FC2ブログ

平成の後ろ影⑦・・・発達凸凹(発達障害)

平成からの人類にあたえられた宿題のひとつに
発達障害」といわれる子供たちと大人がどう向き合うか・・・があります。

発達障害」の「障害」という言葉から
認識や許容がゆがんだ形で伝わっている場合もあって

この言葉は改めるべきだと思いますが
とりあえず今はこの言葉を使わせていただきます・・・

迷走する教育
ここでも書きましたが、147年もの間
社会や大企業の要請に応えるのを「教育」としてきた歴史がある中で
教育をもっと「個別のもの、一人一人のもの」として
頑張っていらっしゃる偉大な指導者もいらっしゃいます。




以前みなさんに応援していただいた「小さな挑戦」がありました。
小さな挑戦

それはまさにこの「発達障害」に関することでした。
正確に言えば「グレーゾーン」と診断を受けた生徒に関することです。

お陰様で、現時点では 
結果的に、明るい方へ向かっているので
本当に良かったと思っていますが、

根本的に解決されたわけではないので
まだまだ挑戦は続くと思います。

彼本人や保護者の方のご了承をいただいて
この件について詳細を記載する許可をいただいていますが、
今日は概略を書かせていただきます。

彼は、当時 県立高校へ通う2年生でした。

日頃の様子から、
診断を勧めたのは学校の担任・・・

彼は書き写す力と作業と時間の管理が苦手という
グレーゾーンの結果がでました。

診断結果が出て、私はある意味安堵しました。

中一から彼を見ていた私は、診断はなかったものの、
そういう特徴があることは認識していましたので
高校へ行ってちゃんとできるだろうかと気になっていましたので・・・

「これで学校側が何らかの配慮をしてくださる・・・」

そう思ったからです。


かなり簡略化して言いますと、
結果は真逆でした・・・

その診断を担任や学校側は認識しているにもかかわらず
あまりにも、本当にあまりにも理不尽な宿題がでました。

保護者の方が学校側に軽減、もしくは内容変更を打診をしました。

宿題をやらないといっているわけではありません。

彼の得意な範囲での宿題にしてもらえないか・・・
せめて期間を延ばしてもらえないか・・・

そういうことです。

しかし、診断を勧めたにもかかわらず、
学校側は全くの無配慮・・・いえ

無配慮どころか、かえって厳しい言葉を浴びせる始末・・・

今回私は、塾人生始まって以来初めてことでしたが、
「教育委員会への相談」(訴え)を試みました。
もちろん保護者の方と一緒にです。

ここ数十年、理不尽な学校の対応は幾度か見ていますが、
ここまで試みたことは一度もありませんでした。

今回は・・・

・診断というか客観的な指標があるにもかかわらず
あまりにも無配慮で、威圧が度が過ぎていたこと・・・

・学校側の無理解と不勉強が目に余ったこと・・・

・今後中学生がこの高校を受験するといった場合、
決して勧められないと思ったこと・・・

わたしを駆り立てた理由は他もありますが、
とにかく単純に、生徒・保護者・学校・・・
どちらを見渡しても、今のままではいけない・・・

そう強く思ったからです。

現在、法律批准に伴って、文科省より
発達障害に関する支援拡大の要請が
各都道府県になされています。

文部科学省所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応指針の策定について

その中に「合理的配慮」というものあります。

合理的配慮」とは、障害者が他の者との平等を基礎として
全ての人権及び基本的自由を享有し、
又は行使することを確保するための必要かつ適当な変更及び調整であって、
特定の場合において必要とされるものであり、
かつ、均衡を失した又は過度の負担を課さないものをいう。

障害者の権利に関する条約 第二条 定義より


要は、学校側とよく話し合って
その生徒の状況に合わせた指導をしてくださいというものです。

これは、すでに確認していることですが
障害手帳の有無にかかわらず、
発達障害およびグレーゾーンの生徒すべてに当てはまるのです。

考えてみれば当たり前で
健常者であっても発達障害であっても
工夫と格闘は当たり前のことで、

ましてや今の障害の定義は
障害の「あるなし」ではなく
「強いか弱いか」という認識なのですから
すべての生徒に当てはまります。

必要な適当な変更及び調整は、
できるかぎり、当然のことをやっていくという感覚が大切です。

AIによって、人間とは何かを問われる時代ですが、
それと同じことが「発達障害」でも言えます。

「人間が育つとはどういうことなのか?」
「いのちとはなにか?」

そういう哲学を突き付けられているのが現代です。


イギリスではすでに「イン クルーシブ教育」といって
かなり進んでいるといわれていますが
日本はどうも内容も違い、後れを取っているようです。

当県、特に高等学校は特に遅れていると感じています。

これは、「もう義務教育ではないから・・・」という変な誤解があります。

繰り返しますが、
これは全くの認識不足で
義務教育だろうがなかろうが・・・
全日制だろうがなかろうが・・・
手帳の有無にかかわらず・・・
すべてにおいて合理的配慮がなされるというものです。

インクルーシブ教育

そういう意味で、前述の動画の
「すべての子供たちが同じ教室で学ぶ」大空小学校は
インクルーシブということになるのでしょう。

どちらが絶対的にいいのかは
正直私にはわかりません。


ただ言えるのは、県立高校へ通う2年生の彼に関することは
「おかしい」「理不尽」であったということです。

保護者の方にも学んでいただき
そして、ご理解をいただき

私も改めて法律等を学び、
各機関にも問い合わせるなどして

自分にできることをさせていただいた次第です。

「彼も もちろん頑張りますが、
学校も 勉強して教育の質を進展させてください」

そういう思いです。

発達障害やグレーゾーンの子どもにとって
その症状を無視され、威圧的に対処されることは
それはもう「絶望」でしかないのです。

かれも「学校を辞めたい」
「あの人たちと一緒の場所で呼吸したくない」

そう何度も私に吐露していました。

「弱いからだ」・・・
「社会に適応するのにそんなことではだめだ」・・・

そういう大人がまだいます。
全くのナンセンスです。

こういう問題の場合、当該の症状より
「二次障害」によって精神を病むことの方が問題となります。

生きることそのものへの放棄につながるからです。
現に問題は起きています。

自殺生徒は「学習障害」「能力異常に低い」教職員が発言
苦しみをわかってもらえない・・・ 発達障害

わたしたちは、生身の人間です。

「生きること」が受け入れられなかった人たちの絶望を
もっと想像するべきです。

教育現場が「市場原理」ではなく
「いのちの原理」で営まれなければいけない理由はそこにあります。

いのちあるものがいのちあるように・・・

そう願ってやみません。


ブログパーツ









スポンサーサイト

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 発達凸凹 発達障害 合理的配慮

春、立春のころ⑭・・・発達障害と牛乳

昨日は、制度・理解・支援等の遅れを指摘しました。

今日は、学校給食についてです。

以前、牛乳の害については、
「いつまで牛乳を飲ませるのか」の記事で牛乳の害について書きました。

最近のデータでは、発達障害は脳ではなく
腸内環境の悪化が原因と言われています。

日本では、あまり知られていませんが、
欧米では、自閉症を含めた発達障害に対する
食事や栄養療法が注目されています。

そのなかでも、カゼインフリーグリテンフリーの食事法が有効です。

食事から一切の牛乳と小麦を抜くという食事法です。

それをすることで、50%以上に
何らかの症状の改善が見られるとされています。

ところが日本の学校では、給食に必ず牛乳が出ます。
パンも出ます。

もう少し、そういった食事法を学校でも
参考にできないものかと思います。

実はこういった食事法は、アレルギーにも有効です。

【カゼインフリー】発達障害で「アレルギー持ち」ならやるべき理由

もちろん今は、結果を科学が追いかけているという感じで
エビデンス不足ですが、いずれそろってくるでしょう。

科学はいつでも、事実の後をついてくるのですから・・・


発達障害は、今後おそらく大変身近な問題になると思います。

それを少しでも小さくするためには、
小中学校と9年も毎日食べる食事に気を配るのは
当然なのではないかと思うのです。

是非、学校と栄養士関係者の方々は
考えていただきたいと思います。


ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 発達障害 グリテンフリー カゼインフリー

春、立春のころ⑬・・・発達障害 支援の遅れ

いまや、発達障害の子どもは10人に一人と言われています。

三重県の公立小中学校における
通級指導教室在籍者数および設置学級数をみても

H17 270人
H26 708人

と約10年で約2.6倍になっています。

高等学校における発達障害の可能性のある生徒の在籍率は、
H25で1.4%です。

※通級指導教室とは、小・中学校に通う比較的障害の程度が軽い子どもが、通常の学級に在籍しながらその子の障害特性に合った「通級による指導」という個別の指導を受けるための教室です。

これはあくまでも、データに上がっている数値だけです。

親御さんによっては、
お子さんが発達障害&グレーゾーンであることに気が付いていなかったり、

「障害」ということばから、恥ずかしいことだと通級指導教室を躊躇され
そのまま普通学級に在籍したままということもあります。

高等学校に至っては、
制度や認知・理解の遅れもあって
保護者の方の認識がなかったり
学校の対応が遅れていて、潜在的に多くの生徒が
そのままにされていることが多いと思います。

高校では、通級指導教室さえないのではないでしょうか。
今のところ聞いたことがありません。

つまり、潜在的にはもっと多くの児童生徒が
発達障害であったり、グレーゾーンであるのに
そのまま一律の指導を受けていることが多々あります。

私が気になるのが、
制度の遅れと保護者の方・学校現場での理解・支援の遅れです。

まず、日本での法整備の現状です。

【特別支援教育にかかる制度等の経緯】
平成 17 年 4月 発達障害支援法の施行
平成 19 年 4月 改正学校教育法の施行
平成 20 年 3月 幼稚園教育要領および小中学校学習指導要領の改訂
平成 21 年 3月 特別支援学校および高等学校学習指導要領の改訂
平成 23 年 8月 障害者基本法の改正・施行
平成 24 年 7月 共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築
のための特別支援教育の推進(報告)
平成 25 年 6月 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の制定
(平成 28 年4月施行)
平成 25 年 9月 学校教育法施行令の一部を改正する政令の施行 平成 26 年 1月
障害者の権利に関する条約の批准

ここ三重県の 「特別支援教育推進基本計画」は
平成27年度から平成31年度まで の5年間の計画です。

やっと、ここ数年で動き始めたばかりです。


国際調査から見える日本の教職員の意識をみても、
2013年に実施された、OECD国際教員指導環境調査では、
日本における学校での合理的配慮の提供の率の低さが際立っています。

この調査で、「多様な指導方法を用いて授業を行う」ことについて、
自信があると答えた割合は、参加国の平均が77.4%であったのに対し、
日本は43.6%です。

また「多様な評価方法を活用する」ことについては、
参加国の平均が82%であったのに対し、日本は26.7%で、
平均値の1/3しかありません。

この意識の低さは、文科省自体が
「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある
特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」を
(結果は、6.5%に上っている)
H24年(2012年)から更新していないことも影響していると思います。

三重県でも、教育委員会の資料を見る限り
学校管理職対象の研修が、2016年しか実施されておらず
発達障害者やグレーゾーンの児童生徒への理解・認知が
まだまだ十分とは言えないと思います。

2016年の研修でお話をされた、
関西学院大学 教育学部教授 丹羽 登(にわ のぼる)さんは言います。

「6.5%という数値は、小学校1年生から中学校3年生までの平均値です。
学年別に見ますと、小学校1年生の段階で9.8%で、
学年が上がるに従って減っていきます。

その背景には、年齢が上がるほど、
子どもが自分が抱えている困難を隠すようになることや、
先生も文字を書いているかどうかのチェックを
あまりしなくなってくることなどがあると思われます。

そう考えると、小学校1年生の9.8%というのが、
一番実態に近いかもしれないのです。

ここに特別支援学校や特別支援学級の子どもを加えると、
十数%いると考えることもできると思います。」


残念なことに、日本は他の先進国に比べて
特別支援教育が随分と遅れているという事になります。

国自体の遅れの上に、
上意下達の政治・教育システムのために
三重県ではもっと遅れているという事態になっています。

つづく・・・


ブログパーツ




theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 三重県 発達障害 支援

春、立春のころ⑥・・・発達凸凹と脳の萎縮

私の塾に来る生徒さんで
いわゆる発達凸凹のグレーゾーンや
そうかもしれないと推察できる生徒の幼少の頃のお話を聞いていると

高い割合で、家庭の中に何らかの「暴力や暴言、DV」が存在する。
(もちろん、そういった状況がない場合もある。)

この「暴力や暴言、DV」はの脳を萎縮させたり、
膨張させたりして、脳そのものの形を変えることが
最近の研究でわかってきている。

具体的には、
「子どもの前での夫婦喧嘩」
「心ない言葉」
「スマホ・ネグレクト」
「きょうだい間の差別」
などです。


ADHDは、生まれつきのもの(日本の見解)であるのに対して、
こういったっ環境で育つことで、実際に脳が変わってしまい
発達凸凹と同じ症状が出る子供たちのことを
第4の発達障害「愛着障害」と名付けられています。

実は意外なのは、教育に熱心すぎる家庭環境にも
同じような傾向が生まれることもある。


発達凸凹やグレーゾーンの生徒と実際に接していて
そして雑談の中で彼らの幼少期を尋ねてきて
つくづく実感するのは、いかに3歳までの家庭環境が大切かということです。

共働きがだめとか
親は感情を出してはいけないのかとか
そういうことではありません。

親も人間ですからストレスを抱えます。
そういった親のゆき詰まりを

周りの別の大人がカバーできる社会環境があれば
ずいぶんと違ってくるのです。

おばあちゃんやおじいちゃん
近所のおじちゃんやおばちゃん・・・

そういったつながりで子供を救えることはたくさんあります。

一人の子どもをゆったりと育てる環境を奪い続けた
経済優先の社会にも大きな原因があると思います。

一人の若き女性(母親)に
経済も子育てのすべての重荷も背負わせる
今の日本を考える必要があると思います。


たしかに、働きたいという女性に対して
保育所を無料にするということも大切かもしれませんが、

そんなことよりも、母子が経済的な心配がないように
安心してゆとりを持って一緒にいられるように
共働きするのと同様の資金援助を無償で提供することの方が大切だと思います。


経済的な柱にもならなければいけない・・・
子育てもちゃんとしなければならない・・・


そんな自己責任ばかりを押し付ける社会では
到底子供たちを守れないと思います。

虐待によって子供を殺めてしまう親の本当の問題は
ほとんどが経済的な理由なのではないかと思います。

そういう点では、愛情障害によって
子どもたちが傷つくのは
私たち大人がどんな社会環境を作っているか
お金をどうとらえているのか・・・
国がお金をどう使っているのか・・・

そういうことに尽きると思います。

86%が生活が苦しいと答えている
母子家庭のご家庭は、もっと深刻です。


国会の予算委員会で、真摯に尋ねる質問になかなか答えず、
へらへらと笑いながら言葉を聞く国会議員には
つくづく本質が見えていない・・・本当に哀しい国です。






ブログパーツ




theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 発達障害 愛情障害

冬、大雪のころ⑩・・・人は誰でも発達障害

先日、発達障害の投稿でこんなことを書いた。

「わたしが見えているものが、彼らには見えていず
彼らが見えているものはわたしが見えていない・・・

わたしが聞こえているものが、彼らには聞こえていず
彼らが聞こえているものはわたしが聞こえていない・・・」

これはなにも、発達障害の場合に限らない・・・

親子関係・・・
夫婦関係・・・
友人関係・・・
会社の上司と部下・・・
先生と生徒・・・

人間関係のあらゆる場面で起きうることだ。

つまり私たちはいつもどこか「発達障害」なのだ。

わかってもらえない・・・
だから、わだかまり・・・
決して、笑えない・・・

こういった3Wの世界は油断をすれば
すぐに自分の隣にやってくる。

受験期真っただ中の先生と生徒にも
よくこの3Wは発生する。


その生徒は、書道8段の腕前だ。
すごい!なかなかできるものではない・・・

それを内申の資格欄に書こうと先生に報告すると

「8段は8段でも大した8段でないときもあるから、
何でも書けると思うなよ・・・」と一方的に言い放たれた。

いつも騒がしく、書道という感じの生徒だから
きっと先生は、またいい加減なことを言っているなと思ったのかもしれない・・・

しかし、人には案外、「意外な事実」があるのを忘れてはいけない。

小学3.4年から中学3年まで
塾やクラブ・部活がしんどくても通い続けた書道を
バカにされたと思った生徒は反論する・・・

すると先生は、またまた悪しき決め台詞を言う・・・

「お前、やかましいなぁー、もう前期の推薦を通してやらんぞ!」

こういう恫喝・恐喝を言う先生の存在を
皆さんはあまり信じられないと思うでしょうが
残念なことに事実だ。
しかも、わりとベテランの先生に多い。

実はこういう脅しを受けた生徒を私は何人か知っている・・・
しかも、数人ではない・・・

ほぼ毎年、生徒から一人は聞くから
おそらく、ちょっとやんちゃで言ううことを聞かない生徒への
先生たちの常套文句かと思う。

「すごいやんか!」とか
「8段て、何年やってきたんや、すごいな」が
なぜ、いの一番に出ないのであろう・・・

生徒にしてみれば
わかってもらえない・・・
だから、わだかまりができ・・・
最後の脅しは、まったく笑えない・・・

なぜ、資格の効力以前に、その生徒が積み上げてきた時間のすごさや
それを認めてほしいと願う人の心を理解しようとしないのか・・・

内申に書ける資格なのかどうか云々は
一度賞状(認定証)を確認してからでも遅くないではないか・・・

「すごいな!何年やってきたん?
たぶん内申に書けると思うから一度賞状(認定証)を持ってきてくれる?
書道教室の資格もいろいろあるから先生も確認するわ・・・」

こういう言い方だってできたはずだ。
言葉一つで、受け止め方は全く違ってくる・・・

内申にとって価値がある云々の前に
まずは、その生徒のこれまでの人生での頑張りを
認めたり誉めたりするのが教育だ。

これは、生徒が価値あると思っていることを
先生(内申)には価値はないと言い放つ無神経さが生み出すわだかまりである。

その生徒は言う・・・
「どうせあの先生は、内申さえ出せば
私がへこへこすると思ってるんやに・・・
意地でももてったるわ(笑)」

完全にこころを読まれている・・・(笑)

毎年この時期になると、全国でこの内申絡みの悲惨な事件が起きる。
ひどい時は、生徒を自殺にまで追い込むことがある。

前述の先生は言ったらしい・・・

「先生も疲れているんや・・・」

それはわかる・・・

今の先生たちの多忙さを解決しない限り
この学校現場でのほとんどの問題は決して解決しないだろう・・・

それでもである・・・

やはり、客観的に理解しようと歩み寄るのは、
大人である先生側であるべきなのではないだろうか・・・

私ももちろんそうだが、
「先生」と呼ばれる職種は、自覚の有無にかかわらず
どう少なく見積もっても、相手からすれば「権力者」にすぎない。

その自責の念を常において、
下りている、下りていく「謙(へりくだ)りのこころ」を常に持たねばならない。


はてさて・・・

結局、この生徒の書道8段は、文科省認定で
履歴としてちゃんと書ける8段だった。

ああ・・・

その先生は、今からでも遅くない・・・
自分の早合点と暴言をきちんと詫びたほうがいい・・・


ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 内申 発達障害

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

ソフトボール 昭和 発達障害 人工台風 いのち  千島学説 令和 「意見には個人差があります」 樹木希林 受験 出版 穀雨 長良川 クラウドファンディング 幸田露伴  自民党憲法改正案 母の乳房 本質 数霊 直霊 ダンス いのちあるものがいのちあるように マズロー 健康寿命 人工地震 自動詞 自然 踊り  言霊 宮沢賢治 教育 平成 自己実現 腸内細菌 ワクチン  ベーシックインカム 朱蒙 宙の言の葉  学び 山本太郎   深意   仮想通貨 リニア 特別会計 中西進 か・かた・かたち  犬山祭 年金 進路 5段階欲求 自民党 せっけん 日日是好日 言葉 存在 木曽川 玄徳 姫川薬石 緊急事態条項 本間真二郎 自己表現 菩薩行(相談行)  漢字 人生の栞 AI MMT 本庶佑 物部 三種の神器 新元号 著作権 赤ちゃん 合格 幣原喜重郎 乾布摩擦 銚子川 教育実習 さだまさし 自然体 チャン・ヨンシル 多様性 船瀬俊介 オリンピック 小沢健二 抗生物質 花結び 希望 知性 山怪  台風 カゼインフリー 発達凸凹 グリテンフリー  時間 シェアエコノミー AI 灯油 ボランティア  IOT 占い 歴史 緩和チャレンジ 台風25号 電車 3つの間 精霊  ゴッドゾーン 尾張 神秘 性別 AddCafe タンカー 岐阜 空間 勉強 副業 個性 参院選 永尾 りんご 雄二郎 人工 芸術 5G 金華山 散歩 観る 自民改憲4項目  弱さ 天地人 3M 寛容 エネルギーバンパイヤ 地球温暖化 お金の大根化運動 太陽光パネル  両班 大衆酒場 老子 欠け 不食 医療 老害 本当に出会う トランプ 樹木 遊び GPIF 不合格 教師 近藤誠  植福 セッション 予想 東海大会 流す 予測 ひまわり 死者 花火 異常気象 タイブレーク 妄想 吾ただ足るを知る 離れる 医者 カウンター パナマハット 退化 素頭 菩薩行 月のほほえみ 豪雨 高校地学 人間万事塞翁が馬 理科 集中豪雨  気象操作 進化 猛暑日 優勝 米軍台風情報 予報 小飼弾 自然療法 再会 太陽光パネルの害 台風10号  働き者  アップデート  酷暑 電気 猛暑 気象庁 畏敬  語りえぬものについては、 青いインク 赤い感情 障害者雇用水増し 沈黙しなければならない 富士山 落語  釣鐘雲 傘雲 陰徳  同意感 違和感  自閉症スペクトラム  天高く 魂魄 中島みゆき 個人の能力 まる ばか やわらかい社会 沖浦和光 感受性 日本書紀 古事記 シュメール 茨木のり子 支配欲 一病息災 幽玄 鵜飼い 自己愛性パーソナリティ障害 上古代 無知の知 名言 木曽三川 諫早湾 長良川河口堰 LGBT 子育て ソクラテス ガンディー 人間性なき科学 国連 宇宙戦争危機誘発需要 スピリチュアル産業 上野 アメリカ戦 初動不可トレーニング  小諸市 世界ソフトボール 老人力 聖句 神社 キリスト教会 サマータイム ランチ インスタ 台風13号 ペンジュラム スピリチュアル あの世とこの世 スポーツブル 惜敗 ピケティ r>g 2030年 美学 讃美歌 越境台風 甲子園 民族 古代 神隠し 地祇 天孫族 闇権力 金足農 医師誘発需要 治療 自由研究 eスポーツ 禍福は糾える縄の如し 異界 上野選手 ミッドウエイ 百名山 ノーサイン野球 大人 「うがった見方でごめんなさい」 医療ドラマ 尾畠さん 飛ばす まあるく 一抹の不安 東京地方裁判所 期待 神経経済学 禍福は糾(あざな)える縄の如し 破産 印税 地獄に仏 をちこち 「感じて、漢字の世界」 クーリイングオフ  霊感 高額セミナー  食レポ 石切のおばあちゃん  龍と桜 万物は流転する 人の噂も七十五日  洗脳 劣等感 優越感 陰陽 個人的意見 保育園 蛇の目 光るキノコ 「さう(そう)ならうとする生命体」 銀河鉄道の夜 ヒヨドリ  太江寺 韓国ドラマ  火の民 仮想水 80年前の涙 オオルリ 死にゆく練習 学習支援塾Oneness 生き切る練習 かぐや姫の物語 人を恨まば、穴二つ  旅は道連れ世は情け 随想 成長 おかげさま ドラマ 操作 自動書記 伊吹山 ガリバー旅行記 御嶽 恵比寿様 瀧原宮  気づき 分断 エネルギーバンパイア 自己責任 太占(ふとまに) 弥彦神社 ブラック労働  十人十色 ソラノモリ文庫 ほぼ木曜日 開店 Simple あらがわない 木陰 流行 丁寧 スピリチュアル好き エアコンなし いのちを育てる 宙結び Oneness 振り子の法則 塞翁が馬 一事が万事 モーゼ Cafe 世間の常識が自分の非常識 不安と恐れ タロットアシャイング 肉を食べない 仙人 自動 兼業 シェアリングエコノミー メンタル プレッシャー ソフトボール投げ ハンドベースボール ダイビングキャッチ 人生初の師 愛知 地域通貨 物々交換 ちゃんと負ける 腐らない心 天文は人文 藤山寛美 学力テスト 自動翻訳 病気 古澤平作 倫理 働き方改革 自営業 お坊さん 月相 文殊菩薩 維摩居士 足腰とコミュニケーション 結婚観 アナログ 遠漂浪(とおざれき) 巫女文学 お手本 石牟礼道子 苦海浄土 自動運転 不便 古本 未完 求道 謙虚 バイオリズム 古代月 懐メロ 山口百恵 高い電気代 地球(テラ)へ 一物全体 運転手さん 認められる 狭き門 選択肢 考える  パスカル 情報・広告 びわの種の粉 祭事 縄文 水を得た魚 笑い 神香月 東北 プロ 不服従  ガンディ 心の水脈  ビワ 同情 共感 人間関係 半農半X 経済を選ぶ 地球へ 今世 陶酔 ロマニー マイノリティ 小満 幸せ フィンテック 糸と布 瞬発力 江夏の21球 名鉄 立夏 人生時計 ドラゴンズ 孤高の冬 木曽川中学校 ウイニングボール 人間の性 SwiftDemand 白拍子 黒人 ぴよさんランチ 恩師 権力 空(くう) 人生のかたち 尊厳 夜逃げ 音読会 須永博士 詩歌 オキテ DeepRiver ゆるし 笑かす 動物 かっぱ 自己解放 アンダーグラウンド 自分は自分にしかなれない イサドラ・ダンカン JUJUWORKS からだから 記憶  絞る 木曽川水系連絡導水路 おかげ 六角形 せいで 普遍の法 絶望名言 カフカ 六芒星 籠目 継体天皇 スベクヒャン 淡墨桜 ~のせいで ~のおかげ ケムトレイル でんがく 古代日本 安心安全 古代史 花見 コンクリート住宅は9年早死にする 一之坪公園 14 音霊 桃源郷 からくり 清明 REIWA 形霊 手白香皇女  ぼっち 教科書 おひとりさま 詰め込み教育 家電 ゆとり教育  空き家 発達障害コミュニケーション初級指導者検定 発達凸凹変換 看板 合理的配慮 空き地 デジタル 千代の富士 若松屋 天平庵 虎屋 和菓子  東京大学 上野千鶴子 二十四節気 大相撲 ブログ  スピーチ WOODJOB 木造 発達凸凹かも!? 天は自ら助くる者を助く 冬と春の間 署名 人事を尽くして天命を待つ 辺野古 当事者研究 DL法拡大 もとの濁りの田沼こひしき 石井紘基 白河の清きに魚もすみかねて 田中角栄 です、ます調とだ、である調 心技体 心から光る人間 三重県 支援 ファーストペンギン 妻問い婚 挑戦 農薬 高温 神代文字 運鈍根 若いときの苦労は買ってでもせよ 古い教育 組織 ハングル文字 3.11 卒業生 詐欺 日本の賃金 財務省 三橋貴明 イチロー 哲人 貧困 桜前線 恥と罪  熊本地震改ざん 信念 信頼 春分 余白 年金機構 炎上 核融合科学研究所 土岐 志村ふくみ あみま俱楽部 小川淳也 風邪 医療利権 根本大臣不信任決議案趣旨弁明 地震データ改竄 NHK 不寛容 大須観音 職人 平均 ほんもの メモ #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 自作自演 紫陽花 花言葉 宙船 スマホ イラン ホルムズ湾 すずめ 無茶苦茶劇場 金融庁 情報リテラシー 社会保障 実験 Wi-Fi 熊野 電磁波 ボタン 李氏朝鮮 華麗なる両班たち 2000万円足りません バベルの塔 選挙 情報 ファシズムの初期症候 沖縄 暴走する圧迫感 乙女座 あきれる政治 野党共闘 前川喜平 鈴鹿講演会 性分 門番 御輿を担ぐ 安倍首相総括 1分で分かる政党の選び方 検証 与党の嘘 加計問題 憲法改正案 ミスチル 歯車 2019参院選 自民党改憲案 少女 翻訳 英語教育 人権 自助 映画「新聞記者」 内閣人事局 忖度 高校総体予選 高血圧 無財の七施 財政破綻しません ぽっこりお腹  日本人減少 三点倒立 女王の教室 現代貨幣理論 かんさい情報ネットten. 剣璽(けんじ)等承継の儀 男女 昭和歌謡 Amazonプライム ゴミ 樹下石上 自分軸 カキツバタ 竹の花 平成最後 恩赦 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず スピード 憲法第九条 白川静 ええじゃないか スナック 赤ちょうちん ゲーム脳 湾岸戦争 私立Z学園の憂鬱 ビワの種の粉末 Theory=現代貨幣理論) Monetary 地震雲 MMT(Modern 小泉進次郎 名実 令和ピボット 種子法 イタイおもてなし 国策=無策 チンドン屋 痛み 後の祭り 10年 お金のブロック!? がんばる 鴻上尚史 7RULES(ルールズ) 経済 安部芳裕 税不要 リテラシー 消費税不要 お金 銀行 発達凸凹グレーゾーン 愛情障害 メタトロン シャンプー からだ  THINK 欲望  十円玉ハゲ シルバーバーチ 牛乳 好転反応 ハゲ 純せっけん成分100% マザーテレサ 扶余 宝島社 ゼロ  藤の花 いのち音叉 円空  TPP マイクロチップ ナノチップ サヨン  Japanファースト アユ 安心 1000年目の望月 雄日ヶ丘公園 藤原道長 柿本人麻呂 報道の自由度 社会的共通資本 銀杏 明治維新 飯島秀行 フリーエネルギー セラピー的な社会 屋上屋 消費税増税の政府対策 水道の民営化 そもそも 微生物 企業的な社会、セラピー的な社会 かりん Cafeな一日 ヨーソロー  カルロスゴーン 独立独歩 唯我独尊 FTA Money マイケル・ジャクソン 周波数 4096HZ しあわせ 舟を編む 時間が与えられたわけ ノーベル賞 教師像 沖縄知事選挙 モットー 徳山ダム 教科と狂科 神は細部に宿る 発酵 酵素ジュース 民主党時代 手間 仲間 時分の花 演劇 チャン・オクチョン 韓国歴史ドラマ 大阪 ダンサー わたしは、わたし 時間・空間・手間 間抜け 3つの間 米軍台風進路予想 地蔵  祭り 成績 火鉢 ヒポクラテス  こころ  快癒力  長良川薬石!? 鉱物 不調和 気象コントロール 随筆  消費 夏目友人帳 あやかし 生野菜 前夜祭 まつり縫い 狂科 犬山 風が吹くと桶屋が儲かる ゴミ拾い 2年の法則 入り口 松野屋 栄楽 AddCafe俱楽部 9条球場 息抜き アンフェア 国民投票 アウトプット 通販生活 火と食 同じ釜の飯 平成くん 平成さん みかづき  くまモン インプット RAS 知ってはいけない隠された日本の支配構造 米軍基地 還暦 60年  日記 矢部宏治 合格おみくじ ことわざ 味噌 スマートグリッド オフグリッド 色霊 失意が前提の喜劇 掲示板 授かりもの 化粧 土鍋 待つ モーニング 望聞問切  三寒四温 オランダの教育 他山の石 猫パンチ 利休百首 人工災害  第三の石油 面接 ハケン占い師アタル  再生可能エネルギー発電促進賦課金 大寒 遊川和彦 厚生労働省の毎月勤労統計調査 偏差値 データ 15歳 名前 私は貝になりたい 初日の出 熊本 わたしはわたし 開き直り 明日は我が身  小難が無難 山添 デジタルハリウッド大学 心臓 杉焼き料理 内申 狩猟民族 ストーブ 元気 大難が小難 ガソリン  ピアス 邪気  ファイブヒーリング 鄭和 聖徳太子 そばきり萬屋助六 関市 卒業生男子 救世観音 法隆寺 ねほりんぱほりん 井戸 日本が売られる 2018漢字 ワーキングプア TPP11 2018年ボーナス 大本営発表 2019 謹賀新年 悠陽に 知ることは防御なり 辻占 しいたけ占い 希望の種 2018 you 本の要約 flier 修学の四標的 脳の汎化作用 一芸は道に通ずる 母の自叙伝 惜福 LINE早押し選手権 Thank 石垣りん #MeToo 分福 おちこぼれゼロ法 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる