水と音

これはなんだか分かりますか?

NEC_0194.jpg

液体や細かい粉(砂やペースト)をまぶした皿にある周波数の音を当てたときにできる模様です。
ちなみにこれは735ヘルツの模様です。

「世界の創造神話の多くにおいて、原初の宇宙は液体であり、
それがしだいに音によって固体化して言ったと説明されている。
世界が音であり、(神の)歌である。
現代の科学では、すべての物質は共振場、つまり音が合体してできた構造物であると理解されている。」

私たちは、水と音で作られ、今も作られ続けていることになります。

亀の甲羅がどうしてあのような形になったかもこれで説明が付きます。
NEC_0202.jpg
亀はある特定の水にある特定の振動を受け入れたことで
「鳴るべくしてなった成った」もしくは「成るべくして鳴った」わけです。

80年前の賢治は分かっていたようです。
「変な顔をしてはいけない。ぼくたちは、ぼくたちのからだだって考えだって、
天の川だって汽車だって歴史だって、ただそう感じているのなんだから。」
NEC_0193.jpg
この水は感じたとおりの「形霊」(かただま)に鳴った(成った)に過ぎないんです。

他にもありのままの形霊がいっぱいです。
NEC_0197.jpg

こちらは神代文字の「元」でしょう。
NEC_0200.jpg
古代の人は、この一部を切り取って文字にしたに過ぎません。
だから、文字は書かれてある文字よりも、
文字と文字の間にある空間の方が大事です。
話す人の言葉そのものより
言葉と言葉の間に生まれる余韻の方が大切です。
そこに言霊がいます。

これなんかは、十字架と卍です。
古代の宗教家たちがシンボルとして選んだ形は、
宇宙の真理を象ったものだったのです。
NEC_0203.jpg

日本の尺八も美しいです。
NEC_0196.jpg

私たちは粒子でもあり、波でもあります。

私たちが何を話し、何を聞くかによってこんなにも世界が変わるのなら
美しい世界に変えることも、美しい世界を創ることもたやすいではありませんか・・・。

明日の「銀河の夜の星めぐり」・・・
今日はそんな気持ちで心の準備をしております。


《水と音》が分かれば《宇宙すべて》が分かる ウォーター・サウンド・イメージ  生命、物質、意識までも――宇宙万物を象る《クリエイティブ・ミュージック》のすべて《水と音》が分かれば《宇宙すべて》が分かる ウォーター・サウンド・イメージ 生命、物質、意識までも――宇宙万物を象る《クリエイティブ・ミュージック》のすべて
(2014/06/19)
アレクサンダー・ラウターヴァッサー

商品詳細を見る


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                       ※「笑市」ご出店お申込み ↓↓↓ ひゃくわら実行委員会               ◆笑市ご出店の方は  「よくある質問」 をお読みください                                                 ※宙結びご出店お申込み ⇒ 宙結び表                      

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる