薄墨桜と人生の縦軸・・・

あの時感じた感性が今もあるだろうか・・・

20160409薄墨桜 (3)

四国高知の海、
根尾の薄墨桜・・・

私にとってそれら絶景の自然が
自分の感性があのときのまま
そのままちゃんと残っているのかを確かめるバロメーターになります。

ですから何年かごとにそこにきちんと足を運び
その地の空気に自分をさらしたくなります。

20160409薄墨桜

数日前の大雨にも耐えて
まるで待っていてくれた様に
その大樹はありました。

「満開ですよ」

駐車場のおじさんが言う。

少し急な坂を少し登ると
悠々と春の光を浴びながらゆらゆらと揺れる櫻花・・・
両手を広げたかのような何本もの幹・・・
どこに視点をあわせていいかわからないほどの大枝小枝の広がり・・・

1500年もの間、幾たびも枯れて朽ちてしまうかという危機を乗り越え、
自然と人の叡智の生き証人として薄墨桜は立っていました。

「ああ・・・」

今もいてくれてる薄墨桜と自分の感受性が残っていたことに
安堵の声が漏れる。

自分の感受性ぐらい

先日受けた初老の女性のご相談で思った。

人生には、縦軸と横軸の光が必要だと・・・。

横軸は、自分の悩み、家族の悩み、人のせいにする都合のいい心、
それをまるでその人を気遣うかのように見せかける「心配」という偽善・・・
悩みと称して実は自分が正しいと認めてもらいたくって仕方のないさびしんぼの心・・・
誰にも認めてもらわなくていいという人はいないと思うが
それが大きくなりすぎると「期待」というカードが出来上がる。
その裏には、「被害妄想」と書かれてあるはずだ。

横軸とは人間の性から生まれるどうしようもないとめられない障壁・・・
それは排除したいと思えば思うほど絶対に排除できない。
だから共にあるのがちょうどいい。
ちょうどいいから一緒にいる。
どうしても排除したいなら、見つめるしかない。
排除する側とされる側に分かれてしまうと二元化した線はずっと平行線のまま。
だから消えない。
いっそのこと見つめて認めて
「あーで出来ちゃったのね」と笑い飛ばす。

縦軸とは、大抵自然から受け取れる。
連綿と続くいのち、自分の使命、志、
なんだかいろいろあるけど最後は飄々と立ち続ける自分軸・・・
凛とではなく、柳のような飄々さがポイント。
自分がこの世に生を受けた自分物語を
自然は同じいのちとしていとおしんでくれる。

20160409薄墨桜2 (2)

自然について学ぶのではなく、自然から学ぶ・・・
自然について学ぶことは、自然から分離していることと同じ。
観察者になってはいけない。
自然から学ぶ立ち位置は、身心一如。
どこにも観察者はいない。観察する己と己の闇が消えるということ。

流れる水の如し・・・

20160409薄墨桜 (2)

山へ帰っていく桜の精・・・

20160409薄墨桜3 (1)

自然は雄弁にあなたのいのちを肯定し受け入れてくれています。

悩みを抱える人は、横軸ばかりが太く大きくなりすぎています。
縦軸の存在を認めることと、縦軸のエネルギーを入れる努力も必要です。
意固地になって横軸のことを横軸で解決しようとするとにっちもさっちもいかない堂々巡り・・・
過去世は縦軸に気づくための貴重な叡智。
でも過去世を気にしすぎるのも横軸が大きくなりすぎている証・・・

20160409薄墨桜2

でてきてしまったものを迂回して
なんとなく見てみないふりをすれば
次はもっと大きくなって目の前に現れるだけ・・・
それが何十年と続くと大変です。
見ることは癒すこと・・・

20160409薄墨桜 (6)

影も光とともにあるからこそ
名画を生み出す。

20160409薄墨桜 (5)

視点を上に・・・
上を目指すための視点ではなく
いのちの深みを知るための視点・・・
彼それとわれ同じ・・・
地に足をつけたまま
創造力で世界を観る。

日々いろいろな横軸の中で
わずかでも縦軸を感じることで豊かになれる何かが人生にはあります。

20160409薄墨桜3

さあ、今日も元気に行きましょう・・・

ブログパーツ














スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる