FC2ブログ

秋、寒露のころ⑪・・・どうしてほしいかではなく、どう生きるのか?

増税対策、現金配布案浮上 「田舎の魚屋、クレカない」

これ、「増税対策」ではなく、「増税うやむや対策」でしょう・・・

言葉からきちんと使ってほしい・・・

そして、話し合う内容も内容だが、
でてくる案はもう笑うしかないでしょう・・・

こういう方たちが
行政のトップ(閣僚)である悲劇は
もう喜劇でしかない・・・


あえてまじめに、お返しすれば・・・

ポイントだろうが、現金だろうが、
消費という観点でしか
物事を考えられない貧頭には恐れ入ります。

私たちを豊かにするのは
もうとうに「消費」ではないことは明白・・・

できるだけ生活・・・

●出来るだけ自給自足率を上げる・・・自分が作れるもの、生み出せるものを増やす  
●出来るだけ医療から遠ざかる・・・ホリスティックにこころとからだを捉える
●出来るだけ地面と近くなる・・・積極的に微生物とつながる 循環のさせ方を自然から学ぶ
●出来るだけ消費生活を減らし、生産側に回る・・・何にお金を使うのか(循環)を考える     
●出来るだけ自ら生産し、生産している人と交流する・・・物々交換できる準備をする
●いつも 笑いとユーモアと挫折・弱さを楽しむ心をもって

どうしてこう言い切れるのか・・・

それは、

「どうしてほしいかではなく、どう生きるか?」


そこを考えることが一番大切だから・・・

それが生きる土台でありエネルギー・・・


政府もエセセラピストもどう生きたいですかとは問わない。

「どうしてほしいですか?」
と聞いてくる。

うっかり、「どうすればいいですか?」
なんて尋ねようものなら、
あれこれいろいろ出てくる・・・

現にうちの母も医師から
「今はいろいろと治療の薬がありますから・・・」と言われた。

救急救命以外に、
わたしたちは、
自分のいのちと生き方を
できるだけ人にゆだねなように、
左右されないように

ましてや国や地方自治体に常に何かしてもらう癖を
なくしていきましょう・・・ということです。

上記のように、
税金(対策!?)も、薬、手術も・・・おまかせ!?
こころの問題を精神科医やセラピストに・・・おまかせ!?

そうやって他人に自分の領域をお任せ過ぎないように
気をつけましょうということ・・・

権力がある他人が考えるのは、
せいぜい薬漬けの延命や
本質から離れた気持ちのいいごまかしにすぎません。

(もちろん世界には本物の医師もセラピストもいますが)

人工災害も
新薬の闇も
医療ムラも
原発ムラも

どれもこれもTV、新聞には出てこないでしょう・・・

マスメディアもコントロールされていますから、
電磁波の「で」の字も言えません。


医療こころ・・・

人任せにするとエライことになりまっせ・・・

というお話です。


ブログパーツ











スポンサーサイト

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 消費 医療 こころ

秋、寒露のころ⑩・・・ゴミを拾うとなぜ問題が解決するのか?

昨日の花結び(音読会)・・・

Tさんがいう・・・

町中などでゴミを拾うと、
なぜかその人の解決能力が高まり
問題が解決すると・・・

そう聞いたことがあるが、なぜでしょう・・・?

ゴミ拾い

ふと、思い当たる節があった。
10年以上店をしていて気が付いてことがあったのだ。

それは、私自身、
店の周りの駐車場に落ちているゴミに気が付き
それをを拾うと
(管轄内外にかかわらないゴミ)

その日のお店で
新しいお客さんとのご縁をいただくことが
多いということに気が付いていたのだ。

どういうことだろうか・・・

それはおそらくこういうことだ・・・

ゴミは心無いある人にその場に捨てられ動けずにいる。

本来向かうべきところ(ゴミ箱)へ向かえず
まるでポツンと取り残されている。

この世は万物流転・・・

流転していないものは寂しそうに見える・・・

たまたま、それに気が付いて拾って捨ててくれる人がいる・・・

そのごみは再び流転し始める・・・

人間はこの世にいて流転を手伝うお役目がある・・・

止まっているものがあればそれを手助けする・・・

問題を解決するというのは、
実はその人の個人的能力だけがそうさせるのではなく

万物流転の中で、見える見えないにかかわらず
いろいろな人々のお陰様で解決するもの・・・

だからゴミを拾うことで巡りが生まれ、
自然と物事が解決へと流転し始める・・・

もっと言うと、問題はずっとそこにとどまることはできない。

必ず流転しているので、ほっておいても解決する・・・

そうできている。

しかし、この人間界は、
いらぬ欲や執着でこの流転を滞らせる・・・

だからこそ、たまたまゴミを拾ったことで
結果的にその流転を助けたことになり
巡り巡っておのれの問題も流転し始めたわけだ・・・

風が吹くと桶屋が儲かる式に

世の中は思いがけないところからつながり、流転している・・・

つまり解決へと向かったわけだ・・・

人とのご縁もそう・・・
人のご縁も流転している・・・

ゴミを拾ったことで滞りが少し揺らぎ
いつも出会わない人とめぐり合うことになった・・・


ちなみに、
「捨」・・・手偏にとどまる・・・流転を止める
「拾」・・・手偏に合う・・・流転が順調

ごみをそこらあたりに捨ててはいけませんというのは、
自分自身の巡りを止める愚行であるからである。

漢字もそう物語っている。



気になる方は一度されるといい・・・

できれば、結果を必ず得るぞという欲を捨てて
とにかく試されるといい・・・

世の中は、宇宙は・・・
「どうやらそうできているらしい」ということがよくわかります。



私はこの「どうやらそうできているらしい」
日々見つけることが結構好きである。


ブログパーツ





theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 風が吹くと桶屋が儲かる ゴミ拾い

秋、寒露のころ⑨・・・2年でわかる

この世は無常と言いますが、
何でも変わればいいというものでもありません。

とくに、お金が絡むと人はこうまで変わるのか
という事例がいくつかありますし、みてきました。

2年の法則

私はこう名付けています。

どういうことか・・・

例えば、ある本を読みます。

とても素晴らしいことが書いてあり感服します。
その人の2年が経過し、その後を追いかけてみて
そのまま変わらない人は、もっとお話を聞いてみよう・・・

そうでなく、えらく金儲け主義に転じていて
人相まで変わっていることがあります。
その人は、残念ですが敬遠しよう・・・
(キツネやイタチ、その合体が憑いていることが多いです)

これは、スピリチュアリスト、ヒーラーと自称する人に多いのですが、
変わってしまう人の中には、医者やノーベル賞受賞者にもいるようです。

先日ブログであげた2016年の記事をもう訂正・加筆しなければなりません。

二年前の記事と、11日に言われたことが
ここまで違うのはなぜでしょうか・・・

文藝春秋 2016年5月号 抜粋
本庶 がんにも自然治癒があるので、どんな治療をしても治る人が出てくることはあります。しかし、一例効いたとか二例効いたという話をしても仕方がない。そんな話を針小棒大に膨らませて、今でも日本で多額の研究費をとって研究をしている人はいます。その代表的な例が、免疫療法のひとつ、がんワクチンです。でも、僕は最初からこれは効くわけがないと思っていました。

立花 どうしてですか。

本庶 極めて単純な話なんです。たとえば僕が肝臓がんだとしましょう。僕のがん細胞の一部は常に死んでいます。その時、死んだがん細胞は抗原となって体内にばらまかれ、免疫系にいわば記憶される。
 ワクチンとは、基本的に毒性をなくすか、弱めた抗原を体内に入れて、その抗原に対する免疫の応答性を高めるものです。しかしがん患者の体内には、すでにじゅうぶん抗原はあるはずなので、さらに何ミリグラムか知らないけれども、抗原を注射したところで、大した違いが出るはずがない。

≪2018年10月11日 読売新聞≫
本庶佑さん_LI
➡朝日新聞デジタルでも・・・
子宮頸(けい)がんの原因ウイルスの感染を防ぐ「ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン」が現在、積極的に勧奨されていないことも取り上げた。「世界中で使われ、有効性があるという結果が出ている。WHO(世界保健機関)も非常に問題視している」とし、「ぜひすすめるべきではないか」と訴えた。

がんワクチンの定義が両者違うのか?
ウイルスは、変化が激しいため、
自分の免疫力によって防ぐしかないはずでは?
何か医療的な知識不足があるのか?
そもそもこれはわたしの読み間違いなのか?


ちなみに夢の新薬オプジーボに
疑問を投げかける実験結果もあります。
ノーベル賞のニュースでは
連日たくさん治っている人がいると見聞きしていたので驚きです。

近藤誠重要医療レポート2017.11

まず、厚生労働省承認の決め手となった試験結果です。
縦軸が生存率。
横軸が月です。
青がオプジーボ(一般名:ニボルマブ)、黄緑が抗がん剤群(Docetaxel)。

オプジーボ承認の決め手になった実験

二年を超えると、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)の成果が
なぜかがくんと下がっています。

次に、承認後の結果です。

オプジーボ承認後

どうでしょう・・・さほど変わりません。
それどころか、21か月ごろからかえって悪い結果になっています。
こういう結果になっても、承認はなかなか取り消されないようです。

近藤先生は続けます。
「新薬の臨床試験は、製薬会社が巨額の資金を提供し、研究費をもらっている医師たちが中心になって実施します。そのため、有利な結果がでるようにと、種々のインチキが行われやすい欠陥があります。にもかかわらず、このように製薬会社に不利な結果(新薬無効)が出た場合には、信用性は完璧です。──この結果がオプジーボの真実、と考えていいでしょう。 」


このレポートとノーベル賞、
そして、二年前の記事と11日に出た新聞のニュース・・・
総合して、わたしたちはどう考えたらいいのでしょうか・・・


それぞれに明らかな解離があるとすれば、
どうして変化したのか・・・

と思うしだいです・・・


ゆく河の流れは絶えずして、
しかももとの水にあらず。
よどみにうかぶうたかたは、
かつ消えかつ結びて、
久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人と棲(すみか)と、又かくの如し。



ああ、無常・・・

権力は10年もたず、
富は3代もたず・・・

金が絡めば、人徳3年もたず・・・

やはり、拙くとも
自分の知性と感性で見極めるしかありません。

ああ、無常・・・


しかしながら・・・
希望が落胆に落ちていくこういう時には
使いたくない言葉です。


私は大した立場ではないですが
2年ごとに自己チェックを怠らないようにしたいです(笑)


ブログパーツ








theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 2年の法則 近藤誠 本庶佑

秋、寒露のころ⑧・・・入口まで連れていくだけ

私の今の仕事は、
子どもをある世界の入り口まで連れていくだけ・・・
と思っている。

それ以上は、わたしの出る幕ではない。

こういう哲学になったのは、
私のある体験からだ・・・

わたしは、教採に落ちたため
臨時採用を2年続けた・・・

二年目はとある私立の教員・・・
その私立には、わたしの高校の部活の顧問の紹介で一年契約で採用された。
一年頑張れば、正採用という条件も付いた。
だが、そこはわたしにとっては地獄の教育方針だった。

男女交際禁止・・・
異常なほど厳しい月一回の頭髪検査・・・
朝あいさつをしなかった生徒にホースで水を浴びせる副校長(理事長の息子)・・・
その副校長をたしなめた先生が翌日からいなくなった。

赴任一か月で私が学校を辞めたかった。

理不尽すぎる校則を子どもに強要しなければならない教師としての私・・・

ただ、担任をまかされていたので途中で投げ出すことはしたくなかった・・・
また、一年間、子どもとのやり取りは本当に勉強になったし、楽しかった。

当時、いわゆる偏差値がとても低い私立高校の生徒の家庭や生活は
実に複雑な場合があって、現在の「経済と教育」の問題が
子どもたちの心にまで深く影響をしていた・・・

50人いた担当の生徒たちは、50人50人色・・・
毎日かわす日記(学校指定)には、日々いろいろな悩みや怒り、悲しみが綴られていた。

まだ若く、のほほんと生きてきた私に
一年間、一人一人の日記に「赤を走らせ」続けたことは、
世間知らずだったわたしにとってはかけがえのない経験だった。

それでも、進退を決める時期にきても
当初のやめるという決心は変わらず
学校側に辞めると伝えようとしていた・・・

そして、紹介してくださったあの顧問の先生に
とりあえず事情と自分の心の説明を電話でしてみた。
本来は、お会いして・・・と思ったが
ある事情があり、とりあえず電話で・・・とお話をした。

その時だ・・・

一通り話そうとする私の耳に
信じられない言葉が罵声とともに届いた。

「オレの顔に泥を塗るのか!」

思わず受話器を耳から離した。
それほどの怒号だった。

私はびっくりすると同時に
すぐさま心は冷めていった・・・

(なんだこの先生・・・)

私の正直な心の声だった・・・

実は、校則のことは、もちろん大きかったが、それと同じくらい、
「この先生に一生頭が上がらない選択はしたくない・・・」

それもやめる大きな理由だった。

高校で弱小チームを
県内ベスト16か8にまでしてくださったことには感謝していたが、
私の感謝はそこまでだったし、それだけだ。

私はこの先生をどうしても人間的に尊敬できなかった。

(やはりこう出たか・・・)

そんな言葉さえよぎった。


世の中の部活の顧問には2通りある。

生徒が主役、生徒の成長と活躍が何よりもうれしく楽しい・・・という人と、
自分の名誉や地位を守るために試合をしている人と・・・

また、はじめは前者でも、
月日を経るうちに余分な荷物を背負い込んで後者になる人もいる・・・

そのいずれかによって生徒にかける言葉は全く違う。
そういうことは生徒が一番敏感に気が付いている。

高校の顧問は、わたしから見てまぎれもなく後者に映っていた。

それがこの電話で表面に出ただけだ・・・

(わたしはあなたの道具ではない)

どう電話を切ったか覚えていないが
私の意を貫かせていただいたことだけは覚えている。

生徒は先生の道具ではない・・・
ましてや所有物でもない・・・

大きさは全く違うが
昨今のスポーツの問題は、
まさにこういう所から出ている。

一人の人間として人生の岐路に立ち
真剣に悩み結論を出そうとしている・・・

その足元を見て
おのれの名誉欲や自己顕示欲を満たすために
これからの若者を縛るのは言語道断!

このいやな経験から私が気づいた哲学・・・

子どもが岐路に立つとき・・・わたしができることは、ともに考え寄り添う。
その子のいのちが一番輝く場所の入り口まで連れて行ってあげるだけだ・・・

あとは
「グットラック」と
「よかったら、いつでも遊びにおいで」だけである・・・


昨日は、ご縁があってとある高校の部活見学に行った。
オープンキャンパスでは雨天で、お目当ての部活が見れなかったのだ。

お母さんは自営をされてお忙しいので
生徒との会話の流れで付き添うことにした。
そこの高校はとてもご親切にしていただき
思いがけず、練習にも参加できた。

ここまでくればあとは本人が決めること・・・
私は、見守る側に回り、その生徒が答えを出すまで待つだけである。


あれから何十年もたつが、
先日あげた樹木希林さんの手紙がわたしの目指す教師像・・・

今年も受験の時期がやってきます・・・


それぞれの性質によく耳をかたむけ聞いて
その子が一番輝く場所を共に探す。
教育って教えるだけでなく、
寄り添い共に育つことかもしれない。
それが面白くなったら、
ああ、教師になって幸せーっっっョ。

樹木希林




ブログパーツ

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 樹木希林 入り口

秋、寒露のころ⑦・・・母と学ぶ

昨日は、母に会いに行く日でした。
今年の台風は毎週しつこくやってきましたので

散らかった木々の後始末や雨戸の開け閉めは
80を超えた母にはかなりからだに響くようで
疲れが残っているとは言っていましたが、
お陰様でそれでも元気に暮らしております。

猫の額ほどの庭に育つびわや柿、梅の木とはいえ
そんなことがあっても母は、
伐採する気にはなれず、
日常の楽しみとしてそのままにするようです。

私もできるだけ母の考えを尊重したいと思っています。

20181013木曽川マンホール (1)

人は死んでからその人の在りし日の生きざまがわかります。

母も父が亡くなってから、
その父の悪口を言う人がいないし、
父という家長の壁が取れてからも
受ける風当たりがきつくなることもなく幸せに過ごせるのは
「お父ちゃんのお陰やな・・・」といつもつぶやいています。

人が一生をかけて培った人間関係の証は
こういう死後にばれてしまいます(笑)
私も気を付けて日々精進しなければと父母に教わります。

さて、昨日の目的のひとつは
近藤誠」先生のレポートと動画を母に見せることでした。



「治療の真実を知ろう! 近藤誠の重要医療レポート」

80過ぎようとも学ぶ姿勢で動画を見る母には感服します。
決してめんどくさがらず、自分のからだのことを学ぼうとする姿勢は、
学歴など全く関係ない人の尊厳を垣間見ます。

きっと子どもたちも本当に学びたいことであれば
それなりの好奇心を抱いて学ぶのでしょうが

いかんせん今の教科は、子どもの未来を築くためのものではなく
単なる既存の知識の焼き増しと偽造がある(特に社会と理科)だけです。

子どもたちにとっては、「狂科」の側面もあるので、
知的創造を自ら探さなければならないつらさがあると思います。

私も受験としてはこう、真実はこうともいわれている・・・と
教えるときに二倍の時間がかかるときも多くあります。

できるだけ偏りなく伝えたいです。


昨日は、道々
近藤先生の動画を見ながら犬山城のほとりへ向かいました。

二人とも豆腐が好きですので田楽屋へ・・・
「でんがくの松野屋
菜飯と田楽のセットをいただきました。

20181013犬山松野屋

老舗らしく、現役の高木守道のユニフォームがありました。
ちょっと懐かしい・・・

20181013犬山松野屋 (1)

いつかゆっくりと歩きたい犬山城下町です。


ブログパーツ







theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 狂科 犬山 松野屋 近藤誠

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

ソフトボール 人工台風 昭和  「意見には個人差があります」 クラウドファンディング AddCafe 出版 いのち 穀雨 ダンス 直霊 本質 母の乳房  マズロー いのちあるものがいのちあるように 踊り 千島学説 自動詞 自己実現 宙の言の葉 ワクチン ベーシックインカム 樹木希林 感謝 健康寿命 本庶佑 自然  宮沢賢治 長良川 玄徳 存在  自己表現 菩薩行(相談行) 発達障害 仮想通貨 人生の栞 5段階欲求 数霊  教師 さだまさし 医療 手紙 腸内細菌 知性 弱さ 姫川薬石 チャン・ヨンシル 勉強 欠け  シェアエコノミー 近藤誠 AI 3M エネルギーバンパイヤ 不食 お金の大根化運動 赤ちゃん 木じいちゃん 個性 樹木 老子 本当に出会う 本間真二郎 人工 山怪 平成 副業 時間  老害 精霊 人工地震 観る ゴッドゾーン 学び AI   花結び 台風25号 大衆酒場 空間 3つの間  緩和チャレンジ  木曽川   遊び 金華山 ヒヨドリ  LGBTQ 仮想水 保育園 人間の性 オオルリ ドラゴンズ 孤高の冬 SwiftDemand 会社 苦海浄土  火の民 蛇の目 瞬発力  人生時計 藤山寛美 「さう(そう)ならうとする生命体」 光るキノコ 天文は人文 立夏 ジェンダーフリー 韓国ドラマ  名鉄 80年前の涙 銀河鉄道の夜 太江寺 江夏の21球 同情 からだから 記憶 JUJUWORKS ゆるし DeepRiver  イサドラ・ダンカン かっぱ 笑かす 動物 自分は自分にしかなれない 人生のかたち 空(くう) オキテ 詩歌 須永博士 か・かた・かたち 寛容 夜逃げ 権力 ぴよさんランチ 恩師 尊厳 ビワ 自己解放 音読会 人間関係 共感 随想 地球へ 半農半X 経済を選ぶ 木曽川中学校 糸と布 フィンテック  今世 幸せ 白拍子 黒人 アンダーグラウンド スポーツ ロマニー 神秘 小満 言葉 マイノリティ 陶酔 ウイニングボール  弥彦神社 気づき 太占(ふとまに) 自己責任 エネルギーバンパイア 分断  ガリバー旅行記 恵比寿様 瀧原宮 御嶽 伊吹山 いのる いのちを育てる 宙結び 愛知 スピリチュアルを体現せよ 尾張 腐らない心 物々交換 ちゃんと負ける 人生初の師 プレッシャー ダイビングキャッチ 大きな木 ハンドベースボール ソフトボール投げ メンタル ブラック労働  流れ お礼 学習支援塾Oneness 恩人 真善美 ありがとう 光の玉 UFO あの方 神様の仕事の一部 やるかやらないか 生かされている 己で決めよ トイレ掃除 人間らしい働き方 木陰 あらがわない エアコンなし スピリチュアル好き 流行 丁寧 ソラノモリ文庫 十人十色 ZTV 霊的な純度 Simple 開店 ほぼ木曜日 地域通貨 シェアリングエコノミー 東京地方裁判所 一抹の不安 破産 印税 クーリイングオフ 意に乗る 期待 神経経済学 霊感 高額セミナー 石牟礼道子 禍福は糾(あざな)える縄の如し 出れば開く 「感じて、漢字の世界」 地獄に仏  学習支援塾Oneness 旅は道連れ世は情け ドラマ 成長 おかげさま 死にゆく練習 生き切る練習 陰陽 をちこち 個人的意見 人を恨まば、穴二つ かぐや姫の物語  洗脳 Cafe  世間の常識が自分の非常識 自動 肉を食べない 仙人 振り子の法則 Oneness モーゼ 兼業 一事が万事 宇宙への問いかけ 塞翁が馬 不安と恐れ タロットアシャイング 食レポ  万物は流転する 人の噂も七十五日 劣等感 優越感 石切のおばあちゃん  操作 自動書記 占い 龍と桜 天地人 空間のゆがみ 自営業 障害者雇用水増し 陰徳  赤い感情 青いインク 語りえぬものについては、  魂魄 中島みゆき 同意感 違和感  天高く 個人の能力 まる 沈黙しなければならない 富士山 名言 木曽三川 LGBT 子育て 人間性なき科学 国連 諫早湾 長良川河口堰 釣鐘雲 傘雲  落語 やわらかい社会 ばか  自閉症スペクトラム ノーサイン野球 百名山 ボランティア 尾畠さん 「うがった見方でごめんなさい」 医療ドラマ 畏敬 異界 聖句 神社 讃美歌 越境台風 上野選手 ミッドウエイ 大人 eスポーツ 医師誘発需要 治療 金足農 闇権力 宇宙戦争危機誘発需要 スピリチュアル産業 天孫族 物部 神隠し 自由研究 古代 民族 地祇 甲子園 ガンディー ソクラテス 木曽川水系連絡導水路 徳山ダム モットー 酵素ジュース 発酵 神は細部に宿る 教科と狂科 舟を編む しあわせ 教師像 手間 沖縄知事選挙 ノーベル賞 時間が与えられたわけ 日日是好日  祭り 2年の法則 入り口 風が吹くと桶屋が儲かる ゴミ拾い  消費 松野屋 犬山 前夜祭 まつり縫い 生野菜 夏目友人帳 狂科 あやかし 仲間 間抜け 自己愛性パーソナリティ障害 支配欲 鵜飼い 幽玄 雄二郎 永尾 茨木のり子 感受性 上古代 無知の知 シュメール 古事記 沖浦和光 日本書紀 一病息災 学力テスト 散歩 わたしは、わたし 地蔵 米軍台風進路予想 時間・空間・手間 3つの間 芸術 ダンサー 大阪 おちこぼれゼロ法 韓国歴史ドラマ チャン・オクチョン 演劇 時分の花 キリスト教会 サマータイム 運転手さん 山口百恵 懐メロ 電車 認められる  パスカル 高い電気代 地球(テラ)へ  ガンディ 不服従 びわの種の粉 一物全体 情報・広告 考える 狭き門 気象操作 歴史  月のほほえみ 医者 菩薩行 集中豪雨 理科 絞る 選択肢 禍福は糾える縄の如し 人間万事塞翁が馬 豪雨 高校地学 心の水脈 プロ 結婚観 アナログ 倫理 古澤平作 まあるく 病気 古本 未完 巫女文学 遠漂浪(とおざれき) 自動運転 不便 求道 謙虚 自動翻訳 働き方改革 笑い 神香月 水を得た魚 祭事 東北 縄文 古代月 バイオリズム 足腰とコミュニケーション こころ 維摩居士 文殊菩薩 月相 お坊さん  離れる 飛ばす 流す あの世とこの世 スピリチュアル 台風13号 ペンジュラム 死者 花火 地球温暖化 異常気象 セッション ひまわり 予測 予想 スポーツブル 惜敗 上野 初動不可トレーニング アメリカ戦 世界ソフトボール オリンピック 老人力  小諸市 2030年 美学 r>g ピケティ ランチ インスタ 東海大会 タイブレーク  アップデート 働き者  猛暑 酷暑 猛暑日 進化 性別 吾ただ足るを知る カウンター パナマハット 退化 素頭 太陽光パネル 電気 台風 カゼインフリー 自然療法 太陽光パネルの害 気象庁 再会 グリテンフリー 小飼弾  妄想 台風10号 予報 優勝 米軍台風情報 お手本 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる