父の遺言③

わたしが覚えている限り
はじめて自分で何かをこさえた(つくった)!と記憶にあるのは
その辺にあった木の端材でつくったブルドーザーだった。

特に重機がすきというわけではなかったが
端材をさわっているうちに
これはブルドーザーになるなーと思ったに過ぎなかった。
できばえだって、今もしそこにあれば
なんだこんなものか・・・とがっかりするに違いない。

ただ、作り終えたときの充足感は
今でも心の奥にはっきりと残っている。

人が工夫して何かを作ることは
なんというか・・・
己という存在の肯定につながる
大切な何かであると今でも思う。

父のつけた紳士服のボタンは、
10年取れなかったという。
父のボタン
父のボタン (1)

これは、少なくともいまから40年以上前に父がつけたボタンだ・・・
冬物のコートに付けられたそのボタンは
まったくもって堂々たるつきっぷりで・・・
「10年持つ」を軽く超えて、いまでもとれる気配は微塵にない。

ボタン、糸、布・・・
ひと針ひと針、穴をくぐったであろう針と
父の手の動きを感じさせるそのボタンは
もはや物を超えた畏怖の対象となる。

残された物は
手作業をした主の存在そのもので
父がまさに そこにいるようである。

父の遺言③
なんでも工夫できる
自分でやってみなさい


今年の夏も ソラノモリ体験を行う。
17-08ソラノモリ体験
わたしのやることだから
父の手作業には到底及ばないが
手から生み出されるものは
決して物だけではなく 
あなたたちの存在とその実感であることを
少しでも伝えられればいいなと思う。

今年も暑くなりそうだ・・・
16-09-03-15-06-51-238_deco.jpg



ブログパーツ

スポンサーサイト

父の蓮、咲く・・・

父の形見、蓮の花が咲いた・・・

蓮 月のほほえみ 170706 (11)

前日 つぼみがふっくらと少し開いていた。
蓮の花は、その状態が開花一日目らしい。

蓮 月のほほえみ 170706 (7)

朝の光を浴びて 透けるように やわらかく咲いていた。

蓮 月のほほえみ 170706 (10)

調べると、「月のほほえみ」という白蓮系で一重咲きの蓮らしい・・・

蓮 月のほほえみ 170706 (5)

その日は、まぎれもなく父の月命日だった。
蓮はちゃんと知っている・・・自然とは圧倒的に偉大である。



ブログパーツ



父の遺言②  ~花と鳥~

父は 花と小鳥を愛でる人だった。

そんな父から生前、
何種類かの花の株わけを譲り受けた。
いまでもAddCafeで育てている。

白いカラーの花がそうだ。

今年のカラーは
父を失った悲しみのためか
咲いた花がいつもと比べて少なかった。

Addcafe花2
(今年)

AddCafe花 (1)
(昨年)

そしてもう一つ、蓮の花・・・

AddCafe花

毎年、葉っぱは大きく開くが
花を付けたことはなかった・・・

が、今年 父の無事の成仏を知らせるつもりなのか
初めてつぼみをつけた・・・

AddCafe花たち

小さいのもある。

AddCafe花たち (4)

蓮の花の茎は、
そばの少し太い葉っぱの茎に 
軽くからまりながら 頼りながら 
伸びていくことをはじめて知った。

ひとりでは咲けないのは
人間と同じだ。


父の遺言②
花を愛で、人を愛せよ・・・

AddCafe花たち (5)



ブログパーツ

父の遺言 ~2017年2月 宙結び随想~

2月6日 月曜日・・・

父が亡くなった。

この一ヶ月も いろいろなイベントをさせているが
父はそんなわたしを気遣い
あえて イベントのない月曜日を選んでくれて 逝った。

さすがに その日は 涙をこらえるのに努力がいったが
いまは、少しずつ こころの整理もできて
こうして 父のことをブログに書けるようになった。

父は背広の職人だった。
「テーラー神辺」である。

Studio_20170207_214303.jpg

わたしが 強者より弱者にまなざしが向くのは
父が 巨人ファンではなく 中日ファンだったからだろう。

わき目もふらず、強引に
大枚をはたいて選手を獲得する巨人のやり方を
父は こころから嫌っていた。

そんな父に わたしは似たのだと思う。

みっともないほど 大きな力にまかせ ことをすすめる団体に 
物心ついたときから アンチになっていた。

17-2宙結び (12)

巨人 大鵬 卵焼き・・・

卵焼きは大好きだ。
大鵬のことはよく知らない。
中日×巨人戦のナイターがある夜 
わが家はとてもにぎやかだった。

ソフトボールでキャッチャーをしていたわたしは
父とともに 巨人のバッターをいかに打ち取るか
一球一球 球種とコースを組み立てた。
たいていの場合
父と意見が合ったから不思議だ。

17-2宙結び (17)

いまでも行うイベントが
ささやかで小さくなっていくのは
きっと父のせいだ (父、苦笑)

父の遺言①
小さきものに目をむけよ

17-2宙結び

今月もご参加くださったみなさまがいてくださり
ご来市下さったみなさまがいてくださり
心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

宙結び随想といいながら
父への回想録なってしまいました。
また、遅れましたこと どうぞお許し下さい。

17-2宙結び (1)

よろしければ、来月18日も是非お越し下さいませ。

父、母への想い 縫い裁つ人

ブログパーツ



プロフィール

sorapiyo

Author:sorapiyo
sora&piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログにしてください。

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

最新トラックバック

メールフォーム

「宙結び」「笑市」&各種イベント(結び)ご参加お申込みフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

検索フォーム

                                                                                             

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる