霊性 霊性の夜明け 霊性への扉 第九の知恵 女子高生チャネラー 重(獣)力から飛び立とう 霊的な登山  霊山 恐怖と神 霊性と霊格 塩と水 削除💧 闇の本質は光 章動 DH/DT 覚醒の時 闇権力 人類の覚醒 無意識の意識化 無意識のルネサンス YouTube削除問題 万一に備えて 貴重な出会い お祝い事 後継者という呪詛 霊的応援団 霊性の幕開け 霊的強み ずるさ 2023年 人類三様 2024元旦 気高さ 血統と霊統 政経はつまらない なろうとするエネルギー 双子座流星群 介護 新月満月 無意識の火花 双対構造 たたけば埃 霊止になっていく学び 霊主体従 恐怖の正体 恐怖の反対語は創造 顕れたものは消える 昴から旅立つ 偶然の一致 無意識の威力 鎮魂と優しさ 「トキ」 霊性元年2024 闇と光 汝の行動は汝の預言者 日本の誇り メンバーシップ 水瓶座の知 風の時代の知 ベシャン  職業 日本ダービー 無力感 広島 嫌われる勇気 タナトス 夢診断 過去 木星牡牛座入宮 牡牛×木星 いちご ラーニング   気持ち悪い営業 2700人突破 クロノスとカイロス 冥王星山羊座時代  キロン 八木仁平 才能 才能の見つけ方 小惑星キロン バカ エロス エロスとタナトス 霊的成長 保津川 ヌーソロジー 墨俣の桜 目的地 各務原新境川の桜 山羊座 射手座 双子座 牡牛座 蟹座 反対星座 蠍座 天秤座 現実化 死と生と 潜在意識 顕在意識 かた コンビニ卵 リビドー 無駄 曜日占い 天上天下唯我独尊 ChatGPT 正解のない問い 座禅 鑑定 自我 土星の環 占い師sora 占い鑑定のご感想 想起の川 量子の世界 10年涓滴 (いわ)を穿 (けんてき)岩 宙の森体験 滑り台 素粒と死 情報の概念が変わる 親離れ子離れ 量子論 空間編 量子論的時間 (うが)つ 人生の交差点 知識は過去 変化 苦しむことで許されようとする人々 クリスタルボウル 95%の伸びしろ 遠藤園子さん PotLuck 具現化 無意識は未来 はにうらさんアート ワークの答え 量子&陰陽 星との対話 北極星 水滴落下 七夕まつり 占星術の光と闇 サードアイ  嘘から出た実  海王星逆行 善悪 タイタン号 これからのテスト 量子力学 政治のつまらなささ 問う力 石の上にも三年? IC 未完の完 キロン×天王星 トコトン お盆 仲介者のいない世界 破綻 世界の中にいながら世界に属さない 無茶苦茶な世の中 中村屋 好きなことを仕事にしていくコツ 角打ち 琵琶湖 オリオン座 牡羊座 

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブログ内記事
note好評発売中!!【占星術】これまでにはないリリス解釈!リリス元年をできるだけ早くお迎えください。                                       ●コロナ&ワクチン情報                                                                        ●医師と製薬会社のお金の流れを検索する場合➡ マネーデータベース 『製薬会社と医師』

最新記事

リンク

   

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる