夏、夏至のころ①・・・笑ってこー

6月も下旬・・・
新中一生の中には、
小学校生活との違いとテストからくる緊張で
だんだんと笑顔が少なくなる子もいる。

自分の「素直」「直霊」が迷子になり、
小さいころから、こころを偽る癖ができている子は
いよいよ中学で本当にしんどくなる・・・

大人にも子供にも(自分にも)
自然体になることの大切さをお話するが
笑いが消え、ゆるまなければ、
不自然な言動を繰り返し
勉強も友人関係もいずれ息詰まるし、
どんどん生きにくくなる・・・

ダメなものはだめでいい・・・
なんとかなる・・・

夢や大志なんか、そうそう見つかるものではないし
なくてもいい・・・

ないならないなりに、笑って生きていけばいい・・・
実は、大人の中にも笑いが不自然な方もいらっしゃる。

心から笑うこと、ゆるむことは、
自然体への一番大切なツボ・・・

笑う門には福来る・・・

今日は笑いの話・・・



産着は、無力でまだ自立していないいのちが
その存在をゆるされた証として
「やさしさ」の証である。
ゆったりとくるまれた産着の中で
赤ちゃんは無垢の笑顔をわたしたちに贈ってくれる。

これからいのちがなすであろう笑顔、
それが周りをきっと幸せにするだろうという希望が
この無力ないのちの存在を「ゆるす」源になっている。

それは、幼稚園・保育園、
小中学校でも高校、大学生でも
そして大人になっても同じことである。

いくつになっても私たちは自分のことを
すべて一人で出来るようにはならない。
本当に無力な存在だ。


たしか森首相の時だったか・・・
「教育改革国民会議報告-教育を変える17の提案-」
というのがあった。

内容は、戦前の軍隊を思わせる
甘えさせないなどのしつけ3原則や奉仕活動の強制など
ちょっと引いてしまう提言が見識者からだされたが、

いったいあなたのオシメやパンツは誰が洗ってきたんですか?
と言いたいぐらいの時代錯誤の上から目線レポートだった。

教育改革国民会議
(宙言で2015年8月に取り上げたが、
SNSであまりにも酷評されたためか、今は削除されている)

わたしたちすべてが、家族や友人など
周りの慈悲深い行動と配慮によって
生かされて生きてきたのである。

そのご恩に応えるため、神様がわたしたちに
笑うことを授けてくださったのではないかと思う

決してお返しなどできない多大なご恩によって
生かされたわたしたちは、不機嫌をまき散らさず、
可能な限りごきげんで、笑顔でいるといいよ・・・

そして、その笑顔を人と分かち合えるような
生き方をしていこうよ・・・そういわれている気がする。

それぞれいろいろあるけれど
「なんか笑えてくる・・・」

そういいながらみんなで涙目になるのは
何よりも美しい風景の気がする・・・


暦の上では今日は夏至。
まだまだ梅雨空が続くでしょうが、
今日も笑っていきましょう!

笑ってコー




ブログパーツ



スポンサーサイト

theme : いのちあるものが いのちあるように
genre : 心と身体

tag : 笑い

夏、芒種のころ⑮・・・月相とバイオリズム

今日は梅雨らしいしっかりとした雨の日・・・

今日で芒種は終わり・・・
明日はもう夏至となる・・・


さて、今日は月のお話。

わたしが生まれた日。
月のかたちは新月に向かう数日前の三日月形です。

新月や満月がわたしたちのいのちに影響を及ぼすことは
みなさんもご存知かと思います。

自然界もそう。
新月の伐採した樹木は腐りにくく、
満月に収穫した果物や野菜はおいしいと言います。

ということは、自分が生まれた日の月のかたちと
いまの自分のいのちはどんな影響があるのかな・・・
としばらく観察したことがありました。

わたしの仕事は長年夜の仕事ですので
無理をすると免疫力が落ちて
体調を崩しやすくなりがちですが
この生まれた日の月のかたち①と関係が深いことがわかりました。

生まれた日の月のかたち (1)

まず、①の日・・・
自分が生まれた日の月のかたちの日は好調の時が多かったです。
からだも軽いし、アイデアも浮かびやすかったです。
月が自分を後押ししてくれている感じでした。

そして、その生まれた日の月のかたちが影になる日③・・・
生まれた日の月のかたち (2)

この日は、体調を崩しやすくなりました。
どうやらこの日はおとなしくしていたほうがいいようです。

そして面白かったのが、ちょうど左右対称が明るい日②は
ペースを乱されたり、逆にいい影響を与える人が現れたりと
なにかと自分の強さ弱さが映し出される(鏡のように)出来事に遭遇することが多かったのです。

最近は、こまめに調査はしていませんが
以前の会社にいた時に一年ほど確かめた時には
そんな傾向になりました。

ただ、意識をしていたからそうだったのか
本当にそういう傾向なのか境目はわかりません。

みなさんもよかったら
ご自身のバロメーターを確認してみてはいかがでしょうか・・・
こちらのサイト(左の月齢カレンダーリンク)で
自分の生まれた日の月のかたちがわかります。

こよみのページ

そして、こちらのサイトは、
自分のうまれた月にすてきな名前がついています。
(半月の前後の方は、MIXということかな・・・)
月のかたち

わたしは、古代月神香月へ向かう日。
きっと今世の魂の目的がこれなんでしょうね。

こりゃ、物金はたまりそうにありません(笑)


ブログパーツ












theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 月相 バイオリズム 古代月 神香月

夏、芒種のころ⑭・・・お坊さん

わたしが初めて触れたお坊さんは地元子ども会の集合場所で
小学校の近くにあった定力寺というお寺のお坊さんだろう。

その次に興味を持ったのが
漫画の一休さん・・・
「すきすきすきすきすきっすき」の
あの一休さんだ。

一休さん

小学校の6年生で放映前の予告編から
始まるのを楽しみにしていたのを今でも覚えている。

そして次が空海・・・

高校生のときと思っていたが
映画の封切が1984年だから19か20歳ごろ・・・

「空海」という映画を独りで見に行った。

空海

「この風を治めようと思うな!
おのれが風になれ!」
と嵐の遣唐使船上で吠える(笑)北大路欣也さん。

若いなりにその意味を考えていた。

一体となれということだろうか!?
分かれているからつらい!?

そんなことを考えながら帰路についた。

その時は、あとから文庫本も買って読んだ・・・
それ以来、空海の教えに触れたくていろいろと読んだりした。


最近、衝撃的なお坊さんに出会った。

維摩居士(ゆいまこじ)

維摩居士
(法華寺、維摩居士坐像)

モデルはいるらしいが
実在か実在でないかがわからない。
居士とは、在家で仏道を極める人のことを言う。

彼は、古代インドの大商人で、
めっぽうお金持ちだった。
それでいてため込まず、だれかれ構わず
喜捨(進んで金品を寄付すること)をしたそうだ。

しかも、釈迦の弟子たちをことごとく
問答でうちまかすスーパー坊主なのだ。

とくに有名なのが文殊菩薩との問答らしい・・・

維摩居士と文殊菩薩問答
(法隆寺五重塔の東面にある維摩居士文殊菩薩との問答の場面)

少し長いが、維摩居士の魅力が表れているので引用させていただく。

文殊菩薩「菩薩にとって仏道とは何か?

維摩居士「道ならざる道に赴く(おもむく)事こそ仏道なり」

文殊菩薩「道ならざる道とは何か?」

維摩居士「極悪人と交わって悩まず、
     奈落(=地獄・苦しみの境涯)にあって穢れず、

     畜生の群れの中でも驕らず、餓鬼に堕ちるとも徳を失わず、
     闇の世界にあっても高ぶらず、

     欲界にあって欲に溺れず、怒りに身を任せても心は静かで、

     愚行をなしても智恵を忘れず、
     吝嗇(りんしょく=物を惜しむ事)であっても身を惜しまず、

     戒めを破っても心は浄く、憤る事はあっても慈しみの心を持ち、

     怠るようでいて内では励み、無知のように見えて教えを守り、
 
     高慢に見えても陰では優しく、煩悩の中で解脱し、
     魔道に入って仏道を目指す。

     教えを聞き同時に教えを説く。

     孤高を守って、衆生と共にある。

     貧窮の中で宝を保持し、欠陥をもって万全である。

     下賎の中で高貴であり、
     醜い姿の中に神の如し美しさをもつ。

     老いて病むとも死を恐れず、
     財産家であっても無常を観じ、

     妻妾に囲まれて欲望を断っている。

     寡黙にして雄弁、異端にして正統、
     外道に踏み込んで仏道を極める。

     涅槃にありながら衆生と共に輪廻転生し、
     見かけの上ではひたすら非道を歩む。

     これぞ真の仏道なり」


この変てこなオヤジが主人公の「維摩経」は
ごく最近まで原本が紛失中だったが、
1999年7月日本の学術調査団が写本を発見した。
よくぞ発見してくださったと感謝したい。

翻訳にとりくんだ植木雅俊さんは
「仏教史学上20世紀最大の快挙」と言われたらしい。


人生の後半、
規範となる人物に出会たことは実に幸運である。

維摩居士は「仏教をする仕事人」・・・


さて、問答の最後、
維摩は文殊に「黙」をみせる。

この「黙」がすごい。

「維摩の一黙、響き雷の如し」


その「黙」は、
単に「話す」の対極としての「黙」ではなく、
「動」の「黙」なのである。


「維摩」が黙しているのではなく
「黙」の中に維摩がいるのである。


凡夫もかくありたい・・・



ブログパーツ






theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 維摩居士 文殊菩薩 お坊さん

夏、芒種のころ⑬・・・足腰とコミュニケーション

と出会いなおしているという話を以前書いた。
十年、をちこち・・・㊽

晩年のを見ていると
人生最後に大切なものは一体何なのか
ということを教えられる。


は毎日近くの大型ショッピングモールへ出かける。
しかも、午前と午後の二回行くらしい。

そこで何をするのか・・・

知り合いの人と話すのである。
待ち合わせはしない。

偶然出会った人の安否、健康状態・・・
以前体を壊した人なら無事に出会えたことを互いに喜ぶ・・・

そういうことをしているらしい・・・

父が生きていたころは、
定時にご飯をつくりに帰らないといけなかったが
いまは自由の身だからと時間にも縛られない。

ときには日に二回、ステージで有名無名の
歌のステージがあるのでそれも楽しむ。

毎日この日課をこなす努力をしているらしい。

80歳を過ぎて、足腰が弱れば、
それは寝たきりの有無や命にかかわるからだ。


人間、晩年大切なものは、
足腰とコミュニケーション


歩けることと話せること・・・
話せる知人がいること・・・

あなたも元気でよかったと
喜びあえる知人がいること・・・
そういうことがいのちの源になる。
そして、その知人のもとへ
自分の足で向かえること・・・。

晩年、この二つさえあれば
虚しさに負けず、人間は生きていける・・・
そこに歌があればなお最高だ・・・


ちょっとしたことでも車を使う私は
晩年はのように歩けるだろうか・・・

WHO (世界保健機関) では、
45歳以上を初老期、
65歳以上を老年期 (または高齢期) としている。

定義では、すでに初老の後期にさしかかるが、
人生の先輩であるから学ぶことはまだまだありそうだ・・・



ブログパーツ


















theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 足腰とコミュニケーション

夏、芒種のころ⑫・・・働き方を選ぶ

今日は、いただいたゴーヤと朝顔の苗を定植した。
梅雨の合間の野良仕事だ。

GWに植えたキュウリから
ひとつ、またひとつと実をいただく。
毎日必要なだけ、いい塩梅でいただける。

野菜のほうが
人間の生きるペースに合わせてくれる・・・

こうやって畑仕事をするようになってつくづく思うのは
ああ、自営業っていいなということだ。

たしかに自営はいろいろと大変だが、
自分も自営で育って、この年になって思うのは
父母の背中はどんな教科書にも勝る・・・ということだ。


ところで、最近・・・
政府が「働き方改革」などと言って旗を振っている。
厚生労働省のHPをみてみる・・・

働き方改革」の目指すもの
● 我が国は、「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」「育児や介護との両立など、働く方のニーズの多様化」などの状況に直面しています。
● こうした中、投資やイノベーションによる生産性向上とともに、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境を作ることが重要な課題になっています。


まず言葉がおかしい。
働き方改革」っていうことは
働く方になにか権限があるような言葉だが
現実的にそんなことはまずないのではと思う。

相変わらず単身赴任や出向やら、
会社の都合であっちこっちさせられる仕組みがある限り
まずは、会社の「働かせ方改善」が先の気がする。
「働かせ方倫理」といってもいい。
ときに、会社は権力を振り回すからだ。

以前学校で、週休二日になったとき
学習の内容が減らないのにどうやってこなしていくんだ?
という問題が起きた。

会社も同じで、やることは一向に減らない(むしろ増えている)のに
定時に帰るとか、子育てとの両立とか・・・
結局絵に描いた餅になるような気がする。

自営業は確かに大変だけれども
小さなお子様がいらっしゃるご家庭で
お父さんやお母さんがいつもそばにいるというのは
長い目で見た時にほんとうに「豊か」なことになる。

いっそ、希望者には、自営をできる環境(税制面、資金面)を整えて
ちいさなお子さんがいるお母さんには外で働かなくてもいいように
ベーシックインカムで無条件に給付して・・・

なんて考えるのはいけないだろうか・・・

プレミアムフライデーとかするよりはよほど
働き方改革」になりそうな気がするが・・・


国の金融・産業機関の利益には、
ほぼ外資系の会社(闇権力)が控えており、
種子法が廃案(2017)にされ、
米、麦、大豆の種子を国が守れなくなったり・・・
投資、カジノで日本の円が吸い取られたり・・・

労働時間を減らすということは
当然収入も減るからぜひ投資をしなさいというのも
不自然に聞こえるのはこのためである。
いったい誰のための投資だろうか・・・

おまけに、投資にインターネットは必須だが
インターネットがまだまだ使いづらい
お年寄りや目の不自由な方を置き去りにして
投資も何もないだろう・・・

厚労省の「働き方改革」の目は、われわれに向けられていない。
だれを向いているのかは一目瞭然である。


そして、何より・・・
この日本が、人が、豊かな山、川、海、土に抱かれていることを忘れ
それに生かされて働くという文面はどこにもない・・・

まるで切り花の花だけを愛でている文面だ。
花は、根があり、土、水があって
はじめてきれいな花を咲かせる。

つまり、政府が考える文面には「土」がないのだ。


金融、医療や保険、教育、農業、工業・・・

今までもそうだったように、今後なにもかもが、
外資系企業(闇権力)の利益になるように決められていくであろう・・・

「知ろう」とすることは、戦いである。
「気づく」ことは、すでに勝利である。
船瀬俊介さんの言葉だ。

私は、気づくことは何よりも大切にしたいが、
戦いも勝利もしたくない。
ただ、穏やかに、心豊かに、美しく生きたいだけだ。

だから、そういう生き方をするために
いけるところまで選び続けたいと思う。

そのために今日も草を刈り、苗を植えたのだ。






ブログパーツ








theme : いのちあるものが いのちあるように
genre : 心と身体

tag : 働き方改革 自営業

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

ソフトボール  昭和 穀雨 クラウドファンディング 出版 「意見には個人差があります」 ダンス 踊り 自動詞 菩薩行(相談行) 仮想通貨   直霊 宙の言の葉 いのち 宮沢賢治 人生の栞 感謝 AddCafe いのちあるものがいのちあるように 精霊 ゴッドゾーン 木曽川 個性  ベーシックインカム  チャン・ヨンシル 知性 本当に出会う 樹木 シェアエコノミー AI エネルギーバンパイヤ 不食 教師 副業 手紙 木じいちゃん 仙人 神様の仕事の一部  自動 肉を食べない 不安と恐れ 自動書記 操作 いのる タロットアシャイング あの方 意に乗る Cafe モーゼ 一事が万事 己で決めよ UFO 光の玉 塞翁が馬 生かされている  ジェンダーフリー やるかやらないか 振り子の法則 Oneness 世間の常識が自分の非常識 大きな木 高額セミナー 霊感  洗脳 劣等感  出れば開く 空間のゆがみ 期待 一抹の不安 神経経済学 会社 禍福は糾(あざな)える縄の如し 優越感 人の噂も七十五日 スピリチュアルを体現せよ 3M 天地人 龍と桜 兼業 宇宙への問いかけ お金の大根化運動 食レポ 万物は流転する  石切のおばあちゃん  占い シェアリングエコノミー  Simple 伊吹山 開店 金華山 御嶽 ガリバー旅行記  弥彦神社 太占(ふとまに) 気づき 霊的な純度 ZTV ほぼ木曜日 長良川 エアコンなし スピリチュアル好き 木陰 あらがわない ソラノモリ文庫 観る 丁寧 瀧原宮 恵比寿様 ブラック労働  流行 人間らしい働き方 トイレ掃除 尾張 恩人 愛知 スポーツ 人生初の師 学習支援塾Oneness 流れ 物々交換 地域通貨 ちゃんと負ける 腐らない心 お礼 プレッシャー メンタル エネルギーバンパイア いのちを育てる 真善美 分断 自己責任 宙結び ありがとう ハンドベースボール ソフトボール投げ ダイビングキャッチ LGBTQ 東京地方裁判所 十人十色 陰陽 夜逃げ 寛容 大衆酒場 尊厳 恩師 老害 ぴよさんランチ  オキテ 音読会 健康寿命 花結び か・かた・かたち 詩歌 須永博士 権力 空(くう) 笑かす 動物 自分は自分にしかなれない かっぱ 自己解放 黒人 アンダーグラウンド イサドラ・ダンカン  DeepRiver 人生のかたち ゆるし JUJUWORKS 記憶 からだから ビワ 姫川薬石 自動翻訳 働き方改革 自営業 学び AI 病気 まあるく 足腰とコミュニケーション 維摩居士 古代月 神香月 バイオリズム 月相 文殊菩薩 お坊さん 古澤平作 倫理 お手本 遠漂浪(とおざれき) 巫女文学 石牟礼道子 苦海浄土 言葉  自動運転 不便 アナログ 結婚観 古本 未完 謙虚 求道 白拍子 ロマニー  80年前の涙 銀河鉄道の夜 オオルリ 随想  成長 「さう(そう)ならうとする生命体」 光るキノコ  仮想水 ヒヨドリ 平成 保育園 蛇の目 おかげさま ドラマ 地獄に仏 をちこち 笑い 「感じて、漢字の世界」 クーリイングオフ 印税  個人的意見 人を恨まば、穴二つ  旅は道連れ世は情け 学習支援塾Oneness 死にゆく練習 かぐや姫の物語 生き切る練習 火の民  人間関係 同情 共感 半農半X 経済を選ぶ 糸と布 フィンテック 地球へ 今世 陶酔 神秘 マイノリティ 小満 幸せ 我ただ足るを知る 木曽川中学校 ウイニングボール さだまさし 藤山寛美 人生時計 天文は人文 韓国ドラマ 太江寺  立夏 名鉄 SwiftDemand 人間の性 孤高の冬 ドラゴンズ 瞬発力 江夏の21球 破産 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる