FC2ブログ

樹下石上181・・・「どこかおかしい」から 「ここがおかしい」へ

一昨日の山本太郎さんの会場・・・
公式ラインで流れてきました。

こんな様子です。

四日市 山本太郎

前のほうにいたので気が付きませんでしたが、
これはすごいですね。

200人以上いそうです。



さて昨日は、大西つねきさんの講演・・・

また行ったん!?と言われそうですが(笑)
何度言っても収穫のあるつねちゃんの講演です。

それは、長年言語化できなかったもやもやが
すっきりした!

そういう意味のある講演でした。

以前勤めていた会社で
突如「成績保証制度」というものが生まれました。
(ここから書くことは、12年以上勤めた会社への感謝はそのまま、
制度と自分との相性について書いたまでですので、あしからず・・・)

おそらく、塾業界のチラシ等で
聞いたことがある人もいらっしゃるかと思います。

なんといっても私がいたときは
それが全国の塾経営のトレンドだったのですから・・・

当時の会社もその流れに乗っかろうと
突如現場の意向を無視し進められました。

現場と言っても、私だけだったかもしれませんが、
とにかく私はこの制度が嫌いでした。

どういった制度かというと、
ある一定の成績に達しない生徒は、
月謝を返金するという保証です・・・

わたしは、教育という分野に
資本主義の「保障」という概念が入ってくることに
ものすごく違和感を感じました。

結果的にこの保証制度が
わたしが会社を辞めるきっかけになっていくのですが、

意見書を出そうが、面と向かって意見を言おうが
社長をはじめ上層部は全く聞く耳を持ちませんでした。

わがまま!?

そうかもしれません。

しかし、私にとっては、いのちを削られる感覚でした。

私が、保護者の方々と10数年作り上げてきた校舎の文化が
壊れていく・・・心がもぎ取られていくそんな感じでした。

大げさに聞こえるかもしれませんが、
当時の私には本当に心の死活問題でした。

保護者の方は本当によくわかっていただいていて、
ある面談時に

「先生は、こんな制度お嫌いでしょうね・・・わかってますよ」と
チラシを持ってきて慰めていただいたこともありました。

会社の論理とは、個人が会社の言うことを聞くのが当たり前・・・
校舎ごとの文化や校長としての信念など、
「売上」のためには、捨てろという・・・
そして、何も生まなかった、なかったことにされてしまう・・・

それが会社の論理です。

とことん反抗した私は、当然の結果として
最後には、ていのいい「肩たたき」にあうのですが(笑)
そのことは、「十年、をちこち」にも書きましたね。
十年、をちこち・・・①

昨日のつねちゃんの講演での言葉・・・

「お金の言うことを聞いているのが今の社会」・・・

この言葉を聞いた瞬間、
私は「成績保証制度」にまつわる違和感と反抗の経緯を
やっとのこと、言語化できる術を見つけた感じでした。

思想と哲学を失ったお金、システムは
こころやいのちにとって、凶器でしかない。

なぜなら、私たちの大切な時間や労力、
いのちさえも削っていくからだ。

私たちの富は何か?

それはもちろん、お金や資産ではない。
それは、私たちの貴重な時間や労力、
いのちで生み出された価値の事です。

その貴重な時間や労力、いのちを自由に使えたとき
人は「豊かさ」を感じる・・・

そこで生み出された価値に
たまたま値段が付けられ
私たちの生活において価値の交換が便利になっているだけ・・・

お金そのものに実態などない。

だから値段が付けられない価値もある・・・

それは、例えば、家事や子育て・・・

とても尊いこの活動に値段をつけることができない・・・
(家事は、資産を出しているシンクタンクもある。
主婦の年収はいくらになる?家事労働をお金にしたらこんな結果に

値段はないがその価値は決して消えることはない・・・

(価値)あるものをなかったことにしてはいけない・・・

「教育」の分野もそういうものだろう・・・

私は決して知識の切り売り、量り売りをして
授業をしていたわけではない。

そこにはつたなくとも
思想や哲学がある。

成績保証制度は、お金を基準に、
お金の言うことを聞いて行われるシステムだ。

売り上げや見栄えをよくするためだけの制度だ。

お金の言うことを聞き
お金に君臨させ、
私たちが生み出した価値を
なかったものにする制度だ。

だから私はあれほど違和感を感じ、
違和感だけでなく、最大限の抵抗をしたのだ・・・

そんな腑に落ちた一日を過ごした翌日の今日・・・

「はぁ~」とため息をつきたくなる記事が・・・

見栄えや女性のコンパニオン性が売り上げになると信じる
しょうもない経営陣の考えそうな記事が載っていた。

女性眼鏡禁止

眼鏡で受け付けはNG!」とは・・・

日本の経営陣は、ホント時代遅れです。
もう目も当てられないほど・・・

お金や売り上げを基準に考えるから
こういうことになるんでしょうね。

ためしに眼鏡をかけた有名美人芸能人だったら
きっと何も言わないばかりか
大歓迎なんでしょうね・・・(苦笑)

眼鏡美人 北川景子さん


というか、眼鏡のあるなしだけで
物事を考える「素頭の悪さ」を嘆きたくもなります。

いまだGDP数値を基準に豊かさを図ったりするのも
全く同じ「素頭の悪さ」・・・

#KuToo運動で気づかなかったのでしょうか・・・

表向きだけ整えて
哲学も思想もないおもてなし観・・・

見栄えと身なりは違います。

こういった経営陣以外の庶民はもう気が付いています。

「どこかおかしい」から
「ここがおかしい」と

はっきりと言えるようになっています。

遅れてますよ、経営陣の方々・・・


ブログパーツ

スポンサーサイト



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 大西つねき 眼鏡

樹下石上173・・・お金のいらない国

最近よく、子供たちに語り掛ける・・・

「お金のいらない国にできると思う?」

そして、やろうとしている人々の話をする・・・

山本太郎さんや大西つねきさんのことだ・・・

彼らはお金のいらない国にするために
その前段階のお金の仕組みを変えようとしている・・・

そうすれば、私たちや今の子供たち、
未来の子供たちのいのちを担保(人質)にするような
アンフェアーな世の中は一掃される。

かの35代大統領JF・ケネディは、政府紙幣を発行すれば
いわゆる政府の借金で発行されるお金と
その利子で潤っている世界金融資本家たちを
一掃できると気が付いていた。

だから彼は暗殺されてしまった。

16代リンカーンも20代のガーフィールド、
29代のハーディングも暗殺されている。

みな政府紙幣を発行したり、しようとした人だ。

借金でお金が発行される仕組みを変えなければ
私たちは本当に豊かになることはない。

大西つねきHPより
大西つねき公式ウェブサイトより)
誰かが銀行Aに100万円を預けると、A銀行は法定準備率分(借りに1%とする)を日銀に預け、残りを誰かに貸すことができます。その際、銀行は自行内の借り手の口座に99万円と書くだけです。最初に預けた人の通帳の預金は100万円のままですから、この時点でA銀行の預金が199万円に増えたことになります。借り手はそれを使い、他の銀行の誰かの口座に振り込むと、B銀行はその法定準備率分を日銀に預け、残りを誰かに貸すことができます。この時点で、最初の100万円の預金も、B銀行で99万円の振込を受け取った人の預金も存在していますから、さらに98万100円が生まれ、合計300万円近くになっています。こうして借金とお金がグルグルと回りながら増えて行き、仮に法定準備率が1%だとすると、100万円の預金から最大1億円(100万円÷0.01=1億円)のお金を作り出すことができるのです。これを信用創造と言い、それが現代のお金の発行の仕組みです。

彼らは早くからそれに気が付き
実行に移そうとして、凶弾に倒れた。

それほど、政府紙幣は威力があるのです。

ちなみにレーガン大統領などは
消費税の使い道を調べただけで
凶弾を受け、暗殺されかかった。

大西つねきHPより
大西つねき公式ウェブサイトより)
仮に100兆円の政府紙幣を発行する場合は、1兆円紙幣を100枚刷ります。これを日銀に預けると、日銀はそれを金庫に入れ、日銀内の政府口座に100兆円と記帳します。それだけです(法律の改正は必要ですが)。後は通常通り、政府はそれを政府支出として使い、通常通り振り込むだけです。それを受け取る公務員や政府事業の請負業者は、普段と何ら変わることなく、日銀券でそれを引き出すことができます。敢えて1兆円紙幣を刷るというのは、それが日銀の金庫を出ることなく、その方が省スペースで偽造の心配もないからです。

私たちを取り巻くお金の仕組みは、
子どもたちや勉強嫌いな大人たちには少々複雑に思える。
彼らは、その仕組みと詐欺的な内容を
私たちに知られまいとわざと複雑にしている。

山本さんや大西さんは、
街頭演説で何年もの間
民衆に対してわかりやすく解説し続け
その周知に力を入れている。

そろそろ私たちが応える番だ。

お金が生まれる仕組み
消える仕組み
MMT理論を学び
お金の仕組みを変えられるという
十分な知識を身に付け

その先に行く・・・

大西つねきin鈴鹿

映画「新聞記者」
(映画「新聞記者」より)

いつまで目をふさがれているわけにはいきませんから・・・



ブログパーツ




theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : お金がいらない国 大西つねき

樹下石上167・・・いつまでも学ぶ姿勢

昨日も五十肩の治療に
針のじいちゃんのところに行っていました。

韓国ドラマ「ホ・ジュン」によると、針というのは
気を整えるために打つ時と
邪気を体から追い払う時との二種類があるそうですが

私はいったいどちら何だろうと
ぼーっと診療台で横たわっていますと

「基礎体温はどのくらいありますかな・・・」とじいちゃん。

「昔は5度台でしたが
びわ茶のおかげで今は6台になりました。」とわたし。

耳の遠いじいちゃんは
「なんで上がったと言われましたか?」

「びわ茶です」

「ほう、びわ茶で上がりますかな」

「はい、5年ほど毎日続けているのはこれぐらいなので
たぶんそうだと思います」

「ほー、びわ茶で」

じいちゃんはいたく感動したようで
いつもより饒舌にいろいろと話されました。

むかし、どこの病院からも見放された女性が
ある日、ぼーっと縁側で座っていますと
一筋のアリの行列に気が付きます。

そのありの行列の行き先を追いかけますと
庭に植えてあった琵琶の木の新芽にたどり着いていったそうです。

アリが喜んで集まるこの新芽ならきっと体にいいに違いない・・・

この女性はそう思って毎日、新芽を食べ続けたそうです。

すると彼女の不治の病はなくなってしまったそうです。

「びわは、ほかでもいろいろといいこと聞きますわな」とじいちゃん。

ちょうど今びわは、新芽とともに実の新芽も出ていますので

「どちらの新芽でしょうか・・・」

「私も詳しいことはわかりませんが(笑)」とじいちゃん。

まあ、どちらの新芽かはわかりませんが、
普通に考えて新芽というと葉だろうか・・・?

でもアリがたかるということは、
甘い実の新芽のほうなのか・・・?

少しなぞを残しましたが、
とにかく琵琶の木はすごいということです。

その後、私の母の話をさせていただきました。

びわの種の粉末でしこりがソフトボール大から
小さなお椀の蓋の大きさになり、
しこり自体が柔らかくなってきたこと・・・

そして、そのあとなんと!
全米医学会と全米畜産業界から非難を受けた
あのマクガパンレポートのお話・・・

マクガバン・レポート

また、2016年に亡くなられた免疫学の安保徹先生の話・・・



全盲のじいちゃんですから、
音声図書でお知りになったのだろうか・・・

既知だった情報をこうしてじいちゃんと共有できるとは
驚きとともに、とてもうれしくもなりました。
 
マクガバン・レポートでは
「従来の医学は栄養に盲目であり、偏った片目の医学」
と指摘されているように、現在の西洋医学の問題を指摘しています。

今の医学部でも、自然治癒力や栄養学などは
ほとんど習わないそうです。

東洋医学のじいちゃんは、自身も薬を飲まないそうです。

御年90歳・・・超お元気!

この自明の真実を共有できたことが
私には何よりもうれしかったです。

マクガバン・レポートでは、こういわれています。

「世界で最も理想的な食事は
元禄時代以前の日本人の食事である。」

これは、精白しない穀類(玄米)を主食とし、
季節の野菜、海藻、小さな魚介類の食事をさしています。

元禄時代は米を白米にし始めた時代です。
その結果、脚気(木)江戸わずらい)が増えたらしいです。

胚芽に含まれるビタミン、酵素、
ミネラル、食物繊維が取れなくなったからです。

基礎体温の話から約小一時間・・・

本当に有意義な雑談でした。

医療と教育は同じです。

いのちを育むのがその役割だからです。

でも今は、ほとんどの現場でそうなっていない。

医療でも、教育でも・・・いのちと向き合う人は 
ほぼ同じことを言います。

それは、
穏やかでいること (ストレスフルな環境をやめること)
暖かであること (体温をあげること)
笑うこと・・・

ほめて、認めて、大事にすること・・・

それがいのちの原点であるからです。

実は先日行った大西つねきさんの
同じことを言っていらっしゃる。

誰も幸せにならない
いのちからかけ離れたお金の仕組みを今すぐやめること。

医療も、教育も、政治経済も・・・
やるべきことはすべて同じということです。

これを知ると、私たちはもう後戻りができません。
実現するかしないか それはわかりません。

わかりませんが、それに向かって言動する・・・
そうせざるを得なくなる・・・

あきらめずに進むことが喜びになってしまうのです。

人とはそういうものなのです。



大西さんのパクリですが(笑) あなたなら、
モーフィアスの赤の錠剤、青の錠剤どちらを飲みますか?


最後にじいちゃん・・・

「今日はええこと聞きましたわ。
びわ茶でも体温が上がるということ、メモしときますわ」

こうべをたれ、いつまでも学ばれるその姿勢に
こちらが頭が下がる思いでした。

素晴らしい人は、どこまでも素晴らしい・・・
ぜひ見習いたいです。



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 針のじいちゃん マクガパンレポート 安保徹 マトリックス 大西つねき

樹下石上164・・・不滅の記事

こんなつたない私のブログでも、
定期的に人気記事として上位に挙がってくるものがあります。

半年間、姫川薬石と過ごして・・・

冷えが進むこの時期に上がってくるということは
おそらく体の冷えに悩む方が多いのでしょうか・・・

人間何でも暖かい方がいいです。

言葉でも、人当りでも、お風呂でも・・・(笑)

おそらく、35度台だった基礎体温が6度台にのったのは、
この姫川薬石とびわ茶のおかげたと思います。

ちなみに昨年は36度ちょい超えぐらいだったんですが
今日久しぶりに計ったら36.4度でした。

ちょっと自分でも驚いています。

対照実験でないので申し訳ないのですが、
毎日取り入れたのはこの2つでした。

私が軽い頭痛がするときは、
たいてい35度台に戻っています。

頭痛は私へのサインなんでしょうね・・・

頭痛と言えば、ほんとこの人たちって頭が痛いですね~







あくまでも、公金支出であること、
選定基準の不透明さ、
度が過ぎたこと、私物化しすぎたことを
良心的に言っているだけなのに、
早口で、ヒステリックで、どすを聞かせて、開き直りで・・・
配慮と有料接待の違いも判らない方々・・・

都合が悪くなるとすぐに怒る・・・
もうモラハラですな・・・

良くなければ、改善する・・・ただそれだけ・・・

ああ、そういうことが頭が痛いと言っているんです。


それに対して、初質問に立ったこの方・・・
本当に素晴らしい・・・

吝嗇(りんしょく)という言葉を初めて知りました・・・
意訳すれば、下品なケチ・・・

今の政権を言いえて妙です。



「第一次産業こそ、国の基本」

全くの同感です。

2票しかなかったため、歯がゆいもいでしたが、
先の参院選時、当選を祈っていました。

この初質問の準備で少しお疲れでしょうか・・・

しかし声の張り、立ち居振る舞い・・・
こうべをあげたこの方の美しさと賢さに
心から応援の意を示したいと思います。


フェア党党首の大西つねきさんは、
党の理念でこう言っています。

一、個人が自由で自立した社会
A Society of Freedom and Independence
我々は常に個人として自由に考え、判断し、行動しなければならない。それは自由であると同時に責任である。何故なら、時として体制が生みだす不正義、アンフェア、誤った方向性に異を唱え、新しい方向性を与えうるのは、個人の自由な心に基づく判断、行動であり、それは社会の最も重要な自浄機能であるからである。物言わぬ個人はファシズムを育て、自由民主主義を殺す。よって我々は不断の努力によってその責任を全うしなければならない。個人の自由は公共の秩序や公益に優先し、他者の権利(公共の福祉)を侵害する場合にのみ制限されるものとする。


しかし、先日の講演で、
つねきさんは最後にこう言われました。

「勝手にして~」(笑)

この理念の基づく「勝手にして~」の重みを
今日は考えてしまいます。



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 石垣のり子 大西つねき 桜を見る会

樹下石上161・・・国が弱者に寄り添えないわけ

何となく昨日の続きになります・・・

肝の部分だけ載せましょう・・・

「まとめると、現在の日本民族には6つの源流が考えられます。まず、アイヌ系と南島人で、古モンゴロイド系の縄文人の末裔です。2つめは倭人で、彼らの多くは稲作農耕民と海の近くで舟運に従事し、漁をして暮らす海民です。3つめは南方系海洋民で、その主力は黒潮に乗って北上したマレー系海民とみられています。今日のフィリピン人、インドネシア人の源流に連なる人びとです。4つめは、朝鮮三国からの渡来人ですが、その主力は倭人系です。5つめは、中国の江北地方から朝鮮半島を経て北九州に渡ってきた新モンゴロイド系で、大陸の北方に住む漢人系の人びとです。6つめが北方系騎馬民族(新モンゴロイド系・ツングース族)で、ヤマト王朝を建国した天孫族にもこの流れが入っています。
 このように、日本民族は、異なる時期に、相次いでこの列島にやってきた、さまざまなモンゴロイド系の混交によって形成されました。いくつものモンゴロイド種の、数万年以上にわたる複雑な混血の結果が今の現在の日本民族なのです。純粋かつ一系(ひとつの流れ)の日本民族というものは存在しません。

 「もっとも古くから日本に住んでいる現在の民族は、縄文人の血を引くアイヌ民族です。近年、分子生物学や遺伝生物学がめざましく発展し、人類学にも大きな影響をおよぼしています。地球に住む「ヒト」の歴史が科学的に解明できるようになったのです。
 たとえば、アイヌの人たちの血液からDNAを調べた結果、日本最古の民族である縄文人のDNAと非常に近いことがわかりました。これを根拠に、2008年、国会で「アイヌ民族を日本の先住民族とすることを求める決議」が満場一致で採択されました。
 日本列島の最初の住民は、数万年以上も前にやってきた人たちです。あえて言うなら、その末裔である縄文人こそ、私たち日本人の直接の祖先なのです。縄文時代の終わり頃から続々と侵入してきた稲作民たちの中には、自分たちを天照大神以来の皇統を受け継いでいる天孫、すなわち天津神(あまつかみ)の子孫であると主張した人たちがいました。しかし実際は先住民を次々と征服し、自分たちの王朝を打ち立てた侵入者(インベーダー)でした。
 ヤマト王朝を建国後、万世一系と称する天皇制の皇統譜(こうとうふ)を作成し、それを『日本書紀』、すなわちヤマト王朝の自分たちに都合のいい歴史をつくり上げて、「正史」としたのです。歴史とは必ずしも「本当にあったこと」の記述ではなく、その時々の権力が自分たちに都合よく創り上げるものなのです。
 ヤマト王朝すなわち天皇制国家が生まれたことにより、先住民族に対する抑圧と差別が始まりました。天孫族は、自分たちとは異なるルーツをもつ人々を「化外(けがい)の民」とし、国家の支配体制から差別し排除しました。
 そうした先住民は「土蜘蛛(つちぐも)」と呼ばれ、各地の山中で自給自足の生活を送りました。さらに、最後まで抵抗したアイヌの人々を住んでいた土地から追い出し、賤民としてあちこちに分散させました。
 そして、律令制によって天皇制国家を法制化し、公地公民制と身分制度を確立したのです。東北地方の「蝦夷」と南九州の「熊襲」(ヤマトに降伏後、「隼人」と呼ばれる)は反乱を起こしましたが、圧倒的な力の差によって押さえつけられました。このようにして、律令制にもとづく天皇制とは民族差別の制度化のなかで構築されたものなのです。」

今の政府が、弱者の寄り添えない理由の根源は、
もともとインベーダーだからです。

そして、弱者を征服した者たちだからです。

現政権に限らず、
ヤマト王朝より、現政権まで、
きつい言い方をすれば、

日本というシステムが弱者に寄り添ったことは
一度もなかったということです。

いえ、もっと言えば、
現在先進国と言われる国の歴史はほとんどがそうでしょう・・・

この地球上で文明と呼ばれるものは、
弱者を虐げ、抑圧したことで発展しました。

19世紀までは、武力で、20世紀21世紀は、
それに加え経済で征服したにすぎません。

どんな歴史ドラマを見ても
相手を席巻しようと思うとき
金と武力を押さえるのはそのためです。

人類史上はじまってから、
愛情で人々を包み込んだ文明はひとつもないと言えます。


だからこそ、成し遂げる価値があるがあるのです。

何千年とできないことを
人類の本能だからとか欲望だからと
したり顔で言うことは容易いですが、

その何千年といわば退化し続けている人類を
何とかしようと諦めずに頑張っている人もいます。

今日はその勉強会に行って参ります。
愛知県名古屋市 お金のいらない国のつくりかた 大西つねき×長島龍人 in名古屋


せめて一隅の光となれるよう・・・


ブログパーツ


theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 日本人はどこから来たのか 大西つねき 長島龍人

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

東北  発達障害 人工台風 樹木希林 令和 千島学説 幸田露伴 MMT 山本太郎 自立 受験 大西つねき 数霊 自民党憲法改正案 緊急事態条項 母の乳房 マズロー 言葉 健康寿命 教育 本質 南海トラフ 特別会計 人工地震 自己実現 学び 自然 言霊 ワクチン 腸内細菌 朱蒙  参院選 存在 十二国記 山形 年金 せっけん 深意 犬山祭 両班 財務省 自然体 人工災害 漢字 リニア 進路 本間真二郎 自己表現 5段階欲求 玄徳 自民党  中西進 本庶佑 日日是好日  選挙  民間試験 AI  姫川薬石 か・かた・かたち 花結び 支援 時間 随筆 一月家 花火 教育実習 タンカー 地球温暖化  AddCafe りんご 台風 太陽光パネル 合格 子育て 灯油 トランプ 医療 希望 抗生物質 カゼインフリー 職人 グリテンフリー 火鉢 乾布摩擦 弱さ  IOT ボランティア 銚子川 山怪 新元号  三種の神器 自民改憲4項目 物部 桜を見る会 不合格 赤ちゃん 多様性 船瀬俊介 著作権 寛容 家電 緩和チャレンジ 岐阜 欠け 大衆酒場 老子 樹下石上 オリンピック 小沢健二 ペンジュラム GPIF 勉強 歴史 雄二郎 発達凸凹 五十肩 ボンボン時計 池上彰 3つの間 空間 安倍政権 電車 芸術 散歩 山口百恵 植福 消費税不要 人工 5G MMT 永尾 柳ケ瀬 PC 性別 幣原喜重郎 ホ・ジュン 原発 遊び 近藤誠 台風25号  教科と狂科 時間が与えられたわけ ゼロ THINK  音読会  発酵  欲望 TPP Japanファースト 徳山ダム ナノチップ 扶余 舟を編む マイクロチップ しあわせ サヨン マザーテレサ 木曽川水系連絡導水路 須永博士 モットー 巫女文学 酵素ジュース 神は細部に宿る 苦海浄土 犬山 石牟礼道子 成績 快癒力  あやかし  狂科 松野屋 ヒポクラテス 2年の法則 風が吹くと桶屋が儲かる 消費  こころ  入り口  気象コントロール 不調和 お手本 ゴミ拾い  いのち音叉 円空  遠漂浪(とおざれき) 藤の花 周波数 4096HZ 前夜祭 生野菜 夏目友人帳 ビワ 長良川薬石!? 鉱物 祭り まつり縫い 宝島社 企業的な社会、セラピー的な社会 狩猟民族 杉焼き料理 ストーブ 元気 心臓 内申 ねほりんぱほりん 脳の汎化作用 一芸は道に通ずる 井戸 恩師 デジタルハリウッド大学 開き直り 関市 ガソリン そばきり萬屋助六 卒業生男子 救世観音 大難が小難 小難が無難 わたしはわたし 明日は我が身  山添 修学の四標的 本の要約 2018漢字 2019 日本が売られる ぴよさんランチ ワーキングプア 謹賀新年 希望の種 知ることは防御なり 悠陽に 辻占 しいたけ占い TPP11 大本営発表 分福 #MeToo 惜福 母の自叙伝 flier 石垣りん LINE早押し選手権 2018年ボーナス 2018 you Thank 尊厳 法隆寺 微生物  かりん Cafeな一日 ヨーソロー カルロスゴーン マイケル・ジャクソン 唯我独尊 独立独歩 FTA Money 安心 アユ 十円玉ハゲ 詩歌  シャンプー メタトロン 純せっけん成分100% ハゲ 牛乳 シルバーバーチ 好転反応 オキテ そもそも 水道の民営化 AddCafe俱楽部 ファイブヒーリング 栄楽 夜逃げ フリーエネルギー  邪気 聖徳太子 鄭和 ピアス  飯島秀行 セラピー的な社会 藤原道長 柿本人麻呂 社会的共通資本 報道の自由度 1000年目の望月 雄日ヶ丘公園 屋上屋 消費税増税の政府対策 明治維新 銀杏 からだ 一病息災 自営業 タイブレーク 気象庁 再会 太陽光パネルの害 東海大会 異常気象 予測 予想 ひまわり セッション 自然療法 足腰とコミュニケーション 予報 米軍台風情報 台風10号  妄想 優勝 月相 維摩居士 小飼弾 文殊菩薩 お坊さん 死者 流す 初動不可トレーニング 上野  小諸市 ランチ アメリカ戦 世界ソフトボール 神社 キリスト教会 サマータイム 老人力 インスタ ピケティ 台風13号 スポーツブル スピリチュアル あの世とこの世 飛ばす 働き方改革 惜敗 r>g 2030年 自動翻訳 美学 電気 猛暑 認められる パスカル 笑い 運転手さん 懐メロ  考える 禍福は糾える縄の如し 絞る 選択肢 狭き門 高い電気代 地球(テラ)へ 心の水脈 ガンディ プロ 縄文 祭事  不服従 一物全体 水を得た魚 情報・広告 びわの種の粉 人間万事塞翁が馬 高校地学 進化 猛暑日 退化 素頭 古代月 アップデート  酷暑  働き者 バイオリズム パナマハット カウンター 集中豪雨 気象操作 理科 神香月 豪雨  月のほほえみ 吾ただ足るを知る 離れる 医者 菩薩行 聖句 讃美歌 ソクラテス 無知の知 ガンディー 人間性なき科学 国連 上古代 シュメール 感受性 沖浦和光 日本書紀 古事記 LGBT 名言 求道 落語  釣鐘雲 傘雲 熊本 ばか 木曽三川 諫早湾 長良川河口堰 やわらかい社会 茨木のり子 支配欲 時間・空間・手間 間抜け 3つの間 米軍台風進路予想 地蔵 仲間 不便 ノーベル賞 沖縄知事選挙 教師像 手間 わたしは、わたし ダンサー 幽玄 学力テスト 鵜飼い 謙虚 自己愛性パーソナリティ障害 おちこぼれゼロ法 大阪 演劇 時分の花 チャン・オクチョン 韓国歴史ドラマ 富士山 沈黙しなければならない 甲子園 地祇 民族 古代 神隠し 天孫族 治療 スピリチュアル産業 闇権力 金足農 医師誘発需要 自由研究 eスポーツ 異界 畏敬 上野選手 ミッドウエイ 越境台風 百名山 ノーサイン野球 大人 「うがった見方でごめんなさい」 医療ドラマ 尾畠さん 宇宙戦争危機誘発需要 自閉症スペクトラム  陰徳 魂魄 古本 中島みゆき 障害者雇用水増し 赤い感情 語りえぬものについては、 未完  青いインク 個人の能力 まる 天高く 同意感 違和感  まあるく 病気 アナログ 結婚観 倫理 古澤平作 自動運転 くまモン 荒了寛 立石寺 番丁庵 八戸 履歴書 グッズ 十和田湖 八甲田山 新潟 食事 水やり当番 アゴダ 宿 リニアいらない 休み 最高気温 遮光カーテン エアコン 異常震域 ステファニー・ケルトン 反抗期 始める自由とやめる自由 オセロ カーソン カーテン レイチェル 沈黙の春 沈黙の夏 居酒屋 鶴岡 家事 無断キャンセル ピープル・ウイズ・スペシャルニーズ インフルエンサー 18歳成人 コップの淵 ブログ引っ越し 東田直樹 災害 内閣改造 日本は破綻しません IMF 自閉症 粘着ゴムパット   日本酒 宮沢賢治童話村 十力の金剛石 加茂水族館 クラゲ 酒縁しょう栄 北前船 死の海  遠野物語 岩手  和而不同(わじふどう) 未来を信ずる歌 沖縄 少女 ファシズムの初期症候 スマホ イラン 宙船 自民党改憲案 2019参院選 英語教育 忖度 翻訳 歯車 ミスチル ホルムズ湾 すずめ 金融庁 無茶苦茶劇場 2000万円足りません 華麗なる両班たち 情報 バベルの塔 #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 自作自演 紫陽花 花言葉 平均 ほんもの メモ 内閣人事局 映画「新聞記者」 望月記者 公明党マンガ 民主党時代 安倍首相総括 1分で分かる政党の選び方 御輿を担ぐ 特高 安倍政権NO アジアの片隅で ドン・ガバチョ 吉田拓郎 NO安倍政権 憲法 検証 与党の嘘 加計問題 前川喜平 憲法改正案 自助 人権 鈴鹿講演会 野党共闘 性分 門番 乙女座 暴走する圧迫感 あきれる政治 中田敦彦 ASD(自閉症スペクトラム) 石垣のり子 サクラ(オトリ) お金がない世界 南海トラフ80%の内幕 お金のいらない国のつくりかた 大西つねき×長島龍人 日米FTA 高校生 マトリックス 信楽 安保徹 マクガパンレポート 針のじいちゃん 長島龍人 日本人はどこから来たのか 空虚 田毎 北風 針治療 the Waves  キリスト教 海の民 山の民 じいちゃん 大学入試改革 教育改革 広島カープ 野菜スープ 戦う人 先生 政府の嘘 日本の貧困化 温暖化 生活保護者 世間知らず 経験 ブラボータキガワ 監視社会 山口屋 伊勢神宮外宮➡外宮前参道 黒野さん 地球温暖化!? 眼鏡 毒素 いのちの歌 ファクトチェック さつまいも 生姜 お金がいらない国 会釈 冷水痛 対話とあそび 苦しみ 数字 内閣支持率 Beyond えこひいき ワイヤレスキーボード 自信 故障 剪定 おかげさまおたがいさま Cafe さかさま 関電 伴走 ふるさと 凸凹 抗菌 朝ドラ 熊谷晋一郎 遠甫 おかげさまで 読書 自分流 離婚 お金のシステム 結婚 台風15号 千葉First 清秀 自分の心を育てる 伏礼を廃す 陽子 初勅 矯正展 憲法改正 学校 筆算定規問題 スクラップ&ビルト 謙遜 正直 誠実 地震利権 宇陀 ごんぎつね 地震 十一面観音 薬膳料理 大願寺 人災 Kindleアプリ GMO サラダ記念日 New 山田正彦 鉄則 俵万智 忙しい 責任 台風19号 たいわけんぽう インフルエンザ 備え 李氏朝鮮 ボタン 当事者研究 DL法拡大 天は自ら助くる者を助く 発達凸凹かも!? 署名 冬と春の間 です、ます調とだ、である調 田中角栄 3.11 卒業生 石井紘基 もとの濁りの田沼こひしき 白河の清きに魚もすみかねて 辺野古 人事を尽くして天命を待つ 高温 神代文字 三重県 ファーストペンギン 農薬 妻問い婚 ハングル文字 組織 心から光る人間 心技体 若いときの苦労は買ってでもせよ 運鈍根 古い教育 志村ふくみ 土岐 桜前線 信頼 貧困 日本の賃金 三橋貴明 詐欺 信念 熊本地震改ざん WOODJOB コンクリート住宅は9年早死にする 木造  恥と罪 哲人 イチロー あみま俱楽部 小川淳也 炎上 年金機構 核融合科学研究所 NHK 地震データ改竄 余白 春分 医療利権 風邪 根本大臣不信任決議案趣旨弁明 挑戦 発達凸凹グレーゾーン 9条球場 息抜き アンフェア 国民投票 アウトプット 通販生活 火と食 同じ釜の飯 平成くん 平成さん みかづき  麻生大臣 インプット RAS 知ってはいけない隠された日本の支配構造 米軍基地 還暦 60年  日記 矢部宏治 合格おみくじ ことわざ 味噌 スマートグリッド オフグリッド 色霊 失意が前提の喜劇 掲示板 授かりもの 化粧 土鍋 待つ モーニング 望聞問切  三寒四温 他山の石 愛情障害 オランダの教育 猫パンチ 利休百首  第三の石油 面接 ハケン占い師アタル  再生可能エネルギー発電促進賦課金 大寒 遊川和彦 厚生労働省の毎月勤労統計調査 偏差値 データ 15歳 名前 私は貝になりたい 一之坪公園 花見 かんさい情報ネットten. 剣璽(けんじ)等承継の儀 男女 昭和歌謡 現代貨幣理論 Amazonプライム ゲーム脳 湾岸戦争 10年 お金のブロック!? がんばる 鴻上尚史 7RULES(ルールズ) 女王の教室 財政破綻しません ええじゃないか 憲法第九条 スナック 赤ちょうちん 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず スピード 白川静 ゴミ ぽっこりお腹 無財の七施  三点倒立 日本人減少 経済 安部芳裕 種子法 高血圧 令和ピボット イタイおもてなし チンドン屋 国策=無策 高校総体予選 熊野 情報リテラシー 社会保障 実験 Wi-Fi 電磁波 名実 小泉進次郎 リテラシー 後の祭り 税不要 お金 銀行 痛み 地震雲 私立Z学園の憂鬱 ビワの種の粉末 Theory=現代貨幣理論) Monetary MMT(Modern カキツバタ 自分軸 籠目 ~のおかげ 六芒星 六角形 せいで おかげ ~のせいで 淡墨桜  和菓子 手白香皇女 スベクヒャン 継体天皇 普遍の法 カフカ 音霊 形霊 14 安心安全 古代史 古代日本 REIWA 清明 ケムトレイル 絶望名言 でんがく からくり 桃源郷 虎屋 若松屋 合理的配慮 看板 空き地 空き家 教科書  発達障害コミュニケーション初級指導者検定 発達凸凹変換 平成最後 竹の花 恩赦 大須観音 不寛容 ぼっち おひとりさま スピーチ  上野千鶴子 東京大学 天平庵 ブログ 二十四節気 ゆとり教育 詰め込み教育 デジタル 千代の富士 大相撲 初日の出 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる