生き切る練習、死にゆく練習(^-^*)ノ

遅ればせながら、先日TVでやっていたジブリの「かぐや姫物語」を見ました。

かぐや姫の物語 [DVD]かぐや姫の物語 [DVD]
(2014/12/03)
ウォルト ディズニー スタジオ ホームエンターテイメント

商品詳細を見る


断トツの名作です。

誰もが知っているこのお話・・・
しかし、私たちの多くは、教科書で抜粋された話しか知らないために
本当に「竹取物語」を知らなかったのかもしれません。

映画のテーマ「姫の犯した罪と罰」・・・
それと重なるように生まれる周りの登場人物の罪と罰・・・
画の力、緩急のスピード感・・・

そして何より・・・
途中、客観視できなくなるほどの、
見る側に深く深く問いかけられる共層感・・・
見る側と見られている側に存在する共通項の深さがその境目をなくして
まるで、自分がその中で問いかけられているかのような錯覚を覚えます。

どれをとってもピカいちです。

あえて、テーマを一文にまとめるとするなら・・・
輪廻転生中の心構えとでもいいましょうか・・・

「生き切る練習、死にゆく練習」

なのではないかと思います。

ごちゃごちゃ、うだうだと騒がしいこの世の中で、
しんとして凛とした静寂の心を持ち、
同時に生きとし生けるものすべてを慈しむ「輝きの心」を持つことの大切さ・・・
大げさでなく、かといって喜びの心を忘れぬよう、生き切ることの美しさ・・・

月から見れば、何とつまらないくだらないことで
悩んでいるのかとバカにされそうになりますが、
そんなひねたいじけ感も吹っ飛ばすようなシーンが最後に用意されています。

姫は、迎えに来る月人(阿弥陀如来?)とその周りのものに
「(この世の中は)穢れてなんかないわ!」
と啖呵を切ります。

「みんな一生懸命生きている!」
「美しい命ある世界だわ!」
そう、姫は言いたかったのかも知れません。

昇天の前、なつかしい村に帰り、幼なじみの捨て丸兄ちゃんに逢います。
「そうよ、なんでもないわ、生きている手ごたえさえあれば!」
姫の名台詞です。
<br />





途中何度もでてくる「わらべ唄」が
淡々とめぐる生死の喜びと哀しみの一体感を教えてくれます。

わらべ唄(原詞)
作詞:高畑勲 坂口理子 作曲:高畑勲

まわれ まわれ まわれよ 水車まわれ
まわって お日さん 呼んでこい
まわって お日さん 呼んでこい
鳥 虫 けもの 草 木 花
春 夏 秋 冬 連れてこい
春 夏 秋 冬 連れてこい

まわれ まわれ まわれよ 水車まわれ
まわって お日さん 呼んでこい
まわって お日さん 呼んでこい
鳥 虫 けもの 草 木 花
咲いて 実って 散ったとて
生まれて 育って 死んだとて
風が吹き 雨が降り 水車まわり
せんぐり いのちが よみがえる     
せんぐり いのちが よみがえる
※「せんぐり」とは、京ことばで【次々に 順番に 順繰り】

かぐや姫だけが知っていたわらべ唄の続き「天女の歌」も続きます。

天女の歌
作詞:高畑勲 坂口理子 作曲:高畑勲

まわれ めぐれ めぐれよ 遥かなときよ
めぐって 心を 呼びかえせ
めぐって 心を 呼びかえせ
鳥 虫 けもの 草 木 花
人の情けを はぐくみて
まつとしきかば 今かへりこむ







最後に流れる「いのちの記憶」(二階堂和美さんの歌)も素晴らしいです。
ジブリ映画の素晴らしさは、
映画にぴったりの歌い手さんと歌を探してくるところです。

ありのままに生きる、生き切る壮絶さと美しさ・・・
でもそんなことは、大したことではない・・・

「生き切る、死ぬ、また生まれる、でもまた死ぬ・・・それがどうした、でも美しい・・・」
文字通り、水車のようにぐるぐるまわります。

♪生まれて 育って 死んだとて
風が吹き 雨が降り 水車まわり
せんぐり いのちが よみがえる     
せんぐり いのちが よみがえる ♪

死ぬまで生きる・・・
死ぬことがわかっている・・・それでも生き切る・・・
生き切ることが死に行くもののつとめ・・・
そう、この世はそのすべての練習という名の本番なんです・・・。

映画の中では「姫の犯した罪と罰」の明言はありません。
しかし、この一編を見れば、それは私たち自身の罪と罰であり、
私たち自身の歓びと哀しみだということがわかります。

よろしければ是非ご覧ください。


ブログパーツ


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

ソフトボール  昭和 出版 クラウドファンディング 「意見には個人差があります」 穀雨 ダンス いのち 自動詞 踊り AddCafe 人生の栞 健康寿命 仮想通貨 宙の言の葉   菩薩行(相談行) 直霊 感謝  宮沢賢治 本質 AI 副業 個性 シェアエコノミー   精霊 教師 木曽川 いのちあるものがいのちあるように ベーシックインカム 勉強 木じいちゃん 樹木 知性 エネルギーバンパイヤ ゴッドゾーン 本当に出会う  大衆酒場  手紙  チャン・ヨンシル 不食 存在 食レポ 占い 龍と桜 石切のおばあちゃん 自動書記 世間の常識が自分の非常識  操作 自動  タロットアシャイング 不安と恐れ 肉を食べない お金の大根化運動  仙人 天地人 3M 霊感 生き切る練習 死にゆく練習 学習支援塾Oneness かぐや姫の物語 人を恨まば、穴二つ をちこち 陰陽 個人的意見  旅は道連れ世は情け 随想 オオルリ  成長  ドラマ おかげさま 地獄に仏 「感じて、漢字の世界」  高額セミナー Cafe 洗脳 劣等感 人の噂も七十五日 優越感 禍福は糾(あざな)える縄の如し 神経経済学 印税  クーリイングオフ 破産 東京地方裁判所 期待 一抹の不安 万物は流転する 兼業 トイレ掃除 人間らしい働き方 霊的な純度 真善美 ありがとう 流れ 学習支援塾Oneness 恩人 ZTV Simple 木陰 エアコンなし スピリチュアル好き あらがわない ソラノモリ文庫 開店 ほぼ木曜日 十人十色 お礼 光の玉 出れば開く 宇宙への問いかけ スピリチュアルを体現せよ 空間のゆがみ 会社 スポーツ ジェンダーフリー LGBTQ 大きな木 いのる 生かされている 己で決めよ UFO やるかやらないか あの方 意に乗る 神様の仕事の一部 観る 丁寧 人生初の師 愛知 尾張 プレッシャー メンタル ダイビングキャッチ ハンドベースボール ソフトボール投げ 腐らない心 ちゃんと負ける 塞翁が馬 Oneness 振り子の法則 一事が万事 モーゼ 物々交換 地域通貨 シェアリングエコノミー 宙結び いのちを育てる 長良川 金華山 御嶽 恵比寿様 瀧原宮 流行  ブラック労働 伊吹山 ガリバー旅行記 自己責任 分断 エネルギーバンパイア 太占(ふとまに) 弥彦神社  気づき   神香月 笑い 水を得た魚  古代月 バイオリズム 文殊菩薩 お坊さん 月相  祭事 ガンディ  不服従 心の水脈 プロ 縄文 東北 遊び 維摩居士 足腰とコミュニケーション 未完 古本 アナログ 求道 謙虚 巫女文学 自動運転 不便 結婚観 倫理 自動翻訳 働き方改革 自営業 学び AI 古澤平作 病気 まあるく びわの種の粉 情報・広告  月のほほえみ 菩薩行 医者 気象操作 歴史 自然 理科 集中豪雨  離れる 退化 進化 猛暑日 素頭 パナマハット 吾ただ足るを知る 性別 カウンター 人工 豪雨 運転手さん 電車 千島学説 山口百恵 懐メロ 一物全体 地球(テラ)へ 高い電気代 認められる パスカル 禍福は糾える縄の如し 人間万事塞翁が馬 高校地学 絞る 選択肢  考える 狭き門 遠漂浪(とおざれき) お手本 人間の性 ウイニングボール 木曽川中学校 糸と布 SwiftDemand 孤高の冬 瞬発力 江夏の21球 ドラゴンズ フィンテック 経済を選ぶ 今世 幸せ 小満 地球へ 共感 半農半X 人間関係 同情 名鉄 立夏 平成 ヒヨドリ アップデート 蛇の目 保育園 銀河鉄道の夜 「さう(そう)ならうとする生命体」 光るキノコ 仮想水 火の民 さだまさし 藤山寛美 人生時計 天文は人文 韓国ドラマ  太江寺  マイノリティ 陶酔 寛容 オキテ 詩歌 夜逃げ 尊厳 老害 ぴよさんランチ 恩師 須永博士 か・かた・かたち  苦海浄土 石牟礼道子 言葉 姫川薬石 花結び 音読会 ビワ 権力 空(くう) 自己解放 かっぱ 笑かす アンダーグラウンド 黒人 神秘 ロマニー 白拍子 動物 自分は自分にしかなれない ゆるし DeepRiver 人生のかたち JUJUWORKS からだから イサドラ・ダンカン  記憶 80年前の涙 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる