天の時、地の利、人の和 ~’17.4月宙結び随想~

17-4宙結び (11)

ここでも書いたことがある石切さん・・・
生駒のよもぎと石切さん・・・①
生駒のよもぎと石切さん・・・②
生駒のよもぎと石切さん・・・③

17-4宙結び (10)

2014年に訪れてから、毎年年始には自分を整えるつもりでいっています。
石切のおばあちゃんは、タロットを志すようになってから、
語り方・伝え方・占い師としての心のあり方など、
生涯のお手本として学びにも行かせて頂いています。

今年もいかせていただきました。

そして、帰りのみちすがら、つくづく思ったこと・・・

それは、
人の運は天・地・人
すべてが整わないと
動き出さないということ・・・
世界を形成する三大要素 天地人。
これら宇宙間に存在する万物の応援がなければ
人の運は動かないと・・・

17-4宙結び (15)

「天時不如地利。地利不如人和。」 孟子

天(てん)の時は
地の利に如(し)かず
地の利は人の和に如かず
と読みます。

今風に訳せば・・・

何事かを達成しようとする時、
天の時を得ていても、
地の利がなければ
成就することはできません。

また、地の利を得ていても、
人の和がなければ、これもまた、
成就することはできません。

ですから、天の時よりも地の利、
地の利よりも人の和が大切である。

となります。

17-3宙結び (15)

sora的な解釈では
天・・・それぞれが天から授かった才・知・役
地・・・私たちが今生きている場・恵み・ご縁(出会い)
人・・・感謝・認め合い・優しさ・つながり・その人の心の成長・考え方・習慣からうまれる心

17-4宙結び (17)

僭越ですが、
前会社を退社したとき まさに「天の時」
AddCafeという土地にご縁をいただいたこと まさに「地の利」・・・
そして、私自身が日々のなりわいの中 
わきおこる己の心とどう向き合うのかが 「人の和」

和とは 決して相手がどう行動するかに因るのではなく、
自分自身がどう思い、どう行動するかにかかっています。
つまり、自分の心に責任を持つということです。

17-4宙結び (2)

ひとの気持ちは揺れやすいです。

「美しく、やさしく、ユーモアあふれる」
日々そう心がけなければ、
海の表層波のように
日々揺れるまま 波に主導権を握られます。

その波を切って
明鏡止水・・・
山紫水明・・・
そういった心で日々いたいものです。

昨今の世界情勢は
だれの筋書きかは知りませんが
波を立て、人の心を乱し、和を持ついとまを与えませんが
それこそわたしたちのこころ次第・・・

17-4宙結び

天の時
地の利
人の和

いいですか・・・
人の利とは孟子は書いていませんよ(笑)

天の時・地の利をいただくのにふさわしい 
おのれの心(和)にしておきたいと肝に銘じたいと思います。

17-4宙結び (12)

今月 お陰様で宙結びは5周年をむかえました。
これもひとえにいつも応援してくださる皆様のおかげさまです。
ご参加くださる皆様・・・
ご来市下さる皆様・・・
いつも気にかけてくださる皆様・・・

こころより御礼申し上げます。
ありがとうございます。

17-4宙結び (18)

これからもご一緒に・・・
どうぞよろしくお願いいたします。

ブログパーツ

スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる