FC2ブログ

樹下石上126・・・とあるサイトのQ&A

お陰さまで、以前ここでもあげさせていただいた
発達障害グレーゾーンの生徒さんの就職が決まりました。

ここに書いたり、お話ししたりすることで
本当に色々な方から応援をいただきました。

ありがとうございました。

発達凸凹(発達障害)

たった一人の生徒さんですが、
実に多くのことを彼から学びました。

もちろん、朝が起きれず、
よく遅刻する彼ですから
これからもきっと大変でしょう。

なにもかもこれからですが、
なんとか周りの理解を得つつ、
頑張ってほしいと思います。

小さな挑戦

彼とのことは、この「小さな挑戦」から始まりました。

発達障害について考えることは、
人権とか権利とかそういった近代に生まれた
かっこのいい言葉の大きなレベルのことだけではありません。

もっと身近で、もっと日常的なことです。

いのちとはなにか?
またそのいのちに対してどう向き合うか?

そういう話です。

今までの世の中は、凸凹と言っても規格内の凸凹でしたから
世の中もそうやって回っていきました。
(おそらく排除したためそうできただけですが)

しかし、これからの凸凹は、規格外です。
想定外です。

だからこそ、今までの認識では
きっと本人も周りもうまくいかなくなるのでしょう。

以前彼のことで、発達障害のある有名サイトのQ&Aに
質問をしたことがあります。

そこは、当事者の家族がQ&Aし合える交流の場でした。

「グレーゾーンの彼にとっては
あまりにも理不尽な宿題が出されたので
彼ができる宿題にしていただけるように
合理的配慮を学校側に依頼してもいいか?」

ざっくり言えばそういう内容で尋ねました。

するとどうでしょう。

たしかに善意ある回答もありましたが、

「合理的配慮を振りかざすのはどうか」
「合理的配慮はなんでもしてもらえるという魔法ではない」
「そこまで宿題が出るということはそれまでに
なにか生徒に問題があるのではないか」
「問題がある場合、配慮なんてしてもらえませんよ」

なかなか手厳しい言葉が帰ってきました。

なかでも一番意外だったのが、

「いつか社会に出るんだったらそれぐらいやれるように
していくのが親や指導者(先生など)の役目・・・」

まるで昭和のど根性論・・・

そこに、ベストアンサーの拍手がたくさんくる・・・

その回答者は、発達障害のお子さんを3人お持ちの方でした。

わたしは不思議な気持ちになりました。

たしかに我が子を思うからこそ、そういう回答になるのでしょうが、
わたしには、なにか社会に立ち向かうための
窮屈な強がりのように思えました。

発達障害の子を抱える世のお母さんは、
こうやって鎧を着ないと生きていけない今の日本なんだな・・・

そう感じました。

ただ、このQ&Aをみた他の同じ状態の当事者や家族は
絶望を感じ、二次障害、三次障害へと繋がりかねない・・・

そうとも思いました。

たしかに発達障害の子供も叱らなければならないときはあります。

しかしそれはあくまでも、彼らをよい方向へ持っていくための
方法のひとつです。

社会に合わせるためにしかるのではありません。

しかも合理的配慮は、精神論で語ることではなく、
あくまでも手順の問題です。

あることを成し遂げるのに、

A→B→Cとすんなり行けてしまう子を
学校や社会に適応できている場合とすると、

A→b→b→b・・・・→c→c→c→・・・・→C・・・・
という感じの子が発達障害の子です。

また、スモールbでよしとすることです。

規格外の彼らだからこそ、
規格外の援助がいるときがほとんどです。

そのときの「特別な注文」を合理的配慮というのです。

特別な注文

できるものはできるように、
できないものはゆっくりとそれなりに・・・

そういうことです。

いつか社会に出て、やっていけるようになるためだからこそ
特別な注文で規格外の支援伴走がいるのでしょう。

そうして、ゆっくりと理解者と援助者を増やしてあげながら
自己肯定感と達成感を重ねさせていくことが必要なのです。

人間は、人生で攻められるようになるためには
守られ、支援され、伴走される体験がいります。

これは、発達障害であろうがなかろうが皆同じです。

守られている(た)体験があるからこそ、
やってみようという外へのエネルギーがわき起こるのです。

特に、小さい子は当たり前ですが、
社会に出る前の中学生高校生でも同じです。

つまり、最初に必要なことは、
彼らのような特質の生徒たちへの理解と受容なのです。

それがないので、
二次障害・三次障害へと繋がってしまうのです。

障害を、個人や家庭が背負う時代から
社会全体が理解受容し、支援伴走ができる環境に
成熟させる時代へと移していかなければ行けません。

社会に出たらやらなければいけないから
できない子を全面的に社会に合わせ
鍛えなきゃいけない・・・ではなく、

社会に出なきゃいけないから、
理解、受容、支援伴走を用意するのです。

甘えさせてはいけない「甘え」と
甘えていい「甘え」・・・

特別扱いすることと
放っておくこと・・・

なかなか難しい境目ですが、
十人十色、その時その場で見きわめこそが
今後の大きなポイントです。


①好きなことを続けさせる

②話したがることは最後まで聞いてあげる

③すぐに否定をせずに本人に考えさせる

そのときは、この「ポジティブフィードバック」が
ヒントになることでしょう・・・


いずれにしても今の日本では、
専門のサイトでさえ前述の様相ですから、
道のりは長いかもしれません。

しかし、わたしはそういう世の中が普通になるように
探求し実践し続けたいと思っています。

皆さんのいい知恵や情報がありましたらまた教えてください。


ブログパーツ
スポンサーサイト



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 発達障害 凸凹 伴走 支援

春、立春のころ⑬・・・発達障害 支援の遅れ

いまや、発達障害の子どもは10人に一人と言われています。

三重県の公立小中学校における
通級指導教室在籍者数および設置学級数をみても

H17 270人
H26 708人

と約10年で約2.6倍になっています。

高等学校における発達障害の可能性のある生徒の在籍率は、
H25で1.4%です。

※通級指導教室とは、小・中学校に通う比較的障害の程度が軽い子どもが、通常の学級に在籍しながらその子の障害特性に合った「通級による指導」という個別の指導を受けるための教室です。

これはあくまでも、データに上がっている数値だけです。

親御さんによっては、
お子さんが発達障害&グレーゾーンであることに気が付いていなかったり、

「障害」ということばから、恥ずかしいことだと通級指導教室を躊躇され
そのまま普通学級に在籍したままということもあります。

高等学校に至っては、
制度や認知・理解の遅れもあって
保護者の方の認識がなかったり
学校の対応が遅れていて、潜在的に多くの生徒が
そのままにされていることが多いと思います。

高校では、通級指導教室さえないのではないでしょうか。
今のところ聞いたことがありません。

つまり、潜在的にはもっと多くの児童生徒が
発達障害であったり、グレーゾーンであるのに
そのまま一律の指導を受けていることが多々あります。

私が気になるのが、
制度の遅れと保護者の方・学校現場での理解・支援の遅れです。

まず、日本での法整備の現状です。

【特別支援教育にかかる制度等の経緯】
平成 17 年 4月 発達障害支援法の施行
平成 19 年 4月 改正学校教育法の施行
平成 20 年 3月 幼稚園教育要領および小中学校学習指導要領の改訂
平成 21 年 3月 特別支援学校および高等学校学習指導要領の改訂
平成 23 年 8月 障害者基本法の改正・施行
平成 24 年 7月 共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築
のための特別支援教育の推進(報告)
平成 25 年 6月 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律の制定
(平成 28 年4月施行)
平成 25 年 9月 学校教育法施行令の一部を改正する政令の施行 平成 26 年 1月
障害者の権利に関する条約の批准

ここ三重県の 「特別支援教育推進基本計画」は
平成27年度から平成31年度まで の5年間の計画です。

やっと、ここ数年で動き始めたばかりです。


国際調査から見える日本の教職員の意識をみても、
2013年に実施された、OECD国際教員指導環境調査では、
日本における学校での合理的配慮の提供の率の低さが際立っています。

この調査で、「多様な指導方法を用いて授業を行う」ことについて、
自信があると答えた割合は、参加国の平均が77.4%であったのに対し、
日本は43.6%です。

また「多様な評価方法を活用する」ことについては、
参加国の平均が82%であったのに対し、日本は26.7%で、
平均値の1/3しかありません。

この意識の低さは、文科省自体が
「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある
特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」を
(結果は、6.5%に上っている)
H24年(2012年)から更新していないことも影響していると思います。

三重県でも、教育委員会の資料を見る限り
学校管理職対象の研修が、2016年しか実施されておらず
発達障害者やグレーゾーンの児童生徒への理解・認知が
まだまだ十分とは言えないと思います。

2016年の研修でお話をされた、
関西学院大学 教育学部教授 丹羽 登(にわ のぼる)さんは言います。

「6.5%という数値は、小学校1年生から中学校3年生までの平均値です。
学年別に見ますと、小学校1年生の段階で9.8%で、
学年が上がるに従って減っていきます。

その背景には、年齢が上がるほど、
子どもが自分が抱えている困難を隠すようになることや、
先生も文字を書いているかどうかのチェックを
あまりしなくなってくることなどがあると思われます。

そう考えると、小学校1年生の9.8%というのが、
一番実態に近いかもしれないのです。

ここに特別支援学校や特別支援学級の子どもを加えると、
十数%いると考えることもできると思います。」


残念なことに、日本は他の先進国に比べて
特別支援教育が随分と遅れているという事になります。

国自体の遅れの上に、
上意下達の政治・教育システムのために
三重県ではもっと遅れているという事態になっています。

つづく・・・


ブログパーツ




theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 三重県 発達障害 支援

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

東北  発達障害 人工台風 樹木希林 令和 千島学説 MMT 幸田露伴 受験 山本太郎 自立 言葉 南海トラフ 大西つねき 本質 教育 自民党憲法改正案 緊急事態条項 数霊 母の乳房 健康寿命 マズロー 参院選 朱蒙 学び 人工地震 自己実現 腸内細菌 ワクチン 特別会計  自然 言霊   玄徳 自然体  年金 山形 自己表現 5段階欲求 せっけん 花結び  進路 リニア 存在 選挙 日日是好日 か・かた・かたち 人工災害 財務省 両班 姫川薬石 漢字 中西進 深意 本庶佑 自民党 犬山祭 AI 民間試験 本間真二郎 十二国記  芸術 グリテンフリー 大衆酒場 樹下石上 カゼインフリー 岐阜 台風25号 台風 欠け  老子 職人 教育実習 太陽光パネル 3つの間 地球温暖化 オリンピック 一月家 乾布摩擦 物部 自民改憲4項目 不合格 IOT 老害 山怪 ボランティア 著作権 新元号 三種の神器 緩和チャレンジ  火鉢 5G 散歩 空間 小沢健二 時間 船瀬俊介 多様性 赤ちゃん ペンジュラム 銚子川 花火 随筆 寛容 性別 抗生物質 希望 GPIF 灯油 合格 弱さ 近藤誠 勉強 電車 山口百恵  五十肩 子育て トランプ 安倍政権 柳ケ瀬 発達凸凹 原発 遊び 雄二郎 ボンボン時計 家電 幣原喜重郎 医療 桜を見る会 りんご 池上彰 MMT PC タンカー 支援 人工 歴史 永尾 植福 AddCafe 消費税不要 舟を編む 時間・空間・手間  発酵 間抜け  時間が与えられたわけ ゼロ 鉱物 長良川薬石!? 神は細部に宿る 円空 いのち音叉 徳山ダム 藤の花 宝島社 モットー 周波数 木曽川水系連絡導水路 教科と狂科 4096HZ 酵素ジュース 祭り 夏目友人帳 消費  ゴミ拾い 教師像 2年の法則 風が吹くと桶屋が儲かる 沖縄知事選挙 成績 しあわせ こころ   ヒポクラテス 入り口 手間  生野菜 気象コントロール 前夜祭 まつり縫い 不調和  快癒力 ノーベル賞 松野屋 犬山 狂科 あやかし 仲間 かりん 開き直り デジタルハリウッド大学 わたしはわたし 明日は我が身  心臓 元気 内申 ねほりんぱほりん 杉焼き料理 狩猟民族 ストーブ 山添 小難が無難 聖徳太子 法隆寺 鄭和 ピアス  救世観音 卒業生男子 大難が小難 ガソリン 関市 そばきり萬屋助六 井戸 一芸は道に通ずる ワーキングプア 日本が売られる TPP11 大本営発表 2018年ボーナス 2018漢字 2019 辻占 しいたけ占い 希望の種 謹賀新年 2018 you flier 母の自叙伝 本の要約 修学の四標的 脳の汎化作用 惜福 分福 Thank LINE早押し選手権 石垣りん #MeToo 邪気  ハゲ 好転反応 純せっけん成分100% 十円玉ハゲ  シルバーバーチ 牛乳 Cafeな一日 微生物 ヨーソロー 安心 アユ シャンプー メタトロン マイクロチップ ナノチップ サヨン  Japanファースト 扶余 マザーテレサ からだ  欲望 THINK 企業的な社会、セラピー的な社会  消費税増税の政府対策 屋上屋 明治維新 銀杏 雄日ヶ丘公園 セラピー的な社会 飯島秀行 ファイブヒーリング AddCafe俱楽部 栄楽 フリーエネルギー 1000年目の望月 藤原道長 FTA 独立独歩 Money マイケル・ジャクソン カルロスゴーン 唯我独尊 そもそも 柿本人麻呂 社会的共通資本 報道の自由度 水道の民営化 TPP 落語 月のほほえみ 菩薩行  気象操作 集中豪雨 医者 離れる 素頭 退化 パナマハット カウンター 吾ただ足るを知る 理科 豪雨  考える パスカル 認められる 運転手さん 狭き門 選択肢 高校地学 人間万事塞翁が馬 禍福は糾える縄の如し 絞る 進化 猛暑日 再会 気象庁 太陽光パネルの害 自然療法 小飼弾 タイブレーク 東海大会 予想 予測 ひまわり セッション 異常気象 優勝 米軍台風情報  酷暑 働き者  アップデート 猛暑 電気 予報 台風10号  妄想 懐メロ 高い電気代 自動運転 不便 巫女文学 遠漂浪(とおざれき) お手本 謙虚 求道 結婚観 倫理 アナログ 古本 未完 石牟礼道子 苦海浄土 尊厳 夜逃げ 恩師 ぴよさんランチ 権力 オキテ 詩歌  ビワ 音読会 須永博士 古澤平作 病気 プロ 心の水脈 縄文 祭事 水を得た魚 ガンディ  一物全体 地球(テラ)へ 情報・広告 びわの種の粉 不服従 笑い 神香月 自営業 足腰とコミュニケーション 働き方改革 自動翻訳 まあるく 維摩居士 文殊菩薩 古代月 バイオリズム 月相 お坊さん 死者 流す 悠陽に ばか  釣鐘雲 傘雲 やわらかい社会 長良川河口堰 LGBT 国連 名言 木曽三川 諫早湾 富士山 沈黙しなければならない 魂魄  中島みゆき 個人の能力 まる 陰徳 障害者雇用水増し 語りえぬものについては、  青いインク 赤い感情 人間性なき科学 ガンディー 大阪 韓国歴史ドラマ おちこぼれゼロ法 学力テスト 一病息災 チャン・オクチョン 時分の花 地蔵 米軍台風進路予想 わたしは、わたし ダンサー 演劇 幽玄 鵜飼い シュメール 古事記 上古代 無知の知 ソクラテス 日本書紀 沖浦和光 自己愛性パーソナリティ障害 支配欲 茨木のり子 感受性 天高く 同意感 アメリカ戦 世界ソフトボール 上野 初動不可トレーニング  老人力 サマータイム 讃美歌 越境台風 聖句 神社 キリスト教会 小諸市 ランチ 台風13号 スポーツブル スピリチュアル あの世とこの世 飛ばす 惜敗 美学 インスタ ピケティ r>g 2030年 ミッドウエイ 上野選手 治療 医師誘発需要 天孫族 地祇 甲子園 金足農 闇権力  違和感 自閉症スペクトラム 宇宙戦争危機誘発需要 スピリチュアル産業 民族 古代 ノーサイン野球 尾畠さん 百名山 畏敬 異界 医療ドラマ 「うがった見方でごめんなさい」 神隠し 自由研究 eスポーツ 大人 3つの間 火と食 番丁庵 荒了寛 八戸 グッズ リニアいらない 履歴書 立石寺 十和田湖 水やり当番 新潟 アゴダ 宿 八甲田山 休み カーテン エアコン 最高気温 異常震域 反抗期 和而不同(わじふどう) ステファニー・ケルトン 遮光カーテン 始める自由とやめる自由 レイチェル カーソン 沈黙の春 沈黙の夏 オセロ 食事 居酒屋 ピープル・ウイズ・スペシャルニーズ 家事 インフルエンサー コップの淵 粘着ゴムパット 18歳成人 無断キャンセル ブログ引っ越し 日本は破綻しません 災害 IMF 自閉症 東田直樹   宮沢賢治童話村  十力の金剛石 クラゲ 鶴岡 加茂水族館 日本酒 酒縁しょう栄 遠野物語 死の海 岩手  北前船 未来を信ずる歌 ドン・ガバチョ ファシズムの初期症候 沖縄 スマホ 宙船 ホルムズ湾 イラン 少女 自民党改憲案 翻訳 英語教育 歯車 ミスチル 2019参院選 すずめ 花言葉 2000万円足りません 金融庁 華麗なる両班たち バベルの塔 李氏朝鮮 情報 無茶苦茶劇場 #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 平均 紫陽花 ほんもの メモ 自作自演 忖度 内閣人事局 民主党時代 望月記者 安倍首相総括 御輿を担ぐ 検証 1分で分かる政党の選び方 公明党マンガ 特高 吉田拓郎 アジアの片隅で NO安倍政権 憲法 安倍政権NO 与党の嘘 門番 憲法改正案 加計問題 自助 人権 映画「新聞記者」 前川喜平 鈴鹿講演会 乙女座 性分 暴走する圧迫感 あきれる政治 野党共闘 内閣改造 中田敦彦 南海トラフ80%の内幕 お金がない世界 大西つねき×長島龍人 お金のいらない国のつくりかた 日本人はどこから来たのか 長島龍人 石垣のり子 サクラ(オトリ) マクガパンレポート 安保徹 針のじいちゃん 高校生 日米FTA 山の民 海の民 ホ・ジュン 北風 針治療 Waves Beyond the 空虚 田毎 大学入試改革 じいちゃん 教育改革 キリスト教  マトリックス 信楽 日本の貧困化 政府の嘘 生活保護者 温暖化 眼鏡 地球温暖化!? 戦う人 先生 伊勢神宮外宮➡外宮前参道 山口屋 黒野さん 経験 世間知らず 対話とあそび 冷水痛 さつまいも ファクトチェック 生姜 野菜スープ 広島カープ 毒素 いのちの歌 数字 苦しみ 内閣支持率 会釈 お金がいらない国 えこひいき 地震 故障 ワイヤレスキーボード 剪定 Cafe 熊谷晋一郎 おかげさまおたがいさま 自信 さかさま 凸凹 伴走 抗菌 朝ドラ 関電 遠甫 自分の心を育てる 自分流 おかげさまで 離婚 結婚 ASD(自閉症スペクトラム) お金のシステム 読書 台風15号 伏礼を廃す 清秀 陽子 初勅 千葉First ふるさと 矯正展 スクラップ&ビルト 学校 謙遜 誠実 人災 正直 筆算定規問題 地震利権 十一面観音 ごんぎつね 薬膳料理 大願寺 宇陀 Kindleアプリ 台風19号 New GMO 山田正彦 鉄則 憲法改正 サラダ記念日 俵万智 たいわけんぽう 責任 インフルエンザ 備え 忙しい ボタン 社会保障 発達凸凹かも!? 天は自ら助くる者を助く 冬と春の間 署名 人事を尽くして天命を待つ 辺野古 当事者研究 DL法拡大 もとの濁りの田沼こひしき 石井紘基 白河の清きに魚もすみかねて 田中角栄 です、ます調とだ、である調 心技体 心から光る人間 ファーストペンギン 三重県 妻問い婚 農薬 発達凸凹グレーゾーン 挑戦 高温 神代文字 運鈍根 若いときの苦労は買ってでもせよ 古い教育 組織 ハングル文字 3.11 卒業生 貧困 桜前線 日本の賃金 詐欺 哲人 三橋貴明 信頼 信念 木造 WOODJOB  恥と罪 熊本地震改ざん イチロー 春分 炎上 あみま俱楽部 年金機構 核融合科学研究所 志村ふくみ 土岐 小川淳也 NHK 医療利権 余白 風邪 根本大臣不信任決議案趣旨弁明 地震データ改竄 愛情障害 他山の石 国民投票 アンフェア 通販生活 アウトプット RAS インプット 9条球場 息抜き  みかづき くまモン 同じ釜の飯 ブラボータキガワ 味噌 ことわざ 60年 還暦 日記  熊本 初日の出 知ってはいけない隠された日本の支配構造 米軍基地 オフグリッド スマートグリッド 色霊 合格おみくじ 矢部宏治 平成くん 平成さん 待つ 土鍋 望聞問切 モーニング 第三の石油  授かりもの 化粧 猫パンチ オランダの教育 利休百首 三寒四温  データ 偏差値 再生可能エネルギー発電促進賦課金  大寒 掲示板 失意が前提の喜劇 面接 ハケン占い師アタル 名前 15歳 私は貝になりたい 厚生労働省の毎月勤労統計調査 遊川和彦 コンクリート住宅は9年早死にする 一之坪公園 男女 かんさい情報ネットten. 昭和歌謡 Amazonプライム 女王の教室 現代貨幣理論 剣璽(けんじ)等承継の儀 ゲーム脳 がんばる 10年 鴻上尚史 7RULES(ルールズ) 湾岸戦争 財政破綻しません 無財の七施 スナック ええじゃないか 赤ちょうちん スピード カキツバタ 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず 憲法第九条 白川静  ぽっこりお腹 三点倒立 日本人減少 ゴミ お金のブロック!? 経済 令和ピボット 種子法 イタイおもてなし 国策=無策 名実 チンドン屋 高血圧 高校総体予選 実験 情報リテラシー Wi-Fi 電磁波 熊野 小泉進次郎 ビワの種の粉末 税不要 リテラシー お金 銀行 安部芳裕 後の祭り 痛み Theory=現代貨幣理論) 私立Z学園の憂鬱 Monetary MMT(Modern 地震雲 自分軸 竹の花 六芒星 籠目 六角形 おかげ 普遍の法 せいで ~のおかげ ~のせいで 手白香皇女  スベクヒャン 継体天皇 淡墨桜 カフカ 絶望名言 14 音霊 安心安全 古代日本 花見 古代史 形霊 REIWA でんがく ケムトレイル からくり 桃源郷 清明 和菓子 虎屋 空き地 合理的配慮 空き家  ぼっち 教科書 看板 発達障害コミュニケーション初級指導者検定 恩赦 平成最後 大須観音 不寛容 発達凸凹変換 おひとりさま 詰め込み教育 上野千鶴子 スピーチ 東京大学 天平庵 若松屋  ブログ デジタル ゆとり教育 千代の富士 大相撲 二十四節気 知ることは防御なり 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる