跳びはねる思考②


ひゃくわら実行委員会


「夏が来るたび」

それまでは何も感じていなかったのに、
夏が来たことがわかったとたんに、どきどきします。
急に体が熱くなり、汗が噴き出ます。
僕は目玉をきょろきょろ動かし、
耳をそばだてなければいけません。
そうして、なるべくたくさんの夏の印象を
自分の記憶に閉じ込めなければ、
今年の夏の思い出がなくなってしまうからです。
頭の中にある夏のイメージと、
目で見ている景色が一致すれば安心します。
聞えてくる鳥や虫の鳴き声、
夕立の音が僕の知っている音と一緒だと
嬉しいのです。
いつもの夏と違うことが起こらないように、
僕は四六時中見張っておかなければなりません。


何のためにこんなことをしているのか、
自分でもわかりません。
自閉症者には変化を嫌う特徴があるからでしょうか。

生活はどんどん進歩していますが、
変化を恐れる気持ちというものは、
本当は誰もが持っているものです。
人がもともと備えている感性は、どんなに生活が便利になっても、
なくしてはいけないものだと思います。
それを失えば、人は動物としての本能を忘れてしまうことになります。
そうなれば、悲しいだけではなく、
人類としての危機だと感じてしまうのです。

僕は確かに意味のないことをしているかもしれませんが、
そもそも人はすべての行動に理由などつけられるのでしょうか。

今年の夏も無事に終わりました。
何事もなく次の季節を迎えられることが、
僕の喜びなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後からの4.5行・・・何と美しい言葉でしょうか・・・。
私たちが瞬時に行動をとってしまうとき、
やらずにはおられず、行動してしまうとき、
もともと理由なんてなかったと思います。
もしくは、理由をつけると言う行動が重要でないとも言えます。
「やりたいからやる」
「やめたいからやめる」

「理由のない行動は、おかしい」という一般的な通説があるからか
人は慌ててあとから理由を探します。
そして、理由を探すとき、人はひとつ「自由」の幅を狭くします。
なぜなら、その「理由」は後から自分を縛ることもあるからです。
その「理由」でなければ、その行動をしてはいけないという
暗黙の「縛り」を自分に課すからです。

ブログパーツ
スポンサーサイト

なるほどー、ほんとに素晴らしいですね、言葉も美しいし、こういうのをありのままというのか、、、
私の周りには自閉症の人もいないし、巡り合わせたこともないので知らないことだらけです。変化を好まないのですね。私はむしろ変化を好みますが、去年と、いつもと変わらない季節が巡ってきた時には 嬉しいし、また来年もこの季節に巡り会えますようにって思います。
理由を探したりもしていないつもりですが、勉強することに理由がいらない理由を説明したりはしています、笑

はるちゃん

自分も、来年もこの梅をみたいなとか桜を見たいなとか思います。
当たり前のことってないですもんね。
勉強に理由がいらないっていうのは新鮮です(@_@)
生徒さんの反応がいかがでしょうか・・・。

反応ですか、
なるほどーってなりますね、
意味がわからない子にはわかる子が説明したり、時がたっても
勉強いややな、ってつい言っても、
また、私の言葉思い出して繰り返してくれたり なかなか優秀です、笑

なるほど・・・

しっかりした生徒さんばかりですね。
さすがは、はるちゃん・・・!
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                       ※「笑市」ご出店お申込み ↓↓↓ ひゃくわら実行委員会               ◆笑市ご出店の方は  「よくある質問」 をお読みください                                                 ※宙結びご出店お申込み ⇒ 宙結び表                      

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる