あとから来る者のために ~二つの映画鑑賞~

一つ目はこちら・・・
15-10三連休 (9)

人は限られた人生時間の中で一体何人の人に出会って死んでいくのでしょうか・・・
しかも、この人は凄い!というひとかたならぬ人物に出会う確率は、
小説・映画など架空の人物を入れてもそうさほど多い数ではないでしょう。
地球交響曲のシリーズは、そういったひとかたならぬ実際の人物に
たくさん出逢えるので本当に素晴らしい映画だと思います。

人には、知識、思考、感情、行動、存在、関係・・・
こういった要素が日々入り乱れながら人生という一枚の布を織りなします。
どの要素も大きくなりすぎると弊害をもたらします。

知識・・・頭でっかちで言葉でわかった気になる
思考・・・休みと思考の区別がつかなくなり、一歩も進めなくなる
     また、何も考えないということに耐えられなくなる
感情・・・喜びすぎ、悲しみすぎ、ヒステリックになる
行動・・・「観」を忘れ、やたらと動き、無駄が多くなる
存在・・・人より上・特別でいようと心の中の喜怒哀楽が激しくなる
関係・・・ご縁ばかりを求める、悪縁もご縁と勘違いする

全ての要素がバランスよく落ち着いて・・・と私は夢を見ます(笑)
しかしなかなかそうはいきません。
地球交響曲8には、それまでのシリーズでもそうであったように
自分の理想とすべき方、心の持ち主の方に出会えます。

中でも文字通り心を振るわせたのが中澤宗幸さん(バイオリン製作者)と
中澤きみ子さん(バイオリニスト)ご夫妻でした。

518hp2JZxeL__SX342_BO1,204,203,200_

宗幸さんのバイオリンの修理の場面は、静かな圧巻でした。
それまで生きてきたバイオリンへの敬意と労わり、
次の修理の人の事まで考える優しさ・・・
曲がりなりにも人と向き合う仕事をさせていただいている者として、
また、その端くれとして、心が震える思いでした。
人と向き合う時、かくありたい・・・

「樹はそれぞれ性格があり、それぞれの声があるので、
なんとなく「こうしてもらいたい」って言うような声が聴き取れるかどうかが、
やっぱり大切な時間だと思うんですね。」

「これからまだまだ何百年もいき続けて欲しいこの樹、
生き物たち。修理の度ごとに傷がつくわけですね。
ひと欠けらがここで失われたら、次の時もまた失われる。
ですからもう本当に、どんな欠けらでも、
オリジナルは遺してやらなきゃならないんですね。
それはもう本当に命が削られていくようなものなんです。
ですから樹の生きている命をできるだけ長く、丁寧に扱って、
長く生きてもらいたいんですね。」

映画の中で穏やかにゆったりと、
時にはユーモアいっぱいに話される一言一言が珠玉でした。

音色は人なり・・・奥さんの中澤きみ子さんのバイオリンは言葉不要です。
映画では、童謡の演奏が素晴らしかったのですが、こちらをどうぞ・・・



二本目の映画はこちら・・・
蘇生

すでに本で読んではいましたが、
まだまだEMの初心者で、
個人的に確認したいこともあって観ました。
ざくっと言ってしまえば、微生物の重要性に関する映画です。
いま自分が体感している姫川薬石も鉱物ですので
この微生物ととても関係が深いのですが、
もう一つ大切なことは、微生物も鉱物も、活きた「水」が必要ということです。
水が汚れれば微生物も生き生きと生きることは出来ません。



水・微生物・鉱物・お日様のひかり(自然放射線)・・・
人は「人」から学ぶことも多いのですが、
その「人」が何に向いているのかがとても重要です。

15-10三連休 (1)
15-10三連休
15-10三連休 (2)
(なんとう町で見つけた素晴らしいB級グルメ「金時焼き」)


人に向き合うとき、何かお話しするとき・・・
いのち、自然に向かうこと・・・
そういった生き方を出来るだけ選択できるよう生きていきたい・・・
そして、思いと行動を出来るだけ一致させるという謙虚さを持つこと・・・
と思った連休の映画鑑賞でした。

15-10三連休 (6)


『あとから来る者のために』

あとから来る者のために
田畑を耕し
種を用意しておくのだ
山を
川を
海を
きれいにしておくのだ
ああ
あとから来る者のために
苦労をし
我慢をし
みなそれぞれの力を傾けるのだ
あとからあとから続いてくる
あの可愛い者たちのために
みなそれぞれ自分にできる
なにかをしてゆくのだ

NEC_0032.jpg

(映画「蘇生」の最後に流れた詩・・・
作者は、坂村真民(さかむら・しんみん)さんという仏教詩人として著名な方で、
2006年12月、愛媛県砥部町(とべちょう)で97歳の長寿を全うされました。)

15-10三連休 (5)
(あとから来るもののために・・・同士のお二人・・・)

ブログパーツ




スポンサーサイト
Secret

プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                       ※「笑市」ご出店お申込み ↓↓↓ ひゃくわら実行委員会               ◆笑市ご出店の方は  「よくある質問」 をお読みください                                                 ※宙結びご出店お申込み ⇒ 宙結び表                      

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる