同じ感覚を持った人・・・宙結び随想’17.3

短い人生の中で、同じ感覚を持った人に一体何人出会えるだろう・・・

17-3宙結び (1)

おそらくそう簡単ではないのだと思う。
どんな小さなことでもいい、
同じ感覚という ただそれだけで集まるいうのは
それだけで希少価値があり、奇跡である。

17-3宙結び (13)

小さいころ、サッカー、ソフトボール、ダンス・・・
大きなもの小さなもの、いろいろなグループに所属し
時には引っぱる立場をいただいた。

集まれば、同じエネルギーで同じ方向を見ていてほしいと願うのも人間である。
若いときは特にそうだったと思う。

17-3宙結び (11)

「さみしい」とは、結局のところ
同じエネルギーで同じ方向を見ていてほしいという願いが
かなえられないときに起きる ひとりよがりな心の誤解だ。

ひとはその時々で 心もからだも流動的である。

17-3宙結び (15)

若いときは、
その流動性を誤解し、
その流れに抗い、
つなぎとめようを必死になったりする。

17-3宙結び (9)

でも、人生が折り返し点が過ぎた辺りから
それはそれでいい、と楽しむようになる。
なれるようになるから不思議だ。

なぜ流動しているのか・・・
それは、人は自分の人生を大切に思っているからだ・・・

流動性とは、欲望とはちがうなにかである。
希望を持って前に進もうとする人の素直なエネルギーだ。

「これぐらいでいいかな」という 妥協点の連続では
全く納得がいかないのが、人の性でもある。

人をかえ、場をかえ それぞれの人生を輝かせようとする・・・
それはそれで、至極 当然のことである。

17-3宙結び (12)

先日の日曜日、
お陰様で無事に父の納骨を済ませた。
(キリスト教会の納骨式は簡素でおすすめです(笑))

その帰り道、母がぽつりいう・・・
「さっちゃん(わたし)が小さかったころいた人はもう、○○さんだけだねぇ」

17-3宙結び (16)

人が集まるということは
人が去るということであり
新しく人が入るということである。
その流動性は必然である。

その必然を受け入れたとき、
人のいのちも自分のいのちも同じように
尊いということを学ぶのである。

宙結びは、そんな流動性が必然の宇宙で
同じ感覚を持った人が
同じ日の同じ時間を共有する場のようです。

いつもの方も
お久しぶりの方も
はじめましての方も・・・
どうぞ遠慮なさらずいらっしゃってください。
もちろんご出店も大歓迎です。

17-3宙結び (10)

きっと何かを感じていただけると思います。


≪今後のsora-piyoの活動≫
4/15(土)宙結び
5/3(水・祝)笑市・書&アートパフォーマンス
5/28(日)中島慎子(ちかこ)さんヴァイオリン独奏ネパール地震復興チャリティコンサート(追って詳しくご紹介いたします)
中島さんバイオリン




ブログパーツ


スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる