100年後も笑いましょに!随想(笑市のお店)

笑市・・・
100年後も笑いあえる世界・・・

パフォーマンス15-5-3 (25)

ほぼ2年半前、そう感じて創り始めた世界が
「笑市」などsora-piyo全ての活動です。

パフォーマンス15-5-3 (11)
(紅萌書庵さん)

それにいたるのに
「お金がどうできて」(エンデの遺言など)
「どう利用コントロールされ」(アニメ「地球へ」や歴史全般)
「人びとがどう抵抗して生きてきたのか」
「税がなぜできて、なんだったのか(なのか)」(公地公民やら明治維新やら)
「国と人と地域と暮らしと」(健康やらエコやらとまつりあげてお金を集める仕組み)
など、私なりにいろいろと知ってきました。
その中には何十年も考えてきたことや、最近考えてきたこともあります。
学びは、活動動機の根底(土台)となります。

パフォーマンス15-5-3 (143)
(Mちゃん、こいのぼりと共に走る!)

ガンジーは、
「あらゆる改革は、不満を抱くことから始まった。いままで当たり前のように受け入れられていたものを、嫌悪するようになったとき、人は初めてそれを捨てることができる。」
といいます。

私的には「不満」ではなく「疑問」がそれにあたります。
疑問をいだくことで、当たり前だったことがそうではなくなり、
「そうじゃなくこちらへ」と言う願いと行動に変わりました。

パフォーマンス15-5-3 (10)
(紅萌書庵さん)

で、たどり着いたのが、ガンジーの
「見たいと思う世界の変化に、あなた自身がなる」なのです。
パフォーマンス15-5-3 (26)
(5/3ご出店様より4500円、街頭募金615円、みなさまご協力ご賛同いつもありがとうございます)

と、かっこよく書いてますが、なんのことはない・・・
心がくじけそうになっては建て直し
原点を思い直しては、いつもそばで助けてくださる人たちに勇気を頂き・・・
まるでカタツムリのような歩みでしたが、
皆様のお陰でここまで「続けること」を続けられています。
ありがとうございます。

パフォーマンス15-5-3 (4)
パフォーマンス15-5-3 (9)
(紅萌書庵さん)

遠い昔、大化の改新のあと、国の責任者は人びとの暮らしを豊かにするという詭弁で公地公民を発布しました。
当時の大陸や半島から脅威を軍事で防ぐための蓄えと資金集めです。

誰も海を渡って戦いたいとも言っていないのに・・・
パフォーマンス15-5-3 (2)
パフォーマンス15-5-3 (1)
(ya-flowさん)

国益のために、必要だからと人とお金を強制的に集め始める。
1400年以上も変わらない為政者の手前勝手な考えです。

パフォーマンス15-5-3 (14)
パフォーマンス15-5-3 (16)
(KCSセンターさん)

人びとの体と心は疲れ
何のために働いているかさえもわからなくなり
唯一、心の支えである家族のため・・・と働いていても
時に「単身赴任」という強引な労働体制をとれという。

国の論理、会社の論理が、
人びとのささやかな暮らしよりも大きく大きく胡坐をかいて
「経済」という聞えのいいオブラートに包まれ一人歩きしていく。

パフォーマンス15-5-3 (19)
パフォーマンス15-5-3 (20)
(布遊び工房-juju-さん)

当時、産業革命による勇ましい発展の裏で、
人びとのささやかな暮らしの「今」が壊されていることを
ルイス・キャロルも警告しています。
「鏡の国のアリス」で女王がアリスにこう言います。
「あなたなら喜んで雇ってさしあげますけれど! お手当は、週に二ペンスと、一日おきにジャムですわよ」
「わずかな給料と不安を取り除こうとする甘い誘い」で人びとのかけがえのない「今」を奪うシーンです。

しかし、明日になってもジャムがもらえないのです。
これは「ジャムは明日だ」のことわざにもなっています。

パフォーマンス15-5-3 (28)
パフォーマンス15-5-3 (30)
(まいこのまいことばさん)

つまり「昨日と明日とはジャムがあるが、今日はない」ということです。
これは言葉のペテンで、「明日」になればその「明日」は「今日」となり、
やはり「ジャムのない日」となるのです。
したがって、このコトワザは原義通りに、
明日と昨日との間にはさまれた今日という日は、
永久に「楽しくない日」という意味で用いられるのです。

為政者は、時として仮想敵である「不安」を軸に、
「明日のジャム」を夢見させ、
大人のみならず、子供たちにまでお金の世界を学ばせます。

パフォーマンス15-5-3 (35)

すすんで「今」という時を犠牲にすれば
安心できる世界・人生を歩める・・・

本当にそうでしょうか・・・

パフォーマンス15-5-3 (37)
パフォーマンス15-5-3 (32)
(ピヨさんち)

すくなくとも、私たちはモモがしたように
自分の時間を自分のものとして動かし始める必要があるのではないでしょうか。
「明日のジャム」を期待することも、させることもなく
今日の、今のジャムの喜びを今の大人自らが味わい、
次の世代に伝える・・・
すぐに過ぎ去ってしまう刹那的な喜びではなく、
手と心を遣い、地に足をつけた等身大の喜びです。

パフォーマンス15-5-3 (21)
(布遊び工房-juju-さん)

「そうはいっても現実は・・・」の「現実」をほどき、ゆるめ、
自分たちの「生きたい現実」を編み始めるときにきていると思います。

ご参加いただいた皆様、
ボランティアスタッフで助けていただいた皆様、
素晴らしいパフォーマンスを繰り広げてくださった皆さんと子供たち、
いつも陰ながら応援してくださる皆様・・・
本当にありがとうございました。

「明日のジャム」に絡めとられない
力強い「今日のジャム」を、今も、これからも、作れるようがんばっていきます。
また倒れそうになりましたら(笑)どうぞお力を貸してくださいませ。


「何かを訴えたい、意志表明したいと思ったときに、
それを話したり書いたりする必要はない。
行動し、生き様で示すしかない。
私たちは一人一人の生き様を、生きた教科書にしよう。
誰もがそこから学び取ることができるように。」
                                                     ガンジー

ブログパーツ



スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる