ベーシックインカム(BI)考

深く長いテーマですので、お急ぎの方はパスしてください 

私が始めてベーシックインカムという言葉を知ったのはこの本でした。
そして、思わず出たのが「あーこれあったら家賃助かるなー(笑)」でした。

地球維新 「十七条」最高法規 ガイアの法則(環境地理学)に基づく未来考察地球維新 「十七条」最高法規 ガイアの法則(環境地理学)に基づく未来考察
(2012/11/12)
中今の悠天、慈恩将人 他

商品詳細を見る


ベーシックインカムを言葉にすれば、国民の最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想ということになります。
もっと簡単にいえば、毎月毎月皆さんの個人(世帯ではありません)口座(現金書留)に、無条件に、年齢の関係なく定額(10万とか8万とか5万とか)が入金されるということです。

大切なのは今までの社会保障とは違う考え方と捉える
ことです。
これは、生まれたそのままで生きていていいんだよ、
生きていっていい!ということを主張していいんだよという「being」の考え方です。
今までが「労働doingとお金が必ずセット」になっていましたが、
それを切り離すということです。
別の言い方をすれば、
「社会は人のためにあるのであって、人が社会のためになるのではない」ともいえます。
その考え方をされていらっしゃる方が小飼弾さんです。
働かざるもの、飢えるべからず。働かざるもの、飢えるべからず。
(2009/11/26)
小飼 弾

商品詳細を見る

インタヴューもあります→ベーシックインカム・小飼 弾さん

元々は北欧で始まったようです。
スイスでは2014年中に毎月28万円支給のベーシックインカム国民投票が行われたそうです。
(結果は検索できませんでした。ご存知の方がいらっしゃれば教えてください)
うまくまとまった動画がありますので・・・

白崎一裕氏のトークライブ:ベーシックインカムの紹介 投稿者 nozuem
•2010年1月17日@阿佐ヶ谷ロフト/12分41秒
「雇用の問題を考えると、行き着く先はファシズムです。」
今の日本、笑えません、全くそのとおりだと思います。

さてここまで見て聞いて皆さんはどう思われましたか?
やはり「働かざるもの食うべからず」(笑)でしょうか・・・

エンデの遺言の「貨幣のカラクリ」「利子という不義」と
あわせて考えるといろいろと思うものあります。
エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
(2000/02)
河邑 厚徳、グループ現代 他

商品詳細を見る


実はこのシステムの是非は、究極「人類の進化」の是非のことだと思っています。
もしこのシステムが導入されるとき生まれる問いそのものが
すべて自分の心の状態、進化の状態を知るいい機会になるからです。

「ベーシックインカムがあっても今の仕事を続けるか?」(自分にとって労働とは何か?)
「働いていない人がお金を貰うことを許せるか?」(人間存在の意義、人に懲罰は必要か?)
「働く意欲がなくなるのではないか?」(今までの働く意欲って何に向けられていたの?)
「家族が貰う額が家族構成員の数によって違うのは不公平ではないか?」(縄張り意識、嫉妬)
「自分が稼いだお金は自分のもの?」(所有欲)
「何もしないでもらってもいいのだろうか」(卑下、自己否定、罪悪感)

こういうものは、政治的とか社会運動的に捉えるのではなく、
まずは個人の問題として「問い」を発することが大切だと思います。
「自分にとって労働とはないか」
「自分は人(の価値)をどう捉えているのか」を
落とし込んでからでないと
妙にヒステリックな問題・発言になってしまいます。

このシステムは、人類が進化の過渡期に来ている
素晴らしい「問い」としてじっくり考えたいです。
本を読むたびに気づきがあったら、
またご紹介します 

ベーシックインカムについて・・・→ベーシックインカム・実現を探る会


スポンサーサイト

No title

1ベーシックインカムがあっても今の仕事をします。
2働いていない人がお金を貰うことを許せるか。許せます。なぜなら、誰がどんなお金を持ってるか、いくら持ってるか、に興味がないからです。
3働く意欲について。本当に働きたくない人は、働かなければいいと思います。現に、今も働きたくない人は働いていないと思うからです。
4家族の構成により、、、も2に同じ。
5自分が稼いだお金は自分のもの?これはどうなんでしょうね、、、現在自分の稼ぎは自分の元にほぼ返らないので実感できません。
6何もしないでもらっていいのだろうか。いいんです!貰えるものは貰いたい!笑

というわけで、自分なりに考えてみました。
ズレたた答えでしたらすみません。

ベーシックインカム、憧れますが、正直、自分自身はどちらでもいいです。あってもなくても、同じ仕事、生き方になってると思うので。でも、母のことを思うとこういうお金あったらいいなと思います。

はるちゃん・・・

ご回答ありがとうございました(笑)
どんな回答に正解とかズレとかはないと思いますよ(笑)
私の周りには、1の回答が続けるという人が多いと思います。
それだけ合っているとか、天職と思ってやっているからでしょうか・・・
お母さんのことを考えるというところから、つまり身近な人のことから、「お金の仕組み」や考えるというのがすごく大切のような気がします。はるちゃんの「どちらでも」というのが実に晴ちゃんらしいです。
ただ、「進化」という点でテロスの高僧アダマさんになった気持ちで考えてみてください(笑)
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる