fc2ブログ

旅の効用

ホモ・モビリタス(移動するヒト)・・・

人は、一万三千年前まで遊牧民でした。

だれの身体にもそのDNAが入っていると思います。


今はもちろん、わたしは
生活のため定住生活をしなければなりませんが、

それでも心は遊牧民的気質が強いと感じています。


私の旅の初体験は、京都でした。
高校一年生の冬のことでした。

黒電話で宿を取り、
いざそのホテルにいって
そのまま宿泊したのですが、


旅が終わり、家に帰ってくると、
そのホテルから電話がかかってきました。


「ご予約日に宿にお泊まりになっていませんが、
キャンセルでしたでしょうか?」


私としては???がいっぱいでしたが、

どうやら私は、そのホテルの別館の方に泊まってしまったようで、
本館の方から確認の電話でした😀

もちろん館ごとに受付カウンターは違いますが
当時は、こんな行き違いでもなぜか泊まれました。

のんびりした時代です。


そんなアクシデントも今ではいい思い出ですし、
雪がちらつく中、米原で食べた立ち食い蕎麦は
格別で心まで暖まりました。


不機嫌という病を治すには、
自分の安全領域から外に飛び出すことだ−

「旅の効用」ペール・アンデション







今あなたがどことなく不機嫌で、モヤモヤとしているなら、
それは旅不足かもしれません。

日帰りでもいい・・・
ゆっくり泊りの温泉旅でもいい・・・


この二年以上のコロナ茶番で
私たちは自由な移動を制限され、
心の奥を破壊されています。


疑心暗鬼となり
いつも不安で
どこか不機嫌でイライラする・・・


彼らDSの狙いがそこなのです。


変化がなければ心は消耗する。
だが新たな見方をするようになれば、新たな展望が開ける。
旅をすれば感覚が研ぎ澄まされ、世間や家庭内の状況に対して注意深くなる。
今まで無関心だったことにも、不意に何かを感じるようになるのだ。
今まで見えていなかったことが不意に見えてくるのである。

美しい言葉に言い直すとすれば、
旅と遊牧民の生活様式こそイデオロギーだった。
旅は、前もって予見可能であってはならず、
ページを開いた瞬間の
本のようでなければならなかった。
旅人は、自分が今から何と出会うか、
誰と遭遇するかを知っていてはならなかった。

「旅の効用」ペール・アンデションより




旅を制限すれば、
我々は行き詰まる・・・

文字通り、息が詰まるのだ。


人間は「人・本・旅」でしか賢くなれない動物だと僕は思っている。
立命館アジア太平洋大学(APU)学長 出口治明





さあ、今度はどこに行こうか・・・


旅から帰ってきて
心はすぐに次の旅を始めている・・・


これもまた旅の醍醐味かと思う。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]




スポンサーサイト



theme : 旅行、旅、ドライブ
genre : 旅行

tag : 鎌倉江ノ島浜松

鎌倉➡江の島➡浜松へ⑬

豊川稲荷ファンの人は今日の記事はスルーしてください。

あくまでも私の感想です。


豊川稲荷に行って最初に感じたのは「違和感」・・・


稲荷と言うからには神社・・・

壁越しに境内を感じたのですが、
あれ!?神社ではない・・・

そう感じました。


山門があります。

だからここの原型はお寺です。


もちろん日本はかつて神仏習合ですから
神社とお寺が合わさっていても何ら不自然ではありません。


私が感じた違和感はそういうところではありません。


神様がだれで、どこにいるかわからないのです。


つまり、大元が不明かごまかされている感じです.


豊川稲荷


繰り返しますが
玄関口は、寺の象徴の山門です。

寺なのに稲荷・・・

いつの時代からか、
本当の仏がお隠れになった模様です。


境内には、大きな鳥居があります。


豊川稲荷



鳥居とは封印の証・・・


一種の呪詛です。



調べると豊川稲荷は、曹洞宗の寺院で正式には「妙厳寺」・・・


約580年前の室町時代(1441年)に創建されて以来、織田信長公、豊臣秀吉公、徳川家康公などの武将や、渡辺崋山など文人たちからの信仰を集めてきました。その鎮守『豊川吒枳尼真天(だきにしんてん)』(通称豊川稲荷)は江戸時代には庶民の間で商売繁盛や家内安全、福徳開運の善神として全国に信仰が広がり、現在も年間およそ五百万人もの参拝客が訪れます。




神社仏閣としては比較的新しいお寺です。
ご本尊は、ちゃんといらっしゃいます。

千手観音です。


ではなぜこちらのご本尊を正面に据えないのか?

神の眷属である狐がこんなに大きな存在となったのか?


詳しく書かれている方が見えました。


日本三大稲荷 豊川稲荷(愛知) ご本尊はどこ? 豊川稲荷の由来



由緒ですが、あくまでも逸話です。

創建者、東海義易禅師が6代目というのも遠いですし、
どちらにしても全体としてなんだかしっくりきません。


神々のすり替え・・・


私の違和感は、この方の素晴らしい記事でも解決しませんでした。


ウィキぺデアにあるように
「江戸幕府の朱印状には、すべて、
三河国宝飯郡豊川村妙厳寺寺領」となってるので
どう見てもここは元は寺でしょう・・・



千手観音が隠されたわけが、
神仏分離令で、仏の方が弾圧されたからか・・・

しかし、であるならば、

ウィキぺデアの記載の

それまで境内の参道に立ち並んでいた鳥居は撤去され、「豊川稲荷」「豊川大明神」の呼称も使われなくなった。以降は「豊川吒枳尼真天」と号するようになる(ただし、間もなく通称として「豊川稲荷」と呼ぶことは復活する)。 なお、現在地に鳥居が立ったのは戦後であるが、この鳥居は1930年(昭和5年)に敷地内に移転・保管されていた江戸時代末期の東海道にあった鳥居である。




で、なぜ神社の象徴の鳥居が当時撤去させられたのか・・・

つまり、なぜ稲荷が放たれたのか・・・


豊川稲荷



謎と違和感がある豊川稲荷です。


神仏は、民に祈られて初めて光を放つもの・・・

神仏人は一体だからです。


豊川稲荷を訪れる人のほとんどは
この千手観音の存在を知らないでしょう。


なぜこんな二階の目に見えないところに鎮座なさっているのか・・・


本尊千手観音は秘仏としてでもいいから
もっと前面に出すべきだと思うのですが


みなさんはどう思われますか?


豊川稲荷






ブログパーツ


[スポンサーリンク]







theme : 旅行、旅、ドライブ
genre : 旅行

tag : 鎌倉江の島浜松豊川

鎌倉➡江の島➡浜松へ⑫

さて、浜松城を後にして
はままつフラワーパークに行く予定でしたが、

朝一でなかったため、
駐車場に長蛇の車・・・(やっぱり)


こういう時私たちは
余程行きたいところ以外は
すぐに予定変更します(笑)


われわれのような年齢になると(笑)
わざわざ並んでまで行きたいところなのか
それともそうでないかで次の行動が変わります。


で、近くの弁天島へ・・・


やっぱりここも長蛇の車・・・


すぐさま、反対方向へハンドルを切ります(笑)


少しだけ戻って、
遠州灘沿いの国道一号線に出てみました・・・


このチョイスが大正解!


素晴らしい遠州灘の風景と出会いました。


遠州灘

遠州灘

遠州灘


結構な人が浜辺で遊んだり、釣り、サーフをしていましたが、
広すぎて全然込み合っている様子ではありません。


ちょうどお昼ごろでしたので旅の最後のお昼ごはん・・・


これも偶然出会ったのですが
潮見坂のしらす・・・

潮見坂しらす


偶然-美味しい
偶然-絶景

旅の醍醐味はこういうところにあります。


よくGWは混んでるから
どこにも出かけないという方もみえますが、
それはちょっともったいないと思います。


私のこれまで経験では、
それをハンドルの切り方で回避することが
また旅の楽しみだったりしますし、

渋滞にハマったらハマったで
車内での楽しみをいくつか持って行くといいと思います。


潮見坂しらす



生まれてはじめて海を見ながら
しらす丼をいただきましたが、それはもう格別でした。

日本はいろいろな意味で
本当に豊かな国なんだなと実感します。


実は今回、お土産でしらすを買ったり、
後から取り寄せたりして比べて食べてみたのですが、

今回の旅では、個人的に
ここ潮見坂のしらすが一番おいしかったです。


いつもは同じように見えるしらすですが、
季節やしらすの大きさと塩加減で全く違う味になるんですね。

そういうことを知ったのも新鮮でした。

これまであまりこだわらなかったしらすですが、
ちょっとこだわりができました(笑)


遠州灘を離れ、おまけです。


フラワーパークに行かなかった分時間が余りましたので

これまた一度は行きたかった
豊川稲荷へ向かいます。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]





theme : 旅行、旅、ドライブ
genre : 旅行

tag : 鎌倉江の島浜松豊川

鎌倉➡江の島➡浜松へ⑪

旅日記を続けます・・・

いよいよ最終日・・・

浜松を楽しみます。

永禄11年(1568)、三河から東進し、今川領の制圧を開始した徳川家康。家康は、駿府に攻め込んできた武田信玄の侵攻に備え、遠州一帯を見渡せる三方ヶ原の丘に着目しました。天下を盗るためには、まず信玄を倒さなければならないと判断した家康は、元亀元年(1570)、岡崎城を長男の信康に譲り、三方原台地の東南端に浜松城を築城、駿遠経営の拠点としました。
浜松城公園HPより



ホテルの近くに浜松城がありました。

ホテルマンに浜松城の見どころを伺うと


「さくらの時期以外はぁ」と歯切れの悪いお返事が・・・(笑)


まあ、地元に人にとってはそんなものなのでしょう・・・


しかし、そうそうこの浜松城に来ることもないなと思った私たちは
やはり行ってみることにしました・・・


もちろん、天守閣の再建ですが
結構立派でしたよ。


浜松城



町にお城があるというのは、
その町のシンボルとして、

また地元民の憩いの場所として
かなり重要だと私は思います。

住民に潜在的なバックボーンを植え付けます。


以前、23号線沿いの大きな建物(確かジャスコ)が壊され
その国道から津城の丑寅櫓が見えた時の心躍るあの感じがまさに
その瞬間だったのでしょう・・・


ところが今では、
その跡地に大きな市中銀行のビルが建ち
国道からのこの丑寅櫓が全く見えなくなりました。


「無粋」


「文化」を守る・見せるという「粋」なトップ経営者・財界人が
この街にはいないと気付かされました。


「文化」とは、常に神仏とともにあるものです。

祭り(伝統)も市(経済)もそうやって
神仏のお膝元で続いていくものです。

そうして人の心も懐も潤すからこそ発展していけるのです。


津には、日本の三大観音やハーバーなどがありますが、
本気で活性化しようとしているとは思えません。


城、湊、市場、相場・・・

これが街を作るための必要条件です。


津にはそのすべてがそろっているのに、
なんとも衰退の一途をたどっています。


<中部地方の門前町>
三条 - 新潟県三条市 - 本成寺・東本願寺三条別院
弥彦 - 新潟県弥彦村 - 弥彦神社
八尾 - 富山県富山市 - 聞名寺
門前 - 石川県輪島市 - 總持寺祖院
志比 - 福井県吉田郡永平寺町 - 永平寺
板垣 - 山梨県甲府市 - 甲斐善光寺
身延 - 山梨県南巨摩郡身延町 - 久遠寺
長野 - 長野県長野市 - 善光寺(長野善光寺)
座光寺 - 長野県飯田市 - 元善光寺
上条 - 静岡県富士宮市 - 大石寺
谷汲 - 岐阜県揖斐郡揖斐川町 - 華厳寺
大須 - 愛知県名古屋市中区 - 大須観音(日本三大観音)
荒子 - 愛知県名古屋市中川区 - 荒子観音
笠寺 - 愛知県名古屋市南区 - 笠寺観音
竜泉寺 - 愛知県名古屋市守山区 - 龍泉寺観音
甚目寺 - 愛知県あま市 - 甚目寺観音
妙興寺 - 愛知県一宮市 - 妙興寺
大樹寺 - 愛知県岡崎市 - 大樹寺
門谷 - 愛知県新城市 - 鳳来寺
大門 - 三重県津市 - 津観音(日本三大観音)
一身田 - 三重県津市 - 専修寺




大変残念ですが、

補助金と言う甘い汁欲しさに
やったふり感が満載と感じます。

そしてそれに群がる魑魅魍魎・・・


以前音読会で下の本を読んだことがありますが、
まさに商店街が廃れていく理由が
なんとその商店街内部(利権)にあったとは・・・


そう分かった本でした。






繰り返しますが、
全国の商店街の原型は、

神仏とともにある門前町や
それを支える国主の城下町であることが多いです。


「文化」というのは、
核になる寺社や伝統工芸がもちろんありますが、
そこに経済が生まれるからこそ何百年もかけて
「文化」が昇華されていくのです。


その「経済」を内輪だけの山分けに使っていたら
それは廃れていくに決まっています。


発展させない程度を保ち
国から補助金をもらい

やる気のない無駄遣いの相談役、
実績が生まれなくても責任を問われない高額コンサル・・・

彼ら魑魅魍魎と当事者たちで
ほど良いところでお手打ちとする。


結果は一目瞭然・・・


浜松城


今我々が知っている戦国武将たちは、
もちろん発展させることが次の戦のたくわえになりますから
必死でなさってでしょうが、

その文化経済を栄えさせたという功労だけでも
敬うに値する人物たちです。


浜松城
(家康像)


浜松は、津の人口の3倍ほど・・・


浜松城


津にとってここがネックなのかもしれませんが、

室町末期、
海運業者仲間の慣習法を成文化した日本最古の海商法である
廻船式目には「津」が入っています。

<日本三津>
安濃津 - 伊勢国安濃郡(三重県津市)
博多津 - 筑前国那珂郡(福岡県福岡市)
堺津 - 摂津国住吉郡・和泉国大鳥郡(大阪府堺市)




海-みなと-寺社-門前-町


津もぜひ「日本三津」の誇りを取り戻し、
これらを結びなおしていただきたいなと思います。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]





theme : 旅行、旅、ドライブ
genre : 旅行

tag : 鎌倉江の島浜松

鎌倉➡江の島➡浜松へ⑩

シーキャンドルからの大展望を楽しんだあとは、
ひたすら徒歩で降ります。

すでに午後二時を過ぎていましたので
ちょっと急ぎました。

夕食のお店の予約時間が決まっているので
今日の夕方には浜松に到着しなければなりません。



なぜ浜松を選んだか?


それは、居酒屋百名山の「60番 貴田乃瀬」に
行きたかったからです。


この本の書き手で呑み手の太田和彦さんは、

友人から

「主人は料理の鉄人、ただし頑固。
日本酒に詳しく
自ら料理に合わせて酒を運ぶ」

と聞いていたそうだ。


どのくらい頑固かと言うと、
それは料理について書かれているブログに表れている・・・


また、何年か前、とある製薬会社が、
お店と大将に無礼を働き、
出禁になっているというエピソードからもうかがえる。


なにやら敷居が高そうだが、
それでもそのお店に行きたかったのは、


〆鯖を食べたかったからです。


とはいっても、
実は私は光り物が少し苦手です。


あるお店で、〆鯖を頂いたときに、
体調が悪かったからなのか、
古い〆鯖だったからなのかわかりませんが、

当たってしまったのです・・・💧


それから光り物に手を出すのが、
苦手となりました。


しかし、ここの〆鯖は是非頂いてみたいと思いました。


この〆鯖は、ご主人がもっとも研究を重ねた品だそうです。


サクに冷凍をかけ、外側を凍らせて酢につけると
浸透圧で外側だけに酢が利き、中身は刺身のまま残る・・・「居酒屋百名山」より




貴田乃瀬


本当に周り2ミリぐらいだけが〆られています。

そんな今まで出会ったことがないこの〆鯖を
ぜひ頂いてみたい・・・


そう思いました。

しかもその〆鯖に日本酒を合わせてくださる・・・

貴田乃瀬



仕事には3種類あると思います。


①忠実にこなす仕事・・・

②できる仕事・・・

③「創造」としての仕事・・・


どれも手を抜いてはいけない大切な仕事です。

①の典型的な例は、掃除。お冷、おしぼりをお出しすること。
②は、飲食業なら手料理。
③は、どんな形でもいい、業種限らずその人にしかできないこと。


順に、

内側で見えないものから、
内側を基底に外側へ打ち出し、
お客様に表現していく仕事と言えばいいでしょうか・・・


「表現」ですから
評価は無意味ですし、
される必要がないのです。


②は①がなければ、がっかりしますし、
③も①②がなければ、貧弱になるか、そもそも生まれません。


また、どの仕事も「心」が伴わなければ、
お客さんにその不誠実さが伝わり、
不愉快な思いをさせます。


ご主人の〆鯖は、
この三つのすべての集大成だと思います。


貴田乃瀬



だからこそ、
③は仕事でありながら
「芸術」にもなるのです。


普通に、
鯖を仕入れて、
〆鯖をつくる・・・

それだけでも十二分に美味しいし、
居酒屋として立派ですが、
それを芸術の域まで高めようとする・・・


唯一無二、
唯我独尊、


その存在感を


お店
お料理

まるごと感じたいと思いました。



行かせていただき・・・


思った通り、
心から行ってよかったお店でした。


貴田乃瀬


圧巻・・・
敬意・・・


私がまだ一人でお店を切り盛りしていた頃、
①②止まりでした。


③の域までご自分の仕事を高める困難さと熱意・・・


貴田乃瀬
(こちらも超絶品、自家製レーズンバター)



それをこちらのご主人は
30年近く継続されていらっしゃいます。


浜松や経由の旅のときは、
またこのお店に行かせていただきたいと思いました。



ちなみに、こんなに素晴らしいお店でも
客だからといって偉そうに料理ウンチク・嫌味を垂れ、
文句を言う人もいるようです。


「金を払うお客様のご要望は聞くものだ」とふんぞり返る前に、
自分が言っているのは、

ご要望ではなく、

ご欲望だと気づくべきです。



お店側は、基本お願いはできても
余程でない限りお客様には文句が言えません。


その潜在的立場に胡坐をかいて
無理難題を言うのは卑怯というものです。


お客様とお店は
「礼」「敬意」を基底とした対等な立場です。



ブログパーツ


[スポンサーリンク]







theme : 旅行、旅、ドライブ
genre : 旅行

tag : 鎌倉江ノ島浜松

プロフィール

sora

Author:sora
個人塾と毎週木曜日しか営業しないCafeのオーナー。教員、家庭教師、サラリーマン塾人を経て独立。教える生業39年。Cafe15年目。Cafeでは、オープンからずっとよろず相談業(菩薩行)を継続中。7年前からは、お店や出張でタロットアシャイング(タロット占い)や占星術も加わる。塾でもCafeでも、皆さんに「人生大丈夫!」を伝え続けている。

soraさんに鑑定依頼はこちら占いin AddCafe 予約する          ●YouTubeチャンネル「OK!soraさん」 AddCafe Sora

バナーを作成

スポンサーリンク

  

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

コロナ いのち ワクチン 占星術 リリス 千島学説 シオンの議定書 マスク 世界革命行動計画25ヶ条 発達障害 ウクライナ 親育 ソフトボール  東北 青いロードマップ 風の時代 受験  占い 昭和 緊急事態条項 YouTube 浜松 鎌倉  意識 山本太郎 支配 月の欠損 令和  江の島 悪魔を出し抜け! AddCafe 言葉 人工台風 学び いのちあるものがいのちあるように 教育 ロシア 霊覚   感謝 お金 健康寿命 ウイルス 大西つねき 自立 樹木希林 宮沢賢治 トランプ 月星座 コントロールドラマ ソマチッド ホロスコープ 「意見には個人差があります」 クラウドファンディング 直霊  エネルギーバンパイア 幸田露伴 遺伝子 数霊 20代 聖なる予言 参院選  幸せ 歴史 穀雨 長良川 進化  自動詞 出版 日月神示 人生 アドラー 言霊 YouTuber 食糧危機 乙女座 MMT 読書  本質 母の乳房 姫川薬石 自然 AI 洗脳  人工地震 ダンス マズロー 南海トラフ 松果体 びわ療法 学校 努力 子育て 自民党憲法改正案 希望 教科書 腸内細菌  オリンピック  進路  両班 祭り 自己実現 劣等感 天地人 宙の言の葉 樹木 朱蒙 銀河鉄道の夜 踊り ベーシックインカム 平成  副業 PCR検査 茶番 悩み 大統領選 エクソソーム 自然体 メタバース 豊川  タロット 財務省 特別会計 ニュータイプ 聖徳太子 選挙  自粛 10代 自民党 本間真二郎 医療   本庶佑 自己表現  玄徳 5段階欲求 からだ 日日是好日 発達凸凹 深意 犬山祭 違和感 中西進 漢字 人工災害 銚子川 リニア 初日の出 味噌 せっけん 老害  期待 人生の栞 生き切る練習 仮想通貨 精霊 自分軸 LGBTQ 菩薩行(相談行) 木曽川   勉強 存在 時間 花火 遊び AI 個性 尊厳 か・かた・かたち 花結び ペンジュラム 山形 明星天子 びわ 水瓶座 ライブ配信 宇宙 DS 加藤諦三 高校受験 バイデン 生き方 ユダヤなるもの 国葬 ドラゴンテイル ニーチェ 霊性元年2024zoomセミナー ゴミ ドラゴンヘッド 世界の中にありながら世界に属さない UFO 霊的進化 占い師 親子 土星 新しい太陽系 原発 民間試験 高校生 自己肯定感 ごんぎつね 十二国記 職人 年金 哲学 居酒屋 勉強法 MMT 怒り  マドモアゼル・愛 光透波 びわエキス   裸の王様 遺伝 健康 抗生物質 ピアス AddCafe 灯油 岐阜 りんご 小沢健二 5G  微生物 農薬 合格 待つ 内申 植福 明日は我が身 台風25号 散歩 空間 3つの間 芸術 韓国歴史ドラマ 支援 雄二郎 近藤誠 火鉢 乾布摩擦 多様性 船瀬俊介 IOT 著作権 随筆 宝島社 かりん  自民改憲4項目 憲法 食事 永尾 タンカー GPIF 情報  結婚 憲法改正 インフルエンザ 五十肩 朝ドラ 池上彰 PC 自信 Wi-Fi 電磁波 三種の神器 新元号 淡墨桜 古代史 信頼 卒業生 不合格 ブログ 家電 消費税不要 リテラシー 昭和歌謡 樹下石上  幣原喜重郎 教育実習 性別  知性 チャン・ヨンシル 成長 死にゆく練習 お金の大根化運動 優越感 さだまさし シェアエコノミー 記憶 ゆるし ゴッドゾーン 動物 神秘 人間関係 教師 3M エネルギーバンパイヤ 木じいちゃん お礼 恩人 手紙 ジェンダーフリー 地震 スポーツ 観る 金華山 本当に出会う 不食 尾張 分断 気づき 自己責任 権力 寛容 山怪 ボランティア 大人 神社 緩和チャレンジ 地球温暖化 あの世とこの世 物部 赤ちゃん 弱さ 名言  陰徳 老子 欠け 再会 台風 電車 狭き門 選択肢 山口百恵 謙虚 大衆酒場  人間万事塞翁が馬 人工 グリテンフリー カゼインフリー 太陽光パネル 酷暑 菩薩行 アップデート 無知の知  カウンセリング jamtomorrow 今を生きる 獅子座 メンタリストDaiGo アメリカ地底政府 報知新聞 予言 口癖 養生訓 お粥 京都 ローソクストーブ 月食 タブレット授業 自由 大河ドラマ 削除 将棋  おみくじ 独学 観察 ムーンマトリックス コメント 性格 自分らしく生きる 渓嵐拾葉集 尋問者 春分の日 ふり  モモ サーカーの予言 大愚 量子論 吉福伸逸 これからの占い 2025年 海王星 新しい太陽系へ ベスタ 霊性を生きる 意識と無意識 リリス論 リリスとアドラー ボンボン時計 潜龍 DH/DT 九龍 第五の知恵 魚座 アート 税は財源ではない 守破離 伊藤野枝 グレートリセット サル痘 江ノ島 データ改ざん 甘粕事件 エリザベス女王 黒魔術 フラットアース プレアデス 妊婦 安倍元首相 戦争 自己欺瞞 量子 バリアフリー 幸福 モチベーション ルーティン 発達障害グレーゾーン SNS 気づく力 生きる 問い コロナ対策 志望校 衣食住 オーブ コロナ禍 不安 恐れ OK!soraさん 親が絶対に言ってはいけない3つの言葉  桜を見る会 マトリックス 柳ケ瀬 安倍政権 ホ・ジュン ハウス 苦しみ 一月家 BI マッチポンプ 好き嫌い 新聞記者  麻生大臣 味噌作り 国債 経験 カンパネルラ 霊性 ルネサンス 政治 傍観者 自問自答 コロナ茶番 安倍首相 太陽 生活 感覚 みずがめ座 人間原理 火地風水 物理学 肉体 かぐや姫 創造 つながり 仕事 神との対話 精神 スウェーデン ロックダウン 奇跡 経皮毒 毎日 転職 神様 就職  消毒  情熱の薔薇 御恩 超過死亡 アレルギー アトピー THE スープ カレイドスコープ 更衣室 成功 でたらめ BLUE 温泉 HEARTS ゲサラ 石井ゆかりさん 逆説 牡羊座 ウイルヒョウ 岡寺初午大祭 思考 コオロギ 統合 ジェサラ ネサラ ストレス 産土様 0.2%の工夫 シェディング予防 会社論理 プーチン演説 宗教 エバンゲリオン アルカリ党 渡岸寺 25か条の世界革命行動計画 記念撮影 オランダ 牡牛座 5万円 鎖国 ニュース ロケット 奥琵琶湖 税金 卯年 新見南吉 新しい経験 牡羊 成人 木星 冥王星 お正月 悪魔を出し抜け!支配 note 悪魔を出し抜け 2023 元旦 私は私になればいい 牡牛×木星  ベシャン 日本ダービー 職業 ラーニング いちご 水瓶座の知 風の時代の知 夢診断 嫌われる勇気 過去 木星牡牛座入宮 無力感 広島 才能 八木仁平 2700人突破 気持ち悪い営業 冥王星山羊座時代 クロノスとカイロス 土星の環 プロパガンダ   小惑星キロン 才能の見つけ方 バカ キロン  タナトス エロス ヌーソロジー 霊的成長 墨俣の桜 各務原新境川の桜 現実化 目的地 保津川 山羊座 反対星座 蟹座 天秤座 蠍座 射手座 死と生と 正解のない問い かた 潜在意識 コンビニ卵 無駄 エロスとタナトス リビドー 顕在意識 曜日占い 座禅 ChatGPT 鑑定 自我 天上天下唯我独尊 双子座 髪と櫛 2022年 33 数秘 神の居場所 日めくりカレンダー 舌切り雀 66 ギャル  再生 クリスマス M=M=C=C ONENESS 秋山眞人 オミクロン株 神社参拝 self×edu 身勝手な大人にならないために ヤマタイカ 入試 木曜日 人生論 教え子 東大前刺傷事件 まつろう 家紋 表現 貝原益軒 占い師sora 親のコンプレックス 受験期 デジタル化 未来を創る力  政治的判断  親指の付け根 時代周期 玉石混交 内省 聖なるビジョン COHINA 8/100 フレア 前方後円墳 目的 日食 皆既日食 バシャール 5つの原則 YAP遺伝子 宇宙詐欺 スイカ割り 万葉集 大衆心理 ルール 塾の当たり前をやめた塾 ゆず キュレーター 牛山篤夫博士 ETC 非服従 エージェント化 爬虫類人 レプティリアン れいわ10億円騒動 作られる食糧危機 プーチン 大阪布施商店街 あの世 不合格が不幸ではない 参政党 学ばない政治家 戦争の始まりはいつも同じ カタカムナ 憲法改悪 いわさきちひろ 飲食店が感染場所ではない 天王星 なるすましセールス リアル 神馬 安倍なるもの 脱洗脳 年次改革要望書 コスタリカ 解毒 服従 タルタリア 頭の良さ JR東海名誉会長 墨俣城 広告代理店 各務原 アンケート 良寛 軍需産業 奈良 戦争屋の手口 出会い クリップ機能 卒業証書 ウクライナ問題 みずがめ座の時代 黒住宗忠 なぜ勉強するの? ヘンリー・メイコウ 厚労省 ダボス会議 ジェイコブ・ロスチャイルド 命の5段階活用 ジャック・アタリ 突貫紀行 五重塔 借金 無気力の正体 原油高騰 松尾芭蕉 熟年離婚 気枯れ 形霊と意識の置き所 夜の鑑定 新しい信念 王は誰か? 味噌という霊性 霊性の夜明け 霊性への扉 第九の知恵 女子高生チャネラー 重(獣)力から飛び立とう 霊的な登山  霊山 恐怖と神 霊性と霊格 塩と水 削除💧 闇の本質は光 章動 覚醒の時 人類の覚醒 霊性の進化への旅 霊性元年2024セミナー 無意識の意識化 無意識のルネサンス YouTube削除問題 万一に備えて 貴重な出会い お祝い事 後継者という呪詛 霊的応援団 霊性の幕開け 霊的強み ずるさ 2023年 人類三様 2024元旦 気高さ 血統と霊統 政経はつまらない なろうとするエネルギー 双子座流星群 介護 新月満月 無意識の火花 双対構造 たたけば埃 霊止になっていく学び 霊主体従 恐怖の正体 恐怖の反対語は創造 顕れたものは消える 昴から旅立つ 偶然の一致 無意識の威力 鎮魂と優しさ 「トキ」 霊性元年2024 闇と光 汝の行動は汝の預言者 知識 「主」ってだれよ 意識という裾野 コメント2種 18 絶対的な個の肯定 地上の星 リリスは第二の太陽に 満月ふりかえり 霊的人生 リリスの叫び あなたの風の時代 コンプレックス 思考が人生 鼻が詰まるわけ リリスの強烈な拒否 リリス体験談 連続するいのち 霊性への道 泣き笑い 第十一の予言 闇権力 霊学継続 雷はどこに落ちるかわからない 意識を信じよ 新月の振り返り 覚悟の光 倶(とも)に 霊学のそよぎ 第十の知恵 リリスは主体-客体の世界を壊していく 明日は必ず新しい 量子もつれ 壁画を破壊する 吾存する、ゆえに彼方存する 相補性 相反するものが立ち上がる 千島博士 DT DH 易経 霊性元年2024zoomセミナー3月期 潜象 一流を立てる さようならアインシュタイン 小さくとも深くて丈夫な井戸 できる-できない軸 ドグマを壊して刷新する時 逆ダウンロード 龍の時代 占星術の正体 未来の量子 ハイブリッド ドグマと意識 忙中閑あり ニブイ人類 心の声 偉い人たちの嘘 さようならフロイト ありがたいことです 妙法 疑わず、努力せず 量子の世界 占い鑑定のご感想 10年涓滴 (けんてき)岩 (うが)つ (いわ)を穿 想起の川 宙の森体験 素粒と死 情報の概念が変わる 親離れ子離れ 量子論的時間 滑り台 空間編 人生の交差点 はにうらさんアート 苦しむことで許されようとする人々 知識は過去 クリスタルボウル 遠藤園子さん メンバーシップ 95%の伸びしろ 変化 PotLuck ワークの答え 無意識は未来 量子&陰陽 星との対話 具現化 北極星 水滴落下 七夕まつり 占星術の光と闇 サードアイ  嘘から出た実  海王星逆行 善悪 量子力学 タイタン号 政治のつまらなささ 問う力 絶滅危惧教科 石の上にも三年? IC 未完の完 キロン×天王星 トコトン お盆 仲介者のいない世界 破綻 世界の中にいながら世界に属さない 無茶苦茶な世の中 中村屋 好きなことを仕事にしていくコツ 角打ち 琵琶湖 オリオン座 日本の誇り 前頭葉バカ I 霊性への道のり AM 善意ある脅しに警戒せよ 風の双子座 金融崩壊 美と霊性 吾行く道 1/6の世界 役割(期待)の海 踊りたいものを踊る 覚醒期 魂の赴く方へ 素粒子のありか 霊性の時代幕開け準備 再び1位2位 意味のある偶然の一致 人類の意識と可能性 本日も1位2位 集合意識の書き換え スピリットの時代 第一の知恵 ブログ1位🥇 戦時中とコロナ禍 霊火 意識=神 気球 霊的ボディと霊的知性 下克上甲子園 Amazon 5 ノーベル賞? まつろわぬリリス 親子三代問題 さらば昴よ 親といるとなぜか苦しい まだ悟ってはいけない ピヨがっぱ 珪素 悟性 雷鳴 お客様の声 なり出でてある 自分をとがらせる力 沈黙の価値 意識は人には使えない 創造的解体 プトレマイオス テトラビブロス 2023年残りの心構え 2024年 数霊41 甲辰 上野天神祭  魔術師 秋の夕暮れ 窓のない家 これからのテスト 

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブログ内記事
note好評発売中!!【占星術】これまでにはないリリス解釈!リリス元年をできるだけ早くお迎えください。                                       ●コロナ&ワクチン情報                                                                        ●医師と製薬会社のお金の流れを検索する場合➡ マネーデータベース 『製薬会社と医師』

最新記事

リンク

   

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる