fc2ブログ

みんなすべていっしょだった

ワクチン接種が進んだ先進国では
これから激しいスポーツをするときは
用心した方がいいと思います。

心筋炎
脳梗塞などの血栓症など・・・

血液と循環に関する病が
今後深刻になる気配があります。





私たちは、血液について本当に学んだ方がいいです。

現代の血液学は根本から間違っています。

現代の遺伝と進化論は根本から盲点があります。


私たちは、

別々に見えるからと言って
それらが別のものだと認識してしまっている事象


いのち・身体に関してたくさんあると思います。


例えば、一番簡単な例ですが、水。


今の人たちで、ある程度の年齢になれば、

氷と水と水蒸気が同じものだと認識しています。

ところが一歳児、二歳児はどうでしょう・・・


空に浮かんでいる雲と、
いつも飲んでいる水が同じと認識できないのは当然です。


だって、違う風に見えているからです。


では、血液、遺伝、進化に関してはどうでしょう・・・


きっと私たちは、

本当は同じなのに、
ちがう風に見えるからと言って
別のものだと誤って認識しているもの
がたくさんあるはずです。


赤血球
白血球
細胞


これらはみな同じものの別の顔です。

そういって、ああ、知っていますよ、常識じゃないですか!

と言える人は今はそうそういません。


また、

ラマルクが

「進化は自然発生した結果」といったことと、


千島博士の、

「ウイルス・バクテリアの自然発生」とに

相似象を見出せるでしょうか?


「相似象」とは、
天然・宇宙・自然界・人間界を通ずる森羅万象は、
相似の象(ヒトツカタ)・・・

という考え方です。


実は千島学説を学んでいると
この相似の象(ヒトツカタ)の「カタカムナ」を思い出します。

カタカムナは、
見えない世界と見える世界を
つなぐ言霊のことで、

カタカムナ保存会 潜象物理学会HPによれば

「カタカムナ」とは、自然界・人類社会の
平和共存、親子・夫婦・友人の親和と健康な長寿など、
生命によいとわかっていることを
マットウに達成しうる為の「根拠」を示す上古代語です。



となります。


私たちは目に見えない事象、

ソマチッド
エクソソーム
ウイルス・バクテリア
赤血球
白血球
・・・・・
などと

細分化しすぎてしまって

本当は同じものなのに
別々に認識する罠にはまっているように思えます。

物質として細分化するにとどまらず
それぞれの役割までも細分化しています。

どれもが「共存共栄」「親和」に向かっているにすぎないのに
善悪を付けて役割を矮小化しています。

菌に、善玉菌、悪玉菌と名前を付けるようにです。



物質の細分化例は、
ウイルスとバクテリア(細菌)を分けてしまっていることです。

これ、全く同じものの別の場面です。


オギャーと生まれた赤ん坊時の写真と
その方の80歳の写真を見せられて

同一人物だとわかる人は少ないでしょう・・・


そういうことです。


今の科学は、

細胞は分裂で増えると言いますが、
最初の細胞がどうして生まれるかは説明してくれません。

われわれの身体はDNAという設計図で作られると言いますが、
ではそのDNA(設計図)は誰が書くのか?とか
DNA(設計図)そのものの組み合わせは誰が作るのか?

という肝心の問いには答えてくれません。


生物はある原始的なものから
枝分かれして進化すると言いますが

では、最初の生物はどうして生まれたのか?

そういう問いに対しての答えも曖昧です。



小さいころ、あの雲はどうしてできたのか?
(どうして急に見えるようになったのか?)

という疑問を持ったことがあるでしょうが、

そういった問いを「いのち」「身体」にも持つべきなのです。


宮沢賢治は詩を残しています。

星がさうならうと思ひ  
陸地がさういふ形をとらうと覺悟する
あしたの世界に叶ふべき  
まことと美との模型をつくり・・・
 宮沢賢治「竜(チャーナタ)と詩人(スールダッタ)」より




また、銀河鉄道の夜の最後、

黒い大きな帽子をかぶった男に
こんなセリフを言わせています。

「水は酸素と水素からできているということを知っている。
(中略)
けれども昔は水銀と塩でできていると言ったり、
水銀と硫黄でできているといったりいろいろ議論したのだ。」

「変な顔をしてはいけない。
僕たちのからだだって考えだって、
天の川だって汽車だって歴史だって、
ただ、そう感じているのなんだから。」

私は

「(ただ、そう感じているのなんだから) そうなった。

と続くような気がします。


「さあ、いいか。だからお前の実験は、
このきれぎれの考えの初めから終わりすべてに
わたるようでなければいけない。
それがむずかしいことなのだ。
けれども、もちろんそのときだけでのでもいいのだ。」


本当はきれぎれではないのです。

きれぎれに見える現象を
私たちはひとつのものだったと
認識しなおすことがこれからの時代特に大事です。


これは科学の問題ではないのです。

いのちの問題なのです。


わたしが先日上げた「遺伝に関わる要素」は
実はすべて同じものなのではないかと思い始めています。

①メンデルの遺伝学(DNA)➡分子遺伝学
②ダーウィンの自然(偶然)選択と分岐
③ラマルクの用不用の意思で進化
④親の環境×子供の環境・・・組織間のコミュニケーション
(ジェミュール・エクソソーム・ジャンピング遺伝子/垂直遺伝・水平遺伝)
⑤③が叶わない場合、不自由な環境を
   どう解釈するかという意思選択で進化




私たちの世界に
「分断」「別個」のものは
何一つなかったとわかり始めてきました。

これが、Onenessの一面なのでしょう・・・


わたしも、ジョバンニのように
銀河鉄道の切符をしっかり持っていようと思います。








スポンサーサイト



theme : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
genre : 心と身体

tag : いのち千島学説宮沢賢治

令和buzz62・・・ほんとうにほしいもの

銀河鉄道の夜…その終盤・・・

賢治がこの作品に投影したかった「問い」が
象徴的な二つの出来事を通して描かれています。

ひとつは、「鳥を捕る人」

もう一つは「青年家庭教師」

賢治が問いかけたかったテーマ・・・

それは、

「ほんとうのほしいもの」

「ほんとうのさいわい」


この作品は、
もうすでに死んでしまった人々と、
これからも生きて「ほんとうのさいわい」を
伝えていかねばならないジョバンニが
銀河鉄道という列車に乗り、様々な人と会話をしながら
天上であるサザンクロス駅まで旅をするお話です。

また、サザンクロス駅を過ぎてからの
ジョバンニとカンパネルラのシーン、
カンパネルラがいなくなった後もかなり奥深いです。

1924年の初稿以来、
1933年に賢治が死ぬまでの間に
なんと、4回も改稿してるところを見ると

賢治のこの作品への思い入れは
相当のものでしょう・・・

1922年に最愛の妹を亡くし、
1923年、教え子の就職依頼で
青森-樺太を鉄道で旅をしているところから
おそらくそこでこの作品の青写真ができたのではと思います・・・

対比として描かれている二人・・・

鳥を捕る人は、

・殺生をしている
・その材料で、生きるのには不要なお菓子を作って商売している
・ジョバンニが持っていたどこへでも行ける切符をうらやましがり
 気持ち悪いぐらい褒め、少しの嫉妬を持つ
・途中下車(消える)してしまう

一方、青年家庭教師は、

・2人の子どもを連れている
・おそらくタイタニック号の犠牲者
・タイタニック沈没時にせめて子供たちだけでもと
 ボートに乗せようとする
・しかし他にも多くの子供たちがいたことで押しのける気になれず
・このまま神様のみ前に行く方がこの子たちの本当の幸福だと思い
・そのまま3人とも犠牲になる
・天上と言われるサザンクロス駅で降りていく

私たちは生きるのに
何かを捕って生きねばならない・・・


しかし、いったい何を捕るのか?

それを私たちに問う場面だ。

ジョバンニが、鳥を捕る人が消える直前
心の中で問いかける言葉ある。

「ほんとうにあなたがほしいものは
いったいなんですか」


(賢治はわざわざ
ひらがなで書いている。)

そして、青年家庭教師が
船が氷山にぶつかって沈んでしまった事情を話し終えると
ジョバンニはこうも言います。

「(氷山の流れる寒い海で働く多くの人々がいて)
ぼくはそのひとのさいわいのために
いったいどうしたらいいのだろう。


乗車している燈台守はこう続けます。

なにがしあわせなのかわからないのです。
ほんとうにどんなつらいことでも
それがただしいみちを進む中でのできごとなら
峠の上りも下りもみんなほんとうの幸福に近づく
一あしずつですから


昨日改めてこの作品を読み返し
「ほんとうのさいわい」
自分に問い返したその時、

ふと見上げると
めくり忘れた日めくりが目に留まった・・・

これが応えなのだろう・・・

日めくり


少なくとも

必要以上に
トイレットペーパーやティッシュペーパーを
買いあさることではないようだ。




ブログパーツ


[スポンサーリンク]








theme : 死生観
genre : ライフ

tag : 宮沢賢治鳥を捕る人青年家庭教師

十力の金剛石 花巻、賢治に会いに

十力の金剛石は今日も来ない。
その十力の金剛石はまだ降ふらない。
おお、あめつちを充てる十力のめぐみ 
われらに下れ

              宮沢賢治「十力の金剛石」より


彼のこの哀しみ、切なる祈り・・・
まるで、庶民が搾取され続ける
今の日本、いや世界を言い当てている。

どこまでも奥が深く、
それでいいて、上空に突き抜け、
繊細で、斬新な彼・・・

それゆえ 時に予知者となる宮沢賢治・・・

恐らく私の一生をかけても
きっとたどり着くことはできない彼の世界観は、

今後、全人類にとって
探求と発見の連続になることと思う。

宮沢賢治童話村7

今回 花巻で彼の童話村を訪ねたことで
また素晴らしい作品に出会えた。

「十力の金剛石」

初期の作品らしいが、
私は全く知らなかった。

宮沢賢治童話村5

童話村、はじめて入った白い部屋・・・

その部屋に入った瞬間、私は涙が止まらなくなった・・・

「???」 の ぴよさんの横顔をしり目に
流れるままにしておいた。

その白い部屋には、さらに白い椅子が何台かおかれていて
自由に腰掛けることができる。

白の中の白...

大きな夜空の木の下の白い椅子に座ると
足元に文字が見えた。

宮沢賢治童話村2

「十力の金剛石」の一節だった。

そして十力の金剛石は
野ばらの赤い実みの中の
いみじい細胞の一つ一つにみちわたりました。


彼の言葉は、音であり、色であり、
やがて、幻燈になる。

こころが退化した私たちには、
彼の活字だけではもう十分な映像を引き出す力がない。

「十力の金剛石」

涙が出るほど美しいお話です。



彼は、ずっとずっと遠くに行ってしまって
現代のわたしたちが追い付けない場所にいることでしょう。

それでも私たちは、追いつこうと努力しなければいけません。

でないと人類が滅びてしまう気がするのです。

宮沢賢治童話村8



ブログパーツ

theme : 旅行、旅、ドライブ
genre : 旅行

tag : 東北宮沢賢治十力の金剛石宮沢賢治童話村

旅の終わりは「千と千尋の神隠し」

今日、PCを開いたらこんな記事が飛び込んできた。
千と千尋の神隠し:名ぜりふ1位は?

「千と千尋の神隠し」が先週の金曜日に
TVでやっていたからだろう。

わたしこれを旅の最終日の夜、
金沢で偶然見ていた。


ジブリ映画の中で、わたしが一番好きな映画かもしれない。

奥が深いからだ。

私の好きな名台詞は入っているのかなと
記事を読んだが残念なことに全く入っていなかった(笑)

「魔法で作ったんじゃ何にもならないからねぇ。」

このセリフが一番好きだ。

映画の中では、銭婆の登場シーン・・・

お守りの髪留めを
糸を紡ぐところから始めているシーンだ。

この世には魔法でかなえたいことが多いけれど
そういうものに限って魔法を使ってはいけないものが多い。

「おまえを助けてあげたいけど、
あたしにはどうすることも出来ないよ。
この世界の決まりだからね。」

そういって、銭婆は糸紡ぎを坊ネズミたちに手伝わせる。

この話で一貫していること・・・

それは自分の手足を使って事をなすこと・・・

その大切さを宮崎駿は説きたかったのではないか・・・


これは、ブラック労働がはびこる大企業の労働とは真反対にある。

偽の大量消費を促すための、大量生産ではなく

自分のなりわいを
自分の心を
自分の手足で育てること・・・

そういうことだ。

労働と心はセットなのだ。


人の痛みがわかるこころ・・・
思わず感謝で手を合わせるこころ・・・
誰かの役に立とうとささやかに動こうとするこころ・・・

その根底には、「労働」がある。


農業を芸術に高めようと呼びかけた賢治は
きっとそういうことを言いたかったのだと思う。

3宮沢賢治童話村


お店に何度も同じ相談で足を運ぶ人たちに足りないものがあるとすれば、
きっと、すぐに魔法に頼ろうとする安易なこころを捨てることだろうか…


「自分でやる」
「自分で決める」
「人のせいにしない」

ただそれだけで人生は好転する。


「おまえを助けてあげたいけど、
あたしにはどうすることも出来ないよ。
この世界の決まりだからね。」

あなたや私の神様はきっとそう言っておられる。

でもそれは冷たい突き放しではない。

むしろその逆で、あなたが生きてゆけると確信があるからだと思う。

「神様は、その人が乗り越えられない試練は与えない」

わたしたちは、自分の手足を使って
ただ、生きていさえすればいいと思う。


「芸術としての人生は老年期中に完成する」 宮沢賢治

中年から老年にかかる橋・・・
その袂まで来たわたし・・・

その時代に東北に行けたのは本当にありがたい。

東北の香りを連れてきた金沢の宿で
自分の人生、どこまで労働で育て、芸術にできるか・・・


そう思いながら「千と千尋」を見ていました。


宮沢賢治童話村4



ブログパーツ


theme : 旅行、旅、ドライブ
genre : 旅行

tag : 宮沢賢治東北

冬、小雪のころ⑨・・・リンゴとフリーエネルギーと教育

宮沢賢治の銀河鉄道の夜によくリンゴが登場します・・・

賢治がこのリンゴにそれほどこだわったのはなぜだろうと
心の隅でずっと引っかかっていました・・・

リンゴ

以前は、切った切り口が∞の形をしているので
いのちの輪廻や魂の永遠を語っていると思っていましたが

もう一つ、その示唆を得ることができました・・・

フリーエネルギーです。(トーラス)



この動画の前半・・・
そのことが述べられています。


フリーエネルギーとは、仏教でいうと「空」のことだと思います。

フリーエネルギーの第一人者にはたくさんいますが
そのお一人、飯島秀行さんという方がみえます。
この方も「園芸」という土からスタートしています。

2度の脳梗塞と心筋梗塞を乗り越え、
開発に没頭されていましたが
2015年3月1日、永眠されました。

フリーエネルギーっていうと、
モーターとかが電気を使わずにずーっと回っているとか、
そう思う方が多いんですけど、

この世の中はすべてフリーエネルギーなんです。

宇宙や地球はフリーエネルギーです。
その中にあるもの、住んでいる者すべてが
フリーエネルギーの世界に属するものなんです。」


それを裏付ける素晴らしい動画があります。
南米チリの女子大生3人が植木鉢に電気回路を差し込んで
光合成に伴う電子を吸い上げ、
スマホを充電したりUSB給電に使えるという機器を発明というニュースです。



光合成

これが日常いたるところに使われれば
闇権力も真っ青です。

彼らが森林や植物を痛めつけるのは
こういったことを知っているからです。

また、飯島さんはこうも言われています。

フリーエネルギーは「圧」・・・
天気の高気圧や低気圧の「圧」です。

圧をかけるところにエネルギーが流れていくというのが自然の法則で、
常に「圧の低い方」から「圧の高い方」にエネルギーは流れるという。
ギャップですね。

また、物質は逆で高い方から低い方に流れる。
川の流れがそうであるように。

感情も波動でエネルギーですから、「圧」によって変わります。

例えば「緊張」から「緩和」へのギャップによって
「笑い」や「号泣」が生まれたりしますね。

ですから、何にでも「圧」をかけて
「ギャップ」を生み出すように働きかければエネルギーは生まれます。




わたしたちは、自分の身の回りの人や
自然に対して、善良な「圧」を与えているでしょうか・・・

わたしたちの身の回りに起きていることはすべて
自分がかけた「圧」の結果です。

良い圧をかければ良い結果が・・・
悪い圧をかければ悪い結果が・・・

あたりまえのことなのです。

また、私たちの周りや、わたしたち自身は
もともと「持っている」ということ・・・

「持っている」と言っても
所有ということではない・・・

共有として「在る」ということ・・・

ただ、それを認めればいいということ・・・

色即是空
空即是色・・・

「在る」ものを奪い合う必要もないし
だれのものだと誇示する必要もない・・・

長年ダンスをしてきた私がたどり着いた持論は

「個性」も「表現」も・・・いらない・・・

この大切なことに気が付くと
あえてする必要がなくなるということ・・・

あるのだから、する必要がないという感じです。

しなくても、「ある」・・・
見えてしまうから、しなくてもいい・・・

その在るものに気が付き、
それをいただき、遣わせていただく・・・

日常がそうやってシンプルになる・・・

その事実を鑑みるだけでも
今の教育界がいかにくるっているのか・・・
いかに悪い圧をかけ続けているか・・・

あるのに、ないといって煽る・・・

エネルギーでないものを・・・
ベクトルフォースが働かないものを求めさせる・・・

(ベクトルフォースはわたしの造語で「向き不向き」という感じです)

いかに「恐育」(恐れと不安を煽って学ばせる・・・)であり
「狂育」(事実を教えない)なのかがわかります。

すべてのエネルギーがあるのに
一体どこの高みに向かって急かされなければならないのか・・・


電気システムに「オフグリッド」という言葉があります。

電力会社などの送電網につながっていない電力システムのことで
太陽光発電システムの利用やご当地電力の取り組みなどについていいます。
独立電源といってもいいです。

里山を破壊し、
電気に値段をつけて
転売を推奨するメガソーラーシステムは
全くのNOですが、

各家庭の自給自足型の
小規模オフグリッドは素晴らしいのと思います。

わたしは、以前 自然体の教育を目指すと言いましたが
それは、オフグリッド型の教育ということです。

中央集権からできるだけ遠いところ・・・
つまり、「恐育」や「狂育」から遠いところで
子どもたちに接していきたいと思います。

フリーエネルギーに触れて
ますますその思いを強くしています。

これまではっきりとわかっていたことを
ぼんやりとしか表現できませんでしたが
このフリーエネルギーの理論に触れて
ますますクリアーになってきました。

ブログパーツ






theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 飯島秀行フリーエネルギー教育宮沢賢治りんご

プロフィール

sora

Author:sora
個人塾と毎週木曜日しか営業しないCafeのオーナー。教員、家庭教師、サラリーマン塾人を経て独立。教える生業39年。Cafe15年目。Cafeでは、オープンからずっとよろず相談業(菩薩行)を継続中。数年前からは、お店や出張でタロットアシャイング(タロット占い)や占星術も加わる。塾でもCafeでも、皆さんに「人生大丈夫!」を伝え続けている。

●YouTubeチャンネル「OK!soraさん」 AddCafe Sora

バナーを作成

スポンサーリンク

  

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

コロナ いのち ワクチン リリス 千島学説 占星術 シオンの議定書 マスク 世界革命行動計画25ヶ条 発達障害 ウクライナ 親育 ソフトボール  東北 青いロードマップ 受験  昭和 緊急事態条項 風の時代 浜松 鎌倉  山本太郎 支配 令和 月の欠損 江の島 AddCafe 言葉 YouTube 悪魔を出し抜け! いのちあるものがいのちあるように 人工台風 学び 教育 ロシア    健康寿命 意識 自立 大西つねき お金 宮沢賢治 感謝 樹木希林 トランプ 月星座 ホロスコープ ウイルス  「意見には個人差があります」 エネルギーバンパイア 占い クラウドファンディング 幸田露伴 数霊 20代 コントロールドラマ 参院選 出版 穀雨  自動詞 直霊 長良川 幸せ  食糧危機 人生 歴史 YouTuber 日月神示 読書 MMT 姫川薬石 本質 自然 ダンス 母の乳房 洗脳  AI 子育て 南海トラフ 努力 マズロー 自民党憲法改正案 びわ療法 言霊 ソマチッド 希望 人工地震 腸内細菌  オリンピック 自己実現 両班 進路  銀河鉄道の夜 劣等感 樹木 副業 朱蒙 平成 踊り ベーシックインカム  宙の言の葉 悩み 自粛 10代 自然体 PCR検査 豊川 エクソソーム 大統領選 学校 茶番  聖徳太子 乙女座 財務省 特別会計 選挙 自民党 教科書  玄徳 5段階欲求 違和感 存在 進化 時間 花火 ペンジュラム せっけん   からだ 勉強 医療 祭り 日日是好日 本庶佑 本間真二郎 自己表現  仮想通貨 天地人  精霊 銚子川 LGBTQ 菩薩行(相談行) 木曽川 人生の栞 生き切る練習 か・かた・かたち 花結び AI 尊厳 老害  個性   人工災害  マドモアゼル・愛 びわエキス 怒り 裸の王様 健康 遺伝 ニュータイプ 哲学 加藤諦三 ユダヤなるもの 国葬 リニア メタバース 明星天子 タロット 高校受験 生き方 勉強法 DS 発達凸凹 中西進 自分軸 犬山祭 深意 初日の出 自己肯定感 味噌 ゴミ 漢字 ごんぎつね 原発 高校生 年金 民間試験 MMT 山形 十二国記 船瀬俊介 かりん 乾布摩擦 著作権 IOT 微生物 多様性 りんご 宝島社 灯油 抗生物質 ピアス 岐阜 AddCafe 小沢健二 韓国歴史ドラマ 無知の知 永尾 名言 弱さ 明日は我が身  雄二郎 芸術 近藤誠 火鉢 台風25号 3つの間 散歩 空間 随筆 昭和歌謡 電磁波 Wi-Fi リテラシー 消費税不要 樹下石上 陰徳 GPIF 情報 憲法 食事 自民改憲4項目  タンカー 職人 幣原喜重郎  支援 教育実習  待つ 植福 5G 卒業生 不合格 ブログ 家電 新元号 三種の神器 信頼 古代史 内申 選択肢 死にゆく練習 成長  期待 お金の大根化運動 優越感  知性 教師 神秘 人間関係 シェアエコノミー チャン・ヨンシル さだまさし 3M エネルギーバンパイヤ 木じいちゃん 恩人 手紙 ジェンダーフリー 居酒屋 スポーツ 観る 金華山 本当に出会う 不食 尾張 分断 気づき 自己責任 動物 記憶 再会 地球温暖化 台風 カゼインフリー 太陽光パネル グリテンフリー 緩和チャレンジ 神社 赤ちゃん 老子 物部 大人 山怪 ボランティア 性別 菩薩行 大衆酒場  寛容 権力 ゆるし ゴッドゾーン 謙虚 遊び 人間万事塞翁が馬 人工 狭き門 電車 山口百恵 欠け 合格 おみくじ バイデン 性格 将棋 観察 自己欺瞞 ムーンマトリックス 自分らしく生きる  渓嵐拾葉集 大河ドラマ 春分の日 ふり モモ 宇宙 ハウス みずがめ座 カンパネルラ 霊性 政治  コロナ茶番 傍観者 ルネサンス 安倍首相 感覚 土星 人間原理 物理学 太陽 かぐや姫 アメリカ地底政府 報知新聞 税は財源ではない 伊藤野枝 グレートリセット サル痘 江ノ島 データ改ざん 甘粕事件 エリザベス女王 遺伝子  アート 妊婦 安倍元首相 戦争 大愚 サーカーの予言 今を生きる 予言 jamtomorrow カウンセリング びわ メンタリストDaiGo 口癖 自由 お粥 京都 養生訓 ローソクストーブ 月食 ライブ配信 松果体 削除  新聞記者 BI 味噌作り 麻生大臣 苦しみ 経験 マッチポンプ 好き嫌い 気づく力 発達障害グレーゾーン SNS OK!soraさん 親が絶対に言ってはいけない3つの言葉 結婚 マトリックス 桜を見る会 朝ドラ 憲法改正 池上彰 自信 PC 光透波 インフルエンザ 五十肩 柳ケ瀬  安倍政権 ホ・ジュン 地震 ボンボン時計 ルーティン 一月家 仕事 奇跡 つながり 経皮毒 スウェーデン ロックダウン 神様   肉体 消毒 就職 毎日 転職 生活 精神 生きる  モチベーション 幸福 国債 バリアフリー 不安  恐れ 衣食住 志望校 コロナ対策 コロナ禍 子ども時代の絵 意思決定 堂々巡り かりんエキス 鬼滅の刃 外れる システム コメント 切り傷 愛宕 洞窟おじさん 水瓶 水瓶座の時代 イエス・キリスト 過越 グレーゾーン ゆとり 「二十代で得た知見」 独学 個性化 孤独感 松阪 中2 文化 三韓時代 合法的略奪 権利 北欧バイキング イヤイヤ期 IQ 見えない学力 義務 逃げる システムダウン 東証 シンギュラリティ 中秋の名月 個人力 東証システムダウン 主語はわたし ありのまま リンドウ  吐露 居場所 身体のサイン  半沢直樹 優先 立ち上がること パーシー・ビッシュ・シェリー 呪縛 辛さ 言いかえ 余計な一言 予告 月星座蟹座 辛い 年齢域 竹中平蔵氏 BI論 森田正馬療法 バズり認定 わたしはわたしにしかなれない 年齢 ちょろ松焼き 書く力 普賢菩薩 弁解 日月神事 ASC 自然科学  よりよく生きる インナーチャイルド 喜捨 節分 黙食 二重 論文 恩恵 お陰様 やりたいことをやる 八方美人 マドモアゼル愛 話す力 マインドマップ 幸福感 犠牲者 夢中 樹霊 びわの葉エキス びわの種粉末 老い 中国歴史ドラマ 物忘れ におい 1000回行 センス 不思議な旅 アメリカ 脳と運動 フィットネス オワコン ジャネーの法則 初詣 めでたい 2020年 フラット コロナだけじゃない 石けん インクルーシブ教育 自然免疫 自然治癒力 2020年 ご縁  CT値 第三の男 人情 ペテロ 原点 今年のテーマ 新アメリカ 大変化 ブルータス 大統領選挙 不正選挙 シンクロニシティ 足し算 引き算 議事堂 アメリカ大統領選 永遠 マスク不要 0(ゼロ)という立ち位置 海岸 日の出 再開 人生の目的  緩和 コントロール output のむシリカ 増税論 日田天領水 人生100年時代 input 効用 一歩出る 頭を垂れよ 今西錦司 拡張 豆腐工房まめや 自然学 自問自答 カードゲーム Xeno 長野 同調圧力 Vrew just/do/right テロップ 未来創造 サイレントボイス 埴輪 支持率 実効再生産数 Zoom 税の役割 家賃 日本コロナ対策世界最下位 課税対象 道祖神 未来 山中教授 ラジオ 9月入学制 動機 特別会計の闇 オン 恐怖 オフ 免疫力 T細胞 スクールライフバランス tomorrow 能動的不登校 能動的不通勤 サイン 懐かしい人 jam 鏡の国のアリス 自衛 B細胞 動機エネルギー 外出 頼れる力 古大人 意識レベル 高齢者スマホ 欠損 無料 りんどう 月のサイクル 新潟県燕市 発言 教育長  修学旅行 土地 相談者は、下心を隠してはいけない 反マスク YouTube 清流  安全を得るために自由を放棄する者は、 最後にその両方を失う 始末 カオス 突き抜ける 運気 万物流転 闘い ベスト10 出る杭は打たれる 子宮頸がんワクチン 勝てば官軍 言葉力 お互い様 お陰さまで 起承転結 火地風水 手帳  ブログの書き方 心理学者マーシャ 早期完了 観察者 タブレット 自己決定感 やり切り感 護美箱 Himalaya 感情 蒸気 高炭酸ガス血症 無思考という名の認知症 音声 ソーシャルディスタンス 抽出 れいわ むら 褒める 集い ファイザー 醤油 日本が肩代わり 親子関係 デンバー空港 二極化 昭和人 逆向き  大橋眞さん 超古大人 クリシュナムルティ 黒魔術 ジェイコブ・ロスチャイルド ダボス会議 ヘンリー・メイコウ ジャック・アタリ 命の5段階活用 頭の良さ JR東海名誉会長 厚労省 突貫紀行 借金 無気力の正体 原油高騰 松尾芭蕉 五重塔 熟年離婚 不合格が不幸ではない あの世 れいわ10億円騒動 作られる食糧危機 レプティリアン カタカムナ 憲法改悪 年次改革要望書 コスタリカ 爬虫類人 非服従 学ばない政治家 参政党 戦争の始まりはいつも同じ 大阪布施商店街 エージェント化 プーチン なぜ勉強するの? 黒住宗忠 身勝手な大人にならないために 教え子 東大前刺傷事件 self×edu ヤマタイカ 人生論 入試 髪と櫛 貝原益軒 オミクロン株 日めくりカレンダー 神社参拝 家紋 表現 まつろう 木曜日 牛山篤夫博士 墨俣城 広告代理店 各務原 アンケート 良寛 軍需産業 奈良 戦争屋の手口 クリップ機能 ETC 出会い 卒業証書 みずがめ座の時代 ウクライナ問題 解毒 服従 ウイルヒョウ 私は私になればいい フラットアース 更衣室 カレイドスコープ 成功 スープ 成人 木星 冥王星 お正月 新見南吉 卯年 牡羊 新しい経験 でたらめ THE ゲサラ ネサラ シェディング予防 ジェサラ ストレス 闇権力 産土様 温泉 超過死亡 HEARTS BLUE 情熱の薔薇 御恩 アレルギー アトピー 元旦 2023 プロパガンダ 気枯れ リアル 鎖国 守破離 ニュース 5万円 神馬 なるすましセールス 脱洗脳 タルタリア 安倍なるもの 飲食店が感染場所ではない 天王星 いわさきちひろ ロケット オランダ 会社論理 プレアデス 税金 note 悪魔を出し抜け 悪魔を出し抜け!支配 奥琵琶湖 渡岸寺 宗教 記念撮影 プーチン演説 エバンゲリオン 25か条の世界革命行動計画 アルカリ党 舌切り雀 神の居場所 明暗反転月 へつらい べシャン 誕生日 復活 天地 異議申し立て パスツール 滋賀の旅 自分になる テレフォン人生相談 13周年 アドラー 琵琶湖バレイ 人生は旅 全体主義 アナベル 選手 開会式 東京オリンピック2020 熱量 G対策 自分を起こす 起業 太平洋戦争前夜 酸化グラフェン 森田正馬 挿し木 デマ アジェンダ ハンチング フリーメーソン 身体  家族心理学 小さな定食屋 大企業 尋問者 母校 木曽川町 黒田小学校   お風呂 小欲 教育問題 虚空蔵菩薩  金星 手作り  アナリティクス お酒 依存心 承認 ハウス7年時代論 1秒 職種 世論 樽見鉄道 脅迫者 香り hibi マスコミ 堤未果 イエスキリスト イエズス会 キュレーター ゆず 塾の当たり前をやめた塾 万葉集 スイカ割り 日食 皆既日食 大衆心理 ルール 親指の付け根 政治的判断 タブレット授業  目的 前方後円墳 バシャール 5つの原則 ギャル ONENESS 秋山眞人 66 33 数秘 2022年 M=M=C=C クリスマス YAP遺伝子 宇宙詐欺 受験期 親のコンプレックス  再生  デジタル化 松葉茶 背負い水 使命感 登録者1000人達成 鬼谷子 魚座時代の終わり 星座 ラジオ人生相談   広告 母子 学力 現代病 抱樸 水瓶座 獅子座 8/100 COHINA フレア 玉石混交 未来を創る力 時代周期 内省 聖なるビジョン  スピカ 2021年学習指導要領改訂 英単語 VUCA さかさまの世 大欲 

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

ブログ内記事
note好評発売中!!【占星術】これまでにはないリリス解釈!リリス元年をできるだけ早くお迎えください。                                       ●コロナ&ワクチン情報                                                                        ●医師と製薬会社のお金の流れを検索する場合➡ マネーデータベース 『製薬会社と医師』

最新記事

リンク

   

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる