FC2ブログ

秋、立秋のころ⑫・・・医療系ドラマが多いわけ

最近医療系のドラマが多い。
わたしはあまり見ないので気にも留めていなかったが
昨日、録画していたある医療系ドラマを見た。

これは子供たちにも人気があるというので
とにかく一話だけでもと思い、
どれどれ・・・と重い腰を上げてみてみた。

そのとき・・・
「ああ、最近医療系多いな・・・」
と思ってふと気が付いた。

-意見には個人差があります-

その一話は、小児がんで入院をしている子供が
一度手術を受けて、投薬治療の末、再発し
もう一度手術をするという状況だった。

学校に通わせたいと願う母親は二度目の手術を
子どもに告げられずにいる話だった。

母親の子どもへの願い、
母親の誕生日を家族で祝ってあげたいと願う子供・・・
「いつ退院できるのか?」と尋ねる母子のやり取りは
涙もろい私は、涙なしでは見れなかった・・・

しかしだ、しかし・・・
これは、抗がん剤治療への
根性美化話にもつながりかねないと思った。

抗がん剤の副作用に耐える子供を
「強い子」「きっと二度目の治療にも耐えられる」と誉めるシーンは
それまで涙してみていた私の頭をとても冷静にした。
心で流す涙の温度とは反比例に、頭が冷めていく自分がいた。
(ディズニーの映画やアニメを見ていても、
こういことがわたしにはよくある)

世の中には、
抗がん剤治療や手術で、
よい結果になる人もいれば、そうでない人もいる。

医療の進歩で救われるいのちもたくさんある。

もちろんそうである。
ただ、うちの母は、ご存知のように
手術も、薬も・・・治療の選択方法としては選ばなかっただけだ。

ただ、どちらを選ぶにしても
光と影があるのはまちがいない。



それなのに、抗がん剤治療を
「この子は頑張って耐えられるから・・・」というセリフひとつで
抗がん剤の副作用に目をつむらせるドラマは
やはり「ドラマ」だなと思わざるを得なかった・・・

しかも、ドラマ設定が、普遍的な決して人間が否定しがたい
母子という「情」にからめるのは、ドラマ「コウノトリ」も同じだ。

だから余計、真髄に気づきにくくなる。


これを書いている矢先、
医学部の学費が全額無料に。ニューヨーク大学が画期的な奨学金を発表
というニュースが飛び込んできた。

アメリカ医科大学協会によると、
2017年にアメリカの医師の75%が学費のために借金を抱えており、
私立大学卒業の医師の借金は平均2240万円ということだから、
たしかに無料は素晴らしい。

しかし、そこまで医者を増やして
いったい何が待っているのだろうか・・・

無料商法・・・
ふとそんな言葉が浮かんだ。

携帯本体は無料だが、あとからの通信料や
有料、課金アプリ等での利益が目的であったり、

PCのプリンターが至極安いけれども
そのあとのインク代がバカ高いように・・・

また、浄水器は、ただ同然だが
それを継続して使用するためのカートリッジなどの備品が高い・・・

つまり、
医者になるのはタダだが、
たくさんの医者(医療機関)を増やして
その後の手術、薬や抗がん剤・放射線治療などを
収入の柱にしよう・・・というわけか・・・

-うがった見方でごめんなさい-

抗がん剤0.1グラム7万円、
注射器一本700万円だそうです。

無料商法・・・

まんざら大きく外れていまい。

ちなみに医者がいないほうが平均寿命を延ばしている夕張市。
2007年、市の財政破綻により市立病院がなくなった街です。
病院がなくなっても幸せに暮らせる! 夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ

なんと今では、世界から「夕張モデル」として
高齢社会で考える医療のモデルとして注目を浴びている。

なぜか医療ドラマが流行る日本(医療、投薬のイメージアップ!?)・・・
無料商法で、製薬会社の利益を伸ばす世界の医療界!?・・・
破綻後に、かえって死亡率も、健康寿命も延びた夕張市!・・・

そういうことを総合してみていかないと
ドラマの美談に流されていく何かをつかむことは難しいかなと・・・


そんなことを考えた朝でした。


ブログパーツ














スポンサーサイト



theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 「意見には個人差があります」 医療ドラマ 「うがった見方でごめんなさい」

夏、夏至のころ⑥・・・永遠の素人

わたしたちはどんな仕事についても永遠の素人・・・

そう、わたしは思う。

わたしは、いまひょんな流れでカフェの店主をやっていたり、
塾の塾長(一人経営)をやっているが
プロと思ったことは一度もない。

プロという定義を
「お金をもらうから」とか・・・
「何度やっても同じ結果を残せるから」とか・・・
「その人にしかできないレアさがある」とか・・・

他にもこんなにたくさん考えた方がいらっしゃる。
プロフェッショナルとは

しかしどうだろう・・・

このどれかが、もしくはすべてが正解だとして
いったい私たち労働者の何パーセントの人が
プロ」に当てはまるんだろう。

少なくとも私は当てはまらない。


ある大手民間会社出身の校長の有名な授業がある。
さすがに大手企業出だけあっていわれることが論理的だ。

その人の職の希少性を高めるには
この百万分の一の人材になるといいらしい・・・

ひとつの分野でそれをするのは
いわゆる羽生結弦などのメダリストになることだから
おそらく無理で・・・

わたしたち普通の人?は、
百分の一の価値あるものを3回(3分野)掛けて、
百万分の一になればいい・・・
という論理である。
(百万分の一はオリンピックのメダリスト級の確率らしい。)


はー・・・

ここまで書くだけでも何やら疲れるが
しかもそれは誰にでもできるらしい。
???
わたしは、その方の動画を見ていると「疲れる」し
書いていても「疲れる」のだから、
たぶん誰にでもできない(すでに私が例外だから)と思うが・・・
また、だれにでもできるのなら百分の一でもないと思う。

いわゆるどこかの歌のオンリーワンということだと思うが
人間、オンリーワンもナンバーワンもなるのはとてもとても難しい。

やってみたことがある人はわかっていただけるし
なれないことは本人の努力不足が原因だけではないだろう。

その方は公私ともに「今の教育を変える」というメンバーの
主要な位置にいらっしゃるらしい。

ここからは私の勝手な考えで
久しぶりにこのカードを出して進めたい。

-意見には個人差があります-

この方が厄介なのは
論理的に正しいことを言われているからだ。

「論理的に正しい」でこられると
とても生きにくい世の中になる。

人間とは弱い生き物である。
その弱いはいろいろある。

さぼる
こうげきする
いいわけをする
つづかない
楽をしたい
・・・

この部分が全開な人々は(笑)
果たしてこの論理に納得するだろうか・・・

わたしも見ても聞いても「疲れる」のだから
間違いなく弱い人間である。

また、人間が持つこの弱い部分は
論理で片付く問題だろうか・・・


そして、もうひとつ・・・
「最初に旗を立てたやつが勝ち」らしい。
資本主義では、これも論理的にはあっている。

その証拠の例も挙げられる。

「例えば協会をつくって、それで何か教科書をつくって、
検定つくっちゃって、会費とって、家元制にする。
これでお金がものすごい流れ込んだんですよね。」

だから
スピ系、占い系、自己啓発系の分野で家元制が多いのか・・・
と納得(論理的合点)したりするが
自分はやりたいとは思わない。

たしかにこれは、
資本主義の合法的、合理的仕組みである。
しかし、わたしはこの仕組みが嫌いである。

嫌いというのは、まったく論理的ではない。

でも、この論理的でない私の感情が、
「論理」より優先してしまうのである。

もし・・・
この「論理」でないと生きていけない・・・
「レア」にならないと生きていけない・・・
という無言の社会的圧力があったら
わたしはまちがいなく病気になる(笑)


また、嫌いな理由は明らか・・・(ここは論理的)
子どもたちにそういった胴元制の世の中を残したくないからだ。

巻き上げる側にも
巻き上げられる側にもならずに
フラットで 自由に 気楽に 
生きていく世の中を残したいから
そういったことに加担はしたくない・・・

昨日父のことを書いたが
父が背広職人(テーラー)になるのに
もちろん修業した親方がいる。

しかし、
その親方から独立した後、
一切の家元制はない。
中間マージンも定期的に親方に納める上納金もない。

正真正銘の暖簾分けだし、独立である。

だから父は
誰気兼ねなく、自由に仕事をし
自由に遊んだ。

なぜ今はそうならないのか・・・
いつまでも子分、弟子を抱え込もうとするのか・・・
わたしには不思議でならない。

背広の型紙に著作権などない。
親方から学び、技術を身に付け、一人前になれば
親方と同じ土俵で職を全うする。
そこにもう上下はない。

著作権やら家元制やらで
始めるときも、そしてそれをやり続けるときも
なんらかの上納金(会費)を出し続けないといけない世の中は
ほんとうに「普通のこと」なのだろうか・・・


論理的であることは確かに大切な要素だが
論理的に正しければ、
みんなが気持ちよく生きられ、
問題が解決するというのは少し違う。


弱いから強くなれとか
弱いからほおっておかれてもしかたがない、
自己責任だというのは

人間が、考えることを放棄し、
智慧と共感を出し渋る
かえって怠惰な状況だということになりはしないだろうか・・・

そして、論理は往々にして損得と絡まる。
だからやっかいなのだ。

どうやら「論理」というのは
いのちをこねくり回すのが好きなようだ。



そろそろ梅雨が明けそうだ。

論理の外で人間が気楽にやさしく生きられるように・・・

夢想家と言われようが、
わたしはいつもそんなことを考えながら
塾のソファーでまったりと子どもたちを待っている。


ブログパーツ












theme : いのちあるものが いのちあるように
genre : 心と身体

tag : プロ 「意見には個人差があります」

夏、小満のころ④・・・言わずにはいられない

「意見には個人差があります」


スポーツを愛してきた人間として・・・
日頃、塾講師として、スポーツに汗をかく子供たちを見ていて・・・


昨今の大相撲やレスリング、アメフトの騒動を見て思うこと・・・

外野からで大変僭越ですが・・・

どうか言わせてください。


もう、子どもたちにスポーツをさせることで
心技体が育つと過信しないほうがいい
と思います・・・


育つどころか
その育成に害さえ与えることもあること・・・


理由① 心技体をバランスよく育てる指導者が少ないこと
理由② 指導が勝つことばかりに傾き、きちんとした負け方を教えないこと(もしくは負け方を知らない指導者が多いこと)
理由③ 指導者側の組織が大きくなりすぎて、指導者自らも背負うものが大きく、自由がきかないこと


日頃、指導者と言われる大人の方へ

どうか、不安に付け込み、
脅して(操作)アドバイスをするのをやめてください。

どうぞ人間の気持ちを萎縮させることはおやめください。

以前の記事➡エネルギーバンパイヤ


≪日頃、スポーツを楽しむお子様がいる保護者の方へ≫

どうぞ大切なものを見失わないでください。
どんなスポーツにしろ、それはプロでもアマでも・・・

ゴールは、スポーツそのものではなく、
そこで何を得て、何を学ぶのか・・・
こころの成長です。

それがかなわぬ指導者のもとからは
いっそ離れる勇気を持ってください。



「意見には個人差があります」








ブログパーツ





theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 「意見には個人差があります」 エネルギーバンパイヤ

春、穀雨のころ⑬・・・さださん

十年、をちこちでも何度も登場した
「意見には個人差があります」というフレーズ・・・

「年の初めはさだまさし」や
「今夜も生でさだまさし」でさださんがよく言います。
歌やタオルまで作られています(笑)

スクリーンショット (14)

要は、毒舌を言いたいのだが
あまりにもきつくなりすぎてよろしくないので
雰囲気を和らげたいときに使うパロディ(笑)である。

笑いは、人の心を解きほぐし
言いたいことが伝わりやすくなる・・・という効能がある。

相談行(菩薩行)をしていて
笑いが起きた時は大成功である。
笑いとともに、言いたいことがちゃんと伝わるからである。


「意見には個人差があります」

この言葉・・・笑いながら、しかも
言いたいことはきちんと言えるので
わたしは大好きだ。

傍観者のような、また、
ふざけた責任転嫁したような笑いとは違う
「主張」がちゃんとある「笑い」・・・

これを絶妙のタイミングで採用するさだまさしさん・・・

いやぁ~天才です。

歌舞(カブ)く天才、桑田佳祐さんとともに
パロディを真面目に=まじパロの天才、さだまさしさん・・・

さだまさしさんが天才なのは
笑い泣きができる歌をつくることです。

笑い泣き
とは、この世の中で一番
心の浄化になるんじゃないかと思えるほど
素晴らしい感情の発露です。

チャップリンの映画もそうです。

いまのTVの薄っぺらいくだらない笑いではなく
泣いている自分の底辺を自分で笑い・・・
笑える滑稽な主人公に
たぐいまれなるピュアさを感じ取って泣けてくる・・・

私の人生上、出会った芸人では、
昭和の喜劇役者(松竹新喜劇)の
藤山寛美(ふじやまかんび)さんが最後のような気がする。

それほど、本物の芸人が生まれなくなってきている。

チャップリンも寛美も父が教えてくれた。

「芸は水に字を書くようなもの
書き続けないと見えなくなる」

寛美さんの言葉である。


笑っているうちに泣けてくる・・・
泣いているうちに笑えてくる・・・

まさに
苦の中にいて苦のままで楽である・・・
なのです。

GW、時間もあるのでこの本を読了した。



中学から高校にかけて
さださんの歌を聴いていると
「暗い」と言われたが、
この年になっても、偉人は偉人。

12歳年上で、
辰年という共通項もうれしいかぎりだ。


ブログパーツ





theme : スピリチュアルライフ
genre : 心と身体

tag : さだまさし 「意見には個人差があります」 藤山寛美 昭和

十年、をちこち・・・65

-意見には個人差があります-


訪れた会場は、大都会のビルの一室でした。
入ってすぐ、いろいろと異常さがわかりました。

①置かれている椅子(人数)のわりには、部屋が狭いこと。

②しかも、窓が一つもないこと

③並んでるイスが、空間がなく、ぎっちりと詰められていること

④待ち時間、同じ言葉ばかりが繰り返される音楽が流されていること

⑤本来、前にある掛け時計が(釘がある)外されて、うしろの机に置かれていたこと

⑥セミナーご本人の声が、やたらと不自然な甲高い声であいさつされたこと
(実は、声の不自然な高さは、その人が自然かどうかのバロメータです)

⑦⑥のわりに、若いスタッフはすこし遠慮がちに(ごく普通に)あいさつされたこと


洗脳は、たくさんある個人のアンテナを一つに絞らせ
主催者が提供する、ある一つの情報に集中させようと誘導します。


時計がないのは、帰る時間や日常のルーティンを
思い出させないようにするためでしょう・・・

主催者が与える情報以外に
気を散らさせないためです。


椅子がプライベートゾーンを省いて並べられているのは
会場の偽の共感、連帯感、高揚感を生み出すためではないかと思います。


現に、途中で
「〇〇につながる方法」と称して
隣同士向き合って、感じあうワークがありました。
異常だと思ったのが、
誘導するのはそのセミナー担当者本人でした。


まさに洗脳でしたね。


わたしは、もちろんpiyoさんとやりましたが、

「なんじゃこれ!?」

と笑いをこらえるのに必死だったのは言うまでもありません。

まるで、学校の教室で
ふざけて授業の妨害をするおちゃらけた生徒のようです(笑)

授業を聞きたくない生徒ってこんな気分なんだろうな・・・と
こちらのほうが妙に共感しました。


実は、最後に配られた紙に
主催者側からの注意点が書かれていました。
よくあることですが、それは
小さな小さな字で書かれてありました。


わたしたちのような目的が違う来場者が
営業妨害のようなことをすると
専属の弁護士を使って
法的な処置をとる とまで書いていました。

ほんとうに、ご自分に自信があれば、
なぜこんなことを書く必要があるのでしょうか・・・


不思議でした。


たかが、自分と意見が違う小さな個人です。
その個人を、会社お抱えの弁護士を使って法的措置をとるそうです。

なんか
フェアーじゃないな。

これが、正直な感想です。


いままで、いろいろな方のお話を聞きに行っていますが、
ここまで書かれている人に初めて出会いました。

そのセミナー担当者の日頃の言葉は

「愛を高める」やら
「無条件の愛」やら
「愛のエネルギー」やらですから、


なにか???です。


ちなみに、勧められたバックエンドの商品※は、
三桁の〇〇〇万円でした。
※バックエンドの商品:セミナー最後に勧められる商品



わたしたちが心の声を聴くのに
誰の誘導もいりません。

かえって邪魔です。

従うのは、自分の内なる声だけでいいのです。


くりかえします。

誰にも教えてもらう必要はないのです。

20180321_181831_201804070802453fd.jpg




-意見には個人差があります-



ちなみに、ここでは書けないこともありますので
直接会いに来てください。

あ、うちにはバックエンドの商品はありませんので
ご安心を・・・(笑)





ブログパーツ







theme : スピリチュアルライフ
genre : 心と身体

tag : 「意見には個人差があります」 洗脳

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

東北  発達障害 人工台風 いのち 樹木希林 令和 千島学説 幸田露伴 宮沢賢治 MMT 穀雨 受験 自立 言葉 健康寿命 マズロー 数霊 母の乳房 ダンス 緊急事態条項 自民党憲法改正案 本質 人工地震 ワクチン  言霊 特別会計 腸内細菌 朱蒙 参院選 山本太郎 学び 教育 自己実現 ベーシックインカム  自然  平成 踊り 自己表現 深意  玄徳 5段階欲求 花結び AI 年金 自民党   存在 選挙 山形 中西進 か・かた・かたち 姫川薬石 犬山祭 財務省  日日是好日 十二国記 せっけん 自然体 本庶佑 本間真二郎 人工災害 進路 リニア 両班 漢字 歴史 トランプ 灯油 性別 IOT 植福  随筆 太陽光パネル 人工 著作権 消費税不要 勉強 多様性  りんご 遊び 船瀬俊介 小沢健二 岐阜 銚子川 AddCafe 医療 希望 乾布摩擦 抗生物質 電車 タンカー 山口百恵 GPIF カゼインフリー 三種の神器 雄二郎 物部 新元号 合格 散歩 芸術 赤ちゃん 不合格 教育実習 子育て 弱さ 支援 老子  永尾 ボランティア 山怪 樹下石上 幣原喜重郎 時間 台風 欠け 5G グリテンフリー 地球温暖化 台風25号 家電 空間 オリンピック 3つの間 ペンジュラム 花火 発達凸凹 近藤誠 緩和チャレンジ 神秘 シェアエコノミー AI 個性 ゴッドゾーン 大衆酒場 寛容 老害 さだまさし チャン・ヨンシル    池上彰 MMT 知性 PC  教師 自民改憲4項目 間抜け 時間・空間・手間 3つの間 仲間 米軍台風進路予想 手間 江夏の21球 教師像 ドラゴンズ 地蔵 孤高の冬 SwiftDemand チャン・オクチョン 韓国歴史ドラマ 大阪 ウイニングボール 時分の花 演劇 わたしは、わたし 人間の性 ダンサー 沖縄知事選挙 ノーベル賞 祭り  神は細部に宿る 立夏 まつり縫い 前夜祭 夏目友人帳 藤山寛美 生野菜 人生時計 教科と狂科 発酵 舟を編む しあわせ 時間が与えられたわけ 瞬発力 名鉄 モットー 酵素ジュース 木曽川水系連絡導水路 徳山ダム おちこぼれゼロ法 学力テスト 諫早湾 長良川河口堰 やわらかい社会 ばか 木曽三川 名言 国連 半農半X 人間関係 LGBT 同情 落語 沈黙しなければならない 語りえぬものについては、  青いインク 共感 富士山  釣鐘雲 傘雲 人間性なき科学 ガンディー 鵜飼い 祭事 自己愛性パーソナリティ障害 支配欲 幽玄 フィンテック 一病息災 木曽川中学校 糸と布 茨木のり子 感受性 経済を選ぶ 上古代 無知の知 ソクラテス シュメール 縄文 沖浦和光 日本書紀 古事記 あやかし 狂科  シャンプー 神香月 保育園 十円玉ハゲ 光るキノコ 「さう(そう)ならうとする生命体」 好転反応 ハゲ 純せっけん成分100% メタトロン からだ マザーテレサ 扶余 ナノチップ マイクロチップ THINK 欲望 蛇の目 ヒヨドリ  銀河鉄道の夜 シルバーバーチ おかげさま 企業的な社会、セラピー的な社会 バイオリズム 微生物 ドラマ  FTA Money マイケル・ジャクソン カルロスゴーン かりん Cafeな一日 オオルリ 古代月 80年前の涙 牛乳 アユ 安心 ヨーソロー 成長 随想  サヨン 成績 ヒポクラテス   韓国ドラマ 維摩居士 太江寺  快癒力 火鉢 こころ  入り口 足腰とコミュニケーション 松野屋 犬山 2年の法則 風が吹くと桶屋が儲かる 天文は人文 消費 ゴミ拾い 気象コントロール 不調和 水を得た魚 仮想水 宝島社  ゼロ  笑い  Japanファースト TPP 藤の花 円空 火の民  お坊さん 文殊菩薩 長良川薬石!? 鉱物 いのち音叉 周波数 4096HZ 赤い感情 陰徳 妄想 電気 ビワ 猛暑  台風10号 音読会 優勝 米軍台風情報 予報 酷暑  退化  素頭 パナマハット 進化 猛暑日 働き者  アップデート 須永博士 詩歌 権力 気象庁 再会 心の水脈 タイブレーク 東海大会 セッション 人生のかたち 空(くう) 異常気象 太陽光パネルの害 自然療法 ガンディ  小飼弾 オキテ 働き方改革 夜逃げ ぴよさんランチ 恩師 尊厳 カウンター 苦海浄土 古本 アナログ 結婚観 運転手さん 未完 求道  パスカル 認められる 謙虚 倫理 懐メロ まあるく 情報・広告 びわの種の粉 自動翻訳 一物全体 地球(テラ)へ 古澤平作 高い電気代 病気 考える 不便  気象操作 お手本 集中豪雨 月のほほえみ 菩薩行 吾ただ足るを知る 離れる 石牟礼道子 医者 理科 遠漂浪(とおざれき) 禍福は糾える縄の如し 絞る 選択肢 狭き門 人間万事塞翁が馬 高校地学 巫女文学 自動運転 豪雨 ひまわり 予想 アンダーグラウンド 地祇 甲子園 自己解放 天孫族 治療 スピリチュアル産業 闇権力 金足農 医師誘発需要 民族 かっぱ eスポーツ 大人 「うがった見方でごめんなさい」 医療ドラマ 自由研究 神隠し 古代 笑かす 動物 宇宙戦争危機誘発需要 黒人 地球へ 今世 幸せ 月相 まる 個人の能力 不服従  魂魄 中島みゆき 小満 マイノリティ 違和感  白拍子 自閉症スペクトラム 同意感 ロマニー 陶酔 天高く 自営業 尾畠さん 自分は自分にしかなれない 惜敗 からだから JUJUWORKS スポーツブル 美学 2030年 ランチ インスタ ピケティ r>g 独立独歩 台風13号 流す 死者 プロ 予測 DeepRiver 飛ばす ゆるし スピリチュアル あの世とこの世 小諸市  上野選手 ミッドウエイ 越境台風 讃美歌 異界 イサドラ・ダンカン ノーサイン野球 百名山 畏敬 聖句 神社 世界ソフトボール アメリカ戦 上野 初動不可トレーニング 記憶 老人力 キリスト教会 サマータイム  障害者雇用水増し 邪気 金融庁 無茶苦茶劇場 2000万円足りません 華麗なる両班たち 情報 バベルの塔 #2000万円貯めるよりも自民党・公明党を落とすほうが 自作自演 平均 紫陽花 職人 ほんもの メモ 李氏朝鮮 ボタン 種子法 高血圧 令和ピボット イタイおもてなし チンドン屋 国策=無策 高校総体予選 熊野 情報リテラシー 社会保障 実験 Wi-Fi 電磁波 花言葉 すずめ 加計問題 前川喜平 憲法改正案 自助 映画「新聞記者」 人権 鈴鹿講演会 野党共闘 性分 門番 乙女座 暴走する圧迫感 あきれる政治 内閣人事局 忖度 ファシズムの初期症候 沖縄 スマホ 宙船 ホルムズ湾 イラン 少女 自民党改憲案 翻訳 英語教育 歯車 ミスチル 2019参院選 名実 小泉進次郎 ええじゃないか 憲法第九条 スナック 赤ちょうちん 心の欲する所に従えども矩(のり)を踰えず スピード 白川静 ゴミ ぽっこりお腹 無財の七施  三点倒立 日本人減少 カキツバタ 自分軸 合理的配慮 看板 空き地 空き家 教科書  発達障害コミュニケーション初級指導者検定 発達凸凹変換 平成最後 竹の花 恩赦 大須観音 不寛容 財政破綻しません 女王の教室 リテラシー 後の祭り 税不要 お金 安部芳裕 銀行 痛み 地震雲 私立Z学園の憂鬱 ビワの種の粉末 Theory=現代貨幣理論) Monetary MMT(Modern 経済 お金のブロック!? 男女 かんさい情報ネットten. 昭和歌謡 Amazonプライム 現代貨幣理論 剣璽(けんじ)等承継の儀 ゲーム脳 がんばる 10年 鴻上尚史 7RULES(ルールズ) 湾岸戦争 与党の嘘 検証 自分流 おかげさまで 離婚 結婚 ASD(自閉症スペクトラム) お金のシステム 読書 台風15号 伏礼を廃す 清秀 陽子 初勅 千葉First 中田敦彦 内閣改造 ピープル・ウイズ・スペシャルニーズ 家事 インフルエンサー コップの淵 粘着ゴムパット 18歳成人 無断キャンセル ブログ引っ越し 日本は破綻しません 災害 IMF 自閉症 東田直樹 自分の心を育てる 遠甫 GMO サラダ記念日 New 山田正彦 憲法改正 鉄則 俵万智 忙しい 責任 台風19号 たいわけんぽう インフルエンザ 備え 矯正展 ふるさと 故障 ワイヤレスキーボード 剪定 Cafe 熊谷晋一郎 おかげさまおたがいさま 自信 さかさま 凸凹 伴走 抗菌 朝ドラ 関電   最高気温 遮光カーテン エアコン 異常震域 ステファニー・ケルトン 反抗期 始める自由とやめる自由 オセロ カーソン カーテン レイチェル 沈黙の春 沈黙の夏 和而不同(わじふどう) 未来を信ずる歌 望月記者 公明党マンガ 民主党時代 安倍首相総括 1分で分かる政党の選び方 御輿を担ぐ 特高 安倍政権NO アジアの片隅で ドン・ガバチョ 吉田拓郎 NO安倍政権 憲法 休み リニアいらない 宮沢賢治童話村  十力の金剛石 クラゲ 鶴岡 加茂水族館 日本酒 酒縁しょう栄 遠野物語 死の海 岩手  北前船 居酒屋 食事 番丁庵 荒了寛 八戸 グッズ 履歴書 立石寺 十和田湖 水やり当番 新潟 アゴダ 宿 八甲田山 ぼっち おひとりさま 還暦 知ってはいけない隠された日本の支配構造 60年 日記 初日の出  米軍基地 矢部宏治 スマートグリッド ことわざ オフグリッド 色霊 合格おみくじ 熊本 知ることは防御なり ワーキングプア 日本が売られる TPP11 大本営発表 2018 2018年ボーナス 2018漢字 2019 辻占 悠陽に しいたけ占い 希望の種 謹賀新年 味噌 RAS 面接 ハケン占い師アタル  再生可能エネルギー発電促進賦課金 掲示板 大寒 遊川和彦 厚生労働省の毎月勤労統計調査 偏差値 データ 15歳 名前 私は貝になりたい 失意が前提の喜劇 平成さん アンフェア 9条球場 国民投票 通販生活 インプット アウトプット 息抜き 火と食 みかづき 平成くん  くまモン 同じ釜の飯 you Thank Kindleアプリ   ファイブヒーリング 栄楽 AddCafe俱楽部 ピアス 鄭和 卒業生男子 そばきり萬屋助六 救世観音 法隆寺 聖徳太子 フリーエネルギー 飯島秀行 柿本人麻呂 藤原道長 社会的共通資本 報道の自由度 そもそも 水道の民営化 1000年目の望月 雄日ヶ丘公園 屋上屋 セラピー的な社会 消費税増税の政府対策 明治維新 銀杏 関市 ガソリン 修学の四標的 本の要約 脳の汎化作用 一芸は道に通ずる ねほりんぱほりん 井戸 flier 母の自叙伝 石垣りん LINE早押し選手権 #MeToo 分福 惜福 内申 杉焼き料理  明日は我が身 山添 小難が無難 大難が小難 わたしはわたし 開き直り ストーブ 狩猟民族 元気 心臓 デジタルハリウッド大学 第三の石油  音霊 形霊 14 安心安全 古代史 古代日本 REIWA 清明 ケムトレイル 絶望名言 でんがく からくり 桃源郷 花見 一之坪公園 桜前線 信頼 貧困 日本の賃金 三橋貴明 詐欺 信念 熊本地震改ざん WOODJOB コンクリート住宅は9年早死にする 木造  恥と罪 カフカ 普遍の法 スピーチ  上野千鶴子 東京大学 若松屋 天平庵 ブログ 二十四節気 ゆとり教育 詰め込み教育 デジタル 千代の富士 大相撲 虎屋 和菓子 六芒星 籠目 六角形 おかげ せいで ~のおかげ ~のせいで 手白香皇女  スベクヒャン 継体天皇 淡墨桜 哲人 イチロー 高温 神代文字 三重県 ファーストペンギン 農薬 妻問い婚 ハングル文字 組織 心から光る人間 心技体 若いときの苦労は買ってでもせよ 運鈍根 古い教育 挑戦 発達凸凹グレーゾーン 授かりもの 化粧 土鍋 待つ モーニング 望聞問切  三寒四温 他山の石 愛情障害 オランダの教育 猫パンチ 利休百首 人事を尽くして天命を待つ 辺野古 あみま俱楽部 小川淳也 炎上 年金機構 土岐 核融合科学研究所 NHK 地震データ改竄 余白 春分 医療利権 風邪 根本大臣不信任決議案趣旨弁明 志村ふくみ 卒業生 天は自ら助くる者を助く 当事者研究 発達凸凹かも!? 冬と春の間 署名 DL法拡大 です、ます調とだ、である調 石井紘基 3.11 もとの濁りの田沼こひしき 白河の清きに魚もすみかねて 田中角栄 唯我独尊 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる