FC2ブログ

令和誕生⑤・・・情と理

昨日は母の元へ向かった。

「竹の花が咲いているらしいよ」

母は、竹の花が咲くと枯れるということを知っていた。
さすが年の功・・・

高速道路で帰途・・・

左右の竹林を見た。

やはり、枯れていた。

高速だったので画像は撮れなかったが
確かに竹林が茶色っぽく変色していて
竹がすでに立ち枯れで傾いているところも多かった。

時代の節目ということか・・・

竹の花は120年にいちど咲く!? 七十二候<竹笋生(たけのこしょうず)>

今日はお天気も良かったので
GW恒例の夏野菜の定植をしました。

この時期の仕事は本当に気持ちよく
土のエネルギーを肌で感じることができます。

その年その年で、耕した土に集まる虫の種類や多少が変わるので
それが一体何を意味するのか・・・

そんなことを考えながら定植してます。

2019夏野菜 キュウリ 2019夏野菜 トマト

これから、野菜も雑草もわっさわっさ伸びてきます。
程よく雑草を管理するのが大変になります。

大変なくせにをする・・・
この矛盾こそ人間なのです。

大変なもの、労力のいるものとわかっているなら
農薬をまいて、いやそれよりもアスファルト敷にすればいいものを・・・

わざわざ毎年、草を刈って、土を耕して・・・

「理」だけで考えれば、結構無駄なことをしているわけです。

苗を植え、その後を世話をするというのは
理屈抜きの「情」がなければできないことです。

しかし、これこそ人間の人間たるゆえん・・・


現在の憲法第9条を「情」を優先したものと評したのは
令和」の考案者とされる中西進さん・・・

昨日の講演会が話題になっています。
令和考案の中西氏、安倍首相チクリ「十七条憲法尊重を」

ここでも何度も取り上げているが、彼はかつて言った。

世界情勢を見れば、9条を変えるべき・・・これが「理」。
しかし、二度と戦争をしないという「情」を優先した国は日本だけだと・・・

憲法第9条の改憲派の理由の一つに
アメリカに押し付けられたものだから・・・というものがある。

ところが最近これはどうも怪しい説になりつつある・・・

国会図書館の資料から・・・戦後二人目の首相、
幣原(しではら)喜重郎(1872~1951年)の証言が残っている。

「・・・憲法は押しつけられた、という形をとった訳であるが、
当時の実情としてそういう形でなかったら、
実際に出来ることではなかった。
そこで僕は、マッカーサーに進言し、
命令として出してもらうように決心したのだが・・・」

「第九条の永久的な規定ということには、彼も驚いていたようであった。
僕としても、軍人である彼が、直ぐには賛成しまいと思ったので、
その意味のことを初めに言ったが、

賢明な元帥は、最後には非常に理解して、感激した面持ちで、
僕に握手した程であった。

元帥が躊躇した大きな理由は、アメリカの侵略に対する将来の考慮と、
共産主義者に対する影響の二点であった。それについて僕は言った。

日米親善は、必ずしも軍事一体化ではない。
日本がアメリカの尖兵となることが、果たしてアメリカのためであろうか。
原子爆弾は、やがて他国にも波及するだろう。

次の戦争は、想像に絶する。世界は亡びるかも知れない。
世界が亡びれば、アメリカも亡びる。

問題は今や、アメリカでもロシアでも日本でもない。
問題は世界である。いかにして、世界の運命を切り拓くかである。
日本がアメリカと全く同じものになったら、誰が世界の運命を切り拓くか。

好むと好まざるにかかわらず、世界は、一つの世界に向って進む外はない。
来るべき戦争の終着駅は、破滅的悲劇でしかないからである。
その悲劇を救う唯一の手段は軍縮であるが、

ほとんど不可能とも言うべき軍縮を可能にする突破口は、
自発的戦争放棄国の出現を期待する以外にないであろう。

同時に、そのような戦争放棄国の出現も、また空想に近いが、
幸か不幸か、日本は今、その役割を果たしうる位置にある。

歴史の偶然は、日本に、世界史的任務を受けもつ機会を与えたのである。」

幣原は、憲法第9条の理念を形にするために
「アメリカから命令された形」を取ったのだ。

それはまるで、中西進さんが今回の元号を

「元号は中西進という世俗の人間が決めるようなものではなく、
天の声で決まるもの。考案者なんているはずがない」

そう談話したという。

人類の理想という形を叶えるために
あえて「個」や「我」を消す形をとったのとよく似ている。


また先日、こんなニュースも流れた・・・

幣原(しではら)首相が、在任中、
憲法9条への思い入れを託したとみられる
漢詩の掛け軸が見つかったらしい。

ずっと行方不明だった掛け軸が
いまこのタイミングで現れる不思議・・・

憲法9条 意義、漢詩に託す 幣原元首相の掛け軸発見 草案時期にしたためる

その漢詩がこうだ。

長 城   汪 遵
 
秦 長城を 築いて 鉄牢に 比す
蕃戎 敢えて 臨洮に 逼らず
焉くんぞ 知らん 万里 連雲の 勢
及ばず 堯階 三尺の 高きに

意味は、
秦の始皇帝が築きあげた万里の長城は、
鉄の牢獄に比べるほど堅かった。そのため
辺境の匈奴族も、臨洮には近づかなかった。
だが、万里も連なって、雲に接するほどの
勢いの長城も、あの聖王尭の宮殿の階段の
三尺の高さに及ばないとは、誰が知ろう。

つまり、軍需拡大した秦の始皇帝のやり方でなく
粗末な土の階段で平和を叶えた聖王尭のやり方をまねよう・・・

※聖王尭・・・中国,古代伝説中の帝王。
優れた見識と徳によって人びとを導き,諸国を平和へと導いた。

そういう概意である。



せまりくる「理」の中で、「情」は不要なのか
また、そもそも、世に言われる「理」は本当に事実なのか・・・

地球の半分を我が物にしようとしている国があるなら
それを超える「情」や「理」はないのか・・・

そういうことをしっかりと吟味しながら
令和のスタートを切らなければいけないと思う。

枯れていく竹は、
わたしたちにそう投げかけてるような気がする。


ブログパーツ



スポンサーサイト



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 憲法第九条 中西進 令和 幣原喜重郎

令和誕生④・・・令和ええじゃないか

令和に変わる午前零時に
各地ではお祭り騒ぎだったようです。

「令和元年」到来、祝福ムード カウントダウン歓声
郡上八幡 令和徹夜踊り

まるで、幕末に起きた「ええじゃないか」みたいです。
日本の今の閉塞感をだれもがきっと感じているからでしょう。

令和が、それを打ち破る時代になってほしい・・・
そういう庶民の願いが爆発していると思います。



わたしは見えない世界を当たり前に生活しています。

寺社を囲む自然に神を見ますし、
そこに流れる厳かな空気も大好きです。

天皇の仕事に敬意を表しますし、
元号が改められて、いい時代が来ることを心から願います。

そして、こういったええじゃないか的なお祭り騒ぎは
個人的に大好きです。


ただ・・・
ただ、それらすべてを関連付けてあがめることはしません。

なぜか・・・

それをつなげると、
政治的・教育的・経済的に利用される隙が生まれるからです。

歴史的に見て、その隙の例は、枚挙にいとまありません。

近くは、国家神道・・・
明治に国家神道がうまれ、第二次世界大戦終了まで
国民は一つの道に導かれた歴史があります。

国家神道が生まれる前は
自然神、神仏習合、ごちゃまぜの神様、八百万の神・・・

沖浦さんは言います。
「日本人」はどこから来たのか

私たちの言う「日本人」とは、
いくつかの異なる系譜をもった民族集団が、
複雑にからみあい混じりあっており、
決して「日本人」というひとつの系譜にはまとめられない。
同様に、日本文化といわれるものも、
渡来してきた民族集団がそれぞれ持ち込んだものが混じり合い、
あるいは日本の風土に合わせて変化してきたものなのです。

日本という概念も
日本人という概念も
日本文化という概念も
ひとつにまとめ上げれるものではない・・・

私もそう思います。
古代日本のアイデンティティ

なぜ、私がこのことを強調したいかというと、
ことさらに「日本人」の優秀さを強調したり、
「日本人」としてどうあるべきかという精神論、教育論を
国民に押しつけようとする風潮が根強くあるからです。
これだけ情報にあふれた社会でありながら、
「日本人」がどうやって形づくられてきたかは驚くほど知られていません。
私たちはまず、私たち一人ひとりのルーツは
多様であるという事実を知る必要があります。


沖浦さんのこのレポートを
私は何度ものっけますが、
それは、これを理解しないと、
例えば、神社に憲法改正の署名用紙や旗がたなびくことに
違和感が生まれないからです。

いつの時代も、巨大で、力ある団体、
イデオロギーに認定された「神」が利用され
その国や民を一定の方向へとかりたててきた歴史があります。

それは日本だけではありません。
どんな宗教・国でもありうることなのです。

もう何度も歴史が証明してきています。


日本政治は、政教分離という原則があります。

しかし、いまや「日本会議」をはじめ関連諸団体によって
その原則は反故になっています。
日本会議

その事実を冷静に見ながら
私は令和をお祝いしたいですし
いい時代になるよう一人の庶民として祈りたいと思います。


ちなみに令和のカウントダウンは、
昭和の名残が残るあるスナックで迎えました(笑)

庶民が笑い、歌いあう昭和が飛び交う
本当に懐かしいお店でした。


あたらしい時代が幸せになるようにと願う庶民の思いが
政治や教育や経済に利用されるのはもう勘弁してほしい昭和人です。

古賀茂明「安倍総理に言いたい。『天皇陛下の政治利用は止めてくれ!』」

田原総一朗×古賀茂明「安倍首相は天皇陛下で人気取り」政治利用に苦言






ブログパーツ






theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 昭和 スナック ええじゃないか 令和

令和誕生①・・・竹の花咲く令和

令和が始まりました。

いつもと同じ一日の始まりですが
きっと何かが違うのでしょう・・・

120年に1度しか咲かない「竹の花」が日本各地で開花し続けている。そして歴史から見るこの示唆は不吉などではなく「完全なパラダイムシフト」への徴候かと

た・け=16+9=25

数霊「25」・・・

調べてびっくり・・・

まるで令和の意味です。

自分という中心軸から見た世界の在り方と
進むべき方向性を定めること・・・

その位置を定めて徳を積んで「1」に帰りなさい。

「1」は「あ」=「霊」・・・直霊です。


さて、元号の考案者とみられている
万葉集研究の第一人者、中西進さん・・・

私が初めてこの方を知ったのが
この本でした。

『日本人の忘れもの』(1-3) (2001-04)



ちょうど21世紀に入ったばかりに書き上げられた本です。

この方の文体はとても落ち着いていて
万葉集研究者らしく、言葉をとても大切にしてつづられています。

ご自身、戦争体験者で、個人的に安倍首相の
集団的自衛権の行使を合憲とする憲法解釈変更には批判的です。

ですから、この方が、本当に元号の考案者であれば
ちまたで言われている「命令の令」というニュアンスは
入る余地はないでしょう・・・

実際に、インタビューでこういわれています。

「令」は「ご令息」「ご令嬢」と使われるように、
形が整って美しいさまを表します。それが本来の意味です。
論語をつぶさに研究したことがありますが、
論語では美しいことは善であり、善は最高の価値なのです。

零をゼロの意味に用いるのは外来語のいわば当て字ですから、
「令和」を「ゼロ和」だというのは当たらないですね。

ほかにも命令や律令の「令」だから
官僚主義的で良くないという声を耳にしましたが、
良い命令だからこそみんなが従うのです。
悪い命令は後で破綻をきたしますよね。

もちろん「令」は辞書にいろいろな言いかえが書かれていますが、
意味が別々にあるのではありません。
これらはさまざまな文脈の中で使われる場合をあげているわけで、
それに振り回されるのは、辞書を使っているのではなくて、

辞書に使われているのです。



どこぞの大学の教授や
籠池砲などでもいまだにぐちぐちと出ています。

そうとらえることを否定しませんが
それはあくまでも個人的な切り取りで、
私は意味がないと思います。

たとえば、ある学校で
今週の目標は「テスト勉強を頑張りましょう」としたときに

勉強の勉は、「何かをするようにしむける」だし
「強」は強制の「強」だから嫌です!

テストも万葉仮名のように「手主徒」と書いていたら
「主と徒」で上下関係・・・「徒」は無駄な意味もあるから・・・
手を動かしてがんばっても徒労に終わる、無駄だぁ~と

と屁理屈を言っているにすぎません。


要は、勉強してどうしたいか・・・
何のために勉強するのか・・・

そういう自分の「核」があれば、
偏ったひとつの意味に縛られた捉え方にはならないと思います。

しかも、文字には数霊、音霊(言霊)、形霊など
いろいろな要素が含まれています。

日本語の表記が、なぜひらがな・カタカナ・漢字・(今では外来語も)と
3種類もあるのか・・・

日本人は、多様な文字を操る民族です。

つまり、多様な価値を操り、それを調和させ、
ひとつの力を作り上げるのに長けているということです。

大切なのは、上下優劣のない「調和」です。

支配される「和」ではなく
全体がほどよくつりあって、
矛盾や衝突などがない「和」なのです。

これは、スペクトラム(連続性)としての
世界、国、社会、家庭、個人・・・
つまり、切れ目のないすべての場面においてです。

令和を生きる私たちが、
どういう時代にしたいのか、どういう生き方をするか・・・

そういうことが大事だということです。

令和 分析2019-4-4


令和という言葉の多様な意味を紐解いてください。

あなた(直霊)が感じる令和の意味で生きることが大切です。


良き時代へ・・・

さあ、よーいドンです。


ブログパーツ












theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 令和 中西進 竹の花

春、清明のころ⑧・・・「~のせいで」と「~のおかげで」(1)

先日の花結び・・・

こちらも教えていただいた本・・・



ぱらぱらと本をめくった時、
目次のある言葉が目に入りました。

それは・・・

せいで」という固体は、
すべて「おかげで」という気体に昇華できる


用語は違いますが、わたしの菩薩行(ご相談行)や
タロットアシャイングでよくお伝えする内容です。

ああ、やはりそうか・・・
模範解答をいただいた気持ちです。

もちろん、おのれ自身にも言い聞かせる言葉です。

この違いと原理を 仏教では、
「色即是空、空即是色」と表現しています。

令和」の時代は幽から、顕の時代です。

しかもそれは、吾の十字の軸を中心に広がります。
「我」ではなく「吾」です。

令和 分析2019-4-4

詳しくは、令和の深意シリーズをご覧ください。
「令和」の深意(1)
「令和」の深意(2)
「令和」の深意(3)

その令和の時代を迎えるにあたって、
いつまでも「~のせいで」といっていたり、思っているとしたら

おそらく・・・

いえ、かなりの確率で生き詰まる=息が詰まることでしょう・・・

生きにくいということです。

最近の量子力学の発展で、
霊的常識に科学が追い付いてきています。

「この世のあらゆるものは、粒子であり、波動である」

このなぞにこれからの人類は挑み続けることでしょう・・・

しかし、その結果のすべてを待つわけにはいきません。
もう自分からやっていきましょう。

せいで」という固体は、すべて「おかげで」という気体に昇華できる・・・とは、

今現在の心の置き所によって
悲惨だった過去がグレードアップすることです。

未来は言わずもがなです。

それを、癒しといったり、次元上昇といったり、
アップデートといったりしているだけです。

みなさんの中には、
過去は変えられないと思っている方もいらっしゃるでしょう。

実は、それは大きな間違いです。

過去は変わります。

バンバン変わります(笑)

さらに、今のあなたの過去だけでなく、

あなたの過去世(何十年、何百年も前のあなた)も変わります。

心の持ち方で、
経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で紡がれた幽顕という布が
はたはた、さらさらとあっというまに紡ぎなおされていくのです。

この布に、「時間」はありません。

現在も過去も未来もパラレルに同時に存在します。

存在という言葉は少し固いですね。

「存在」というより、
ナノレベルの繊維で、綿状といった方がいいかもしれません。

私にはそう見えます。


幽が経糸、顕が緯糸・・・

地球の経線、緯線・・・
イメージはあんな感じでつくる世界(グリッド、網目状)です。

網目であり、布です。

地球儀では無数の四角形がつくられていますが、
実は本当はかごめです。

籠目

籠目というとすぐユダヤと反応する人がいますが、
そういうこととは全く違います。(機会があればまた・・・)

上からの三角形と、下からの三角形が合わさって籠目をつくる・・・
それがいま私たちが目にしている世界です。

六芒星六角形です。

氷の結晶やハチの巣が六角形なのは
わたしたちに世界のつくられ方を教えてくれているからです。

氷の結晶


令和の時代、その籠目をどう作り上げていくのかは、
自分にかかっているということです。

今のあなたが「~のせいで」が口癖なら
今すぐおやめになることをおすすめします。
心の声もチェックしてください。

次回は、「せいで」と「おかげ」のちがいを
拙いですが図で説明しようと思います。


つづく・・・


ブログパーツ



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 令和 せいで おかげ 六角形 六芒星 籠目

春、春分のころ⑮・・・「令和」の深意(3)

昨日、外務省は、新元号「令和」について
外国政府に英語で説明する際、
「Beautiful Harmony=美しい調和」という趣旨だと伝えるよう
在外公館に指示したらしい・・・

令和は「Beautiful Harmony」外務省が英語の趣旨説明

おお・・・美しい!

いまだ、ネットやSNSでは賛否両論 
飛び交わせる方もいる・・・

平成のときは、天皇崩御での改元だったため自粛ムードが濃かったが、
今回は、ネットやメディアの進化でその喧々諤々も広まるのがはやい。

どちらがいいと言うわけではないが、
時代が違うとこうも変わってくるのかと興味深い。

たとえば、こんな方もいる。

ある大学の教授が

「僕はまだ(元号を)選べる側の立場に、行ける可能性を持っている人間なんです。
このままここで令和の悪口を言ったらたぶん、その道から外れるんですよ…。」

と前置き(言い訳)しつつ

「令の字を漢和辞典で引くと、最初にいい意味は出てこない」

とTVで発言すると、すぐさまそれがTwitterで流れる。

それについてのコメントが、何十も付く・・・

すべてがそういうわけではないが、
同調コメントが圧倒的に多くなったりして結局偏っていく・・・
そして、人は見たいものしか見なくなり、
聞きたくないものは排除していく・・・

ものすごい勢いで、同調と排除が積み重なっていく。

どこか恐ろしく、不気味でもある。

この教授の意見のごもっともだ。

現にわたしも「令和」と聞いた瞬間はそうだった。

が、ふと思った。

「字」の良し悪しは、出てくる意味の順番で決まるのだろうか・・・と

(現代使われている意味で、頻度が多いものが最初に書かれやすいのでは・・・)

そういう素朴な疑問を持った。


この時代に、あの白川静翁がいらっしゃったらなんとおっしゃったのか・・・

「令」を「字統」でひくと、まず初めにこう出てくる・・・

字統

「礼冠を着け、跪(ひざまず)いて神意を聞く人の形」
「古く令の意と、またその字の形のままで命の字に用いた」

つづいて、
「人を集めて五瑞(祝い事?)の節を頒(わか)ち、その政令を発する意」
「礼帽を着けて、謹み跪いて神意を聞く神官の形」

この説明の通り、令に口をつければ、「命」になる。

「令」=「命」なのだ。

「任命」など、「令」に近い使われ方だ。

「命」となると、「命令」より「いのち」の意味合いが日常的に強くなる。


このように調べる辞書によっては
「令」を決して悪い意味から始めない場合もある。

そして、教授の言う意味合いは、やっと最後に出てくる。

「また命令の意より官長の名や使役の義となり・・・」

むしろこの辞書によれば、最後の方になるものもある。

調べる辞書によってこんなに違うことを
声高に言う必要はないようにも思う。

 

ちなみに、SNSではこんなものも出ていた。
いろいろ調べてみたが、裏が取れなかったので申し訳ないが、




REIWAはヘブライ語で「ふるまい」・・・

字統の「令」が「礼冠をつけ、跪(ひざまず)いて神意を聞く人の形」であることから
みんなに喜びを分かち合うようにご馳走するという意味合いよりは、
「ふるまい」=「立ち居振る舞い」「礼節」の方がしっくりか・・・

バベルの塔の逸話のように
もともと人間がひとつの言語しか持っていないとするなら
「音」すなわち意味となり、共通の意味、要素が残っていても不思議ではない。

全ての地は、同じ言葉と同じ言語を用いていた。東の方から移動した人々は、シンアル[4]の地の平原に至り、そこに住みついた。そして、「さあ、煉瓦を作ろう。火で焼こう」と言い合った。彼らは石の代わりに煉瓦を、漆喰の代わりにアスファルトを用いた。そして、言った、「さあ、我々の街と塔を作ろう。塔の先が天に届くほどの。あらゆる地に散って、消え去ることのないように、我々の為に名をあげよう」。主は、人の子らが作ろうとしていた街と塔とを見ようとしてお下りになり、そして仰せられた、「なるほど、彼らは一つの民で、同じ言葉を話している。この業は彼らの行いの始まりだが、おそらくこのこともやり遂げられないこともあるまい。それなら、我々は下って、彼らの言葉を乱してやろう。彼らが互いに相手の言葉を理解できなくなるように」。主はそこから全ての地に人を散らされたので。彼らは街づくりを取りやめた。その為に、この街はバベルと名付けられた。主がそこで、全地の言葉を乱し、そこから人を全地に散らされたからである。
— 「創世記」11章1-9節


この逸話は、まるで今の人間世界のようだ。

「互いに相手の言葉を理解できなくなるように・・・」

いまのわたしたちは、便利になったネット、SNSのために
かえって不寛容になってやしないか・・・

令和が生まれて4日目・・・

そろそろ、生まれた言葉への礼節とふるまいを
素直に取り戻した方がいいと思う。

この世が、この日本が
バベルにならぬように・・・

今回は、候補だった残りの元号も公表してしまったせいもあるだろうが、
あまりにも長引くのはいかがなものかと思う。

例えるなら
生まれた子供に両親が心を込めて付けた名前を
おじいちゃんおばあちゃんや、おじさんおばさんが、
はたまた隣近所のおばさんまでが
いつまでもケチと文句を言っているような悲しさを覚える。

これは性差の偏見ではないことを前提に付け加えるが、
この喧々諤々が、男性の方に多い気がするのは気のせいだろうか・・・

女性は、太古の昔から、宿ったいのちをそれこそ体をはって育てる。
時には命懸けだ。文字通り、トツキトオカ・・・
そして、生まれいずるいのちを覚悟を決めて育てる・・・

そういうDNAが組み込まれているためか
いつまでも喧々諤々「いのち」に対して議論はしない。

そういう意味で、新しく生まれた元号に対して
すぐに、覚悟を決めて育て愛でることができるのは、女性の方かもしれない。
(もちろん男性も多くいらっしゃることをきちんと付記しておく)


さて、昨日の続き・・・

「れ」・・・44
「い」・・・5
「わ」・・・46

数霊的には、1・2・3 は「幽」の世界・・・
4 は「幽」から「顕」の世界・・・
5 は「結び」・・・

そして、6 は「調和」の世界・・・

「令和」は、44➡5➡46と連続のエネルギーを発します・・・
4を繰り返しながら4→5→6と流れる。

令和 分析2019-4-4


今日はそのことをお話しましょう。

魔法陣では、4-5-6でビンゴ!
一直線に並びます。

4は易では「巽」☴=思い 五行では木 風

5の「吾」をとおって

6は「乾」☰=排出 五行では金 天

「巽」は、二陽の下に陰が入り込んでいる象。
風が陽を吹き飛ばす卦です。
出入りが激しく、不安定なさまを顕します。

それが、「吾」を通って「乾」に至ります。

「乾」は全部陽の卦で、天と陽が万物を生み出す卦。
強く、高貴で、堅く、円く、活動的です。

未曽有の災害が多かった平成を乗り越えて
明るく強い時代になる・・・そんな感じでしょうか・・・

4の不安定を繰り返しながら
着実に 4➡5➡6 と流れますので
縦横、四方八方、力強く 自己増幅していきます。

しかも大切なことは、「吾」を通すことです・・・

つまり、わたしたちの言動、立ち居振る舞いによって
何を増幅させるかがかかっているということです。

令和、れいわ、REIWAが
「礼節」「立ち居振る舞い」を意味するのも興味深いです。

また、「令和」は数霊「95」・・・9➕5=「14」
今回の元号が248番目・・・「14」
新元号、幸多かれ!

偶然ではありません。

よい時代になるか、悪い時代になるかは「吾」次第・・・

14のメッセージを思い出してください。

不変なるものにするか、相克なるか。
束ねるか、離反するか。
どの「明日」に持っていくのかはすべて「ここ」にあり
「永遠」に輝くか、「悪意」に堕ちるのかさえも。


そういう意味でも、「令和」を言祝ぎ
おのれの襟を正す時代なのでしょう・・・

人のせいではない、「吾」なのです。


また、4➡5➡6を五行で見ると

「木」➡「金」です。

木は金属で出来た斧や鋸で切り倒されます。

悪しきものは、切り倒されていいのですが、
良きものまで倒されてはいけません。

季節は「春」➡「秋」ですので、良き収穫を迎えるようにするには
繰り返しますが、中心の「吾々」の言動がかなめとなるのです。

決してあってはなりませんが、「金」は戦争をも意味しますから・・・


以上、ワンペーパーで書いた一部をざっと見てまいりましたが、
奇しくも、今日は4月4日、そして
元号が変わるこの2019年は、「政治(選挙)の年」に重なりました。

これは偶然か否や・・・

これが後々、大きな意味を持つかどうかも
「吾吾われわれ」にかかっているということでしょう・・・

4➡5➡6 は、 「幽」から「顕」の時代・・・

見えなかったものが見えてくる時代・・・

すばらしい「顕」が実るよう
私も努力していこうと思います。



ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 令和 深意 八卦 五行

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

東北  発達障害 人工台風 樹木希林 令和 千島学説 幸田露伴 MMT 山本太郎 自立 受験 大西つねき 数霊 自民党憲法改正案 緊急事態条項 母の乳房 マズロー 言葉 健康寿命 教育 本質 南海トラフ 特別会計 人工地震 自己実現 学び 自然 言霊 ワクチン 腸内細菌 朱蒙  参院選 存在 十二国記 山形 年金 せっけん 深意 犬山祭 両班 財務省 自然体 人工災害 漢字 リニア 進路 本間真二郎 自己表現 5段階欲求 玄徳 自民党  中西進 本庶佑 日日是好日  選挙  民間試験 AI  姫川薬石 か・かた・かたち 花結び 支援 時間 随筆 一月家 花火 教育実習 タンカー 地球温暖化  AddCafe りんご 台風 太陽光パネル 合格 子育て 灯油 トランプ 医療 希望 抗生物質 カゼインフリー 職人 グリテンフリー 火鉢 乾布摩擦 弱さ  IOT ボランティア 銚子川 山怪 新元号  三種の神器 自民改憲4項目 物部 桜を見る会 不合格 赤ちゃん 多様性 船瀬俊介 著作権 寛容 家電 緩和チャレンジ 岐阜 欠け 大衆酒場 老子 樹下石上 オリンピック 小沢健二 ペンジュラム GPIF 勉強 歴史 雄二郎 発達凸凹 五十肩 ボンボン時計 池上彰 3つの間 空間 安倍政権 電車 芸術 散歩 山口百恵 植福 消費税不要 人工 5G MMT 永尾 柳ケ瀬 PC 性別 幣原喜重郎 ホ・ジュン 原発 遊び 近藤誠 台風25号  教科と狂科 時間が与えられたわけ ゼロ THINK  音読会  発酵  欲望 TPP Japanファースト 徳山ダム ナノチップ 扶余 舟を編む マイクロチップ しあわせ サヨン マザーテレサ 木曽川水系連絡導水路 須永博士 モットー 巫女文学 酵素ジュース 神は細部に宿る 苦海浄土 犬山 石牟礼道子 成績 快癒力  あやかし  狂科 松野屋 ヒポクラテス 2年の法則 風が吹くと桶屋が儲かる 消費  こころ  入り口  気象コントロール 不調和 お手本 ゴミ拾い  いのち音叉 円空  遠漂浪(とおざれき) 藤の花 周波数 4096HZ 前夜祭 生野菜 夏目友人帳 ビワ 長良川薬石!? 鉱物 祭り まつり縫い 宝島社 企業的な社会、セラピー的な社会 狩猟民族 杉焼き料理 ストーブ 元気 心臓 内申 ねほりんぱほりん 脳の汎化作用 一芸は道に通ずる 井戸 恩師 デジタルハリウッド大学 開き直り 関市 ガソリン そばきり萬屋助六 卒業生男子 救世観音 大難が小難 小難が無難 わたしはわたし 明日は我が身  山添 修学の四標的 本の要約 2018漢字 2019 日本が売られる ぴよさんランチ ワーキングプア 謹賀新年 希望の種 知ることは防御なり 悠陽に 辻占 しいたけ占い TPP11 大本営発表 分福 #MeToo 惜福 母の自叙伝 flier 石垣りん LINE早押し選手権 2018年ボーナス 2018 you Thank 尊厳 法隆寺 微生物  かりん Cafeな一日 ヨーソロー カルロスゴーン マイケル・ジャクソン 唯我独尊 独立独歩 FTA Money 安心 アユ 十円玉ハゲ 詩歌  シャンプー メタトロン 純せっけん成分100% ハゲ 牛乳 シルバーバーチ 好転反応 オキテ そもそも 水道の民営化 AddCafe俱楽部 ファイブヒーリング 栄楽 夜逃げ フリーエネルギー  邪気 聖徳太子 鄭和 ピアス  飯島秀行 セラピー的な社会 藤原道長 柿本人麻呂 社会的共通資本 報道の自由度 1000年目の望月 雄日ヶ丘公園 屋上屋 消費税増税の政府対策 明治維新 銀杏 からだ 一病息災 自営業 タイブレーク 気象庁 再会 太陽光パネルの害 東海大会 異常気象 予測 予想 ひまわり セッション 自然療法 足腰とコミュニケーション 予報 米軍台風情報 台風10号  妄想 優勝 月相 維摩居士 小飼弾 文殊菩薩 お坊さん 死者 流す 初動不可トレーニング 上野  小諸市 ランチ アメリカ戦 世界ソフトボール 神社 キリスト教会 サマータイム 老人力 インスタ ピケティ 台風13号 スポーツブル スピリチュアル あの世とこの世 飛ばす 働き方改革 惜敗 r>g 2030年 自動翻訳 美学 電気 猛暑 認められる パスカル 笑い 運転手さん 懐メロ  考える 禍福は糾える縄の如し 絞る 選択肢 狭き門 高い電気代 地球(テラ)へ 心の水脈 ガンディ プロ 縄文 祭事  不服従 一物全体 水を得た魚 情報・広告 びわの種の粉 人間万事塞翁が馬 高校地学 進化 猛暑日 退化 素頭 古代月 アップデート  酷暑  働き者 バイオリズム パナマハット カウンター 集中豪雨 気象操作 理科 神香月 豪雨  月のほほえみ 吾ただ足るを知る 離れる 医者 菩薩行 聖句 讃美歌 ソクラテス 無知の知 ガンディー 人間性なき科学 国連 上古代 シュメール 感受性 沖浦和光 日本書紀 古事記 LGBT 名言 求道 落語  釣鐘雲 傘雲 熊本 ばか 木曽三川 諫早湾 長良川河口堰 やわらかい社会 茨木のり子 支配欲 時間・空間・手間 間抜け 3つの間 米軍台風進路予想 地蔵 仲間 不便 ノーベル賞 沖縄知事選挙 教師像 手間 わたしは、わたし ダンサー 幽玄 学力テスト 鵜飼い 謙虚 自己愛性パーソナリティ障害 おちこぼれゼロ法 大阪 演劇 時分の花 チャン・オクチョン 韓国歴史ドラマ 富士山 沈黙しなければならない 甲子園 地祇 民族 古代 神隠し 天孫族 治療 スピリチュアル産業 闇権力 金足農 医師誘発需要 自由研究 eスポーツ 異界 畏敬 上野選手 ミッドウエイ 越境台風 百名山 ノーサイン野球 大人 「うがった見方でごめんなさい」 医療ドラマ 尾畠さん 宇宙戦争危機誘発需要 自閉症スペクトラム  陰徳 魂魄 古本 中島みゆき 障害者雇用水増し 赤い感情 語りえぬものについては、 未完  青いインク 個人の能力 まる 天高く 同意感 違和感  まあるく 病気 アナログ 結婚観 倫理 古澤平作 自動運転 くまモン 荒了寛 立石寺 番丁庵 八戸 履歴書 グッズ 十和田湖 八甲田山 新潟 食事 水やり当番 アゴダ 宿 リニアいらない 休み 最高気温 遮光カーテン エアコン 異常震域 ステファニー・ケルトン 反抗期 始める自由とやめる自由 オセロ カーソン カーテン レイチェル 沈黙の春 沈黙の夏 居酒屋 鶴岡 家事 無断キャンセル ピープル・ウイズ・スペシャルニーズ インフルエンサー 18歳成人 コップの淵 ブログ引っ越し 東田直樹 災害 内閣改造 日本は破綻しません IMF 自閉症 粘着ゴムパット   日本酒 宮沢賢治童話村 十力の金剛石 加茂水族館 クラゲ 酒縁しょう栄 北前船 死の海  遠野物語 岩手  和而不同(わじふどう) 未来を信ずる歌 沖縄 少女 ファシズムの初期症候 スマホ イラン 宙船 自民党改憲案 2019参院選 英語教育 忖度 翻訳 歯車 ミスチル ホルムズ湾 すずめ 金融庁 無茶苦茶劇場 2000万円足りません 華麗なる両班たち 情報 バベルの塔 #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 自作自演 紫陽花 花言葉 平均 ほんもの メモ 内閣人事局 映画「新聞記者」 望月記者 公明党マンガ 民主党時代 安倍首相総括 1分で分かる政党の選び方 御輿を担ぐ 特高 安倍政権NO アジアの片隅で ドン・ガバチョ 吉田拓郎 NO安倍政権 憲法 検証 与党の嘘 加計問題 前川喜平 憲法改正案 自助 人権 鈴鹿講演会 野党共闘 性分 門番 乙女座 暴走する圧迫感 あきれる政治 中田敦彦 ASD(自閉症スペクトラム) 石垣のり子 サクラ(オトリ) お金がない世界 南海トラフ80%の内幕 お金のいらない国のつくりかた 大西つねき×長島龍人 日米FTA 高校生 マトリックス 信楽 安保徹 マクガパンレポート 針のじいちゃん 長島龍人 日本人はどこから来たのか 空虚 田毎 北風 針治療 the Waves  キリスト教 海の民 山の民 じいちゃん 大学入試改革 教育改革 広島カープ 野菜スープ 戦う人 先生 政府の嘘 日本の貧困化 温暖化 生活保護者 世間知らず 経験 ブラボータキガワ 監視社会 山口屋 伊勢神宮外宮➡外宮前参道 黒野さん 地球温暖化!? 眼鏡 毒素 いのちの歌 ファクトチェック さつまいも 生姜 お金がいらない国 会釈 冷水痛 対話とあそび 苦しみ 数字 内閣支持率 Beyond えこひいき ワイヤレスキーボード 自信 故障 剪定 おかげさまおたがいさま Cafe さかさま 関電 伴走 ふるさと 凸凹 抗菌 朝ドラ 熊谷晋一郎 遠甫 おかげさまで 読書 自分流 離婚 お金のシステム 結婚 台風15号 千葉First 清秀 自分の心を育てる 伏礼を廃す 陽子 初勅 矯正展 憲法改正 学校 筆算定規問題 スクラップ&ビルト 謙遜 正直 誠実 地震利権 宇陀 ごんぎつね 地震 十一面観音 薬膳料理 大願寺 人災 Kindleアプリ GMO サラダ記念日 New 山田正彦 鉄則 俵万智 忙しい 責任 台風19号 たいわけんぽう インフルエンザ 備え 李氏朝鮮 ボタン 当事者研究 DL法拡大 天は自ら助くる者を助く 発達凸凹かも!? 署名 冬と春の間 です、ます調とだ、である調 田中角栄 3.11 卒業生 石井紘基 もとの濁りの田沼こひしき 白河の清きに魚もすみかねて 辺野古 人事を尽くして天命を待つ 高温 神代文字 三重県 ファーストペンギン 農薬 妻問い婚 ハングル文字 組織 心から光る人間 心技体 若いときの苦労は買ってでもせよ 運鈍根 古い教育 志村ふくみ 土岐 桜前線 信頼 貧困 日本の賃金 三橋貴明 詐欺 信念 熊本地震改ざん WOODJOB コンクリート住宅は9年早死にする 木造  恥と罪 哲人 イチロー あみま俱楽部 小川淳也 炎上 年金機構 核融合科学研究所 NHK 地震データ改竄 余白 春分 医療利権 風邪 根本大臣不信任決議案趣旨弁明 挑戦 発達凸凹グレーゾーン 9条球場 息抜き アンフェア 国民投票 アウトプット 通販生活 火と食 同じ釜の飯 平成くん 平成さん みかづき  麻生大臣 インプット RAS 知ってはいけない隠された日本の支配構造 米軍基地 還暦 60年  日記 矢部宏治 合格おみくじ ことわざ 味噌 スマートグリッド オフグリッド 色霊 失意が前提の喜劇 掲示板 授かりもの 化粧 土鍋 待つ モーニング 望聞問切  三寒四温 他山の石 愛情障害 オランダの教育 猫パンチ 利休百首  第三の石油 面接 ハケン占い師アタル  再生可能エネルギー発電促進賦課金 大寒 遊川和彦 厚生労働省の毎月勤労統計調査 偏差値 データ 15歳 名前 私は貝になりたい 一之坪公園 花見 かんさい情報ネットten. 剣璽(けんじ)等承継の儀 男女 昭和歌謡 現代貨幣理論 Amazonプライム ゲーム脳 湾岸戦争 10年 お金のブロック!? がんばる 鴻上尚史 7RULES(ルールズ) 女王の教室 財政破綻しません ええじゃないか 憲法第九条 スナック 赤ちょうちん 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず スピード 白川静 ゴミ ぽっこりお腹 無財の七施  三点倒立 日本人減少 経済 安部芳裕 種子法 高血圧 令和ピボット イタイおもてなし チンドン屋 国策=無策 高校総体予選 熊野 情報リテラシー 社会保障 実験 Wi-Fi 電磁波 名実 小泉進次郎 リテラシー 後の祭り 税不要 お金 銀行 痛み 地震雲 私立Z学園の憂鬱 ビワの種の粉末 Theory=現代貨幣理論) Monetary MMT(Modern カキツバタ 自分軸 籠目 ~のおかげ 六芒星 六角形 せいで おかげ ~のせいで 淡墨桜  和菓子 手白香皇女 スベクヒャン 継体天皇 普遍の法 カフカ 音霊 形霊 14 安心安全 古代史 古代日本 REIWA 清明 ケムトレイル 絶望名言 でんがく からくり 桃源郷 虎屋 若松屋 合理的配慮 看板 空き地 空き家 教科書  発達障害コミュニケーション初級指導者検定 発達凸凹変換 平成最後 竹の花 恩赦 大須観音 不寛容 ぼっち おひとりさま スピーチ  上野千鶴子 東京大学 天平庵 ブログ 二十四節気 ゆとり教育 詰め込み教育 デジタル 千代の富士 大相撲 初日の出 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる