FC2ブログ

令和buzz71・・・20代にしておく大切なこと⑧

20代でしておく大切なこと・・・
①「ひとり旅をせよ」
②「大恋愛をする」
③「遊び、仕事、学びなど経験にお金を遣う」
④「親もひとりの人間であることを認める」
⑤「人とくらべることをやめる」
⑥「余分なしがらみは捨てていく」
⑦「お金を有効利用する方法と知恵を身に付けよう」

さあ、今日は8つ目・・・

「本を読み続け、行動に移す」

10代でも本のことは書いた。
令和buzz18・・・10代でしておく大切なこと⑤

そこでは、主に語彙力を増すために、
そして自問自答する力をつけるために・・・

そう書いた。

20代の読書は、もっと深み&広がりを増す。

これからの自分の人生にとって
指針となるような読書だ。


つまり、自分にとっての名著に出会ってほしい・・・

本の中に出てきた場所や芸術、伝統に
実際に触れるため、直接足を運んでみる・・・

また、本の中に出ている考え方に同意できたら
そのまま実践することも大切だ。

つまり、20代の読書は、
行動に移すための読書ということになる。

読書➡行動

疑問➡読書➡行動


この経験が豊富な大人は
30代40代で本当に差が付く・・・

目の輝き、言葉の重み
ユーモアのセンス・・・

とにかくすべてが違う・・・


お恥ずかしいが、
ひとつ短編小説をあげてみよう。

これは私が若い時、
電気が走った作品だ。

井上靖の「石庭」

この文庫本の中に入っている・・・



「愛」とは何かを真剣に考えたころ
ふと本屋で出会った文庫本だ。

ページにして30ページにも満たないこの「石庭」・・・

実際に京都の竜安寺にも足を運んだ・・・

「この石庭でそう考えたのか・・・」

登場人物の気持ちを反芻(はんすう)しながら
しばし石庭で座り込んでいたのを今も覚えている。


ちなみに学校から読書義務を開放された20代になると
読書の楽しみ方が主に3種類生まれるように思える・・・

①行動(実践)のための読書
②逃避のための読書
③妄想のための読書


①のわかりやすい例は、料理本、旅本だろう・・・
もちろんこれらは読書とは言えないが、
必要に迫られて、もしくはウオント(want)に駆られて読む類だ。

②は、レポートや嫌な仕事などやらなければならぬことがあるが
そこからいったん避難するように気分転換がなされ
架空の話に居心地の良さを見つける読書だ。

③は、行動にはうつさないが、
まるで自分がその登場人物になった気分で
妄想が膨らんでいく読書だ。
なりきり読書と言ってもいいかもしれない。

ちなみにどんなジャンルの本でも
①②③どれにもなりうる。

自己啓発の本を読んでも
③のまま終わってしまう人もいるし、
随筆や小説でも①になる人もいる。


私が今日あげた読書は、①に入る。

もちろん料理や旅本ではなく、

自分にとっていいなと思ったこと、
ためになると思ったことを行動に移す読書だ。

また、怠惰でやらなかったり
心の癖や悪習慣改善など「イタい」ところを突かれても
行動にしてみる読書だ。

読むこと自体が目的である②③ではない読書だ。

もちろん、どの読書タイプでも良いし、
その人の好みでどうにでも読めばいいのだが


20代の読書は、
②③だけの癖がつかないように気を付けた方がいい・・・


繰り返しになるが、
20代の読書は、行動するための読書だ…と書いた。

どうしてそれが大切か・・・

なぜなら、20代は、
自分とは何者なのか?
何をもって人生を充実させたい
と思っているのか?

そういう自分の核を作るための読書だからだ。

20代の読書は、
何が正しいかを知るためにするものではなく
自分が考えたことが正しいと思えるための
心の筋トレに近い。


ぜひそれを覚えておいてほしい・・・




ブログパーツ


[スポンサーリンク]








スポンサーサイト



theme : 読書
genre : 学問・文化・芸術

tag : 20代 読書 行動

令和buzz57・・・年齢とともに読書がしずらくなったあなたへ③

さて今日で最終回。

最後の「年齢とともに読書がしずらくなったあなたへ」

読まずに聞くだけの読書・・・

「ながら」でも本が読めてしまう方法です。

それは、YouTubeの本要約サイトです。

最近特に多くなっています。

しかし、あるYouTuberさんが指摘されていますが
発信側の著作権違反がある場合は
動画を削除されてしまうかもしれないとのこと・・・

ひょっとすると消えてしまかも・・・ですので
今のうちに見た方がいいのかもしれません。

いくつかありますのでリンクを貼っておきます。







こちらも他にもたくさんありますので
アナウンスの声質や
スライドのまとめ方
選ばれている本などで
お好みを見つけるといいと思います。

これは、
何かをしながらでも聞くことができるので
本当に便利です。


私は、実家への往復ドライブは
このチャンネルたちを利用して
学習の時間と決めています。

片道2時間半かかりますので
約5時間をセミナーで儲けている気持ちで
聞き流しています。

往復で何冊もの本を読んだ気分になります。

忙しい方、なかなか本を読めない人にお勧めです。


私たちの人生に読書は本当に重要です。

本を読む人と読まない人では

・理解力
・根拠を持った行動
・知識量
・知覚できる世界観


など、大げさに言えば
埋めようのない差がうまれます。

おそらく読書する人と全くしない人とでは、話をすると
生きている世界が違うと感じるぐらいの差が生まれます。

菩薩行をしていて不思議に思うエピソードがあります。

「お話を聞いてほしいのですが・・・」

そう切り出される方がほとんどですが、

霊視の場合、
「『過去世』をお知りになりたいのですか?」と尋ねると

「過去世(前世)???それって何ですか?」と返ってくる時があります。

では、過去世という範疇は知っていて
別の言葉で把握されているのかと思いきや
過去世そのものの世界観を知らない・・・

大変失礼な物言いになりますが

私からすると、
「過去世」という語彙力がないのに
どうやって自分のカルマ(人生の宿題)に
気づくことができるのでしょうか・・・


と言いたくなります。

人は知っている言語の範囲で生きている
と言っても過言ではありません。

これは、ネットの検索機能と同じで

何かを知りたいと思うとき、
その人の語彙力に差が生まれてしまうのは必然です。

あれだけ携帯を触っている中学生は
本当に検索が苦手です。

検索窓に入れる言葉がわからないので
「どうやって調べるの?」と聞いてくる子もいます。


人生の悩みは、
おおむね語彙力とその解釈の幅広さで解決できます。

本を読み、語彙力を広げ、世界観を広げることは
悩みにおぼれない最強のツールを得ることなのです。

検索に例えてみましょう。

自分の人生にあの四角い検索の窓があるとします。

その検索窓に打てる言葉が少なければ
当然、検索に引っかかってくる範囲も狭められたり、
誤方向の検索結果が出ます。

また、仮に検索できたとしても
語彙力に幅がないと
あまりの情報の多さに的確な取捨選択ができず、
却って迷いを深めることになります。

人生で読書量を増やし、語彙力を高めるメリットは

検索➡実行➡確認➡安心(自信)

という「仮説検証」が的確になることです。

つまり読書は、

語彙力が増し、自分に合った
検索➡実行➡確認➡安心(自信)を選ぶことができ

さらに、他者の多様な生き方を知り、
受け入れる姿勢が生まれるわけです。

自分の中にない語彙と世界観を
人は受け入れられませんから・・・


どうでしょう・・・

ちなみに、一か月に一冊も読まない人は
あるデータでは、47.5%もいらっしゃるそうで・・・

この47.5%同士が、ちょっとした会話や何かの会議など、
意思疎通をしたい場で議論をしたら・・・

ちょっと怖い想像になりますね・・・

互いの持っている語彙力の確認から始めなければなりませんので
これは、大変なことかと思うのです。

人と人との行き違い、仲たがいは
意外にもこの語彙力の違いと差なのかもしれません。



ブログパーツ


[スポンサーリンク]








theme : 読書
genre : 学問・文化・芸術

tag : 読書 本要約チャンネル 世界観

令和buzz56・・・年齢とともに読書がしずらくなったあなたへ②

まずは、ちょっと驚いたうれしいお知らせ・・・

先日、10代でしておく大切なこと
手紙調でYouTubeで上げ続けましたが、

よし!次は、「20代でしておく大切なこと」にしようと思い
参考までにネットで調べてみました。

ああ、いろいろな人がいろいろと言っているんだなと思い
自分と重なることもあれば、意外だなと思うこともあったりで
楽しんでいた矢先・・・

何と下のYouTubeリンクを見たら
自分のチャンネルではありませんか!

10代でしておく大切なこと YouTubeリンク

昨日タブレットで調べてみましたが、
タブレットではこうはいきませんでしたが、
PCではこうなっています。

ちなみに、ちょっと自慢ですが、
タロットアシャイングという言葉も
sora-piyoオリジナルで世界で一つだけの花です(笑)

タロットアシャイング

どちらも検索一ページ目です!

SEO対策も何もしていないのに
何か不思議な気分です。

※SEOとは、サーチエンジンの検索結果の
ページの表示順の上位に
自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。
また、そのための技術やサービス。
Webサイト構築などを手がける事業者の中には、
SEOをメニューに用意しているところもある。



こうやって超自己満足で
自分をほめるときがあってもいいと思います。

どうぞお許しを・・・

さて、昨日の続きです。

「年齢とともに読書がしずらくなったあなたへ」の2回目です。

昨日のやり方は、
それでもがっつり本を読もうという方にお勧めですが、

今日は、もう少し負担を減らして
本の要約サイトについてご紹介します。

こちらです。
本の要約サイトflier
1冊の要約はおよそ4000字程度です。

以前にもこのサイトはご紹介したかと思いますが、

こちらは主にビジネス書で、
HPにはこんな風に案内がございます。

日本では年間8万冊以上、ビジネス書だけでも年6,000冊もの本が新たに発売されています。そんななか、「書店に並ぶ本の数が多すぎて、何を読めば良いか分からない」「立ち読みをしたり、書評を読んだだけでは、どんな内容の本なのか十分につかめない」ということはありませんか?
「本の要約サイトflier フライヤー」は、多忙なビジネスパーソンが本の内容を効率的につかむことで、ビジネスに役立つ知識・教養を身に付け、スキルアップにつなげることができます。具体的には、新規事業のアイデア、営業訪問時のトークネタ、ビジネストレンドや業界情報の把握、リーダーシップ・コーチングなどです。



他にも様々な要約サイトがあります。
BOOK-SMART
SERENDIP(セレンディップ)
bookvineger(ブックビネガー)
bukupe!(ブクぺ)

これらサイトは、ビジネス書や自己啓発系、教育系
テクノロジー系、文化経済系などが主ですので

小説を好まれる方には少し物足りないと思います。


他にもようやくサイトがあるかもしれませんが、

私がいつも活用しているflierは
月額500円程度でいま旬の本を大急ぎで読めるのは
欠点より圧倒的に利点が多いと思います。

大学のレポート作成や
TV・新聞に頼らない時事情報を手に入れるには
本当に便利なサイトです。

よかったらお試しください。



ブログパーツ


[スポンサーリンク]






theme : 読書
genre : 学問・文化・芸術

tag : 読書 本の要約サイト

令和buzz55・・・年齢とともに読書がしずらくなったあなたへ①

年をとると目が疲れて・・・

そう言って本が好きな人でも
なかなか一冊を読破!

ましてやその内容を覚えているなど
至難の業となりがちの人も多いと思います。

若いころのあの集中力はどこへ(笑)
私も思うときがあります。

今日からそんな人のために
少しでも役立つ情報をお伝えできればと

「年齢とともに読書がしずらくなったあなたへ」
書いていこうと思います。

読書はなぜ大切か?

それはもう言わずもがなでしょうが、

なんと、健康寿命には
「運動よりも食事よりも読書が大事」という
AIの分析結果があります。
なぜ、山梨県は「長寿」なのか?AIの分析でわかった衝撃の理由

ということで私は
やはり読書は一生続けたいなと再認識しています。


本の読み方には、
個人個人様々ありますが、

実は、関連のある
複数の本を同時に読み進める方が
モチベーションをキープし
内容も頭に入りやすく
記憶にも残りやすい
という実験結果があります。

いいことづくめのこの方法は、
「ランダム学習」と言います。

別名を「インターリーブ」とも言います。

読書中や学習中に関連性はあるが
違う何かを混ぜるという意味です。

このちょっとした違いが脳を刺激し
モチベーションを保ち続け
記憶にもとどめやすいのでしょう。

これは、関連のある内容を
別の角度で同時に学んでいくというやり方です。

複数の本を同時進行で読み進めると、意外に読書が捗る

たとえば、「アドラー心理学」を学びたいとします。

まずはAmazonでアドラー心理学と検索をかけるのです。

すると、様々な本が出てきますが
同じ内容で、作者の違う本を選びます。









てな感じです。

ちなみに最後の猫の本・・・

動物は、触ると癒しの効果抜群ですが、
写真だけでもかなりの癒し効果があります。


猫派にはたまらないい一冊でしょうね。

まずはこうやって同時進行で
3冊同時読みから始めてみるといいと思います。


しかし、ここで注意点があります。

じゃあ なんでも同時進行がいいのかというので
マルチタスクにすると
それは結果が真反対
になります。

つまり、集中力や記憶力の
パフォーマンス低下が確認
されています。

どうやら、何でもランダムがいいわけではなく
関連のあるちょっと違う内容を
ランダムにするといい
のだろうということです。

いつも読書に根気が保てない人はどうでしょう・・・

一気に3冊!

試す価値がありそうです。

ちなみに、Amazonプライム(月額500円)に入ると
最後の猫の本はkindleで無料で読めます。

断捨離中とか
本はかさばるからという方は
プライム×kindleで同時複数読書もいいかもしれません。

なんにせよ、便利すぎてホントすごい時代です。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]








theme : 読書
genre : 学問・文化・芸術

tag : 読書 集中力 モチベーション

令和buzz18・・・10代でしておく大切なこと⑤

10代でしておく大切なこと・・・

①ひとりぼっちを体験しておくこと
②自分のからだを移動させる
③本物に触れる
④土のある生活をする

今日は、5回目です。

10代でしておく大切なこと・・・⑤

「本を読む。言葉を集める。」
です。


これはもう、きっとだれも異論はないと思います。

ネット、SNSの時代でもこれは変わりません。
しかも10代となると、言わずもがなです。

ちなみに、ネットやSNSの言葉と本の言葉は
重なるところもあれば、雲泥の差もあるので
そこのところはまた機会があれば記事にしたいと思います。


私たちが一生の間で出会える人はきっと有限でしょう。

しかし、その有限さをカバーするのが本です。

本を読むことで、出会いの疑似体験をします。

作者や登場人物の中には実に様々、
信じられない人がたくさんいます。

やっぱりそうかーと模範解答をいただくこともあります。


本を読むことで、その人たちとの疑似会話が始まります。

そんな考えがあるんだ・・・
自分は違う!
こんな人になりたいな・・・
この人は好きだけど
この人は肌に合わないな…

生の人間と会うことはとても大切ですが、

一方、面と向かってはっきりとものを言えないときもあるので
実際のお付き合いは大変です・・・

でも、本の中であれば、
そんな賛否両論の意見交換が、
心の中でズバズバ言えます。

ちなみに読む本のジャンルは何でもいいと思います。

小説が肌に合う人もいれば
自己啓発タイプが合う人もいるでしょう・・・
なんでもいいです。

そして、読書には
もう一つ大切な効果があります。

それは語彙力が増すことです。

語彙力が増すとなぜいいのか・・・

それは、自問自答の質が高まり
思考が深まる
ということです。

うちの生徒たちで、

「先生、私、語彙力が増したってお母さんに言われたよ」
「作文いて、自分でも語彙力増したと思うわ・・・」
「擬音語、擬態語が減って、お母さんと会話になってきた」

こういった生徒がたくさんいます。

一番最後はちょっと笑えました。

いつも 擬音語で話していたのか(笑)・・・と。


こういった現象は、私との会話をとおして
作文をき、添削をされ、清をしたときに起きます。

作文と会話を通して
語彙力が増し、思考を深めることができ、
再び客観的にその文を読んでいるからです。


ここで10代にやってほしい読書があります。

素晴らしい言葉、自分に響いた言葉を
ノートに写しながら読むのです。

一冊読み終えるのにとても時間がかかります。

速読がはやる時代に、何を!?

と思われる方もいるかもしれませんが、
写はりっぱな学習方法です。

作家の浅田次郎さんは、作家を志してから、
文章力をつけるため学ぶために
小説をひたすら書き写したそうです。

また、心理学(認知心理学)では「プライミング効果」というものがあります。

先行して行った作業というのは
知らず知らずに後の自分自身の行動に
影響を与えるというエビデンスです。


このエビデンスのように
初めは全く欠けなかった作文でも
模範的作文を書いて写してもらいます。

写すことで、一行もかけなかった作文が、
一行、また一行と書ける範囲が増えていきます。

そうやって作文のレベルが上がると、
面接の効果が上がったり
日頃の思考が深まっていきます。

そして、再び作文の力が付いてくる・・・
このサイクルで、生徒たちは
螺旋階段を上るように思考力を増していきます。

これは、私自身 長年の経験で立証されています。


つまり、
10代のころの書き写す読書は、思考力を培い、
その後の人生をかなり豊かにする
ということです。

私自身、1980年代に加藤諦三さんの本を
ノートに書き写しながら読んだことを思い出します。

また、この本も言葉を拾いながら読みました。



本当に衝撃的でした。

自分や周りの人間の心を
丸裸にさせられる衝撃でした。

その分、人間とは何か、自分とは何かという
深みの一部が身についた気持ちになりました。


寺山修司は、「書を捨てよ、町へ出よう」と言いましたが、

それは当時、日米安保条約やベトナム戦争をめぐって
学生運動が盛んだった時期なので、
大学で学ぶ学問の力が信じられなくなって時代でもあったのです。

また、それほど当時の若者は、
本を読んでいたことの裏返し
でしょう。


時代も変わりました。

今の若者が、本も読まずに町へ出たら
やれプチ整形だの、やれ一緒に金もうけだの・・・と

ハンドルを失った人工の恍惚感だけを
味わうことになりかねません。


若者よ、

「書を読め、軸を持て、そして青空を歩け」


歯衣なし宣言0119
歯衣なし宣言0119





ブログパーツ














theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 読書 言葉集め 寺山修司

プロフィール

sora

Author:sora
個人塾と毎週木曜日しか営業しないCafeのオーナー。教員、家庭教師、サラリーマン塾人を経て独立。教える生業38年。Cafe14年目。Cafeでは、オープンからずっとよろず相談業(菩薩行)を継続中。数年前からは、お店や出張でタロットアシャイング(タロット占い)も加わる。塾でもCafeでも、皆さんに「人生大丈夫!」を伝え続けている。

●YouTubeチャンネル「OK!soraさん」 AddCafe Sora

バナーを作成

スポンサーリンク

  

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

コロナ  親育 青いロードマップ 月の欠損 風の時代 マスク 令和 お金 大西つねき YouTube 自立 月星座 トランプ ホロスコープ 緊急事態条項 20代  コントロールドラマ 読書 YouTuber 意識 MMT 南海トラフ 自民党憲法改正案 人生 自粛 参院選 大統領選 茶番 10代 自民党 選挙 高校生 自己肯定感 努力 ゴミ 深意 中西進 犬山祭 発達凸凹 怒り 勉強法 十二国記 山形 タロット 年金 マドモアゼル・愛 PCR検査 びわエキス 加藤諦三 ニュータイプ 民間試験 裸の王様 奇跡 仕事 不安 ウイルス コロナ禍 コロナ対策 恐れ 国債 日月神示 生活 経皮毒 傍観者 安倍首相 占星術 ルネサンス カンパネルラ 悩み 哲学 物理学 ハウス ムーンマトリックス みずがめ座 感覚 人間原理  健康 就職 消毒 転職 毎日    コロナ茶番 光透波 肉体 精神 神様 マッチポンプ 自民改憲4項目 憲法  職人 情報 タンカー 食事 居酒屋 自信 MMT PC 結婚  GPIF Wi-Fi ブログ 家電 新元号 三種の神器 信頼 教科書 自分軸 リテラシー 電磁波 消費税不要 樹下石上 幣原喜重郎 池上彰 朝ドラ 観察 好き嫌い BI 新聞記者 麻生大臣 味噌作り 親が絶対に言ってはいけない3つの言葉 OK!soraさん 幸福 モチベーション ルーティン 発達障害グレーゾーン SNS 一月家 経験 五十肩 ボンボン時計 学校 インフルエンザ 憲法改正 原発 ホ・ジュン 桜を見る会 苦しみ  柳ケ瀬 安倍政権  バリアフリー 性格 バイデン おみくじ ふり  DS 生き方 モモ 高校受験 春分の日 大欲 おかげさまで 自分流 離婚 鉄則 台風15号 矯正展 動機 マインドマップ 千葉First 小欲 お金のシステム 山田正彦 New GMO サラダ記念日 IMF 日本は破綻しません ASD(自閉症スペクトラム) 中田敦彦 内閣改造 災害 初勅 陽子 犠牲者 ワイヤレスキーボード 故障 樹霊 幸福感 書く力 抗菌 話す力 関電 さかさま 伴走 剪定 遠甫 自分の心を育てる 清秀 伏礼を廃す 自閉症 夢中 ふるさと Cafe おかげさまおたがいさま 熊谷晋一郎 凸凹 東田直樹 番丁庵 荒了寛 八戸 グッズ 履歴書 虚空蔵菩薩 立石寺 アゴダ 宿 八甲田山 十和田湖 リニアいらない 休み 遮光カーテン 始める自由とやめる自由 最高気温 エアコン 異常震域 オセロ 沈黙の夏 カーテン カーソン レイチェル 沈黙の春 水やり当番 新潟 粘着ゴムパット 18歳成人 お風呂  死の海 コップの淵 インフルエンサー ブログ引っ越し 無断キャンセル 家事 ピープル・ウイズ・スペシャルニーズ 遠野物語 岩手 クラゲ 十力の金剛石 加茂水族館 鶴岡 教育問題 宮沢賢治童話村   北前船 酒縁しょう栄 日本酒 俵万智 たいわけんぽう 会釈 内閣支持率 お金がいらない国 いのちの歌 毒素 数字 ASC 地球温暖化!? 温暖化 眼鏡 対話とあそび 冷水痛 ファクトチェック さつまいも 針のじいちゃん マクガパンレポート 宇宙 日米FTA サクラ(オトリ) 安保徹 マトリックス 生姜 野菜スープ 広島カープ 信楽 生活保護者 日本の貧困化 明治時代 日本会議 アベノミクスの大罪 60番 リコール 安倍氏麻生氏のつながり インナーチャイルド 喜捨 「我が仏、隣の宝、婿舅、天下の軍、人の善悪」 ミスリード   日月神事 世間知らず 普賢菩薩 先生 戦う人 政府の嘘 黒野さん 弁解 監視社会 ブラボータキガワ 山口屋 伊勢神宮外宮➡外宮前参道 自然科学 石垣のり子 薬膳料理 十一面観音 大願寺 宇陀 地震利権 1000回行 ごんぎつね におい えこひいき センス 地震 筆算定規問題 びわの種粉末 責任 台風19号 反抗期 びわの葉エキス 備え Kindleアプリ 人災 スクラップ&ビルト 謙遜 誠実 正直 物忘れ Beyond 山の民 日本人はどこから来たのか 海の民 じいちゃん  よりよく生きる 長島龍人 お金がない世界 南海トラフ80%の内幕 大西つねき×長島龍人 お金のいらない国のつくりかた 大学入試改革 やりたいことをやる 老い 北風 針治療 Waves the 空虚 中国歴史ドラマ 教育改革 キリスト教 田毎 八方美人 忙しい 和而不同(わじふどう) 発達凸凹変換 不寛容 発達障害コミュニケーション初級指導者検定 看板 合理的配慮 大須観音 恩赦 お酒 カキツバタ 竹の花 アナリティクス 平成最後 依存心 空き地 1秒 ゆとり教育 デジタル 千代の富士 大相撲 詰め込み教育 おひとりさま 空き家  承認 ぼっち 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず スピード 現代貨幣理論 Amazonプライム 堤未果 女王の教室 財政破綻しません 昭和歌謡 男女 湾岸戦争 7RULES(ルールズ) ゲーム脳 剣璽(けんじ)等承継の儀 かんさい情報ネットten. 無財の七施 ぽっこりお腹 憲法第九条 職種 ええじゃないか スナック 赤ちょうちん 白川静 世論  三点倒立 日本人減少 マスコミ 二十四節気 ハウス7年時代論 自分になる テレフォン人生相談 14 13周年 安心安全 音霊 形霊 身体 からくり 桃源郷 清明 REIWA アドラー 古代日本 恥と罪  熊本地震改ざん 信念 人生は旅 木造 WOODJOB 古代史 花見 一之坪公園 コンクリート住宅は9年早死にする でんがく ケムトレイル 和菓子 虎屋   手白香皇女 若松屋 天平庵  スピーチ 上野千鶴子 東京大学 スベクヒャン 継体天皇 せいで おかげ 普遍の法 カフカ 絶望名言 六角形 六芒星 淡墨桜 ~のせいで ~のおかげ 籠目 鴻上尚史 がんばる 翻訳 英語教育 歯車 ミスチル 2019参院選 忖度 内閣人事局 憲法改正案 加計問題 自助 人権 映画「新聞記者」  自民党改憲案 ホルムズ湾 イラン すずめ 明星天子 花言葉 渓嵐拾葉集 宙船 少女 沖縄 ファシズムの初期症候 スマホ 前川喜平 鈴鹿講演会 特高 安倍政権NO 公明党マンガ 望月記者 民主党時代 金星 NO安倍政権 未来を信ずる歌 ネットで買い物 ドン・ガバチョ アジアの片隅で 吉田拓郎 安倍首相総括 御輿を担ぐ 暴走する圧迫感 乙女座 あきれる政治 野党共闘  性分 門番 1分で分かる政党の選び方  検証 与党の嘘 紫陽花 平均 ビワの種の粉末 小泉進次郎 私立Z学園の憂鬱 Theory=現代貨幣理論) Monetary 名実 チンドン屋 令和ピボット 種子法 脅迫者 イタイおもてなし 国策=無策 MMT(Modern 地震雲 安部芳裕 銀行 経済 お金のブロック!? 10年 hibi 香り 痛み 後の祭り 樽見鉄道 税不要 高血圧 高校総体予選 無茶苦茶劇場 #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 金融庁 2000万円足りません 尋問者 自作自演 家族心理学 大企業 ほんもの 小さな定食屋 メモ 華麗なる両班たち バベルの塔 実験 情報リテラシー 手作り  熊野 木曽川町 社会保障 母校 黒田小学校 李氏朝鮮 ボタン ステファニー・ケルトン テスト 感情 高炭酸ガス血症 蒸気 高齢者スマホ 意識レベル マスク不要 松果体 Himalaya 護美箱 音声 ソーシャルディスタンス 無思考という名の認知症 カードゲーム Xeno 同調圧力 長野 インクルーシブ教育 サイレントボイス 埴輪 豆腐工房まめや 永遠 自問自答 自然学 今西錦司 拡張  早期完了 超古大人 大橋眞さん  逆向き 個性化 ゆとり 「二十代で得た知見」 むら 褒める 親子関係 デンバー空港 二極化 昭和人 中2 タブレット 観察者 ブログの書き方 心理学者マーシャ 孤独感 やり切り感 政治 れいわ 抽出 自己決定感 未来創造 テロップ 懐かしい人 サイン 能動的不通勤 能動的不登校 スクールライフバランス ジャネーの法則 実効再生産数 日田天領水 人生100年時代 のむシリカ 増税論 支持率 tomorrow jam 自衛 2020年 B細胞 T細胞 免疫力 動機エネルギー 初詣 鏡の国のアリス 頼れる力 古大人 外出 脳と運動 フィットネス 2020年 ご縁 一歩出る  コロナだけじゃない 頭を垂れよ just/do/right Vrew 石けん 自然免疫 自然治癒力 フラット 緩和 output オワコン input 効用 将棋 コントロール 日の出 人生の目的 再開 0(ゼロ)という立ち位置 海岸 集い ファイザー 個人力 主語はわたし 中秋の名月 システムダウン 東証 東証システムダウン 優先 竹中平蔵氏 森田正馬療法 BI論 立ち上がること かりんエキス シンギュラリティ ありのまま 吐露 逃げる 居場所 マドモアゼル愛 切り傷 身体のサイン 半沢直樹 子ども時代の絵 土星 リンドウ  外れる バズり認定 ちょろ松焼き 松阪 予告 月星座蟹座 鬼滅の刃 愛宕 コメント 水瓶座の時代 イエス・キリスト 水瓶 洞窟おじさん 余計な一言 言いかえ 年齢域 辛い わたしはわたしにしかなれない 年齢 システム 辛さ 自己欺瞞 パーシー・ビッシュ・シェリー 意思決定 呪縛 堂々巡り クリシュナムルティ 闘い 文化 欠損 霊性 無料 りんどう 三韓時代 IQ 教育長 新潟県燕市 月のサイクル グレーゾーン  独学 手帳 相談者は、下心を隠してはいけない  醤油 日本が肩代わり 土地 反マスク 修学旅行 清流  YouTube 発言 太陽 カオス 始末 突き抜ける 出る杭は打たれる 合法的略奪 運気 万物流転 義務 権利 支配 ベスト10 北欧バイキング 子宮頸がんワクチン かぐや姫 見えない学力 言葉力 最後にその両方を失う 安全を得るために自由を放棄する者は、 イヤイヤ期 勝てば官軍 起承転結 火地風水 お陰さまで お互い様 道祖神 未来 アドラー心理学 塾卒業 勉強しなさい 気づく力 新型ウイルス 新アメリカ 奨学金 ベビーカー 今年のテーマ 信楽焼 大変化 大学なんていかなくていい ホリスティック マズローの5段階欲求 思春期 黙食 太陽になれ 心の置き所 苦しみから脱却する方法 ガラケーとガラ学 不思議な旅 プラットフォーム アメリカ Brain 幸せになってもいいでしょうか? 生きること死ぬこと 原点 主従関係 家庭 効果的 無責任国家 火事場泥棒 生きる 母と子 本の要約サイト 集中力 共感力 当事者意識 知的謙遜 第三の男 大櫛 陽一 健康診断 ユダヤ人 汎化作用 検察庁 定年 自分らしく生きる いやな人と付き合うな 言い訳 延長 ホスピタリティ 振り子 Happens Before 「戦争のつくりかた」アニメーションプロジェクト-Wha 陳情 働き方 War?- 中村哲 フィンランド 安倍内閣総理大臣令和2年年頭所感ダメだし 教養 国際貢献 学校保護宣言 小中高校生 過越 大掃除 マレーシア 消費税廃止 広瀬隆 大学恩師 安倍首相批判 紅白歌合戦 六龍が飛ぶ 中学生 不登校 恩恵 ジェンダー・ギャップ指数 ガーデニング  若者 二重 本物 言葉集め 寺山修司 節分 得体のしれない不安や恐怖 金利 大学っていりますか 論文 移動 改憲 見返り 第9条 お陰様 「憲法改正の主役は、あなたです。」 葉隠 長寿 10代にしておく大切なこと ひとり ボケの効用 貞照寺 本要約チャンネル 世界観 スウェーデン イギリス 官僚 過去問 霊的存在 ロックダウン 給付 脳の刈り込み 向き不向き シン・二ホン 未来問 不都合な真実 免疫 不正選挙 サイコロ法 人類が本当に必要とするもの 人生の岐路 志望校 選択 衣食住 お金の仕組み 足し算 細胞 先輩  五六七(ミロク) アルコール消毒  山中教授 ラジオ 恐怖 オフ 家賃 税の役割 課税対象 めでたい 日本コロナ対策世界最下位 Zoom オン つながり 創造 太陽光 神との対話 スペイン シンクロニシティ ワクチン利権 CT値 特別会計の闇 9月入学制 自粛延期は必要か? GW お金のない国 引き算 ソーシャルレンディング しがらみ コロナ休校 比べる ペテロ 人生100年時代 行動 環境 遺伝 ブルータス 趣味 ひとり旅 人情 薬局 トイレットペーパー 上位の学校 休校 新型コロナウイルス ティッシュペーパー 死生観  青年家庭教師 鳥を捕る人 死に切る練習 幸せ因子 メタ認知 免疫力UP びわ茶 優性思想 現金支給 アメリカ大統領選 医療機関従事者 エール オーブ あなた まさかの時の友 ワンワールド 現金給付見送り サッカー 大統領選挙 問い 因縁 下七代 上七代 学校の意義 T桜 とこわか国体 人類の希望 スペイン風邪 議事堂 私物国家 

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

最新記事

リンク

   

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる