piyo-sora旅日記①~銅鐸編~

小六のとき、初めて歴史を習ったとき最初の縄文時代に夢中になりました。

その当時、家に「日本の歴史」という毎月?配布本があって、
歴史を習い始めてその本を学校に持っていったのも今でも覚えています。
それを買ってくれていた父に本当に感謝です。

そのお陰で歴史が大好きになりました。

小学校の頃からわけも分からぬまま「大河ドラマ」を見ていて
年末の総集編が何よりの楽しみでした。
中学校では本格的に見始め、それが今でも続いています(笑)

台詞や内容の難しいところはよく父に聞いていました。
それでもよく分かりませんでしたが・・・(笑)

歴史は今でも大好きで・・・もちろん専門家のように詳しくはないですが
探求するのが大好きです。

歴史の教科書にでてくるグッズ・・・
つるつるに磨かれた勾玉や
よく分からない風貌の土偶が神秘的に見えました。

そして、もうひとつ・・・「銅鐸」・・・
これも本当によく分からないグッズでありながら
なぜか心惹かれました・・・。

そして昨日、銅鐸博物館に行ってきました。
宙の言の葉で調べ物をしていて偶然知ったのですが、
日本最大の銅鐸(134.7cm)が東京博物館から里帰り・・・だったのです。

IMG_9392.jpg

明治14年、発掘されたのこの巨大銅鐸は
当時何なのかさえ分からなかったそうです。
新幹線をはじめて通したときもいくつか発掘され
その後やっと色々と分かってきたようです。
だから銅鐸の研究はまだまだ始まったばかり・・・。

銅鐸は、2Cにぱたりと作られなくなり、
大王の古墳時代に移り変わります。
しかも、信濃あたりを境目に東日本では発掘されていません。
この辺りが、古代歴史の切なさを増幅させます。

博物館入り口からテンションが上がっていたsoraは
何を見ても楽しくて・・・

あ、これは、本当に楽しそうですが・・・
IMG_9391.jpg

これは、戻ってくるまで置かれていたレプリカ・・・
IMG_9394.jpg
本物は再び東京博物館に戻されるようで・・・
またこの方が活躍されます。
台座の絵もかわいいです。

おみやげ物屋の銅鐸の傍には、
太陽信仰の象徴の「ぐるぐる」が・・・
IMG_9396.jpg

館内は、文字通り「銅鐸」だらけ・・・
でも不思議と飽きません。

メインの「日本最大の銅鐸」も二部屋目の入り口に惜しげもなく
「どーん」と置かれていました。
何かとても温かい気持ちになれました。
(博物館ですので画像がなくすみません

その後は、体験を満喫・・・
こんなものを作りました。
みっちり2時間以上はやってしまいました(笑)
楽しかったーヽ(^o^)丿
IMG_9408.jpg
一ヵ月後に焼きあがって届きます。
楽しみです。

博物館の紅葉と
IMG_9388.jpg
銅鐸に別れを告げて・・・
IMG_9410.jpg

続きまーす・・・


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる