茶の湯「濃茶」

ikebana.jpg

花結びで「利休に帰れ」を読んでいる私たち・・・

利休に帰れ―いま茶の心を問う利休に帰れ―いま茶の心を問う
(2010/02/15)
立花 大亀

商品詳細を見る

大亀和尚のお話に「濃茶」が出てきまして
興味を持ったわれわれにTさんが振舞ってくださいました。
昨年は薄茶でしたが今回は「濃茶」・・・

「濃茶」とは、かなり濃い目のお茶を人数分一つの「楽」(茶碗)につくり
回して一口ずつ飲んでいく作法です。
raku.jpg

お菓子もご用意していただきました。
kashi.jpg
初夏にふさわしい・・・
美しいお菓子です・・・
季節を迎えに行く・・・
それをお客さんたちに愉しんでもらう・・・
これも茶の湯の心だそうです。

一人、茶杓3杯ぐらいの量ですがらかなりの量です。
cha.jpg
それを練るように点てていきます。
neru.jpg
楽もふくろうなら、ピヨさんが用意してくれたお菓子もふくろう・・・
fukurou.jpg
茶の湯の席ではこういったことが「優しい話題」になるんでしょうね。
koicha.jpg
点てたお茶は、とろっとしています。
mawasu.jpg
一服頂いては、懐紙で拭き、90度まわして楽の正面を向けてお渡しします。
正面のふくろうさん・・・
raku.jpg
suji.jpg
最後は飲み終わった茶碗の筋を愉しみます。
黒と緑・・・
利休の愛した色です。

茶の湯には作法があります。
しかし、その作法はとても細かく、素人目には一見面倒にうつります。
ただ、その真意は「相手を思いやる心」です。
その結果生まれた形です。

作法が先にできたわけではなく、
相手のことを考える「優しさ」が「美」として集約されたのです。

本を読みながら、今回の「濃茶」をいただきながら
「利休の心」というのはそこにあるのだと思いました。

さりげないが、ひけらかしてはいないが、
これが精一杯のおもてなしですと、自分をさらけ出し
確かに「伝えようとする」覚悟といさぎよさがあります。

見られているから「する」・・・
評価を受けそうだから「する」・・・
そんな汚れは一点も入っていません。
伝わるか伝わらないか・・・それも大したことではない・・・

「私はこう思います」と
平常心で、でも堂々と自分の思いを伝える・・・

もちろん伝われば、ともに共有しあう・・・

・・・なお嬉し・・・


「今此時ぞ天に抛(いまこのときぞ てんになげうつ)」
利休の辞世の句の最後です。

「今、天にこの身を放つ」・・・

明日から・・・
今日から・・・
ではぬるい・・・

この一点の気持ちを点てる覚悟・・・
瞬間瞬間持っていたいです。


夕方、ふと足元を見れば・・・
・・・花はいつもそうしていました

hana2.jpg




スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる