跳びはねる思考 「はじめに」

昨日お伝えした東田さんの本のご紹介です。
跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること
(2014/09/05)
東田直樹

商品詳細を見る

まず「はじめに」から新鮮です。

「はじめに
僕にとって文章を書くことは、息をするのと同じぐらい自然なことです。そう感じるのは、重度の自閉症という障害のために、
人とコミュニケーションがとれないせいかもしれません。
自閉症とは、さまざまな研究から、現在では先天的な脳機能障害だと、考えられています。
障害があるから不幸ではないのです。けれども自閉症だから、普通の人にはない感性が僕に備わっているのは事実でしょう。ただし、一口に自閉症といっても、ひとりひとり違います。全ての自閉症者が僕と同じではありません。
僕がエッセイの中で伝えたかったのは、その人にしかわからない世界があるということです。
物事は、少し見方を変えれば、全く違ったとらえ方ができるのではないでしょうか。
僕がどんなに跳びはねても、それは一瞬のことで、すぐに地面に着地してしまいます。なぜなら体という重りがついているからです。
しかし、思考はどこまでも自由なのです。
何の制約も受けることなく、空の彼方に舞い上がったり、深い海にもぐったりることができます。
僕と一緒に思いをめぐらせてみませんか。
きっとあなたも新しい「自由」を手に入れることができるでしょう。  東田直樹」

皆さんは、彼にとっての「自由」をどう捉えますか?
彼が文章を書くことで「自由」になっているのは間違いないことですが、
ここでいう彼の「自由」は単に「前向きって大切」とか「ポジティヴシンキングだよね」という軽さがありません。
ちょっと違うのです。それは彼の次の言葉「障害を抱えて生きること」でわかります。

「障害を抱えて生きるということは、生まれ持った境遇を誰かのせいにするわけでもなく・・・・・・」

まずここまで思えるまでの彼の人生を思うと本当に胸がきゅっとなるのですが、
もっと凄いのはこれに続く後半です。
「・・・」の部分は、さらに言葉が続くのですが、
ここで少しお時間をとって
続く言葉を想像してみてください。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「障害を抱えて生きるということは、生まれ持った境遇を誰かのせいにするわけでもなく・・・・・・」






ではいきます。





「・・・いつか普通になれるという希望にすがることでもありません。」

彼はきっぱりと言っています。
甘い「前向き」とか能天気な「ポジティブ」という不純さ(逃げ)がどこにもないのです。
文を書くことは確かに彼にとって素晴らしい「自由」ですが
そこには「闇(現実の辛さ)」からの逃亡は微塵も感じられません。

さて、彼の言葉をつなげますと
障害を抱えて生きるということは、生まれ持った境遇を誰かのせいにするわけでもなく、
いつか普通になれるという希望にすがることでもありません。」

この「障害」という言葉を「悩み」「不平」に、
普通」を「幸せ」に置き換えてください。
どうですか?頭をハンマーで殴られませんか(笑)


「○○からの自由」と「○○への自由」というテーマをご存知でしょうか。
前者は永遠に「自由」にならない追いかける自由です。
彼のことを前者で例えると、「障害(苦悩)からの自由=文を書くこと」(彼はこれではありません)。
後者を例えると「文を書くことへの自由」・・・。
もっと補足すると「僕は文が書けるのだから、文を書こう」
つまり「文を書くことに理由や言い訳がない」のです。

どちらも「文を書くこと」は同じですが、
「闇(現実)から逃げるために文を書く」のが前者=文を書くのに理由(いいわけ)がいる・・・
「与えられた環境を光も闇もそのまま受け止めて自分のできることを精一杯する」が後者=やれることがあるからする・・・

もう一度書きます。前者は、永遠に自由になれません。
「○○から」ですから、尾崎豊さんの「盗んだバイクで走り出す~♪」の世界です。
見ない様見ない様に逃げているうちは必ずその対象(苦悩)に追いかけられるからです。

東田さんの「自由」は本当の自由です。
○○への自由だからです。そこには無限の青空が広がっています。


ちょっと長くなりましたが、読んで頂いてありがとうございます。
みなさんはどう思われますか・・・
ご感想お待ちいたしております。

(「はじめに」だけでこんなに書いて、続くのだろうか・笑)

追記・・・「この世のありとあらゆる理由には、言い訳が潜在している」ということですな。
スポンサーサイト

No title

なるほど、
ぶっちゃけ、一番最後の追記が一番心に刺さりましたけど、笑。
「いつか普通になれる希望にすがることではありません」って、言えないですよね・・・。素晴らしいなあと思いました。私の心にも、いろいろな言葉に置き換えて大切にしたいと思います。ありがとうございます。
今日は、中3のある少年の作文ですが、例の新聞から感想などを書いてるやつです。中日春秋が、谷川俊太郎さんの詩に触れてて、それを読んで、谷川さんの自由や希望を感じたと書いていました。私がさらに感心したのは、文章も字もへったくそで、最後も尻切れとんぼみたいに書いてましたが、次のようなことを書いていました。
「僕は詩を書いたことはありません。でも、俳句は書いたことがあります。俳句は難しそうに思うかもですが、本当は簡単です。なぜなら、景色の見たままを、思ったままを書けばいいからです。詩もそれでいいなら書いてみたいと思いました。」
なんて素直で自由なんだろうと思いました。彼の言葉にも、〜からの自由は微塵もないと思います。自由ってこいうことだよな、ってたまたま感じた今日、さらにsoraさんのブログが、なんだか同じでした。

No title

昨日の返信が上手くupされてなくて、遅くなってすみません。
はるちゃんの生徒さんも本当に素晴らしいですよね。理由を探させる大人の方が言い訳いっぱいですから・・・。やりたいからやる、やれるからやる・・・それで十分なんですよね。


Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる