FC2ブログ

令和誕生⑥・・・感じて漢字の世界

今日で10連休も終わり・・・
このブログでの「平成」「令和」シリーズも
そろそろ終わりにしようかと思う・・・


母を訪ねるとき、土曜日であれば必ず
ラジオ「感じて漢字の世界」を聞きながら行きます。

先週の土曜日は、「令和」の「令」をやっていました。



参考文献が、白川静さんの辞典なので
とても楽しみにしています。

白川静さんはもともと万葉集の万葉仮名を紐解くのに
漢字の世界に入った方・・・

いつの間にか、万葉集よりも漢字で有名になられた。

令和考案者とされている中西進さんも万葉集・・・
万葉と海波

学問畑は一緒になるのでしょうか・・・

わたしは、このお二人の対談を知らないし、
交流があったのか、なかったのかも知りません。

でも、お二人に共通するものがあるとすれば、
それは、漢字を人間だけのものにしなかったことである。

お二人の漢字論は、漢字=「かた」であり
神を下ろすための依り代になっていると知らせてくれます。

漢字に目を落とす視線を持ち上げて
世の中、特に自然や生活に目をやると
すべてのものが、神の言葉の依り代に見えるから不思議です。

また、皮肉なことに、漢字を紐解くと、
漢字文明に支配される前の人々の営みが見えてくる。

漢字は、中国であろうが日本であろうが、
古代の人々の暮らしの履歴書である。

それを、簡易な形にデフォルメしたものだ。

つまり、漢字は、権威的でありながら、
それでいて牧歌的風景の絵画でもあるのだ。

一画一画に、原風景の絵画が隠れているのである。


さて、日本には文字が生まれなかったと白川さんは言います。

厳密には、神代文字のような部族の文字はあったが、
漢字のような支配する道具としての文字はなかったのでしょう・・・

漢字の功罪
漢字侵略への抵抗

日本に文字が生まれなかった理由を
白川さんはこう分析しています。

「神聖をあきらかにしようとした王がいなかった・・・
もしくは、統一王も、統一をめざした王もいなかった・・・
神聖者との応答を解読し、それを表記したいとも思わなかった・・・」

つまり、神から降りる言葉を王一人のものとしなかった・・・
もしくは、王の所有物としなかった・・・

そういうことだそうです。

松岡正剛 千夜千冊


いまの時代、元号には二つの解釈があります・・・

「天皇が空間や時を支配する」と意味を込める団体がある一方で
中西進さんのように「こういう時代にしましょうよ」という
提案にすぎないと思う人々がいる。

白川説の、日本に統一王も、
統一をめざした王もいなかったを加えれば、

元号は後者ととらえるほうが自然な感じがする。

白川さんは、漢字の世界を深く掘り下げた先駆者だ。
それをいま、かみ砕いて人々に提案する中西さん・・・

いまは、数の論理で、無理強いをされ、
妙な「統合」をされかねない時代・・・

お上はとうに「調和」を失くしている。

【政治デスクノート】民主政権、強行採決のペースは安倍政権の倍だった


お二人の功績を紐解くたびに、
いまは単一の全体性を力づくで獲得する「統合」の時代でなく
多様でありながら、矛盾や衝突、無理がない
「調和」の時代なのだと気づかされる。


何度も書いて恐縮だが、
「令和」の時代が本当にいい時代になっていってほしい・・・

いのちあるものが いのちあるように・・・

そう願ってやまない・・・


ブログパーツ
スポンサーサイト



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 漢字 白川静 中西進

令和誕生⑤・・・情と理

昨日は母の元へ向かった。

「竹の花が咲いているらしいよ」

母は、竹の花が咲くと枯れるということを知っていた。
さすが年の功・・・

高速道路で帰途・・・

左右の竹林を見た。

やはり、枯れていた。

高速だったので画像は撮れなかったが
確かに竹林が茶色っぽく変色していて
竹がすでに立ち枯れで傾いているところも多かった。

時代の節目ということか・・・

竹の花は120年にいちど咲く!? 七十二候<竹笋生(たけのこしょうず)>

今日はお天気も良かったので
GW恒例の夏野菜の定植をしました。

この時期の仕事は本当に気持ちよく
土のエネルギーを肌で感じることができます。

その年その年で、耕した土に集まる虫の種類や多少が変わるので
それが一体何を意味するのか・・・

そんなことを考えながら定植してます。

2019夏野菜 キュウリ 2019夏野菜 トマト

これから、野菜も雑草もわっさわっさ伸びてきます。
程よく雑草を管理するのが大変になります。

大変なくせにをする・・・
この矛盾こそ人間なのです。

大変なもの、労力のいるものとわかっているなら
農薬をまいて、いやそれよりもアスファルト敷にすればいいものを・・・

わざわざ毎年、草を刈って、土を耕して・・・

「理」だけで考えれば、結構無駄なことをしているわけです。

苗を植え、その後を世話をするというのは
理屈抜きの「情」がなければできないことです。

しかし、これこそ人間の人間たるゆえん・・・


現在の憲法第9条を「情」を優先したものと評したのは
令和」の考案者とされる中西進さん・・・

昨日の講演会が話題になっています。
令和考案の中西氏、安倍首相チクリ「十七条憲法尊重を」

ここでも何度も取り上げているが、彼はかつて言った。

世界情勢を見れば、9条を変えるべき・・・これが「理」。
しかし、二度と戦争をしないという「情」を優先した国は日本だけだと・・・

憲法第9条の改憲派の理由の一つに
アメリカに押し付けられたものだから・・・というものがある。

ところが最近これはどうも怪しい説になりつつある・・・

国会図書館の資料から・・・戦後二人目の首相、
幣原(しではら)喜重郎(1872~1951年)の証言が残っている。

「・・・憲法は押しつけられた、という形をとった訳であるが、
当時の実情としてそういう形でなかったら、
実際に出来ることではなかった。
そこで僕は、マッカーサーに進言し、
命令として出してもらうように決心したのだが・・・」

「第九条の永久的な規定ということには、彼も驚いていたようであった。
僕としても、軍人である彼が、直ぐには賛成しまいと思ったので、
その意味のことを初めに言ったが、

賢明な元帥は、最後には非常に理解して、感激した面持ちで、
僕に握手した程であった。

元帥が躊躇した大きな理由は、アメリカの侵略に対する将来の考慮と、
共産主義者に対する影響の二点であった。それについて僕は言った。

日米親善は、必ずしも軍事一体化ではない。
日本がアメリカの尖兵となることが、果たしてアメリカのためであろうか。
原子爆弾は、やがて他国にも波及するだろう。

次の戦争は、想像に絶する。世界は亡びるかも知れない。
世界が亡びれば、アメリカも亡びる。

問題は今や、アメリカでもロシアでも日本でもない。
問題は世界である。いかにして、世界の運命を切り拓くかである。
日本がアメリカと全く同じものになったら、誰が世界の運命を切り拓くか。

好むと好まざるにかかわらず、世界は、一つの世界に向って進む外はない。
来るべき戦争の終着駅は、破滅的悲劇でしかないからである。
その悲劇を救う唯一の手段は軍縮であるが、

ほとんど不可能とも言うべき軍縮を可能にする突破口は、
自発的戦争放棄国の出現を期待する以外にないであろう。

同時に、そのような戦争放棄国の出現も、また空想に近いが、
幸か不幸か、日本は今、その役割を果たしうる位置にある。

歴史の偶然は、日本に、世界史的任務を受けもつ機会を与えたのである。」

幣原は、憲法第9条の理念を形にするために
「アメリカから命令された形」を取ったのだ。

それはまるで、中西進さんが今回の元号を

「元号は中西進という世俗の人間が決めるようなものではなく、
天の声で決まるもの。考案者なんているはずがない」

そう談話したという。

人類の理想という形を叶えるために
あえて「個」や「我」を消す形をとったのとよく似ている。


また先日、こんなニュースも流れた・・・

幣原(しではら)首相が、在任中、
憲法9条への思い入れを託したとみられる
漢詩の掛け軸が見つかったらしい。

ずっと行方不明だった掛け軸が
いまこのタイミングで現れる不思議・・・

憲法9条 意義、漢詩に託す 幣原元首相の掛け軸発見 草案時期にしたためる

その漢詩がこうだ。

長 城   汪 遵
 
秦 長城を 築いて 鉄牢に 比す
蕃戎 敢えて 臨洮に 逼らず
焉くんぞ 知らん 万里 連雲の 勢
及ばず 堯階 三尺の 高きに

意味は、
秦の始皇帝が築きあげた万里の長城は、
鉄の牢獄に比べるほど堅かった。そのため
辺境の匈奴族も、臨洮には近づかなかった。
だが、万里も連なって、雲に接するほどの
勢いの長城も、あの聖王尭の宮殿の階段の
三尺の高さに及ばないとは、誰が知ろう。

つまり、軍需拡大した秦の始皇帝のやり方でなく
粗末な土の階段で平和を叶えた聖王尭のやり方をまねよう・・・

※聖王尭・・・中国,古代伝説中の帝王。
優れた見識と徳によって人びとを導き,諸国を平和へと導いた。

そういう概意である。



せまりくる「理」の中で、「情」は不要なのか
また、そもそも、世に言われる「理」は本当に事実なのか・・・

地球の半分を我が物にしようとしている国があるなら
それを超える「情」や「理」はないのか・・・

そういうことをしっかりと吟味しながら
令和のスタートを切らなければいけないと思う。

枯れていく竹は、
わたしたちにそう投げかけてるような気がする。


ブログパーツ



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 憲法第九条 中西進 令和 幣原喜重郎

令和誕生④・・・令和ええじゃないか

令和に変わる午前零時に
各地ではお祭り騒ぎだったようです。

「令和元年」到来、祝福ムード カウントダウン歓声
郡上八幡 令和徹夜踊り

まるで、幕末に起きた「ええじゃないか」みたいです。
日本の今の閉塞感をだれもがきっと感じているからでしょう。

令和が、それを打ち破る時代になってほしい・・・
そういう庶民の願いが爆発していると思います。



わたしは見えない世界を当たり前に生活しています。

寺社を囲む自然に神を見ますし、
そこに流れる厳かな空気も大好きです。

天皇の仕事に敬意を表しますし、
元号が改められて、いい時代が来ることを心から願います。

そして、こういったええじゃないか的なお祭り騒ぎは
個人的に大好きです。


ただ・・・
ただ、それらすべてを関連付けてあがめることはしません。

なぜか・・・

それをつなげると、
政治的・教育的・経済的に利用される隙が生まれるからです。

歴史的に見て、その隙の例は、枚挙にいとまありません。

近くは、国家神道・・・
明治に国家神道がうまれ、第二次世界大戦終了まで
国民は一つの道に導かれた歴史があります。

国家神道が生まれる前は
自然神、神仏習合、ごちゃまぜの神様、八百万の神・・・

沖浦さんは言います。
「日本人」はどこから来たのか

私たちの言う「日本人」とは、
いくつかの異なる系譜をもった民族集団が、
複雑にからみあい混じりあっており、
決して「日本人」というひとつの系譜にはまとめられない。
同様に、日本文化といわれるものも、
渡来してきた民族集団がそれぞれ持ち込んだものが混じり合い、
あるいは日本の風土に合わせて変化してきたものなのです。

日本という概念も
日本人という概念も
日本文化という概念も
ひとつにまとめ上げれるものではない・・・

私もそう思います。
古代日本のアイデンティティ

なぜ、私がこのことを強調したいかというと、
ことさらに「日本人」の優秀さを強調したり、
「日本人」としてどうあるべきかという精神論、教育論を
国民に押しつけようとする風潮が根強くあるからです。
これだけ情報にあふれた社会でありながら、
「日本人」がどうやって形づくられてきたかは驚くほど知られていません。
私たちはまず、私たち一人ひとりのルーツは
多様であるという事実を知る必要があります。


沖浦さんのこのレポートを
私は何度ものっけますが、
それは、これを理解しないと、
例えば、神社に憲法改正の署名用紙や旗がたなびくことに
違和感が生まれないからです。

いつの時代も、巨大で、力ある団体、
イデオロギーに認定された「神」が利用され
その国や民を一定の方向へとかりたててきた歴史があります。

それは日本だけではありません。
どんな宗教・国でもありうることなのです。

もう何度も歴史が証明してきています。


日本政治は、政教分離という原則があります。

しかし、いまや「日本会議」をはじめ関連諸団体によって
その原則は反故になっています。
日本会議

その事実を冷静に見ながら
私は令和をお祝いしたいですし
いい時代になるよう一人の庶民として祈りたいと思います。


ちなみに令和のカウントダウンは、
昭和の名残が残るあるスナックで迎えました(笑)

庶民が笑い、歌いあう昭和が飛び交う
本当に懐かしいお店でした。


あたらしい時代が幸せになるようにと願う庶民の思いが
政治や教育や経済に利用されるのはもう勘弁してほしい昭和人です。

古賀茂明「安倍総理に言いたい。『天皇陛下の政治利用は止めてくれ!』」

田原総一朗×古賀茂明「安倍首相は天皇陛下で人気取り」政治利用に苦言






ブログパーツ






theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 昭和 スナック ええじゃないか 令和

令和誕生③・・・散歩、ときどき赤ちょうちん

昨日はかねてより歩破(ほは)したかった
自宅から津駅前の蕎麦屋さんまで歩いて行って
そこで「一杯」・・・というコースを楽しんだ。

橋

なんせそこは14:00~17:00は
アルコールが半額なので(笑)
お財布に優しい赤ちょうちんだ。

今年は歩け歩け元年を意識しているからか
中々順調に経験を積んでいる。

先日も名古屋駅から大須観音まで歩いた。

何十年かぶりに歩く名古屋の街は、
かわらず消費的刺激と緑が多い街だった。

幼いころの買い物は、岐阜に近かったせいもあって
そちらを利用したが、名古屋の街は本当に久しぶりに歩いた。

田舎だろうが都会だろうが、
歩いていないと気がつかない小さな路地が必ずある。

その路地には確実に人の営みがひっそりと守られていて
その気配を垣間見るのがわたしは好きだ。

田舎と都会を比べて云々という人もいるが
そんなことは全くのナンセンス・・・

どこにだって いのちの営みはある。
そう、いつでもどこでも住めば都なのだ。


さて、一日一万歩がいいとよく言われるが
その是非はよくわからない。

私自身の体調に合わせて・・・と
こだわらないことにしているが
それでも一万歩を超えると何やら達成感があるから不思議だ。

一時間ほど歩いて蕎麦屋に到着・・・
16:45頃ついて無事半額に間に合った(笑)

一万歩は行かなかったが
5月の風薫は本当に気持ちよかった。

ご褒美に、もちろんビールをいただく・・・

車、バイク、自転車、徒歩・・・
使う交通手段によって、見る風景は違う。

目線、目の動線が違うのだ。

特に、車と徒歩は雲泥の違いである。

最近の子どもは、目が動かなくなったと先日の講習会で聴いた。

スマホやゲーム機の一点だけを見つめることが多いからだ。
目の動きが貧困になると、気づく力が衰える・・・

距離だけ見れば、松尾芭蕉の時代より、
現代の人は何百倍も移動しているという。

なのに芭蕉のような句や文が書けないのが現代人・・・

それは気づく力が退化しているからといえるかもしれない。


うまれた時から、車があって、スマホがあって、ゲーム機があって・・・
スマホでさえも、現在11歳以上はすべて生まれた時からあるらしい。
これからどんどん低年齢化して、必ず0歳となる。

幼稚園や保育園・小学校で歩きの遠足をよく見るが、
行列を作って、目的地へとわき目もふらず歩いていく姿は実にもったいない。

安全のことを考えてだろうが、
道草をして目を動かすこと・・・
それも大事なような気がする。


歩いているとなるほどと思うことがある。
それは、人が物事をとらえるのは
大いにスピードに影響しているということだ。

話すスピード
間の取り方
動作の緩急
目線の動かし方

そういったもので人の印象が変わってしまうのは
からだが好むスピードというものが人によって違うからなんだろうなー

スピードを得たわれわれは、何を得て何を失ったのか・・・

そんなことを考えながら帰りは、電車と歩き・・・
・・・ほろ酔いで帰途についたのでした・・・

ブログパーツ








theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : スピード 散歩 赤ちょうちん

令和誕生②・・・令和育て、自分育て

令和の時代・・・自分軸が大切だといいました。

20190502 海

とても矛盾したことを書きますが、
軸が建てられない人は、
人と自分を比べていない人だと思います。

徹底的に比べて比べて、
それをあきらめた人に
初めて自分軸というものが浮き上がります。

軸は、建てるものではなく
浮き上がるものです。

それを個性という人もいますが、
わたしにとっては少しニュアンスが違います。

人と比べて、自分にはないもの・・・消去
人と比べて、ほぼ同じようにあるもの・・・消去
人と比べて、一部自分にもあるもの・・・消去
人と比べて、ほぼほぼ自分だけにしかないもの・・・残す
人と比べて、自分にしかないと思えるもの・・・残す

そうやってそうやって消去しつくして
残りカスのように残ったものが個性です(笑)

特別なもの=個性
ではなく、残りかす=個性なのです。

心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず
自分の思うがままに行なっても、正道から外れない。

これが令和の時代です。

白の中の白が光る・・・
黒の中の黒が光る・・・

そういうイメージです。

一見みんなと同じ色なのに
その残りかすが光っている・・・

そんな感じです。


だからひょっとすると
消したくて消したくて、
それでも消せない苦しいものが個性だったりします。
(その場合その苦しいものを新しく上書き保存しなおさないといけませんが。)

また、自慢できるようで、自慢できないものが個性です。

それがわかるための平成30年間だったのです。

平成は、ある意味わざわざ目立たないと目立てない時代でした。
だからネットやSNSが進歩したのです。
だから著作権も声高に言われました。

令和は変わっていきます。

表現してないのに表現されている・・・
目立っていないのに目立っている・・・
著作権なんてわざわざ言わなくてもいい時代・・・

そういう時代です。

個性は残りカス・・・

そういう謙虚さと中庸さの時代です。

「私は、○○の生まれ変わり」
「私は、○○の血筋」
「私は、○○とつながれる存在」
「私は、○○とご縁がある」

しかも、それっぽい場所に行って
付加価値までつけて見せびらかす・・・

そういう、エセスピ系はいらなくなります。

自分を美化し、見せびらかす時代は終わり
それに付いて(憑いて)いく時代も終わりです。

昨日の「辞書に使われる」・・・これをやめるのと同じで
「目に見えない存在に使われている」ことに気が付き、
本当の自分軸時代を見つける人が増えてきます。

わたしたちの個性は残りかす・・・

それを好きになれると上書き保存できますし、
好きになれなければ下書き保存されて、劣等感になります。

平成は、この上書き保存で優越感の罠にはまってしまう人が多かったです。
そういう人は、さりげなく(けどバレバレの)自慢・見せびらかしの世界をつくっています。

しかし、残りカスとわかっている人は
とても中庸な穏やかな境地になるのです。

英語で言えば、「proud」 でも 「boast」 でも 「brag」でもなく
「being」に近い性質になります。

足りないわけでもなく、余っているわけでもなく
ちょうどいい感じ=調和になるのです。

「何かに似ている」と言うのも
「何かと違う」と拒むことも
「何かとつながっている」とほくそ笑むことも
すべて、劣等感から来ています。

実は、皮肉なことに、それが
強烈に人と比べている証拠になってしまっている・・・

だから、必死に埋めようとして見せびらかしになる・・・
もう苦しいでしょう・・・

令和に時代は、もうそれは必要ないし
通用しなくなってきます。


人と比べないというのは
ある自分軸を持つことで初めてできることですが
自分軸がない人が「比べない」と言われてもピンとこないのです。

どうしても比べてしまうのです。

でも、それでいいのです。

比べて比べてそして、もう比べることに飽きない限り
この「比べる」というのをしてしまうのが人間です。

比べた結果
あの人にはあるけど、自分にはない
あの人はできるけど、私はできない

・・・じゃあ、自分って何だ!?

というところにたどり着くのです。


比べて落ち込んでいるときは
その足りないところを必死で自分で埋めようとしたり
人に頼って埋めてもらおうとします。

そのどちらも無理だとわかった時に
はじめて・・・自分ってなんだ!?と考え始めます。


「心の欲する所に従えども矩を踰えず」

自分の思うがままに行なっても、正道から外れない。


一気にはきませんが、
そういう時代の始まりです。

令和は、万葉集から取ったといいます。
その万葉集には「詠み人知らず」の歌が多いのです。

令和はそういう時代です。

「詠み人」になろうと力まない時代・・・
「詠み人」が誰であろうが、心動かされる時代・・・
発信という場を奪い合わない時代・・・

そういうことです。

我れのみや かく恋すらむ  
かきつはた 丹つらふ妹は  いかにかあるらむ
詠み人知らず

こんな風に恋をしているのは私だけなのでしょうか。
かきつばたのようなきれいなあの娘はどうなのでしょうか。



「詠み人知らず」・・・なんとすがすがしい立ち位置でしょうか・・・

そういう自分軸にそだてるのが「令和」という時代です。

カキツバタ
カキツバタの花言葉「幸運は必ず来る」



ブログパーツ



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 自分軸 カキツバタ 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず

プロフィール

sora

Author:sora
個人塾と毎週木曜日しか営業しないCafeのオーナー。教員、家庭教師、サラリーマン塾人を経て独立。教える生業36年。Cafe12年目。Cafeでは、オープンからずっとよろず相談業(菩薩行)を継続中。数年前からは、お店や出張でタロットアシャイング(タロット占い)も加わる。塾でもCafeでも、皆さんに「人生大丈夫!」を伝え続けている。

●YouTubeチャンネル「OK!soraさん」 AddCafe Sora

バナーを作成

スポンサーリンク

  

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

コロナ  令和 大西つねき マスク 親育 20代 緊急事態条項 YouTube 自立 MMT お金 読書 幸田露伴 意識 南海トラフ 教育 自民党憲法改正案  言霊 10代 選挙 参院選 特別会計 YouTuber 希望 自民党 自粛 山形 味噌 深意 茶番 ゴミ 民間試験 人生 年金 ニュータイプ 裸の王様 犬山祭 中西進 人工災害 漢字 勉強法 十二国記 財務省 高校生 原発 柳ケ瀬 5G 憲法 卒業生 安倍政権 五十肩 ホ・ジュン コロナ茶番 支援 ボンボン時計 ウイルス 三種の神器 苦しみ 怒り 桜を見る会 奇跡 転職 自民改憲4項目 トランプ 毎日 不合格 神様 合格 コロナ対策 待つ 就職 BI 新元号 マッチポンプ  光透波 消費税不要 国債 肉体 消毒 リテラシー   精神 恐れ 悩み 樹下石上 明日は我が身 哲学 家電 灯油 SNS 居酒屋 PC マドモアゼル・愛 OK!soraさん 池上彰 自信 ブログ 幣原喜重郎 物理学 りんご 発達凸凹 味噌作り ルーティン バリアフリー AddCafe 新聞記者 抗生物質 人間原理 モチベーション 幸福 教科書 安倍首相 MMT ルネサンス 教育実習 インフルエンザ 自己肯定感 経験 学校 PCR検査 Wi-Fi 生活  職人 一月家 仕事 カンパネルラ  親が絶対に言ってはいけない3つの言葉 朝ドラ 麻生大臣 GPIF タンカー 植福 憲法改正 健康 李氏朝鮮 情報 イタイおもてなし 電磁波 ボタン 情報リテラシー 高校総体予選 熊野 実験 高血圧 令和ピボット 種子法 社会保障 国策=無策 安部芳裕 無財の七施 ぽっこりお腹  三点倒立 財政破綻しません 女王の教室 男女 昭和歌謡 Amazonプライム 現代貨幣理論 日本人減少 白川静 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず カキツバタ 自分軸 竹の花 スピード 赤ちょうちん 憲法第九条 ええじゃないか スナック かんさい情報ネットten. 剣璽(けんじ)等承継の儀 Monetary MMT(Modern 地震雲 痛み Theory=現代貨幣理論) 私立Z学園の憂鬱 名実 小泉進次郎 ビワの種の粉末 後の祭り 税不要 鴻上尚史 7RULES(ルールズ) 湾岸戦争 ゲーム脳 がんばる 10年 銀行 経済 お金のブロック!? チンドン屋 歯車 履歴書 グッズ リニアいらない 休み カーテン 八戸 番丁庵 八甲田山 宿 十和田湖 立石寺 荒了寛 カーソン レイチェル 反抗期 異常震域 ステファニー・ケルトン 和而不同(わじふどう) 未来を信ずる歌 エアコン 最高気温 沈黙の夏 沈黙の春 オセロ 始める自由とやめる自由 遮光カーテン アゴダ 水やり当番  粘着ゴムパット  死の海 遠野物語 18歳成人 コップの淵 無断キャンセル ブログ引っ越し 家事 ピープル・ウイズ・スペシャルニーズ インフルエンサー 岩手  加茂水族館 クラゲ 鶴岡 食事 新潟 十力の金剛石 宮沢賢治童話村 北前船 酒縁しょう栄 日本酒  ドン・ガバチョ アジアの片隅で ファシズムの初期症候 沖縄 スマホ 宙船 イラン 少女 自民党改憲案 翻訳 英語教育 平成最後 ミスチル 2019参院選 ホルムズ湾 すずめ 無茶苦茶劇場 #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 金融庁 2000万円足りません 華麗なる両班たち 自作自演 メモ 花言葉 紫陽花 平均 ほんもの 忖度 内閣人事局 御輿を担ぐ 安倍首相総括 1分で分かる政党の選び方 検証 与党の嘘 民主党時代 望月記者 NO安倍政権 吉田拓郎 安倍政権NO 特高 公明党マンガ 門番 性分 憲法改正案 加計問題 自助 人権 映画「新聞記者」 前川喜平 鈴鹿講演会 乙女座 暴走する圧迫感 あきれる政治 野党共闘 バベルの塔 継体天皇 RAS インプット ことわざ スマートグリッド 色霊 オフグリッド アウトプット 通販生活 息抜き 火と食 9条球場 アンフェア 国民投票 合格おみくじ 矢部宏治 知ることは防御なり 熊本 悠陽に 辻占 希望の種 しいたけ占い 初日の出  知ってはいけない隠された日本の支配構造 米軍基地 還暦 60年 日記 同じ釜の飯 くまモン 第三の石油  データ 偏差値 名前 15歳 モーニング 望聞問切  三寒四温 化粧 授かりもの 土鍋 私は貝になりたい 厚生労働省の毎月勤労統計調査 平成さん 失意が前提の喜劇 平成くん みかづき  掲示板 大寒 ハケン占い師アタル 遊川和彦 面接  再生可能エネルギー発電促進賦課金 謹賀新年 2019 そばきり萬屋助六 関市 卒業生男子 救世観音 聖徳太子 法隆寺 ガソリン 大難が小難 わたしはわたし 開き直り  山添 小難が無難 鄭和 ピアス セラピー的な社会 飯島秀行 屋上屋 消費税増税の政府対策 明治維新 フリーエネルギー 栄楽 邪気   ファイブヒーリング AddCafe俱楽部 デジタルハリウッド大学 心臓 Thank you LINE早押し選手権 石垣りん 分福 #MeToo 2018 2018年ボーナス 日本が売られる 2018漢字 ワーキングプア TPP11 大本営発表 惜福 母の自叙伝 杉焼き料理 内申 狩猟民族 ストーブ 元気 ねほりんぱほりん 井戸 本の要約 flier 修学の四標的 脳の汎化作用 一芸は道に通ずる 利休百首 猫パンチ 普遍の法 せいで カフカ 絶望名言 でんがく ケムトレイル おかげ 六角形 ~のせいで 淡墨桜 ~のおかげ 籠目 六芒星 からくり 桃源郷 花見 古代史 一之坪公園 コンクリート住宅は9年早死にする 木造 WOODJOB 古代日本 安心安全 REIWA 清明 形霊 音霊 14 東田直樹 スベクヒャン  空き家 ぼっち おひとりさま ゆとり教育 詰め込み教育 空き地 合理的配慮 不寛容 大須観音 発達凸凹変換 発達障害コミュニケーション初級指導者検定 看板 デジタル 千代の富士 虎屋 若松屋 和菓子  手白香皇女 天平庵 東京大学 二十四節気 大相撲  スピーチ 上野千鶴子  恥と罪 人事を尽くして天命を待つ 辺野古 心技体 心から光る人間 運鈍根 若いときの苦労は買ってでもせよ 署名 冬と春の間 DL法拡大 です、ます調とだ、である調 当事者研究 天は自ら助くる者を助く 発達凸凹かも!? 古い教育 組織 発達凸凹グレーゾーン 挑戦 愛情障害 他山の石 オランダの教育 農薬 妻問い婚 神代文字 ハングル文字 高温 三重県 ファーストペンギン 田中角栄 白河の清きに魚もすみかねて 哲人 三橋貴明 イチロー 春分 医療利権 余白 詐欺 日本の賃金 信念 熊本地震改ざん 信頼 桜前線 貧困 風邪 根本大臣不信任決議案趣旨弁明 志村ふくみ 土岐 3.11 石井紘基 もとの濁りの田沼こひしき 核融合科学研究所 年金機構 NHK 地震データ改竄 小川淳也 あみま俱楽部 炎上 恩赦 鉄則 恐怖 ラジオ オフ オン 特別会計の闇 つながり 山中教授 家賃 課税対象 未来 日本コロナ対策世界最下位 Zoom 税の役割 9月入学制 自粛延期は必要か? 日月神示 アルコール消毒 五六七(ミロク) 向き不向き 脳の刈り込み 経皮毒 スペイン ワクチン利権 GW 太陽光 創造 神との対話 道祖神 免疫力 のむシリカ 日田天領水 増税論 支持率 サイン 実効再生産数 人生100年時代  コントロール 日の出 output input 効用 懐かしい人 能動的不通勤 動機エネルギー 外出 自衛 B細胞 T細胞 古大人 頼れる力 スクールライフバランス 能動的不登校 tomorrow jam 鏡の国のアリス シン・二ホン 未来問 不安 スペイン風邪 T桜 学校の意義 因縁 問い 人類の希望 とこわか国体 現金支給 優性思想 コロナ禍 現金給付見送り サッカー 下七代 上七代 ソーシャルレンディング しがらみ コロナ休校 比べる  人生100年時代 行動 幸せ因子 メタ認知 環境 遺伝 趣味 免疫力UP びわ茶 免疫 霊的存在 細胞 先輩  過去問 官僚 給付 不都合な真実 ロックダウン イギリス スウェーデン お金の仕組み 衣食住 まさかの時の友 あなた ワンワールド エール 医療機関従事者 オーブ お金のない国 サイコロ法 人類が本当に必要とするもの 人生の岐路 志望校 選択 海岸 0(ゼロ)という立ち位置 新潟県燕市 教育長 月のサイクル 月星座 欠損 占星術 発言 太陽 かぐや姫 びわエキス 言葉力 最後にその両方を失う 安全を得るために自由を放棄する者は、 霊性 無料 相談者は、下心を隠してはいけない 土地 手帳  醤油 反マスク YouTube  りんどう 修学旅行 清流  勝てば官軍 お互い様 マドモアゼル愛 居場所 月の欠損 クリシュナムルティ 闘い 吐露 逃げる リンドウ 土星  半沢直樹 身体のサイン 努力 感覚 子宮頸がんワクチン 出る杭は打たれる 起承転結 火地風水 お陰さまで 突き抜ける カオス ベスト10 支配 万物流転 運気 始末 日本が肩代わり ファイザー 自問自答 Xeno 自然学 今西錦司 豆腐工房まめや 拡張 カードゲーム 意識レベル 高炭酸ガス血症 マスク不要 感情 蒸気 高齢者スマホ 長野 同調圧力  一歩出る 緩和 人生の目的 再開 頭を垂れよ just/do/right 埴輪 サイレントボイス 未来創造 テロップ Vrew 松果体 無思考という名の認知症 逆向き  二極化 昭和人 政治 超古大人 大橋眞さん むら 集い 褒める 親子関係 デンバー空港 れいわ 抽出 護美箱 早期完了 Himalaya 音声 ソーシャルディスタンス 心理学者マーシャ ブログの書き方 やり切り感 自己決定感 タブレット 傍観者 観察者 ひとり旅  南海トラフ80%の内幕 お金がない世界 大西つねき×長島龍人 お金のいらない国のつくりかた 日本人はどこから来たのか 長島龍人 石垣のり子 サクラ(オトリ) 安保徹 マトリックス マクガパンレポート 針のじいちゃん 日米FTA 山の民 海の民 Waves 針治療 the Beyond えこひいき 北風 空虚 大学入試改革 じいちゃん 教育改革 キリスト教 田毎 信楽 広島カープ 戦う人 先生 政府の嘘 日本の貧困化 温暖化 生活保護者 世間知らず 黒野さん 監視社会  ブラボータキガワ 山口屋 伊勢神宮外宮➡外宮前参道 地球温暖化!? 眼鏡 ファクトチェック 毒素 さつまいも 生姜 野菜スープ いのちの歌 お金がいらない国 冷水痛 対話とあそび 数字 内閣支持率 会釈 地震 ごんぎつね 遠甫 熊谷晋一郎 自分の心を育てる 清秀 陽子 伏礼を廃す おかげさまおたがいさま Cafe さかさま 関電 ワイヤレスキーボード 故障 剪定 初勅 千葉First 内閣改造 中田敦彦 災害 日本は破綻しません IMF ASD(自閉症スペクトラム) お金のシステム おかげさまで 台風15号 自分流 離婚 結婚 抗菌 凸凹 誠実 謙遜 正直 人災 Kindleアプリ スクラップ&ビルト 筆算定規問題 薬膳料理 十一面観音 大願寺 宇陀 地震利権 台風19号 責任 みずがめ座 山田正彦 矯正展 ふるさと 伴走 New GMO 備え たいわけんぽう 忙しい 俵万智 サラダ記念日 リコール 60番 信楽焼 ベビーカー 大学なんていかなくていい 奨学金 塾卒業 発達障害グレーゾーン 生きること死ぬこと 汎化作用 陽一 検察庁 大櫛 健康診断 ユダヤ人 アドラー心理学 勉強しなさい 思春期 ガラケーとガラ学 太陽になれ 心の置き所 苦しみから脱却する方法 幸せになってもいいでしょうか? Brain 新型ウイルス 気づく力 ホリスティック マズローの5段階欲求 プラットフォーム 定年 延長 休校 上位の学校 新型コロナウイルス 世界観 本要約チャンネル 薬局 トイレットペーパー 鳥を捕る人 青年家庭教師 死に切る練習 死生観 ティッシュペーパー 本の要約サイト 集中力 火事場泥棒 無責任国家 知的謙遜 いやな人と付き合うな 言い訳 効果的 主従関係 当事者意識 共感力 母と子 生きる 家庭 ホスピタリティ 振り子 六龍が飛ぶ 紅白歌合戦 中学生 不登校 大学恩師 安倍首相批判 小中高校生 学校保護宣言 Happens Before 「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-Wha 陳情 働き方 大掃除 テスト 安倍氏麻生氏のつながり  日本会議 明治時代 アベノミクスの大罪 ミスリード 「我が仏、隣の宝、婿舅、天下の軍、人の善悪」 消費税廃止 マレーシア 広瀬隆 私物国家 ネットで買い物 War?- 中村哲 若者 ガーデニング 本物 移動 10代にしておく大切なこと  言葉集め 得体のしれない不安や恐怖 好き嫌い 金利 大学っていりますか 寺山修司 ひとり ボケの効用 フィンランド ジェンダー・ギャップ指数 安倍内閣総理大臣令和2年年頭所感ダメだし 教養 国際貢献 「憲法改正の主役は、あなたです。」 第9条 長寿 貞照寺 葉隠 見返り 改憲 自閉症 

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

最新記事

リンク

   

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる