FC2ブログ

樹下石上129・・・やった通りにしかならない

子供は言った通りにはならない、
やった通りになる・・・


子育て鉄則です。


とある飲食店・・・

店の中には3組のお客さん・・・


その中の一組・・・
ある親子のお客さん・・・
どうやらママ友らしい・・・
二人の母親とその子供が3人・・・


「ガッシャーン」

高校生らしき女の子が
水用のコップをテーブルから落とした。

幸い、水は入っていなく、
若干の水と氷だけが床に散らばった。

「すみませーん。水こぼしましたぁー」

母親が叫ぶ・・・


その店は、若い夫婦で切り盛りする小さなお店・・・
当然、忙しそう・・・

それでも、若奥さんが急いで
調理とホールの合間をぬい、フキンを持ってやってくる。

氷を拾い、床をふく・・・

で、こぼした当の本人・・・

落としてから、若奥さんが来るまでの時間、
立ち上がることもせず、制服の足を120度に広げて
携帯から目を話さない。

母親はおしゃべり、その他の子供たちも携帯・・・

すみませんの声も聞こえない・・・

母親たちも立ち上がるわけでもなくそのまま・・・



おかあさん・・・

子供はやった通りにしかなりませんよ・・・

わたしは胸の中で呟く・・・



失敗をしたとき、
自分にできることはすぐにする謙虚な姿勢・・・

手伝ってくれた人への無条件の敬意・・・

なによりも、すみません、ありがとうをいう素直な心・・・

本当に自立とはそういう行いから生まれるもの・・・

自立ってなんだ!?②
自立ってなんだ!?③

そういったことすべてを
行いで教える絶好の機会を、お母さん・・・

あなた方は逃しているんですよ・・・



子供は言った通りにはならない、
やった通りになる・・・




ブログパーツ

スポンサーサイト



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 子育て 鉄則 自立

樹下石上 118・・・自立ってなんだ!?⑤

自立については、
とりあえず今日で一区切りしたいと思います。

私が自立について考え続けるわけは、
目の前にいる子供や相談者の現状を見ていて
何度も何度も行きつく矛盾のためです。

「教育とは子どもの自立を目指すもの」というテーマと
「個々自立の濃淡を、いったいどこで受け止めてもらうのか」

この二つのギャップがあるからです。

国(支配する者)がわたしたちに、
暗黙の了解で求める「自立」は

①何でもこなせること
②一人でできること
③速く(早く)こなせること
④生産性が上がること
⑤利益(GDP)が上がること
⑥できるだけ高い納税者であること
⑦余分なこと(反対意見)は考えないこと
⑧できるだけ一律であること
⑨多少規格外なら、既得権に迷惑をかけないこと

そんなところでしょうか・・・

私の塾には、教科書1ページぐらいの内容なら
5分で覚えられる子もいれば、
2時間かかっても覚えられない子もいます。

国の基準からすれば
まちがいなく前者の子が有利です。

身近な諸々の締め切りも
テストも
成績も
受験も
就職試験も・・・

しかし、いのちを基準に考えれば、
後者は実に苦しい世の中になる・・・

なんでできないの!?と不機嫌に叱られたり、
まあ、いいや!とほったらかされて無視をされたり、
他者に嫌味を言われながら
その不足分を補ってもらうことに
罪悪をおぼえる・・・

足の不自由な子に
100mを12秒で走れと言われているようなものです。

また、仮に足が不自由でなくとも、全員
12秒で走れるようにトレーニングさせられる感じでしょう。

もちろんその逆で
早い子が遅い子に無意味に合わせる必要もない。

過剰反応と無配慮の間はないのか・・・

できる子とできない子の確執が生まれる・・・
やがて、優越感と劣等感の層ができる。

また、優の中に新たな優劣の層・・・

そうやって、果てしもない細分化された序列ができる・・・ 

自立ってなんでしょう!?

2時間かかる子に「2時間を確保してあげること」・・・
本人が必要であれば手助けすること・・・
あなたが、あなたのペースで進めばいい・・・

それが、本当の意味で「自立していること」になるのでは・・・

そんなことでは社会に出たらやっていけない・・・

でもその環境を望んで作っているのも私たち・・・
それに、そこはあくまでも比較の問題・・・


私の「自立考」はこれからも続くのでしょう・・・

そんなに簡単に答えは出ないでしょうね。

考えて考えて考える・・・

一人の大人としてそれをやめない。

そして、それを少しずつ現場で生かす・・・

それがせめてものわたしのお役目だとも思っています。








ブログパーツ




theme : いのちあるものが いのちあるように
genre : 心と身体

tag : 自立

樹下石上 117・・・自立ってなんだ!?④

「日本は災害大国です。
ですから備えをしっかりしましょう!」 
―9/1防災の日が近づくと連呼する政府とマスコミ―

「老後は2000万円(国民年金者はそれ以上)必要です」
―金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書 令和元年6月3日―

「消費税が上がります。
買わない生活をして節約を・・・」 ―日経新聞―

消費増税に節約で勝つ 日常生活品にこそ削る余地あり

経済の専門誌が、「日用品を削りましょう」とは
まるで戦時中なのでしょうか!?

本来、日本の経済の問題を指摘し、
お金のしくみの不備を指摘し、
対策を考えるのが筋・・・

日本にお金が不足している最大の原因は
政府の、財務省の財政政策にあることさえも指摘せずに
国民の節約と自己責任を煽る悪紙、悪記事・・・

専門誌として冠をかかげるなら、
もう少し勉強してもらいたいものです。


最近の経済防衛、生命防衛は
国民に自己責任を押し付け
丸投げに近い状況です。

おまけに、少子高齢社会の年金問題でさえ
「女性もバリバリ働いて、お見合いパーティに行きましょう!」
という厚生労働省・・・

厚労省 年金 お見合いパーティ
子供を産むのは国のためじゃない! 批判殺到の厚生労働省「年金マンガ」の問題点

たしかに個人でできることもあるでしょう・・・

しかし、家の前の電柱が何本も倒れたり、
高圧送電線の鉄塔が倒れてくるのを
どうやって備えろというのでしょうか・・・

助成金や補助金は、「公害」「震災」の時と同じで
一部漏れてしまう人も多々、
数年で廃止されてしまうことがほとんどです。

リーマンショック級の打撃がない限り
消費増税は予定通りと言った首相自らの発言・・・

あの千葉の災害、初動が遅れた人災を
リーマンショック級とみなせない政府は
わたしたちにいったい何を望んでいるのか?

それは、「自己責任」です。

つまり、国に頼らず
自分でやってね!
でも、国が大変な時は、税を集めるね!
最悪の場合は、血を流して守ってね・・・ということです。

これからはもっと醜く
この自己責任を押し付けてくるでしょう。

隠れた特別予算があり、
安倍首相が『イヴァンカ基金』に約57億円を拠出(2017)する一方、
(女性起業家を支援する基金)

だれにも(民間)相談なく600億円相当のトウモロコシを
民間に買わせると言ってしまう・・・



そして、千葉には、13億円しか出そうとしない異常さ・・・

「活躍」には出せるのに、いのちからがらの方々には出し渋る・・・

いったいこれはなんなんだ!?


そんな中、若者たちは「自立」を迫られているのです。

奨学金を抱えながら社会に出ていく・・・

出会った異性も奨学金を抱えている・・・

子育て支援は、世知辛く・・・

いったい何の「自立」を達成しろというのか・・・


以前ご相談でこんなことがあった。

中小企業として、リサイクル工場を一代で軌道に乗せた先代・・・
息子にその会社をまかせ、息子も大変頑張っているが
このご時世、どうもうまく行かない・・・

先代であるその母親は、
その息子を援助すべきかどうか・・・
援助したら「自立」できないんじゃないか・・・

そんなご相談でした・・・

・・・・・

「いえ、できることはやってあげてください」

私の回答です。


なぜか、

まず一つは時代の違い・・・

右肩上がりのバブルの時ではない今・・・
自己責任を丸投げしてくる政府・・・
そんな時代に、援助がなければ、首をくくりかねない・・・

二つ目、
だれかの資産は、だれかの負債・・・

もちろん、直接でないにしろ、
お母さんが援助できるほどの資産を持っているということは
それは息子の負債になる(である)・・・

そういうマクロのお金の原則・・・


余談ですが、

「かわいがれるうちはかわいがれ」

これは父が納棺のまえ、
畳の上で横たわっているときに聞こえた声・・・

この声は、けっして私と父との個人的なメッセージではなく
この世とあの世の境目を超えて入った父の声ですから

おそらく、人の世界の、いのちいただくこの世の
大原則なのではないかと思うのです。

要は、本当に互いの自立を願うなら
けちけちせずに、できることはどんどんやっていきましょう・・・

自立」という大義名分を果たす前に
若者や子供たちのいのちが削られて行っている・・・

やれることはやればいいし、やってあげればいいし、
やれないことは、無理しない・・・

これが「自立」の本質なのでは・・・

そう思うのです。

そう考えれば、だれだってさんざん
やってきてもらってきてここまで成長してきてるではありませんか・・・

「自立」にならないからといって
出し渋る必要がどこにあるのでしょうか・・・


出し渋るのは、国だけで十分です。



ブログパーツ


theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 自立 自己責任

樹下石上 116・・・自立ってなんだ!?③

自立とは、ひとりで頑張って生きることではなくて、
いろいろな人や環境にお世話になりながら
生きていることを認めるとうこと・・・

つまり、「おかげさま」「おたがいさま」を知っていること・・・

そういうことではないかと思うのです。

自立=「おかげさま」「おたがいさま」

一見すると、矛盾したこれらの言葉が
自立」していることの正体ではないかと思います。


今から25年ほど前の塾のエピソードです。

ある日、生徒が問題を解いているとき、
机間巡視をしていた私の足元に消しゴムが落ちてきました。

ふと顔を上げると、生徒は真剣に問題を解いていて
消しゴムが落ちたことなど気が付いていない様子・・・

思わず反射的に消しゴムを拾ってそっと机に上に起きました。

すると、私の人生上、思いもよらぬ回答が返ってきました。

「拾ってくれって言っていません」

「・・・」


そういう言い方しかできない彼女は、
きっと自分のペースで消しゴムを拾いたいし、
人の世話になどなりたくなかったのでしょう。

また、塾に来る前に何か不機嫌になることがあって
当たり散らしていただけかもしれません。

しかし、それは、彼女のいざというときのスタンスを
わずかながら表していたのではないかと思うのです。


自立を思うとき、私はなぜかこのエピソードを思い出します。

たかが消しゴムの事件ですが、
わたしには「自立」とはなにか?を如実に表していると思えます。

たしかにこの子は、ひとりで消しゴムが拾えるほど自立していて
人の世話にならなくてもいいほど、からだも大きくなっています。

しかし果たしてこれは、自立している、
成長していると言えるのでしょうか・・・

わたしには、彼女の様子が、やせ細った心で、
意地を張りながらやっとのこと立っている・・・

そんな心もとない状態に見えたのです。

自立とは、何でも一人で大丈夫ということではありません。

だれかの応援や援助を
心からありがとうと言える人ではないかと思うのです。

そして、そのありがとうを積み重ねることで
「自立」していくんではないかと思うのです。

いかがでしょうか・・・

みなさんはどう思われますか?



ブログパーツ


theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 自立 おかげさまおたがいさま

樹下石上 115・・・自立ってなんだ!?②

私が日頃、一般論としての自立について
もやもやとひっかかっていた時、
ある記事に出会いました。

それは、熊谷晋一郎さんが書いた記事でした。

自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと

熊谷さんは、新生児仮死の後遺症で
脳性まひに、以後車いす生活となった小児科医です。

彼が東北の震災で体験したことをもとに
自立」とはなにかをかいています。

これが私のもやもやを払ってくれました。


「一般的に「自立」の反対語は『依存』だと勘違いされていますが、
人間は物であったり人であったり、さまざまなものに
依存しないと生きていけないんですよ。

東日本大震災のとき、私は職場である5階の研究室から
逃げ遅れてしまいました。
なぜかというと簡単で、エレベーターが止まってしまったからです。

そのとき、逃げるということを可能にする“依存先”が、
自分には少なかったことを知りました。エレベーターが止まっても、
他の人は階段やはしごで逃げられます。
5階から逃げるという行為に対して三つも依存先があります。
ところが私にはエレベーターしかなかった。

これが障害の本質だと思うんです。

つまり、“障害者”というのは、
「依存先が限られてしまっている人たち」のこと。

健常者は何にも頼らずに自立していて、
障害者はいろいろなものに頼らないと生きていけない人だと
勘違いされている。

けれども真実は逆で、
健常者はさまざまなものに依存できていて、


障害者は限られたものにしか依存できていない。

依存先を増やして、
一つひとつへの依存度を浅くすると、
何にも依存してないかのように錯覚できます。


“健常者である”というのはまさにそういうことなのです。

世の中のほとんどのものが健常者向けにデザインされていて、
その便利さに依存していることを忘れているわけです。

 実は膨大なものに依存しているのに、
「私は何にも依存していない」と感じられる状態こそが、
“自立”といわれる状態
なのだろうと思います。」

いかがでしょうか・・・

わたしたちが「自立しなさい」と
子供や若者たちに言い放つとき

大人の方が、たくさんの依存先のありがたさを忘れて
偉そうに、一人で生きて行けとか

もっと最悪なのは、自分がいかにも
自立しているかのような偉そうな顔で

「だれのおかげで飯が食えてると思ってるんだ!」

と子どもを怒鳴っていないかということなのです。

これを言う大人は、本当に恥じなければいけません。

お金を笠に、子どもを「従」の位置に蔑み、自らを「主」として、
主従関係を強いるお金至上主義だからだけではなく、

その大人の状態は、

依存先がたくさんあるという事実、

一つひとつの依存度が薄まってしまって
見えにくくなっているだけという事実、

たくさんの「おかげさまで(依存先)」に支えられているという事実・・・

これらに気が付いていない間抜けな大人になっているだけなのです。

しかも、この原則を忘れて
子どもに「自立せよ」ということは、
依存先を減らせということになります。

国の経済が、右肩上がりで
働けば働くほど、収入と安心が蓄積される時代ならともかく

今の日本では、それは無理でしょう・・・

必然として、かなり選択肢が減るわけですから
ブラックでも働く「お金依存」せざるえなくなるか、

最終的に助けを求められずに病み(闇)をかかえるか、
最悪の場合、自死を選ぶことさえあるのではと思うのです。

いざというときにいつでも、
「不自由さ」や「苦しみ」や「絶望」を分かち合える
そんな人や場所があることこそ、
「自立している」というのでしょう。


ちなみに、同じ依存でも
熊谷さんがおっしゃる「依存」と

「この人がいないと生きていけないわ」と
DVを甘んじて受ける女性の「依存」とは
全く違うことも加えておきます。

後者は、先の「お金の依存」とおなじで
依存先がひとつになっていることが問題なのでしょう・・・

また、歪んだ執着と
上下・主従関係が根底にあることも
大きな違いです。



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 自立 熊谷晋一郎

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

東北  発達障害 人工台風 いのち 樹木希林 千島学説 令和 受験 MMT 穀雨 自立 幸田露伴 宮沢賢治 マズロー 健康寿命 言葉 ダンス 母の乳房 数霊 緊急事態条項 自民党憲法改正案 本質 ベーシックインカム  自己実現 朱蒙 踊り 言霊 腸内細菌 ワクチン  自然 参院選 人工地震 学び 特別会計 山本太郎  平成 教育 犬山祭 本間真二郎 山形 自民党 日日是好日 選挙 年金 リニア 本庶佑 か・かた・かたち 両班 中西進 進路 AI 姫川薬石  財務省 花結び   存在  自己表現 漢字 せっけん 5段階欲求 自然体 人工災害 深意 十二国記 玄徳 芸術 永尾 消費税不要 小沢健二 トランプ 雄二郎 樹下石上 遊び 幣原喜重郎 性別 近藤誠 花火 5G 知性 太陽光パネル 自民改憲4項目 支援 地球温暖化 合格 子育て 教育実習 台風25号  カゼインフリー 歴史 台風 グリテンフリー 3つの間 GPIF 人工 岐阜 空間 タンカー  時間 赤ちゃん 新元号 三種の神器 山口百恵  ペンジュラム 勉強 物部 電車 散歩 医療 IOT 個性 PC 神秘 欠け 乾布摩擦 さだまさし オリンピック 家電 寛容 老害 植福 著作権 教師 山怪 希望 AI 抗生物質 老子 多様性 銚子川 シェアエコノミー 船瀬俊介 灯油 AddCafe ボランティア 不合格  大衆酒場 ゴッドゾーン チャン・ヨンシル 火鉢 発達凸凹 随筆 りんご  MMT 弱さ 緩和チャレンジ  池上彰 やわらかい社会 ガンディー 支配欲 茨木のり子 ソクラテス 人間性なき科学 同意感 まる 自閉症スペクトラム 幽玄 天高く 名言 木曽三川 LGBT 鵜飼い 国連 個人の能力 闇権力 長良川河口堰 自己愛性パーソナリティ障害 魂魄 沖浦和光 落語 沈黙しなければならない 感受性 諫早湾 ばか 日本書紀 富士山  古事記 釣鐘雲 傘雲 シュメール 語りえぬものについては、  スピリチュアル産業 無知の知 陰徳  違和感 一病息災 上古代 赤い感情 青いインク  宇宙戦争危機誘発需要 障害者雇用水増し 中島みゆき 発酵 マイクロチップ ナノチップ サヨン  Japanファースト 扶余 マザーテレサ からだ  欲望 THINK TPP  4096HZ 周波数 鉱物 長良川薬石!? 不調和 いのち音叉 円空 ゼロ 宝島社  藤の花 メタトロン シャンプー カルロスゴーン マイケル・ジャクソン  企業的な社会、セラピー的な社会 微生物 Money FTA 水道の民営化 そもそも 唯我独尊 独立独歩 かりん Cafeな一日 ハゲ 純せっけん成分100% 十円玉ハゲ  好転反応 シルバーバーチ ヨーソロー 安心 アユ 牛乳 気象コントロール  沖縄知事選挙 ノーベル賞 教師像 手間 仲間 時間が与えられたわけ しあわせ 木曽川水系連絡導水路 徳山ダム モットー 舟を編む 間抜け 時間・空間・手間 チャン・オクチョン 時分の花 韓国歴史ドラマ 大阪 おちこぼれゼロ法 演劇 ダンサー 3つの間 米軍台風進路予想 地蔵 わたしは、わたし 酵素ジュース 教科と狂科 消費  ゴミ拾い 風が吹くと桶屋が儲かる 2年の法則 こころ  快癒力 成績 ヒポクラテス  入り口 松野屋 まつり縫い 祭り  神は細部に宿る 前夜祭 生野菜 犬山 狂科 あやかし 夏目友人帳 学力テスト 美学  苦海浄土 ビワ 音読会 須永博士 石牟礼道子 お手本 不便 謙虚 自動運転 巫女文学 遠漂浪(とおざれき) 詩歌 オキテ DeepRiver 人生のかたち ゆるし JUJUWORKS からだから 空(くう) 権力 夜逃げ 尊厳 恩師 ぴよさんランチ 求道 未完 古代月 神香月 バイオリズム 月相 お坊さん 笑い 水を得た魚 心の水脈 ガンディ プロ 縄文 祭事 文殊菩薩 維摩居士 倫理 古澤平作 結婚観 アナログ 古本 病気 まあるく 足腰とコミュニケーション 自営業 働き方改革 自動翻訳 記憶  藤山寛美 人生時計 天文は人文 韓国ドラマ 太江寺 立夏 名鉄 孤高の冬 SwiftDemand ドラゴンズ 江夏の21球 瞬発力  火の民 銀河鉄道の夜 「さう(そう)ならうとする生命体」 80年前の涙 オオルリ 随想 光るキノコ 保育園 仮想水  ヒヨドリ 蛇の目 人間の性 ウイニングボール 黒人 アンダーグラウンド 白拍子 ロマニー 陶酔 自己解放 かっぱ イサドラ・ダンカン 自分は自分にしかなれない 動物 笑かす マイノリティ 小満 経済を選ぶ 半農半X フィンテック 糸と布 木曽川中学校 人間関係 同情 幸せ 今世 地球へ 共感  不服従 ピケティ インスタ r>g 2030年 報道の自由度 ランチ 小諸市 アメリカ戦 世界ソフトボール 上野 初動不可トレーニング  惜敗 スポーツブル 予想 予測 ひまわり セッション 異常気象 死者 流す 台風13号 スピリチュアル あの世とこの世 飛ばす 老人力 サマータイム 自由研究 神隠し eスポーツ 大人 「うがった見方でごめんなさい」 古代 民族 治療 医師誘発需要 天孫族 地祇 甲子園 医療ドラマ 尾畠さん 讃美歌 越境台風 聖句 神社 キリスト教会 ミッドウエイ 上野選手 ノーサイン野球 百名山 畏敬 異界 東海大会 タイブレーク 高校地学 豪雨 人間万事塞翁が馬 禍福は糾える縄の如し 絞る 理科 集中豪雨 菩薩行 医者 月のほほえみ  気象操作 選択肢 狭き門 地球(テラ)へ 高い電気代 一物全体 情報・広告 びわの種の粉 懐メロ 運転手さん 考える  パスカル 認められる 離れる 吾ただ足るを知る 予報 米軍台風情報 台風10号  妄想 優勝 小飼弾 気象庁 再会 太陽光パネルの害 自然療法 電気 猛暑 退化 進化 素頭 パナマハット カウンター 猛暑日 アップデート 酷暑  働き者  金足農 聖徳太子 メモ ほんもの 自作自演 #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 金融庁 無茶苦茶劇場 職人 平均 ホルムズ湾 イラン すずめ 花言葉 紫陽花 2000万円足りません 華麗なる両班たち 電磁波 Wi-Fi 熊野 高校総体予選 種子法 高血圧 実験 情報リテラシー 情報 バベルの塔 李氏朝鮮 ボタン 社会保障 宙船 スマホ あきれる政治 暴走する圧迫感 野党共闘 鈴鹿講演会 加計問題 前川喜平 乙女座 性分 1分で分かる政党の選び方 御輿を担ぐ 検証 与党の嘘 門番 憲法改正案 自助 2019参院選 ミスチル 自民党改憲案 少女 ファシズムの初期症候 沖縄 歯車 翻訳 映画「新聞記者」 人権 内閣人事局 忖度 英語教育 令和ピボット イタイおもてなし 日本人減少 三点倒立 ゴミ 白川静 ええじゃないか 憲法第九条  ぽっこりお腹 現代貨幣理論 Amazonプライム 女王の教室 財政破綻しません 無財の七施 スナック 赤ちょうちん 不寛容 大須観音 発達凸凹変換 発達障害コミュニケーション初級指導者検定 合理的配慮 看板 恩赦 平成最後 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず スピード カキツバタ 自分軸 竹の花 昭和歌謡 男女 MMT(Modern Monetary 地震雲 痛み リテラシー 後の祭り Theory=現代貨幣理論) 私立Z学園の憂鬱 チンドン屋 国策=無策 名実 小泉進次郎 ビワの種の粉末 税不要 お金 湾岸戦争 7RULES(ルールズ) ゲーム脳 剣璽(けんじ)等承継の儀 かんさい情報ネットten. 鴻上尚史 がんばる 安部芳裕 銀行 経済 お金のブロック!? 10年 安倍首相総括 民主党時代 千葉First 初勅 台風15号 読書 自分流 おかげさまで 陽子 伏礼を廃す 熊谷晋一郎 おかげさまおたがいさま 遠甫 自分の心を育てる 清秀 離婚 結婚 東田直樹 自閉症 ブログ引っ越し 無断キャンセル ピープル・ウイズ・スペシャルニーズ 家事 IMF 日本は破綻しません ASD(自閉症スペクトラム) お金のシステム 中田敦彦 内閣改造 災害 Cafe 剪定 備え インフルエンザ 忙しい 俵万智 GMO サラダ記念日 たいわけんぽう 責任 正直 誠実 人災 Kindleアプリ 台風19号 New 山田正彦 関電 朝ドラ さかさま 自信 故障 ワイヤレスキーボード 抗菌 凸凹 憲法改正 鉄則 矯正展 ふるさと 伴走 インフルエンサー コップの淵 沈黙の夏 沈黙の春 オセロ 始める自由とやめる自由 最高気温 遮光カーテン レイチェル カーソン 履歴書 グッズ リニアいらない 休み カーテン エアコン 異常震域 憲法 NO安倍政権 安倍政権NO 特高 望月記者 公明党マンガ 吉田拓郎 アジアの片隅で ステファニー・ケルトン 反抗期 和而不同(わじふどう) 未来を信ずる歌 ドン・ガバチョ 八戸 番丁庵 北前船  酒縁しょう栄 日本酒 宮沢賢治童話村  岩手 遠野物語 粘着ゴムパット 18歳成人   死の海 十力の金剛石 クラゲ 八甲田山 宿 十和田湖 立石寺 荒了寛 アゴダ 水やり当番 鶴岡 加茂水族館 居酒屋 食事 新潟 空き地 空き家 合格おみくじ 色霊 矢部宏治 米軍基地 還暦 知ってはいけない隠された日本の支配構造 オフグリッド スマートグリッド インプット アウトプット RAS 味噌 ことわざ 60年 日記 謹賀新年 希望の種 2019 2018漢字 ワーキングプア 日本が売られる しいたけ占い 辻占 初日の出  熊本 知ることは防御なり 悠陽に 通販生活 国民投票 私は貝になりたい 名前 厚生労働省の毎月勤労統計調査 遊川和彦 面接 ハケン占い師アタル 15歳 偏差値 モーニング 望聞問切  第三の石油 データ  再生可能エネルギー発電促進賦課金 同じ釜の飯 くまモン 火と食 息抜き アンフェア 9条球場  みかづき 掲示板 大寒 失意が前提の喜劇 平成さん 平成くん TPP11 大本営発表 謙遜 法隆寺 鄭和 ピアス 邪気  救世観音 卒業生男子 大難が小難 小難が無難 ガソリン 関市 そばきり萬屋助六  ファイブヒーリング 銀杏 明治維新 雄日ヶ丘公園 1000年目の望月 柿本人麻呂 藤原道長 消費税増税の政府対策 屋上屋 栄楽 AddCafe俱楽部 フリーエネルギー 飯島秀行 セラピー的な社会 山添  惜福 分福 母の自叙伝 flier 修学の四標的 本の要約 #MeToo 石垣りん 2018 2018年ボーナス you Thank LINE早押し選手権 脳の汎化作用 一芸は道に通ずる デジタルハリウッド大学 心臓 開き直り わたしはわたし 明日は我が身 元気 ストーブ ねほりんぱほりん 井戸 内申 杉焼き料理 狩猟民族 待つ 土鍋 桃源郷 からくり 清明 REIWA 音霊 形霊 でんがく ケムトレイル せいで おかげ 普遍の法 カフカ 絶望名言 14 安心安全 恥と罪  熊本地震改ざん 信念 桜前線 信頼 木造 WOODJOB 古代史 古代日本 花見 一之坪公園 コンクリート住宅は9年早死にする 六角形 六芒星 大相撲 千代の富士 二十四節気 ブログ スピーチ  デジタル ゆとり教育 教科書  ぼっち おひとりさま 詰め込み教育 上野千鶴子 東京大学 淡墨桜 継体天皇 ~のせいで ~のおかげ 籠目 スベクヒャン 手白香皇女 若松屋 天平庵 虎屋 和菓子  貧困 日本の賃金 古い教育 運鈍根 組織 ハングル文字 高温 神代文字 若いときの苦労は買ってでもせよ 心から光る人間 署名 冬と春の間 辺野古 人事を尽くして天命を待つ 心技体 三重県 ファーストペンギン 利休百首 猫パンチ 三寒四温  授かりもの 化粧 オランダの教育 他山の石 農薬 妻問い婚 挑戦 発達凸凹グレーゾーン 愛情障害 発達凸凹かも!? 天は自ら助くる者を助く 根本大臣不信任決議案趣旨弁明 風邪 地震データ改竄 NHK あみま俱楽部 小川淳也 医療利権 余白 三橋貴明 詐欺 哲人 イチロー 春分 炎上 年金機構 田中角栄 白河の清きに魚もすみかねて です、ます調とだ、である調 DL法拡大 当事者研究 もとの濁りの田沼こひしき 石井紘基 土岐 核融合科学研究所 志村ふくみ 卒業生 3.11 社会的共通資本 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる