FC2ブログ

秋、立秋のころ⑩・・・異界への畏敬

15日の朝、周防大島町家房で行方不明になっていた、
防府市の藤本理稀(よしき)ちゃん(2)が3日ぶりに見つかった。

本当によかったです。

奇しくもその晩、
BSプレミアムで
「異界百名山 ~体験者が語る不思議な話~」という番組が放映されていた。

このTVは音読会「花結び」で読み終えた

をもとにつくられた番組だった・・・

【目次】

Ⅰ 阿仁マタギの山
狐火があふれる地
なぜか全裸で
楽しい夜店
生臭いものが好き
狐の復讐
見える人と見えない人
狸は音だけで満足する
消えた青い池
人魂、狐火、勝新太郎
親友の気配
辿り着かない道
蛇と山の不思議な関係
汚れた御札
マタギの臨死体験
叫ぶ者
白銀の怪物

Ⅱ 異界への扉
狐と神隠し
不死身の白鹿
来たのは誰だ
もう一人いる
道の向こうに
響き渡る絶叫
僕はここにいる
謎の山盛りご飯
山塊に蠢くもの
鶴岡市朝日地区
出羽三山
鷹匠の体験
奈良県山中・吉野町
ツチノコは跳び跳ねる
足の無い人
巨大すぎる狐火
山から出られない
行者の忠告

Ⅲ タマシイとの邂逅
帰らない人
死者の微笑み
迎えに来る者
ナビの策略
椎葉村にて
テントの周りには
幻の白い山
なぜか左右が逆になる
不気味な訪問者
天川村の事件
帰ってくる人
固まる爺婆
お寺とタマシイ
飛ぶ女
帰ってくる大蛇
呼ぶ人、来る人
狐憑き
真夜中の石臼
狐火になった男


理稀(よしき)ちゃんが行方不明だった12日から15日・・・
まさにあの世とこの世がつながり
死者がこの世に帰って来る期間・・・

わたしたちが住んでいるこの世界と
背中合わせのところに「異界」がある・・・
それは至極当たり前のことで
そこに住む人たちのお陰で私たちは生かされている。

今回の理稀(よしき)ちゃんのできごとは
たしかにそのことを私たち人間に教えてくれているのでは・・・と思う。

そして、あのボランティアおじいちゃんのスーパー「老人力」が素晴らしい。
尾畠春夫さん
インタビュー中も小指にトンボが止まります。
昆虫は、まさにあちらの世界からのお遣い・・・
この方は、あちらの世界からも好かれていらっしゃるんだと思う。




私も以前、不思議なものを見た。
15日の夜中・・・
なぎさまちの海岸を冲に向かって海一杯の人々が
クロールをして帰っていくのを目の当たりにしたことがある。

早くしないとあちらの扉が閉じてしまうからだろうか・・・
とても慌てているように見えた。

お盆以降は海で泳いではいけない理由と
その異界の人々の多さを垣間見た。




TV異界百名山の中で上橋菜穂子さんが
現代のわたしたちの世界にも
「割り切れない物語がまだある」的なことをいわれていた。

宗教学者で僧侶の釈徹宗さんは
「不思議を不思議のまま置いておく」とも言われていた。



異界への畏敬・・・
人が決して忘れてはならない大切な心構えだ。


ブログパーツ




スポンサーサイト

theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 異界 山怪 畏敬 百名山 花結び

秋、立秋のころ⑨・・・すごい負け方

世界ソフトボール 決勝戦 上野

◆上野連投 2試合で249球
日本の絶対エースが天を仰ぎ、マウンドで立ち尽くす。
その横を歓喜に沸く米国ナインが駆け抜けていった。
「これだけ点を取ってくれたのに、守り切れなかった。申し訳ない」。
3度のリードを守り切れず、まさかの7失点。
目の前までたぐり寄せた世界一を逃し、上野は言葉を絞り出した。


日本逆転負け、準V ソフトボール世界選手権



あれから、3日経つのに
サヨナラの瞬間、空を見上げる上野の姿が
切なすぎて忘れられない。

渾身の力で絞り出すように投げ続ける上野を
なんと表現すればいいのか・・・

わたしはきっとすごい試合を見ているんだな・・・そう思いながら、
延長戦はとても尊いものを拝むように自然と涙が出てきた。

スポーツに興味のない方、本当にすみません。
また、ソフトボール上野のお話です。

おそらく、上野が生涯の現役を振り返る時に
印象に残るシーンは・・・といわれて
「北京の金」と同じように振り返るであろう試合を見ることができた。

「すごい試合」はもちろんだが
「すごい負け方」
の試合だった・・・。

36歳の上野がこの日投げたボールは162球・・・
ほぼ二試合分の球数だ。

しかもこの日は、ダブルヘッダー・・・
ひとりで249球投げた・・・
(大会としては、555球も投げている)

それに対して、相手のアメリカは5投手の継投・・・
(延べ、7人の継投)
【日】上野
【米】リケッツ、バーンヒル、オトゥール、ガルシア、リケッツ、ガルシア、アボット

上野がどれだけすごいかわかっていただけると思う。

ソフトボールをした方ならお分かりだが
ソフトボールの一球一球は、
野球のそれよりおそらく1.5倍から2倍ほど神経を使う。

それは、野球のほぼ2/3の広さで
塁間がせまい分、一つ一つのプレーに
寸暇のミスも許されないからである。

ミスは、即点につながる。

そんな中で、249球を
あのアメリカ相手に投げる精神力を想像していただきたい。

上野は2年前、

「今は自分のためにソフトボールをしている感じがない」
「一人一人がしっかりマウンドに立てる選手になってほしい」
そう言っている・・・


(6:59ぐらいから)

あくまでも私の想像だが、
これまでも、今回の試合でも、
おそらく「引退」という文字がよぎっているのではと思う。

決勝戦でも
3回の裏、ツーアウトフルカウントから
スポールディングに投げた球は、
自身も認めざるを得ない上野らしくない一球だっただろう。
(ハイライトの1:15ぐらいから)

それでも後輩が育つまで
何としてもマウンドで守り切ろうとする上野の姿は
いまのプロ野球には決してない
神聖さと切ないぐらいの覚悟がにじみ出ていた。


今回の負けを認め、そこからあと2年 
現役として緊張感を持ち続ける覚悟をしているすごさ・・・

年を取ることは誰にでも起きることで
そのこと、現役をどうやって折り合いをつけていくのか・・・

5投手を細かくつないできた米国とは対照的に、
大会を通じてあらわになったのは、
上野以外に重要な一戦を託せる投手がいないこと。
目標とする2020年東京五輪の金メダルへ、若手の台頭が求められる。 


新聞はこうつづっている。

「一人一人が
しっかりマウンドに立てる選手になってほしい」

「それをやり終えたら、引退できるのかなと・・・」


きっと東京オリンピックまでの道のり・・・
引退、継続・・・どちらにしても
すごい存在になっているのではと思う。

東京オリンピックの初戦は開会式の2日前・・・
2020年7月22日に福島あづま球場で行われる。
くしくも上野の38歳の誕生日だ。

どこまでもソフトボールに愛され
ソフトボールから尊敬されている上野だと思う。



ブログパーツ







theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : ソフトボール 上野選手

秋、立秋のころ⑧・・・今度は越境台風とな!?

気象庁の管轄を超えた台風がやってくるとな・・・!

台風17号越境台風

「越境台風」って?

越境台風(えっきょうたいふう)とは、
太平洋で発生する熱帯低気圧のうち、
日本の気象庁が観測対象とする範囲(太平洋北西部、南シナ海)以外で発生した熱帯低気圧(ハリケーンやサイクロンなど)が、観測範囲の境界線を越えたことで「台風」と分類されるようになったものをいう俗称。

普通、西経域の熱帯低気圧が経度180度線を越え東経域に入るもので、
ここでは、これについて述べる。
他にも東経域から西経域に入る台風や東経100度以西に進む台風もある。
が、インド洋から域内に入る熱帯低気圧は殆どない。
主に8月から9月に発生することが多く、
また、近年は発生頻度が増えている。

ということらしい。

いつごろから増えているのか・・・

おもな越境台風・・・

平成6年台風20号 - 国際名ジョフン(John)。一時的に東経域に入ったのみ。3日間楕円状のルートを通っていた。2回再発達した。
平成9年台風第19号 - 国際名オリーバ(Oliwa)。唯一日本に上陸した越境台風とされていた。
平成18年台風第12号 - 国際名イオケ(Ioke)。南鳥島を直撃。
平成25年台風第13号 - 国際名ペバ(Pewa)。
平成25年台風第14号 - 国際名ウナラ(Unala)。越境してから6時間で熱帯低気圧に変わった。
平成26年台風第13号 - 国際名ジェヌヴィーヴ(Genevieve)。東部太平洋でのハリケーンとしての発生から考えると約3週間存命したことになる。2回も勢力を弱めたが、越境後勢力のピークを迎えた。
平成27年台風第12号 - 国際名ハロラ(Halola)。この台風の発生で3年連続で越境台風が発生したことになる。また、この台風は復活台風でもある。さらに、史上2個目の日本に上陸した越境台風となったほか、史上初の越境・復活・日本に上陸した台風にもなった。
平成27年台風第17号 - 国際名キロ(Kilo)。

つまり、平成になって増えているらしい・・・
しかも平成25年(2013年)から毎年数個来ている。

このあたりから「人工台風」をつくりやすい
技術革新が起きたということでしょうか・・・
たしかに、国土交通省資料のは、こう書いてあります。

Xバンド 国土交通省

MPバンド

米軍の台風情報では、東へカーブしていく予報です。

ミッドウエイ 台風17号2018

それにしても、終戦記念日を前に、
ミッドウエイから越境してくるとは・・・
やり過ぎ感があります(苦笑)


最近の台風は西に向かうのが常識ですので(笑)
そろそろ、中二の理科の教科書を大幅変更しないといけません。

スクリーンショット (94)

15号も西に向かっています。
もう無茶苦茶です。

2018台風15号

きっと気象庁さんも
どう説明しようか困っていると思います。

「異常中の異常」ばかりでは
言葉が尽きてしまいますもの・・・

少し気の毒な気もします。



ブログパーツ








theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 人工台風 越境台風 ミッドウエイ

秋、立秋のころ⑦・・・キリスト教会の楽しみ方

わたしは無信教で
特別に帰依する宗教がありません。

しかし、実家へ帰った折、
たまたま日曜日であれば
母の通うキリスト教会へ同席します・・・

何せこの暑さなので
今年は車で一緒に行くことを
母はことのほか喜んでくれるので
2時間以上の礼拝も まあ苦になりません・・・

2時間、何も考えずに列席するのは
かなり暇なので、その日でてくる聖句の意味や
讃美歌の意味を探るのがひとつの楽しみとなります。

聖句

これは、どの宗教も同じことを言っています・・・

例えば、黒住教(弟子の岡本りんの句)では・・・

「何事も神に任せて世に住めば
いと心地よき今日の暮れかな」


仏教であれば、仏陀はこういいます。

「思いわずらうな。
なるようにしかならんから、
今をせつに生きよ。」

そういう共通点を見出すのが楽しい。


また、歌う讃美歌にも楽しみ方はあります。

讃美歌

「まことのさち」は「ほんとうの幸い」・・・宮沢賢治です。

「むなしきものにさそわれゆく・・・」

一時、スピリチュアルをけん引していたと思われる
あの船井幸雄でさえも、死の直前、
現在の的を外したスピリチュアリズムに警鐘を鳴らしている。

《いまの世の中は、スピリチュアルなこととか食とか遊びなど、
どうでもいいことに浮かれている人に、
かなり焦点が当っています。
一度そのようなどうでもいいことは忘れ、
現実人間にもどってほしいのです。
そうしますと、「あっ」と、びっくりするほど、
自分のしていたムダに気づくでしょう。
間違いも分ると思います。
(中略)
いまさらスピリチュアルやおいしいものに
夢中になるという時ではありません。
ぜひ生きるのに必要なことに今年は全力投球をしてください。》
(舩井幸雄.com 「舩井幸雄のいま知らせたいこと」2014年1月6日「賀正」より)


2000年以上前も
現在も人間というのは
さして変わらないんだなーと
妙に納得したりして過ごしています。

つくづく・・・
宇宙人とか天使とかからメッセージをもらうのに
なぜお金がいるのでしょうか・・・
なぜ誘導がいるのでしょうか・・・

目を覚ましてほしいものです。
(ちなみに私はどちらも存在していると思っています)


そういった
「代わりの人に聞いてもらう商法・商品」
ほんとうに避けてください。

直霊が弱まり
ひどい時は乗っ取られます。
「代わりの人」も乗っ取られていますから
乗っ取られ2号(弟子)ということのなります(笑)

見分け方は、その「代わりの人」に会ったときは
妙にテンションが高くなり、
気持ちが悪いぐらい楽しいのですが
家に帰って日常に戻った時、
以前よりも自信がなくなったり暗くなったりして
また行きたくなることが多いです。
また妙に楽し気にブログを書くわりには
人の意見や目が気になったり、
自信が持てないのです。
数万円を払うことに何の違和感もなく
かえって「安いほう」とか周りの人に言っています。

そういう、むなしきものに「さそわれゆ」かないでください。

ただ、ご自身では
「妙にテンションが高くなり、
気持ちが悪いぐらい楽しい」の
見分けが難しいのでやっかいですが・・・


そんなことを思いながら
2時間を過ごします・・・

母は、戦時中、
近くの神社で、「天皇バンザイ」と送られていく若者を見た時
神社には神はいないと悟り、

また、父親が、毎日熱心にお経をあげていたにもかかわらず
GHQにより、財産すべてを没収され、
さびしそうに、虚しく死んでいった父親を見て
仏教に「救い」はないと悟ったそうです。

生き方は人それぞれ・・・


ゆったりと 自問自答する時間にあてています。


ブログパーツ







theme : スピリチュアルライフ
genre : 心と身体

tag : 直霊 キリスト教会 神社 聖句 讃美歌

秋、立秋のころ⑥・・・老人力と老害

年を取り、その存在だけで人を和まし
話すと何となく周りがなごむ・・・
経験が豊かなので
ちょっとのことでは腹を立てない・・・
いつもニコニコしている・・・

私もそんな老人になりたい。

それが「老人力」・・・

老人力(ろうじんりょく)は、
赤瀬川原平が1997年に提唱した概念だ。

老人力は決して張り合わない。
頑張らない。

ボケはボケ、
もうろくはもうろく・・・
それでいい。
現役なんてこだわらない。

そうやって自分のもろさを笑い飛ばす・・・

しかし、この方は、あくまでも現役にこだわるらしい・・・
かつて、支持率が消費税(5%)といわれた元首相の森喜朗。

元森首相

いま、この老人が
個人のチャレンジで国民を混乱に陥れようとしている。

「82歳までなんとしても頑張って、
もしオリンピックが開けるまで努力して
組織委員会やっておれるなら、
これは私にとって誠にありがたいことであり、
それが一つの可能性に対する挑戦」

この人の挑戦は、「挑戦」とは言わなくって
単なる「執着」だとだれか教えてあげてほしい・・・

実はこの方、東京五輪組織委員会の会長を
自分が「やる」と密かに官邸に働きかけたらしい。
週刊新潮(2015.8.13-20号)

そして、どうやらオリンピックにこじつけて
サマータイムなるものを導入しようと躍起になっている。

サマータイムとは、1年のうち日照時間が長くなる
夏の期間だけ標準時より時計を1時間~2時間早く進めて、
太陽の出ている時間帯を有効活用しようとする制度だ。

それを国民全体で取り入れたいようだ。
そういう個人のチェレンジに
国民全体が付き合わされるのはいかがなものか・・・


サマータイムは、問題が多い。

「導入すれば、午前7時スタート予定のマラソンが、
もっとも涼しい午前5時スタートとなり、
日が高くなる前にレースを終えることができる」と産経ニュースは書いているが、
それならサマータイムなど導入しなくてもマラソン競技を
午前5時にスタートすればいいのではないだろうか? 
ちなみに「夕方に開始予定の競技はより暑い時間帯から始まるなど、
新たな課題は出ることになる」という(朝日新聞デジタル 7月27日)

サマータイム制度の導入で
「生体リズムへの影響」、「眠りの質への影響」、
「眠りの量への影響」が起こると懸念されています。
特に日本では欧米に比べて、
夜型・短時間睡眠の人が多いため、
睡眠障害が起こる可能性は高いと推測されています。
(日本睡眠学会)


日本のITシステムは基本的に
サマータイムを前提として設計しておらず、
システムの大規模な改修が必要となる。
「改修が間に合わない」
「システム障害が頻発する可能性がある」
「恒久的に行うなら検討の価値はあるが、
わずか2年間のためならコストがかかりすぎる」
(ITmedia NEWS 8月6日)


要は、森元首相は
マラソンを酷暑の中でするのは大変なので
国民全体も2時間繰り上げるサマータイムにしましょう・・・
ということだが、

この二つにいったい何の関係があるのか
わたしはさっぱりだ。

マラソン競技を午前5時にスタートにして、
(まあそれでも選手は大変だか・・・)
国民は、見たい人は早起きで見ればいいし・・・
録画もいいし、とにかくわたしたちまで
サマータイムにする意味がよくわからない。

ついつい、いつもの癖で
サマータイム導入でどこにお金が動くのかを探りたくなる(笑)
おそらくその日本のコストが利益になる、外資系IT・通信企業であろう。

老人が、自分の息(鶴の一声)がかかることで
状況に大きな影響を与えることを生きがいを感じる・・・
そしてあれは「オレが口添えしてやったからうまくいったんだ」と
冥途の土産にする・・・

「オレはまだまだやれるぞ・・・」
「若い者には負けん・・・」

若者がちょっと意見すると
「生意気だ」と恫喝する・・・

これは老人力とは言わない。
赤瀬川原平もこういうのは誤用だと言っている(笑)
老人力

それが、組織で硬直を生み
まわりがその老人に振り回される・・・
若者は、それに委縮するか、
もうほっておこうとあきらめる。

それを「老害」という・・・


はてさて・・・

そういう私も初老の入り口・・・
他人ごとではない。

反面教師で、気を付けたいと思う。


ブログパーツ











theme : 気付き・・・そして学び
genre : 心と身体

tag : 老害 老人力 オリンピック サマータイム

プロフィール

sora-piyo

Author:sora-piyo
100年後も笑いましょに!
企画・実行はりきり中・・・

AddCafe Sora

バナーを作成

人気ブログRanking参加中!

ぽちっと応援よろしくお願いいたします!

タグクラウド

気になるキーワードでお楽しみください。

ソフトボール  昭和 クラウドファンディング 「意見には個人差があります」 穀雨 出版 直霊 いのち 人工台風 ダンス 母の乳房 本質  AddCafe 感謝 ベーシックインカム 踊り 健康寿命 自動詞 いのちあるものがいのちあるように 存在 宮沢賢治   千島学説 人生の栞 仮想通貨 宙の言の葉 菩薩行(相談行)  花結び 大衆酒場 手紙  老害 木曽川 観る  副業  勉強 学び ゴッドゾーン 木じいちゃん 精霊   不食 自然 お金の大根化運動 エネルギーバンパイヤ  知性 樹木  本当に出会う シェアエコノミー チャン・ヨンシル AI 個性 教師 発達障害 数霊 ワクチン 腸内細菌  石切のおばあちゃん  食レポ 惜敗 3M 占い 火の民 龍と桜 天地人 万物は流転する 人の噂も七十五日 高額セミナー 霊感 スポーツブル 禍福は糾(あざな)える縄の如し  洗脳 優越感 劣等感 人工地震 操作 美学 Oneness 振り子の法則 インスタ  ランチ 塞翁が馬 小諸市 モーゼ 一事が万事 Cafe 世間の常識が自分の非常識 2030年 不安と恐れ タロットアシャイング 自動書記 肉を食べない 仙人 ピケティ 自動 r>g 緩和チャレンジ 神経経済学 ペンジュラム 随想 スピリチュアル オオルリ 成長  旅は道連れ世は情け ドラマ おかげさま  あの世とこの世 流す 保育園 蛇の目 平成 光るキノコ 「さう(そう)ならうとする生命体」 80年前の涙 飛ばす 銀河鉄道の夜  学習支援塾Oneness 東京地方裁判所 破産 印税  一抹の不安 期待 仮想水   クーリイングオフ 「感じて、漢字の世界」 人を恨まば、穴二つ かぐや姫の物語 生き切る練習 死にゆく練習 個人的意見 陰陽 台風13号 地獄に仏 をちこち ヒヨドリ シェアリングエコノミー 真善美 トイレ掃除 人間らしい働き方 霊的な純度 ありがとう 恩人 光の玉 お礼 流れ 学習支援塾Oneness ZTV Simple あらがわない 木陰 エアコンなし スピリチュアル好き ソラノモリ文庫 十人十色 開店 ほぼ木曜日 越境台風 UFO 己で決めよ 出れば開く 宇宙への問いかけ 畏敬 スピリチュアルを体現せよ 空間のゆがみ 会社 スポーツ ジェンダーフリー LGBTQ 山怪 大きな木 あの方 ミッドウエイ やるかやらないか 生かされている 神様の仕事の一部 意に乗る 異界 上野選手 いのる 讃美歌 聖句 ダイビングキャッチ ハンドベースボール ソフトボール投げ メンタル アメリカ戦 宙結び 世界ソフトボール エネルギーバンパイア いのちを育てる プレッシャー 人生初の師 物々交換 地域通貨  兼業 ちゃんと負ける 腐らない心 上野 愛知 尾張 分断 自己責任 恵比寿様 長良川 金華山 御嶽 瀧原宮 ブラック労働 丁寧 流行  神社 伊吹山 気づき 弥彦神社 太占(ふとまに) 老人力 オリンピック  キリスト教会 サマータイム ガリバー旅行記 初動不可トレーニング  遊び プロ 心の水脈 ガンディ 東北 縄文 水を得た魚 カゼインフリー グリテンフリー 祭事  不服従 高い電気代 懐メロ 山口百恵 運転手さん 地球(テラ)へ 一物全体 びわの種の粉 情報・広告 小飼弾 笑い 神香月 古澤平作 病気 まあるく AI 倫理 結婚観 未完 古本 アナログ 台風 自動翻訳 お坊さん 月相 バイオリズム 古代月 文殊菩薩 維摩居士 働き方改革 自営業 足腰とコミュニケーション 電車 認められる 退化 進化 猛暑日 アップデート 素頭 パナマハット 吾ただ足るを知る 性別 カウンター  働き者 妄想  台風10号 予報 電気 太陽光パネル  酷暑 猛暑 離れる  絞る 禍福は糾える縄の如し 人間万事塞翁が馬 高校地学 選択肢 狭き門 パスカル  考える 豪雨 人工  月のほほえみ 菩薩行 医者 気象操作 歴史 優勝 理科 集中豪雨 求道 謙虚 同情 共感 地球へ 今世 人間関係 半農半X ひまわり セッション 経済を選ぶ 幸せ 百名山 ロマニー 白拍子 黒人 アンダーグラウンド 神秘 陶酔 小満 地球温暖化 マイノリティ 予想 予測 さだまさし 藤山寛美 人生時計 立夏 天文は人文 韓国ドラマ 太江寺 米軍台風情報 花火 名鉄 瞬発力 ウイニングボール 木曽川中学校 糸と布 フィンテック 人間の性 SwiftDemand 江夏の21球 ドラゴンズ 孤高の冬 異常気象 自己解放 か・かた・かたち 太陽光パネルの害 音読会 自然療法 須永博士 詩歌 再会 時間 オキテ ビワ 姫川薬石 遠漂浪(とおざれき) 巫女文学 自動運転 不便 お手本 石牟礼道子 言葉  苦海浄土 寛容 夜逃げ イサドラ・ダンカン  記憶 からだから 自分は自分にしかなれない 東海大会 かっぱ 笑かす 動物 JUJUWORKS ゆるし 気象庁 ぴよさんランチ 恩師 尊厳 権力 空(くう) DeepRiver タイブレーク 人生のかたち 死者 

カテゴリ

since 2014.6.15 現在のご訪問者数

メールフォーム

sora-piyoへの連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

検索フォーム

                                                                                            

リンク

   

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる