fc2ブログ

山形の酒

さほど酒に詳しいわけではなく、
味がわかるほど通でもない。

しかし、せっかく東北山形に来たのなら
山形のお酒を・・・

とホテル近くのお店を選んだ。

そこが、酒縁しょう栄・・・

現地で予約を入れると

「うちはぁ~、日本酒の飲み比べがメインなのでぇ~
お食事をお考えだとぉ~ご満足いただけないかもしれないのでぇ~」

山形なまりで誠実に答えてくださいました。

いえいえ、十分です・・・ということで早速予約・・・

酒縁しょう栄3

思いっきり観光客気分ですから・・・
財布のひもも緩み(笑)

ここでしかいただけない山形の珍しいお酒をお聞きし、
頂戴いたしました。

やはり、山形は十四代と出羽桜系でした。

酒縁しょう栄6

十四代だけでもこんなに種類があるんです。

味のわからない私にはもったいないですが、三重では出回らない
一番希少価値がある「黒縄」と「秘蔵酒十四代」いうお酒をいただきました。

「黒縄」の酒名は、かつて羽州から江戸・上方へ運ばれた米の中でも、
特別良質米には俵に黒縄をかけて珍重したことに由来するそうです。

そして、出羽桜系・・・

酒縁しょう栄2

こちらも「雪漫々」という珍しいお酒をいただきました。

すべて半合ずつ・・・

飲み比べなのでそういうこともしてくださいます。

はじめのビールと日本酒1.5合・・・
わたしにとっては十分でございます。


お料理は、2000円で5品出てくるのですが
それがすべてボリュームがあって私には十分・・・

酒縁しょう栄4 酒縁しょう栄12

ニシンなど25センチほどのものを2人で半分ずつ・・・

酒縁しょう栄11 酒縁しょう栄13

おおきい!!

地元の日本酒通の方のお気に入りのお店のようです・・・

酒縁しょう栄7

何よりも日本酒好きの方には
超おすすめのお店でした。
(ちょっと遠いですが・・・)

酒縁しょう栄10
(在庫は150種類ほどらしいです。これだけでなく他にも別メニューがありました。)

酒は飲まれぬように・・・
料理はむさぼらぬように・・・

晩年につれてそうやって酒食を楽しみたいですね。


ブログパーツ
スポンサーサイト



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 山形 日本酒 酒縁しょう栄

山、山、そして山・・・

の途中、ハンドルを握る手が
思わず固まる瞬間がある。

それは、大きく左右に曲がるカーブの先、
トンネルを抜けた後の視界に

それは、ふいに、
本当にふいにという言葉がぴったりだが、

大きな大きなすそ野が目の前に飛び込んでくるときだ。

一瞬なにが視界に入ったのかわからない・・・

ゆっくりと視線を上にやると、
それは偉大なであるとわかる・・・


江戸末期、黒船がやってきたとき
江戸の人々は、それを船と認識できなかったようだ。

「伊豆大島が噴火しながらやってきた!」

と今なら笑い話になるような記述も残っているらしい。

近くで見た人は、あまりに大きすぎて、見たことがないその黒船を
ただ黒い壁のようにしか見えなかった人もいることだろう。


経験したことがない大きさと美しさが
目の前に現れるときは、そういう時と似ているのかもしれない。

偉大で、あまりにも美しい・・・
そういうものが突然目の前に現れる・・・

大げさでなく、うち震えるのだ。

岩手山

岩手山2
(ともに岩手

・・・そして山・・・

出羽三山
(月山・湯殿山)

早池峰山
(早池峰山)

蔵王
(蔵王)

日本海側、新潟を抜けて山形に入ると
遠くに大きな山・・・

なんだなんだあれは・・・

こんなに遠くから見える山・・・

東北で、唯一入った個人の喫茶店で
地元の方に確認・・・

カフェ アフターヌーンティ カフェ アフターヌーンティ2
(野菜が本当に美味しかった山形)


鳥海山だった・・・

この鳥海山は、行きの山形~秋田・・・
帰りの岩手~山形・・・

二たび三たび出会えた嬉しい山だ。

朝の鳥海山
(ホテルから朝の鳥海山)
鳥海山
(夕暮れの鳥海山)


霧に煙る駒ヶ岳・・・
山頂がお隠れの黒姫山・・・
行きも帰りもお隠れの妙高山・・・
なぜか故郷のような鳥海山・・・
遠く憧れを残したままの白神山地・・・
意外に可愛かった月山・・・
アツイタい湯殿山・・・
なにかを守るように鎮座する大砦の蔵王山・・・
薄いベールをかぶった立山・・・

大きな山だけではない。
無数の山をくぐり抜け、

本当に
山、山・・・そして山のだった。


古代人は、山を神そのものとし、
龍が住まう場として大切にし、
磐、蔵、座、樹、などの依り代を守った。

水、気・・・

人間が必要ないのちの源は
すべて山を通して人に分け与えられる。

ふるまってもふるまっても
尽きることのない蕩蕩たる恵みを抱える山・・・

現代人は、この山から、必要なだけ頂けばいいものを
なぜ、山が苦しむほど枯渇させる穴をあけ、平気でいられるのか・・・
(やはり、リニアはいらない)


日本列島を、そこに住まう人々を守るのは
やはり山だと再確認しただった。




ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北

十力の金剛石 花巻、賢治に会いに

十力の金剛石は今日も来ない。
その十力の金剛石はまだ降ふらない。
おお、あめつちを充てる十力のめぐみ 
われらに下れ

              宮沢賢治十力の金剛石」より


彼のこの哀しみ、切なる祈り・・・
まるで、庶民が搾取され続ける
今の日本、いや世界を言い当てている。

どこまでも奥が深く、
それでいいて、上空に突き抜け、
繊細で、斬新な彼・・・

それゆえ 時に予知者となる宮沢賢治・・・

恐らく私の一生をかけても
きっとたどり着くことはできない彼の世界観は、

今後、全人類にとって
探求と発見の連続になることと思う。

宮沢賢治童話村7

今回 花巻で彼の童話村を訪ねたことで
また素晴らしい作品に出会えた。

十力の金剛石

初期の作品らしいが、
私は全く知らなかった。

宮沢賢治童話村5

童話村、はじめて入った白い部屋・・・

その部屋に入った瞬間、私は涙が止まらなくなった・・・

「???」 の ぴよさんの横顔をしり目に
流れるままにしておいた。

その白い部屋には、さらに白い椅子が何台かおかれていて
自由に腰掛けることができる。

白の中の白...

大きな夜空の木の下の白い椅子に座ると
足元に文字が見えた。

宮沢賢治童話村2

十力の金剛石」の一節だった。

そして十力の金剛石
野ばらの赤い実みの中の
いみじい細胞の一つ一つにみちわたりました。


彼の言葉は、音であり、色であり、
やがて、幻燈になる。

こころが退化した私たちには、
彼の活字だけではもう十分な映像を引き出す力がない。

「十力の金剛石」

涙が出るほど美しいお話です。



彼は、ずっとずっと遠くに行ってしまって
現代のわたしたちが追い付けない場所にいることでしょう。

それでも私たちは、追いつこうと努力しなければいけません。

でないと人類が滅びてしまう気がするのです。

宮沢賢治童話村8



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 宮沢賢治 十力の金剛石 宮沢賢治童話村

クラゲの知覚

人間は脳があるから賢い・・・

確かにそうであろう。

しかしそれは、諸刃の剣で
悩み事相談を聞いていると
考えすぎの毒素でご自身がやられていることがほとんどだ。

未来を心配して悩む・・・
過去を後悔して悩む・・・
現在の欲で悩む・・・

かくも人間は悩み多き生命体だ。

しかしクラゲは違うようだ。

クラゲには、脳がないからだ。

加茂水族館4

ぷかぷか浮かんで
気の向くまま・・・

いや、脳がないので「気持ち」はない・・・

水の向くまま・・・か・・・


加茂水族館5


水槽がせまかろうが
一人ぼっちだろうが

お構いなし・・・

互いばぶつかって
もしゃかりそうになっても

お構いなし・・・

なんてすばらしいのだ・・・

いや素晴らしいと思うのは脳がある人間側だけ・・・

加茂水族館くらげ2


この脳・・・スイッチ一つでクラゲのようになったり出来たら・・・

いやいや・・・今の人間社会だと
ちょっと怖い気がしてきた(笑)

やはり人間は、自分の脳と共存するしかあるまい・・・

我が脳よ・・・毎日ご苦労さん(笑)





ブログパーツ



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 山形 鶴岡 加茂水族館 クラゲ

旅の食事は「夕食+α」

年を取ると、食事の取り方も変わってきました。

新潟「串揚げとこだわりもん若女将」

今回のは、その土地その土地の美味しいものを
お酒を楽しみながらいただく・・・

それが目的でしたので、
朝ごはんや、昼ご飯はひかえめとしていました。

というよりか、一日そんなに食べられない・・・

岩手「魚きんた」

特に朝ご飯は、出発も早かったということもあり
ホテルではとりませんでした。

近くのコンビニで買うフルーツかおにぎりと
母が作ってくれた梅干をパクリ・・・

山形山寺力こんにゃく

「梅はその日の難逃れ・・・」

映画「めがね」で出てきたこのセリフを
三重でも実践していましたが、
母が作ってくれた梅干を瓶に入れて
にも持っていきました。

青森八戸 イカのお刺身2

昼は、名物がある時は別ですが、
移動時間帯が多かったため、
ほぼ食べないか、軽めでした。

そうして、夜の食事とお酒を楽しむ・・・

このスタイルがなかなかよかったんです・・・

山形山寺「ずんだもち」

このずんだ餅など
大きな4つも餅が入っていて、
2人で分けてもこれだけでお腹いっぱい・・・

さすがは餅文化の東北・・・
昔ほどででないにしろ、
生活のほとんどが野良仕事、力仕事だからでしょう・・・

東北居酒屋さんは、
小鉢をいただいても
刺し盛をいただいても

岩手盛岡「すし源」つきだし

スケールが大きくてけちけちしていない・・・

食文化の根底が「心置きなくふるまう」なのでしょうか・・・

海に囲まれ、名山があり、水もおいしい・・・
田は広く広く、畑で採れる野菜は豊富・・・

だから安くておいしい・・・!!

新潟「漁港炙りや」のどぐろ

秋田の道の駅では、
ゆでたトウモロコシが130円~180円ぐらいで売っていて
これを今か今かとお客さんが待っている・・・

ちょっとした行列ができてました・・・

それが美味しいのなんのって・・・

もうりっぱなお昼ご飯でした。

わたしたちはもう、量はいらないんですよね。
美味しい地のものを少しずついただく・・・

新潟「串揚げとこだわりもん若女将」2

という日常でない空間にほおりこまれても
からだの反応は正直です・・・

いる物はいる、欲しくない物は欲しくない・・・

こういうことができることを「幸せ」というんでしょうね。

岩手「すし源」地ビール


ブログパーツ


theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 新潟 食事 居酒屋

留守中の水やり当番

に出る、しかし家や店の植木鉢にだれが水をやるのか・・・

これが課題でした。

しかも猛暑の夏です・・・


しかし、これもネット検索で解決・・・

本当にすごいですね、最近の商品は・・・

こちら・・・

水やり当番2

名前もそのまま(笑)

水やり当番

使い方は簡単。

水やり当番1

使ってみてわかったこと・・・

水タンク代わりのペットボトルの底を
を植え計鉢の上のラインより
上にすること・・・

ペットボトル側のチューブ先が軽くて浮いてしまうので
小さな石などを輪ゴムで付けて重石にする・・・

そういった工夫が必要でした。


難点は、

いくつもバケツやらペットボトルやらがいること・・・

あとは、一斗缶のような錆びるものを使うと
チューブや三角の先っぽの部分が目詰まりすること・・・

台風などのときは、
バケツが飛んで行ってしまわないように注意すること・・・


こういったことに注意すれば、
十分活用価値があります。

今回は途中で雨が降ったこともあり、20鉢以上あった植木は
1鉢をのぞいてすべて元気なままでした。

その一鉢は、受けていた皿のために根腐れだった模様・・・

水を心配して、水が多すぎ・・・!?

中々悲しい結果ですが、
これからは、皿の有無も工夫すべきですね・・・


ブログパーツ



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 水やり当番

下り参道

今回の旅で外せなかった神社があります。

秋田の海2

「唐松神社」

唐松神社5

表向きの解説では、
秋田県大仙市協和にある神社である。
女性の生涯を守る「女一代守神」であり、
縁結び、子宝、安産の神として「境の唐松さま」
とも呼ばれ親しまれている。

と、なっている。

「女一代守神」に惹かれたわけではない(笑)

ここは、物部の故郷だからだ。

私は自分を物部氏と思っている。

私の出身地、尾張には
尾張物部氏が集落をつくっていた。

ここでは詳しい話はよすが、
とにかく物部の故郷であるこの神社を
外すわけにはいかない。

唐松神社4
唐松神社参道

物部系の神社は、拝殿までの参道が
下り坂であることが多い。

群馬県の貫前神社もそうでした。

東経139度の旅

下り参道を通るといつも感じること

「参道」=「産道」だなと

つまり、もう一度生まれ還るために
一度母の胎内にもどる感じがするということです。

ですからお参り(お真理)が終わって
拝殿に背を向けて帰る時はのぼっていく・・・

つまり、もう一度うまれる・・・

そういう感じがするのです。

そして、唐松山天日宮は全国的に見ても珍しい社です。

社の周りをぐるりと堀がめぐらされていて
水路が築かれています。
悠々と鯉も泳いでいます。

唐松神社2

「物部家邸宅の庭園内に位置する
物部家ゆかりの神を祭る神社」

と表向きはなっています。

ですからまるで庭園風になっていますが、
社の中で火を灯し、祈りをささげるとするならば

火=か
水=み

となるんでしょうか・・・

そんなことを思いながら
この不思議なお社を参拝させていただきました。

古代から存在する神社のご神体のほとんどは
山や磐、川、海である。
つまり自然崇拝だ。

唐松神社3
(唐松山天日宮から唐松神社を望む)

また、明治以前の社は、修験道と共存し、
ほとんどが神仏習合で成り立っていた。
この唐松神社も社の後ろ、田んぼの奥には
唐松山元宮がある。

日本の寺社の神々の名前が大きく書き換えられた歴史が二度ある。
はじめは、持統天皇の時から平安初期、
もう一回は明治政府の神仏分離令・・・

本当になんてことをしてくれたのかと思う。
まるで千と千尋の神隠しだ。

とくに、明治政府の最大の罪は、
寺社という所有者不在の風土的財産を、勝手に
国家のものとし、明治天皇を君主とし、各寺社、その氏子を部下とし、
国民を富国強兵へと束ねるための道具として
神を、神社を利用したことだ。

国家神道・・・

それは、現在では、金と人事権を握られ
憲法改正への情報誘導、巨大集金システムとして
利用され続けている・・・

私は個人として、古来の魂を感じるものとして、
強くこれに抵抗をする。

社ではなく、自然へ還れ・・・

個人も国家も、そうあってほしい。

唐松神社おみくじ

ちなみにここで引いたおみくじ・・・

私もぴよさんもなんとそろって「凶」・・・(笑)

いやはやめでたい!・・・
こっからは2人とも上がるしかないようです(笑)




ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

agoda (アゴダ)でGO!

今回ので重要だったのは
いかに宿を格安で抑えるかでした。

今までですとじゃらんや楽天トラベルなどでしたが、
今回は、「agoda (アゴダ)」をフル活用しました。

agoda(アゴダ)

agoda アゴダ

実は、アゴダは今度の宿検索で初めて知りました。

アジアを中心とした宿に強いサイトらしいですが、
口コミを開くといろいろと出てきます。

トラブルもあるようですが、
事前に確認したり、知っていれば防げることばかりでしょう。

なんといっても、今回の
現地の風土を楽しむという言い訳(笑)のもと
素泊まりで、夕食は現地の居酒屋を楽しむとしていましたので
それはそれは重宝しました。

予約した宿はいろいろとありましたが、
最近は民泊攻勢が盛んですので
シティホテルも工夫している模様です。

日替わり格安宿があったりして
サイトを見るだけでもある意味とても楽しめました。

キャンセル無料の宿も多いので
今回ののように、経路を変更したいときにも役立ちました。


気を付ける点をまとめれば、

①初めの料金にサービス料が入っていないので
最後のページでしっかりと確かめる

②予約が取れているか心配な人は事前に電話で確認

③キャンセル料無料でない宿もあるので表示をよく見る


こういったことを気を付ければ
今回のわたしの場合は最強のサイトでした。

どの宿も快適に泊まれましたし、
値段の格安さからすれば、十分満足でした。

もちろん海外ではなかったし
初めての利用でしたので
100%大丈夫とは言い切れませんが
覗いてみる価値はあるかと思います。

車ではなく、飛行機派の方は
他にも航空券付きなどで検索できるエクスペディアというサイトもあるようです。
Agoda (アゴダ)アジアのホテルが格安!? 使い方や注意点は!? お得に予約しよう!!

最近は宿検索サイトもすごくなっていますね。

私は、これからも国内でこういったのときは
大いにこれらを利用することでしょう・・・



ブログパーツ





theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 宿 アゴダ

十和田湖の青

地図上では何度も見たが
一度も足を運んだことがない・・・

地図は憧れを育む。

わたしにとってその一つが十和田湖だった。

十和田湖1

神秘的・・・

勝手にそう思っていた・・・

予想どおり青くきれいな湖・・・

それよりも予想外だったのは、
とおく八甲田山の峰々が見えたこと。

青の向こうに八甲田山・・・

青で神秘の正体はそれだった。

十和田湖3


「八甲田雪中行軍遭難事件」(1902年)

210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)・・・

この事件を小説にしたのは新田次郎・・・

日露戦争のための訓練・・・
新田はもう一人の与謝野晶子ではないか・・・

「君死に給うことなかれ」

わたしに言わせれば、たかが戦争訓練のたために
なぜ前途ある若者がかくも死なねばならぬのか・・・

これからの戦争や訓練、各国のリーダーは
やりたければ勝手にコントローラー片手に画面上で
ゲームとしてやってほしい。

eスポーツで十分だ。

大人のけんかを、いつまでいのちをかけてやっているのだ・・・


時のリーダーは、いろいろと言い訳をして
戦争の必然を説く・・・


いつの時代も同じだ。

そしていつも うそばっかりだ。


十和田湖の向こうに八甲田が見えた時の
あの締め付けられるような青い悲しみは

今かえって十和田湖の美しさとなって私たちに問いかける。

十和田湖2


いつまで戦うつもりですかと・・・



ブログパーツ




theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 十和田湖 八甲田山

山寺、一歩一歩

古寺の長い石段を上る行為は
まるで人生を縮図したような濃密さがある。

山寺1

一段一段、一歩一歩...

ただ足を上げ、下ろすことだけ考える。

一段一段、一歩一歩...

石段も人生も
所詮人間はそうでしか歩けないのだ。

石段から足を離し、膝をゆっくりとあげる。

あげた足の裏を次の石段にのせ
ゆっくりと体重をかける。

ここで焦ってはいけない。

ゆっくりゆっくりだ。

山寺5

両手は軽く組むように胸の前で畳む。

これはTV日本百名山で登山家の人たちがよくやっていたので
以来、少し長めのきつい登りではまねている。

そうするとからだの芯に重さが集中して
余分な動きがなくなる。

リラックスをして力を入れるときの基本の歩みはナンバ。
※ナンバ・・・ナンバ歩きとも呼ばれ、右手と右足、左手と左足を
それぞれ同時に出して前に進む歩き方

だから、両手の振りはいらない。

両手を振るようになったのは明治にはいってから。

山寺4


途中、西洋人が一段飛ばしでさっそうと登って行った。
なにかのトレーニングでもされているのかと驚いた。

山は征服するもの・・・
だから、登山は人間と山との戦い・・・
西洋人はそう考えてきた。

しかし、日本人はちがう。
山に入るのは、古来から、山と融合するものと考える。
山とひとつになるために登るのだ。

だからスピードはいらない。

山寺6


以前、金毘羅山で1300段余りを登った時は
気が急いて登ったので、
若かったのにしんどかった。

あれから25年ほどたって今回の1015段・・・

300段ほど違うが、あのときより楽に感じたのは
自然の時の流れと自分のからだ時間が合い始めたからか・・・

山寺7


年を取るほどにいろいろわかって
人生は楽しい・・・


山寺2
(五大堂からの眺望)





ブログパーツ


theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 山形 立石寺

旅から持ち帰った言葉

をしてると思いがけず素晴らしい言葉に出会います。

それは3日目の青森八戸の「番丁庵」というお店のトイレでした。

「ひとのせいにしていることを
みんな自分のせいにしてみな。
きっとうまくいくよ。」

初めて見る画と言葉・・・

荒了寛さんというお坊さんの言葉でした。

番丁庵言葉

他にも荒了寛さんのカレンダーがかかっていました。

番丁庵日めくり

番丁庵カレンダー

ご店主の人柄がうかがえます。


言葉は消耗品です。
そのことは以前ここにも書きました。
再び、天から響くもの

そして言葉に出会ったなら
人はそれを行動に移すという責任があります。

そう責任です。

これが、言葉を降ろしてくれた天へのマナーです。

たった一回でもいいのです。

それを行動に移す。

あとは、忘れてしまっていてもいい。

とにかく一回は行動してみる。


さて・・・ここ番丁庵でいただいた天丼とお蕎麦は
今までの天丼の常識を覆しました。

番丁庵2

最近は、がっつり天丼と蕎麦というのがしんどい量になっていたのですが、
ここではぺろり(笑)

あっさりしっかり・・・
とてもおいしかったです。

番丁庵3

このお店は、WさんとMちゃんご用達のお店です。

この日は、このお店をスタートに
お二人の貴重なお時間をいただいて
Wさんご一家の原点と風土を
いろいろとご案内していただきました。

本当にありがとうございました。


そして・・・から帰った翌々日・・・
思いがけずプレゼントをいただきました。

旅で出会った言葉

あのトイレにかかっていた 荒了寛さんの日めくりカレンダーを
Wさん、Mちゃんからいただいたのです。

贅沢にも、の言葉を連れて帰ってきたみたいでした・・・

本当にありがとうございます。



ブログパーツ





theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 八戸 番丁庵 荒了寛

旅の終わりは「千と千尋の神隠し」

今日、PCを開いたらこんな記事が飛び込んできた。
千と千尋の神隠し:名ぜりふ1位は?

「千と千尋の神隠し」が先週の金曜日に
TVでやっていたからだろう。

わたしこれをの最終日の夜、
金沢で偶然見ていた。


ジブリ映画の中で、わたしが一番好きな映画かもしれない。

奥が深いからだ。

私の好きな名台詞は入っているのかなと
記事を読んだが残念なことに全く入っていなかった(笑)

「魔法で作ったんじゃ何にもならないからねぇ。」

このセリフが一番好きだ。

映画の中では、銭婆の登場シーン・・・

お守りの髪留めを
糸を紡ぐところから始めているシーンだ。

この世には魔法でかなえたいことが多いけれど
そういうものに限って魔法を使ってはいけないものが多い。

「おまえを助けてあげたいけど、
あたしにはどうすることも出来ないよ。
この世界の決まりだからね。」

そういって、銭婆は糸紡ぎを坊ネズミたちに手伝わせる。

この話で一貫していること・・・

それは自分の手足を使って事をなすこと・・・

その大切さを宮崎駿は説きたかったのではないか・・・


これは、ブラック労働がはびこる大企業の労働とは真反対にある。

偽の大量消費を促すための、大量生産ではなく

自分のなりわいを
自分の心を
自分の手足で育てること・・・

そういうことだ。

労働と心はセットなのだ。


人の痛みがわかるこころ・・・
思わず感謝で手を合わせるこころ・・・
誰かの役に立とうとささやかに動こうとするこころ・・・

その根底には、「労働」がある。


農業を芸術に高めようと呼びかけた賢治は
きっとそういうことを言いたかったのだと思う。

3宮沢賢治童話村


お店に何度も同じ相談で足を運ぶ人たちに足りないものがあるとすれば、
きっと、すぐに魔法に頼ろうとする安易なこころを捨てることだろうか…


「自分でやる」
「自分で決める」
「人のせいにしない」

ただそれだけで人生は好転する。


「おまえを助けてあげたいけど、
あたしにはどうすることも出来ないよ。
この世界の決まりだからね。」

あなたや私の神様はきっとそう言っておられる。

でもそれは冷たい突き放しではない。

むしろその逆で、あなたが生きてゆけると確信があるからだと思う。

「神様は、その人が乗り越えられない試練は与えない」

わたしたちは、自分の手足を使って
ただ、生きていさえすればいいと思う。


「芸術としての人生は老年期中に完成する」 宮沢賢治

中年から老年にかかる橋・・・
その袂まで来たわたし・・・

その時代に東北に行けたのは本当にありがたい。

東北の香りを連れてきた金沢の宿で
自分の人生、どこまで労働で育て、芸術にできるか・・・


そう思いながら「千と千尋」を見ていました。


宮沢賢治童話村4



ブログパーツ


theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 宮沢賢治 東北

旅の便利グッズ

今回のは、はじめての経験で1週間と長だったため、
いつも使っているせっけんを持っていくのは必須でした。

なぜせっけんか?

実は私は意外にも肌が弱く
ホテル設置の洗剤で洗うとかゆくなったり、
赤くただれたりしてしまうのです。

で、いつも使っているせっけんをもっていくのです。

いつもはそれをビニールに入れる程度でした。

で、べたべたになる・・・

意外に不快なものです。

で、今回すごく役に立ったのが

「蓋つきせっけん入れ」

100均でぴよさんが見つけてきてくれました。

こちら↓

せっけん入れ

単なるプラスチック製の蓋つきの石鹸入れですが、
使った後すぐに蓋をしてしまえますから
とても重宝しました。

せっけんはせっけん成分98%のもの(奥)を使っています。

表示は洗濯用になっています。
しかしこれは、洗剤業界と厚労省の癒着で
からだにも使えると表示させないようにしているだけです。

こんな安いせっけんで事足りれば、
すべての高価なシャンプーやリンスは不要になりますからね。

気になる方はこの本をどうぞ・・・


え、ごわごわしないの!?

とよくいわれますが、それは今までの洗剤の害で
防御されていたかたい皮膚の層が
皮膚に優しいせっけんになったことで不必要になり
お役目御免で剥がれようとしているだけです。

一か月も続けて使っているとすっかりきれいになります。
気になるときは〇ョンソンのベビーオイルでも塗っておくといいと思います。

わたしは、かれこれ20数年使っています。
頭の先から、顔、からだ・・・すべてこのせっけんでOKです。

十円玉ハゲとせっけん(1)


当然、衣類の洗濯用せっけんも持参したのですが、
ホテルのコインランドリーが、自動投入でコントロールできないものか
持参の洗剤を入れられるか・・・それも重要でした。

こちらはぴよさんが調べてくれて
無難に洗濯もできました。

何件か自己投入できるホテルでしたので助かりました。


と言っても日常のものをいくつか連れて行かなければならないので
そう意味では、事前の準備&下調べは大切ですね。


ただ、若いときのからだひとつの無謀なとは違って、
少し用心している自分は、経験知が増えたのか・・・
はたまた、それがかえって邪魔になっているのか・・・

いろんな意味で年を重ねているなぁーと感じました(笑)



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北 グッズ

みちのく二人旅

長いようで短い人生・・・

その短い人生で、時間もお足もタイミングが叶い、
旅行ではなく、「旅」ができるのはそう何回もない。

今回・・・念願中の念願・・・

東北を一周するという旅を
ありがたいことにさせていただけた・・・

東北一周地図

もちろん、行ける場所は限定せざるを得ないが、
まるで龍のようにくねくねと疾走すること自体が
目的のひとつだったので、十分すぎる恩恵である。

旅の途中 何度手を合したか・・・

それほど、ありがたい旅だった・・・

山、海、人、酒、神・・・

加茂水族館くらげ
加茂水族館くらげ

秋田の海
秋田の海

唐松神社
物部の里 唐松神社

青森みろく横丁
青森八戸みろく横丁
(ここで、Wさん親子と待ち合わせ)

十和田湖
十和田湖

宮沢賢治童話村2
宮沢賢治童話村

中尊寺2
中尊寺

山形市 酒縁しょう栄
山形市 酒縁しょう栄


歴代の中央集権政府が無謀にも、
この蝦夷の地を 武力と計略によって、
何度も征服しようとしては、
時に頓挫し、時に成功した。

その歴史の残像は 風土・人情のそこかしこに
確かに色濃く残っていた。

旅の途中、何度もこのまつろわぬ民たちを思い起こしていた。

すると、岩手早池峰山の方角に
蝦夷の民が雲になって現れた。

阿弖流為さんが来てくれたのか・・・

阿弖流為雲

では、よろしければ、
土産話をお会いした時にゆっくりと・・・



ブログパーツ











theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 東北

樹下石上 94・・・よい薫りの本

今の日が重苦しい原因をここ20年ほど探っている私にとって、
なんともいい薫りのするが出た。

いい薫りとは、
きっと自分が考えていることの一部がかかれていて、
読んだ結果、模範解答をいただけ、

しかも、自分が気が付かなかったことも書かれていて、
とてもではないが、私個人では時間がなく調べきれないものを
作者がこと細かに調べ上げてくれ、まとめられていて・・・

そして、読み終わったと、
今後、自分の話す内容に厚みが増すもの・・・

それがわたしにとっていい薫りのするである。



そして、実際に手に取り
扉を開けて序章の数行を読む・・・

良い薫りのは、序章から引き込まれる・・・

今夏、夏休みの課題図書になりそうである。


さて、8/10~8/17のブログ更新はお休みさせていただきます。

18日から再びお会いいたしましょう。



ブログパーツ




theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag :

樹下石上 93・・・高3生の履歴書

ここ最近、塾では意外なアドバイスをしている。

今年高3になる卒業生たちが、
履歴書の書き方を教えてほしいと
3人ほど集まった。

彼らももう就職である。

ほぼ3年ぶりに指導した子もいれば
日頃、宿題を指導している生徒もいる。

彼らは3年前、高校受検の折、
前期試験の指導をした生徒である。

どの子も礼儀正しく、
はじめての履歴書書きということもあって
緊張していたが、1時間半ほどで書き上げる。

学校の指導で、ほぼ手直しなしの子もいた。


3年経って、ふたたび人生の大きな岐路に立っている。

3年前とは違って、話が通じやすくなったということは
彼らが成長したといことだ。

昨日も塾生の姉妹の読書感想文のアドバイスもした。

こういった個々さまざまな対応ができ、
その都度、彼らの成長を垣間見れる幸せを感じられるのは、
ちいさな塾ゆえの利点だろう。


本当にありがたい仕事だ。



ブログパーツ








theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 履歴書

樹下石上 92・・・南アルプスの天然水

最近この地域で見かけなくなった天然水があります。

サントリー南アルプスの天然水・・・

サントリー南アルプスの天然水

最近は大仙の天然水に変わってしまいました。

サントリー大仙天然水


これは想像ですが、
リニアトンネル工事のため、南アルプスの地下水がかなり
枯渇し始めているのではと思うのです。
リニア中央新幹線が水を奪う

関係者のみなさん・・・

本当にこんなことでいいのかよく考えてください・・・

リニア工事即中止・・・

私はこれを切に願います。










ブログパーツ






theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : リニアいらない

樹下石上 91・・・自然体で休もう

先日、piyoさん経由でcocoroさんから動画が送られてきました。
旅館に広がる“休業日” なぜ? 「大忙し」で変化

cocoroさんの旦那さんも登場します!

「旅館でも休業日・・・」

そういう時代になったというTV特集でした。

旅館は無休という時代はもう
時代遅れでしょう・・・

人出不足の今、従業員の生活を考えれば
こうなるのは必然です・・・

うちは、今では休みが多すぎますが(笑)
それでも「定休日」➡「不定休」➡「木曜のみ営業」という流れの中で
休みに対する罪悪感がなかったわけではありません。

特に不定休にした時の罪悪感は、
誰に対してというより
なにか得体のしれないものへの罪悪感という感じでした。

社会通念
常識
一般論

そういったものだったと思います。

しかし、それも少しずつ減っていきました。
たぶん、それが自然体だったからでしょう・・・


自然体は通る・・・


私の中には、このセオリーが宿っていきました。

これは、お店のことだけでなく
物心つき始めてから・・・
多感な思春期から・・・
青年期・・・
教員時代・・・
家庭教師時代・・・
今に至る塾人生・・・

選択を迫られた時、
どうしたらいいか悩んだ時、

あらゆるところで、
自然体の小さな小石を積み上げるように
生き方そのものを一つ一つ確かめてきたのような気がします。

自分の中にある不自然を一つずつ消していく・・・
私の人生、その作業が大半だったような気がします。


考えてみれば、自分のお店を
自分の身体と心のペースでさせていただきたいという思いだけですから
重い罪悪感を抱く必要はないと思います。

これからは、そういった営業スタイルが
カフェや旅館などのサービス業で当たり前になっていくのでしょう・・・

いえ、人生スタイルがそうなっていくことでしょう。

つまり、働くことが、生きることが
「苦役」(いのちとひきかえの苦しみ)から
「楽役」(楽しく誰かのお役に立つ)に進化を遂げなければ

人類はきっと体と心の病で退化してしまうのではと思うのです。

そのためにも、
自分の自然体をいつも問いかけること・・・
「お金」のしくみを知ること・・・
為政者に主導権を握られないように・・・

またベーシックインカムなどの政策も求める
考える市民になっておくことが大切です。

自然体休み・・・

令和の時代は、ますますクローズアップされることでしょう・・・



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 休み 自然体

樹下石上90・・・少し涼しく

先日取り付けたカーテン...

遮光カーテン

意外にもかなり効果があって
先日の面談でも

「エアコンがかかっていないかと思いました」

そうおっしゃっていただきました。
2~3度はちがうと思います。

これでエアコンが変わればさらに涼しく!

と期待しております。

(8月8日が取り付けですので
今週もカフェはお休みさせていただきます。)

先日母のもとを訪ねたときも
昼間は近くのショッピングセンターへ避難しているとのこと。

「電気代も浮いていいわ~」(笑)

と言ってました。

毎年同じ話をする母ですが、
こうして同じ話ができる幸せを感じます。

今日の朝ドラで

「生きてるからいいの
間違いしたっていいの」

そんな台詞がありました。

生きてるからこそ.....

本当にその通りだと思います。

今ある母のいのち.....
私のいのち.....

大切に楽しみたいと思います。



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : いのち カーテン

樹下石上 89・・・沈黙の夏

沈黙の春」という本がある。

半世紀以上も前に
化学薬品の浸透、循環、蓄積によって
このままでは、虫や鳥がいない春になる・・・

いち早く警鐘を鳴らした レイチェル カーソン・・・

それが現実になっているなと感じる最近の夏である。

虫が少なくなっている・・・

暑さということもあるだろうが、
際限なく緩められる日本の農薬基準も原因のひとつだろう・・・

日本とEUの農薬比較

「日本のネオニコ系農薬基準」はEUの数十~数百倍!?

以前、中国の野菜は危険なんて言う話題が多かったが
他人事ではない・・・

日本は圧倒的に農薬大国なのだ・・・

それは発達障害とも見事相関関係にある・・・

農薬と発達障害

日本みつばちが消えたのも農薬が原因と言われている。

うちの蓮の花の水槽に
この時期はいつもあしながバチが
ひっきりなしに給水に訪れていたが
今年はまだ一度も見ていない・・・

子どものころに比べると
町中のスズメが少なくなったのもそうではないか・・・

このままでは、日本は沈黙の夏になるのではと危惧している。



ブログパーツ







theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 沈黙の夏 沈黙の春 レイチェル カーソン

樹下石上 88・・・オセロ

うちの塾でいまブームになっているものがある。

それは「オセロ」・・・

リアルな盤としてのもあるが、
アプリでレベルを競って盛り上がっている。

私が、「みんなのオセロ」というアプリを何気にやっていたら
生徒たちも入れはじめて楽しんでいる。

オセロの良さは、
ルールが簡単であること・・・
アプリですると比較的早い時間で試合が終わること・・・

早い試合などは、5分ぐらいで終わってしまう。

だから、塾の短い合間にも出来てしまうのがいい・・・

今は、AIとの対戦で
レベルが1~30まであるが、
21がどうしてもクリアできない。

生徒のなかで、この子はいけるかもという子がいるが
彼でさえもクリアさせてもらえない。

私も随分とトライしているが
赤子の手を捻るかのようにやられる。

一番強烈ないやがらせは、打つ手がなくなること・・・

つまり、強制的にパスをさせられてしまうことだ。

これを、4回も5回も連続でさせられ
あっという間に相手のの色に染まってしまう。


オセロは今から130年ほど前にイギリス人によって生み出された。
(ウォーターマンまたは、モレット)

当初は、リバーシ(Reversi)と言われ、それを
英文学者の長谷川四郎が「オセロ」(シェークスピアから取った)と命名したらしい。

このテーブルゲームを生み出した
イギリス人は本当に天才だ。

自分の子まで相手を挟んでひっくり返す。
最後にその数で勝敗が決まる。
8×8の盤の上で、33個になれば勝ち・・・

角をとれば有利なこと
外枠を得ると、作戦が広がること
序盤、中盤が有利でも
最後はどんでん返しされることも多いこと

本当に奥が深い・・・

シンプルなのに、
人がここまでのめりこむ何かがある・・・
130年経った今でも人々が楽しんでいる・・・

こういうものを考えられる人のことを天才というのだろう・・・


ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : オセロ

樹下石上 87・・・自分で決められるという尊厳

ちっちゃな子が、おぼつかない手で
その手より大きなコップをつかもうとする・・・

小学生の子が、
自分には合わないと思った習い事をやめる・・・

中学生の子が、週5日も塾に行くことが嫌になり
自分に合ったゆったりとした塾に変わろうとする・・・

小さかった子供が大きくなる時に、
こころの自由と程よい規律、
そして、十分な選択と結果の受け止め・・・

何年もかけて繰り返す選択と結果が
たとえ、それに一般的な良い悪いがあったとしても

自分の立てた旗をたった一人でも理解してくれる人がいれば
人はきっと生きてゆける生き物なのです。


だから、
わたしたち人間にできるささやかなことは

その人が立てた旗を

よかったね、
がんばったね、
これからもきっと大丈夫・・・

そういってあげることなのだと思います。


つまり、世界的に有史以来、
人類は奴隷の解放奴隷という
すばしい偉業を成し遂げたにもかかわず、

新たな精神的奴隷制を作り出している気がします。

時にはお金を使って、
時には仕事という呪縛を使って
時には、家族の役割や
性別という社会通念によって


一日24時間、一生80年を
自分でplanして、チャレンジするという自由を
いったい誰が奪っているのか・・・


「始めたからには最後までやり抜きなさい」

昔はよくいわれた言葉でした。

しかし本当にそうでしょうか・・・

始める自由があれば
やめる自由がセットでなくてはいけません。

良い社員をやめる
良い父親、母親をやめる
良い嫁をやめる
良い子供をやめる

仮面をかぶることをやめる・・・


その やめる自由がなければ、
それはかつての奴隷制と何ら変わりないのではないでしょうか・・・


選択できる尊厳・・・
拒絶できる尊厳・・・


自分にも、他者にもそれを認めなくなったとき

親子であろうが、友達同士であろうが
さほど親しくない間柄であろうが、


人類の進化はなくなっていくんだと思います。


個人は社会のためにあるのではなく
社会が個人のためにあるのです。


この順番を人類は絶対に間違えてはいけない・・・


基本、人間は、遊牧の民でいいんです。




ブログパーツ



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 始める自由とやめる自由

樹下石上 86・・・遮光カーテン

今日もエアコン関係でバタバタと・・・

ありがたいことに朝早くから
見積と工事打合せでおじさんが来てくれました。

その時、

「ここにカーテンをつけると
2Fはより冷えやすいですね・・・」

なるほど・・・

で、またまたバタバタで
遮光カーテンを買ってきて即つけてみました。

遮光カーテン

昔は吹き抜けの景観が・・・と思いましたが、
背に腹は代えられません。

本当は遮熱の方がいいんでしょうが
ニ〇リに、巻き上げタイプが遮光カーテンしかなかったことと
使い回しもできそうなのでいったん遮光カーテンでつけてみようと思いました。

ここ数日は、酷暑予報なので
生徒のことを考えると、少しでも早い方がいいですから・・・


さて、とりつけ・・・

めちゃくちゃ暑いです・・・

もう、ぴよさんと 笑い怒りながら取り付け(笑)・・・

エアコン設置のおじさん達って本当にすごいですね・・・

あらためて、本当に感謝です。


何でも自分でやってみると
やってくださいる人に気持ちがわかります・・・


それにしても暑い・・・

今日も皆さんお気をつけて・・・



ブログパーツ




theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 遮光カーテン

プロフィール

sora

Author:sora
個人塾と毎週木曜日しか営業しないCafeのオーナー。教員、家庭教師、サラリーマン塾人を経て独立。教える生業38年。Cafe14年目。Cafeでは、オープンからずっとよろず相談業(菩薩行)を継続中。数年前からは、お店や出張でタロットアシャイング(タロット占い)も加わる。塾でもCafeでも、皆さんに「人生大丈夫!」を伝え続けている。

●YouTubeチャンネル「OK!soraさん」 AddCafe Sora

バナーを作成

スポンサーリンク

  

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

コロナ いのち ワクチン 発達障害 ソフトボール  東北 親育 青いロードマップ 昭和  山本太郎 受験 マスク 風の時代 月の欠損 AddCafe 言葉 YouTube 千島学説 令和 いのちあるものがいのちあるように 学び    人工台風 自立 教育 大西つねき お金  健康寿命 トランプ 月星座 樹木希林 「意見には個人差があります」 エネルギーバンパイア 感謝 宮沢賢治 クラウドファンディング 緊急事態条項 コントロールドラマ ホロスコープ 20代 出版 占い 長良川 穀雨 直霊  MMT 意識 数霊 YouTuber ウイルス 読書 幸田露伴 ダンス 姫川薬石  本質  自動詞  AI 希望 自民党憲法改正案 自然 人生 南海トラフ 歴史 マズロー 母の乳房 腸内細菌  人工地震 自己実現  進路 子育て オリンピック 平成 劣等感 宙の言の葉 樹木 銀河鉄道の夜 両班 踊り ベーシックインカム  幸せ 10代 学校 参院選 自粛 茶番 朱蒙 エクソソーム 努力 乙女座 大統領選  自民党 自然体 特別会計 言霊 財務省 教科書 選挙 ペンジュラム 時間 花火 存在 AI 違和感  勉強 自己表現 本間真二郎 花結び 本庶佑 日日是好日 玄徳 5段階欲求  天地人 精霊 仮想通貨 木曽川 菩薩行(相談行)  副業  洗脳 個性    人生の栞 生き切る練習 か・かた・かたち  勉強法 ニュータイプ 自己肯定感 高校生 MMT 民間試験 裸の王様 怒り 生き方 びわ療法 タロット びわエキス PCR検査 マドモアゼル・愛 十二国記 加藤諦三 味噌 人工災害 リニア せっけん 山形 からだ 漢字 銚子川 深意 年金 ゴミ 自分軸 中西進 発達凸凹 犬山祭 近藤誠 医療 台風25号 3つの間 火鉢 空間 IOT 散歩 多様性 乾布摩擦 著作権 宝島社 随筆 欠け 赤ちゃん 老子 物部 大人 船瀬俊介 陰徳  雄二郎 韓国歴史ドラマ 永尾 無知の知 弱さ 芸術 支援 卒業生 不合格 教育実習 ボランティア  信頼 古代史 家電  ブログ 新元号 三種の神器 合格 待つ AddCafe ピアス りんご 岐阜 小沢健二 聖徳太子 抗生物質 初日の出 5G 植福 明日は我が身 灯油 微生物 遊び  死にゆく練習 優越感 お金の大根化運動 3M 成長  シェアエコノミー 教師 さだまさし チャン・ヨンシル 知性 エネルギーバンパイヤ 不食 木じいちゃん 恩人 手紙 ジェンダーフリー スポーツ 観る 金華山 尾張 本当に出会う 分断 自己責任 気づき 神秘 動物 菩薩行 性別 人工 選択肢 狭き門 太陽光パネル グリテンフリー 地球温暖化 緩和チャレンジ 再会 台風 カゼインフリー 電車 山口百恵 権力 老害 ゴッドゾーン ゆるし 記憶 尊厳 寛容 幣原喜重郎 謙虚  大衆酒場 山怪 進化 精神 肉体   消毒 光透波 松果体 悩み カンパネルラ  傍観者 コロナ茶番 就職 転職 生活 スウェーデン 国債 衣食住 志望校 日月神示 経皮毒  毎日 神様 奇跡 仕事 ルネサンス 安倍首相 DS ふり モモ  性格 春分の日 削除 カウンセリング 樹下石上 メンタリストDaiGo 報知新聞 アメリカ地底政府 バイデン おみくじ 哲学 物理学 かぐや姫 太陽 占星術 人間原理 みずがめ座 観察 高校受験 ムーンマトリックス 自己欺瞞 ハウス コロナ対策 感覚 池上彰 朝ドラ 自信 PC 結婚 憲法改正 インフルエンザ ホ・ジュン 安倍政権 原発 ボンボン時計 五十肩  居酒屋 電磁波 Wi-Fi コロナ禍 消費税不要 リテラシー GPIF 情報 自民改憲4項目 憲法  職人 タンカー 柳ケ瀬 食事 幸福 モチベーション バリアフリー ルーティン 発達障害グレーゾーン   遺伝 不安 恐れ  健康 SNS 生きる 苦しみ 経験 一月家 味噌作り 麻生大臣 OK!soraさん 新聞記者 親が絶対に言ってはいけない3つの言葉 桜を見る会 好き嫌い BI マッチポンプ 人類が本当に必要とするもの 先輩 免疫 細胞 サイコロ法  お金の仕組み オーブ ワンワールド 霊的存在 エール 医療機関従事者 まさかの時の友 選択 お金のない国 あなた 人生の岐路 アルコール消毒 神との対話 スペイン 五六七(ミロク) 創造 太陽光 ワクチン利権 びわ茶 GW 向き不向き 脳の刈り込み ロックダウン イギリス 官僚 給付 不都合な真実 シン・二ホン 未来問 過去問 鳥を捕る人 青年家庭教師 死に切る練習 死生観 ひとり旅 比べる しがらみ ソーシャルレンディング コロナ休校 ティッシュペーパー トイレットペーパー 世界観 自粛延期は必要か? 本要約チャンネル 新型コロナウイルス 休校 薬局 上位の学校 人生100年時代 行動 人類の希望 スペイン風邪 T桜 とこわか国体 サッカー 優性思想 現金支給 現金給付見送り 学校の意義 問い 幸せ因子 環境 趣味 メタ認知 上七代 因縁 下七代 免疫力UP 埴輪 Vrew just/do/right 頭を垂れよ テロップ 未来創造 同調圧力 サイレントボイス 本の要約サイト 一歩出る  日の出 コントロール output 海岸 0(ゼロ)という立ち位置 緩和 人生の目的 再開 長野 豆腐工房まめや マスク不要 高炭酸ガス血症 感情 無思考という名の認知症 ソーシャルディスタンス 護美箱 Himalaya 音声 蒸気 高齢者スマホ 自然学 今西錦司 拡張 自問自答 Xeno 意識レベル カードゲーム input 効用 課税対象 日本コロナ対策世界最下位 Zoom 未来 道祖神 B細胞 T細胞 免疫力 税の役割 家賃 オン つながり 特別会計の闇 オフ 恐怖 山中教授 ラジオ 自衛 動機エネルギー 実効再生産数 サイン 懐かしい人 支持率 増税論 人生100年時代 日田天領水 のむシリカ 能動的不通勤 能動的不登校 頼れる力 古大人 外出 鏡の国のアリス jam スクールライフバランス tomorrow 9月入学制 ボケの効用 山口屋 伊勢神宮外宮➡外宮前参道 黒野さん ブラボータキガワ 監視社会 60番 リコール  世間知らず 先生 温暖化 地球温暖化!? 眼鏡 生活保護者 日本の貧困化 戦う人 政府の嘘 アベノミクスの大罪 明治時代 大掃除 テスト マレーシア 大学恩師 安倍首相批判 六龍が飛ぶ 中学生 不登校 消費税廃止 広瀬隆  安倍氏麻生氏のつながり 日本会議 ミスリード 「我が仏、隣の宝、婿舅、天下の軍、人の善悪」 私物国家 ネットで買い物 対話とあそび 冷水痛 日本人はどこから来たのか 山の民 海の民 長島龍人 お金のいらない国のつくりかた お金がない世界 南海トラフ80%の内幕 大西つねき×長島龍人 じいちゃん 大学入試改革 北風 針治療 早期完了 空虚 田毎 教育改革 キリスト教 石垣のり子 サクラ(オトリ) 毒素 ファクトチェック さつまいも いのちの歌 お金がいらない国 数字 内閣支持率 会釈 生姜 野菜スープ マクガパンレポート 針のじいちゃん 日米FTA 安保徹 マトリックス 広島カープ 信楽 紅白歌合戦 小中高校生 塾卒業 アドラー心理学 勉強しなさい 奨学金 大学なんていかなくていい 生きること死ぬこと ベビーカー 信楽焼 気づく力 新型ウイルス 幸せになってもいいでしょうか? ガラケーとガラ学 思春期 Brain プラットフォーム ホリスティック マズローの5段階欲求 汎化作用 ユダヤ人 効果的 無責任国家 火事場泥棒 主従関係 家庭 共感力 当事者意識 母と子 知的謙遜 いやな人と付き合うな 陽一 大櫛 健康診断 検察庁 定年 言い訳 延長 太陽になれ 心の置き所 フィンランド 安倍内閣総理大臣令和2年年頭所感ダメだし 教養 ジェンダー・ギャップ指数 「憲法改正の主役は、あなたです。」 見返り 改憲 第9条 国際貢献 中村哲 陳情 働き方 学校保護宣言 「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-Wha Happens War?- Before 葉隠 長寿 金利 大学っていりますか 寺山修司 得体のしれない不安や恐怖 振り子 苦しみから脱却する方法 ホスピタリティ 言葉集め  10代にしておく大切なこと ひとり 貞照寺 移動 本物 ガーデニング 若者 集中力 動機 教育問題 お風呂 小欲 虚空蔵菩薩 金星    大欲 夢中 話す力 マインドマップ びわの葉エキス 書く力 幸福感 樹霊 犠牲者 渓嵐拾葉集 明星天子 香り 樽見鉄道 脅迫者 hibi 堤未果 職種 世論 マスコミ  手作り 家族心理学 小さな定食屋 大企業 尋問者 母校 木曽川町 黒田小学校 びわの種粉末 1000回行 アメリカ 新アメリカ 大変化 不思議な旅 黙食 論文 二重 節分 今年のテーマ 原点 ブルータス 大統領選挙 議事堂 ペテロ 人情 自分らしく生きる 第三の男 お陰様 恩恵 八方美人 やりたいことをやる  中国歴史ドラマ 老い センス におい 物忘れ よりよく生きる 自然科学 日月神事 インナーチャイルド 喜捨 弁解 普賢菩薩 宇宙 ASC お酒 アナリティクス ラジオ人生相談  現代病 使命感 背負い水 鬼谷子 登録者1000人達成 松葉茶 抱樸 学力 イエスキリスト 自分を起こす 起業 イエズス会 広告 母子  星座 魚座時代の終わり 内省 聖なるビジョン VUCA COHINA 8/100 時代周期 玉石混交 フレア 今を生きる jamtomorrow スピカ 獅子座 水瓶座  2021年学習指導要領改訂 さかさまの世 英単語 G対策 熱量 琵琶湖バレイ 人生は旅 アドラー 滋賀の旅 パスツール 明暗反転月 へつらい べシャン 13周年 自分になる 1秒 承認 依存心 ハウス7年時代論  テレフォン人生相談 身体 誕生日 復活 酸化グラフェン ハンチング フリーメーソン 太平洋戦争前夜 びわ 選手 開会式 東京オリンピック2020 アジェンダ デマ 天地 大河ドラマ 異議申し立て 全体主義 アナベル 森田正馬 挿し木 アメリカ大統領選 引き算 出る杭は打たれる 子宮頸がんワクチン 起承転結 突き抜ける カオス 万物流転 運気 始末 火地風水 お陰さまで 安全を得るために自由を放棄する者は、 発言 教育長 最後にその両方を失う 言葉力 お互い様 勝てば官軍 ベスト10 支配 ありのまま 土星 リンドウ シンギュラリティ 東証 個人力 中秋の名月 システムダウン  半沢直樹 マドモアゼル愛 クリシュナムルティ 闘い 居場所 吐露 身体のサイン 逃げる 新潟県燕市 月のサイクル  逆向き 二極化 超古大人 大橋眞さん 褒める 親子関係 デンバー空港 昭和人 政治 タブレット 観察者 ブログの書き方 やり切り感 自己決定感 れいわ 抽出 むら 集い 修学旅行 清流   りんどう 欠損 霊性 無料 YouTube 反マスク 醤油 日本が肩代わり ファイザー  手帳 土地 相談者は、下心を隠してはいけない 主語はわたし 東証システムダウン 孤独感 個性化 ゆとり 中2  石けん インクルーシブ教育 永遠 「二十代で得た知見」 独学 見えない学力 イヤイヤ期 北欧バイキング グレーゾーン IQ 文化 三韓時代 自然免疫 自然治癒力 めでたい 2020年 初詣  CT値 足し算 不正選挙 シンクロニシティ ジャネーの法則 脳と運動 コロナだけじゃない 2020年 ご縁 フラット オワコン フィットネス 将棋 合法的略奪 権利 呪縛 辛さ 辛い パーシー・ビッシュ・シェリー 言いかえ 予告 月星座蟹座 余計な一言 年齢域 わたしはわたしにしかなれない BI論 立ち上がること 優先 竹中平蔵氏 森田正馬療法 年齢 バズり認定 ちょろ松焼き 松阪 外れる システム 堂々巡り かりんエキス 子ども時代の絵 義務 切り傷 意思決定 鬼滅の刃 洞窟おじさん コメント 愛宕 水瓶 イエス・キリスト 過越 水瓶座の時代 心理学者マーシャ 

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブログ内記事
コロナ&ワクチン情報                                                                        医師と製薬会社のお金の流れを検索する場合➡ マネーデータベース 『製薬会社と医師』

最新記事

リンク

   

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる